まさかの当選

しまじろうは映画シーズンが終わり、間もなく、しまコンシーズンに差し掛かろうとしている。
恐らく5月に入った今は、どの映画館でも今年の映画の上映は終わっていることだろう。

公式では会員先行発売が終わり、しまコンもしま英コンも一般先行発売が始まった。
そんな中、3月に上映された映画関係で、こんな時期になって、“ある動き”があった。

其れはベネッセから一通の封書が届いたのである。
IMG_3055.jpg
封のサイズはそれなりにあるものだった。
IMG_3056.jpg
裏を見ると、多摩のベネッセビルからの物だった。
これは間違いなく、こちゃれからの封書である。

早速開封した。
すると先ずは、一枚の手紙のような物があった。
IMG_3057.jpg
詳しく見ると・・・
IMG_3058.jpg
何と、映画キャンペーンの一環として行われていた懸賞に当選したのである!

さて、そのことについて詳しく述べることにしよう。

以前にも述べたが、今年3月に上映された「しまじろうとにじのオアシス」上映に肖り、ある3つのキャンペーンがあった。
一つは公式サイトのフラッシュゲーム、二つは東急スタンプラリー、三つはダンスイベントである。

そしてこれらは、終了後にアンケートに答えると抽選で、映画グッズが貰えると言う物であった。
自分は「アンケートに答えるだけでもいいだろう。」と思い、懸賞にはそんなに期待せずに、アンケートには答えた。(実際、抽選人数は少なかったので、当選しないだろうと思い、映画グッズを購入した。)

だがまさかの、其の当選に当たってしまったのである。

では当選したグッズはこちら。
IMG_3059.jpg
クリアファイルとキーホルダーのセットである。

これは、「のったよ賞」として、抽選で50人に当たると言う物であった。
其の、「のったよ賞」の50人の内の1人になったのである。

さて、どの懸賞でこの「のったよ賞」に当たったのかと言うことを述べる。
其れは完成披露上映の日に参加した、東急スタンプラリーの終了後のアンケートである。

通常であれば、50人の懸賞に当たったともなれば、かなり喜べるが、今回は微妙である。
と言うのも、前述したが、既に購入していたからである。勿論、其の購入時も「どうせ外れるだろう」と思っていた。

と言うことでどうしたかと言うと、懸賞の当選品はそのまま未開封のまま、“コレクション”しておくことにした。一方の購入した方は、普通に開封し、使うことにした。

ここで思ったのは、懸賞は映画グッズでもいいが、例えばゲスト声優だったCOWCOWか山田花子のサインカード付き(アイテムだった「にじいろメガホン」にサインを書くでも良し。)とか、其れこそ間もなく始まるしまコンの特別優待券(コンビニでの引き換えの際に其れを提示すると、チケット代が唯になる等)や割引券付き(非会員の場合は、会員価格で購入可能等)と言った、何かしらの“特典”があってもよかったのではないかと思う。
増してや、これの抽選人数は、もう1つの「おせたよ賞」を合わせて55人と言うハードルは高めである。なので、既に購入してから、全く同じ物が当選するのは正直喜びがたい物がある。

どうせ、それらを懸賞にするのなら、其れくらいあった方が正直喜べた、そんな気がした。

更に自分の場合、公式サイトのフラッシュゲームでもクリア後にアンケートに答えていた。
唯、其方は、「ココ」が当たるもう1つの、抽選で5人の「おせたよ賞」を希望したが、こちらは落選であった。でも正直、当たるならそっちじゃなくて良かった気もする。だって、“ココが二人居る”事態になってしまうのだから・・・。

最後に思ったこととしては、フラッシュゲームと東急スタンプラリーで、懸賞は別々にしておいて良かったこと位だろうか。

と言うことで、今回は以前「もう今年の映画のネタは無いだろう」と述べつつ、このようなことがあり、結局又述べることになったと言うリポートだった。


それではここからは、今週のしまじろうについてである。(BS11の場合は5月14日の放送になる。)


今週は、TXNでの放送日の翌日が母の日と言うことで・・・

・2013年5月6日  第 57話  「おかあさん やーめた」
・2015年5月9日  第160話  「おかあさん だいすき!」
・2017年5月13日 第263話  「かあちゃんの たからもの」

と言った具合に、其の母の日を主題の話であった。
この母の日が描かれるのは2年振りであり、毎回メインキャラの誰かしらの母親が主役になっているのもポイントになる。
そうしたこともあり、1回目はさくらが、一昨年はねねが主役となり・・・

・・・と言う訳で、ここで、今週のゲストの登場である。
今週のゲストは今回の母の日で主役となったかなえ、
utyh_convert_20170513203951.png
かなえ「今回は招いてくれて有り難う!何時もとりっぴいのことで色々と言っている見たいだけど、そうした話を今回聞ければ嬉しいわ!」

・・・と、
pwfgn_convert_20170211205704.png
とりごろう「おうよ!俺は今月も出たから、呼ばれて当然でえ!本当、テレビせとうちには今月も俺を出したことに感謝してやんねえとな!んな訳で俺と母ちゃんを宜しくでえ!」

本当は呼ばなくても良かったのだが、これで5ヶ月連続登場を達成したとりごろうである。

其れでは早速、其のアニメに関してから。

先ず、冒頭で各々が翌日に迫った母の日の準備をダイジェストしていた際、最初にしまじろうがはなとしているシーンがあった。
だが、其の際のはなの台詞は本当に二言程度だった。

何時もなら、「こんなに台詞が少ないのに、声優呼ぶなんて人件費が勿体無い!」と言っていた所だが、はなの場合は一寸違ってくる。
と言うのも、はなはみみりんと中の人繋がりだからである。

なのではなは、後にみみりんが登場すれば人件費云々を言うことは無いが、折角はなが2週連続で登場し、唯一の精勤賞達成をしたのだから、もっと登場させてもいい気がした。
例えば、今回は空野兄弟(兄妹?)が引き起こしたかなえに纏わるトラブルで、はなを介入させても支障は無かった気がする。今回は声優の人件費云々ではなく、イラストレーターの人件費が無駄になる気がするな。

さて、そうした中で漸く、空野家でのシーンになるのである。
とりっぴいがとりぴと、母の日で色々と考案している中に、洗濯中で、“宝”のハンカチが飛んできた。其れが今回の騒動の発端となった。

勿論、「誰のかも分からない無地のハンカチに落書きしようとか、とりっぴい、お前どんな神経してんねん?」と言う突っ込みもあるが、其れが、かなえの“宝”だと知った際にふと思ったことがあった。

とりぴは何時ものように「し~らない!」と言い、見ない振りをした。だが、この時のかなえが何時もと違った。
何時ものかなえなら、「とりっぴい!私のハンカチになんてことしたんだい!寄りによって油性ペンで描いちゃうなんて!」と激怒する所である。所が今回は様子が一転、泣き崩れていた。

思ったこととして、「何時ものかなえじゃないぞ?」であったが、今回のこれがあったことにより、話の中身に入っていったのである。

次に、このシーンを視て思い出したのが、前回も述べたが、しまじろうヘソカ第49話「かあちゃんへのメッセージ」である。
其の“宝”を汚したと言う展開が、「かあちゃんへのメッセージ」で相当したのは、かなえへのメッセージカードを手にとりっぴいが帰宅した際に、とりぴが喧嘩して飛び回っていたと言う展開である。
ヘソカの際は、とりぴが其の弾みで近くにあった花瓶を倒し、とりっぴいが止めようとするも間に合わず、壊してしまった。其処に怒り爆発のかなえが現れたが、とりぴは上手いこと逃げ、結果としてとりっぴいは濡れ衣を着せられた。濡れ衣を着せられたとりっぴいは逆ギレし、大泣きしながら家出をした。と言うものだった。其の後、とりぴは正直にかなえに詫びた訳である。

勿論、今回も最初は濡れ衣を着せたとりぴだった。だが、とりぴも“泣かせた”ことに責任を感じ、直ぐに、“兄”の濡れ衣を脱がせてやったと言う所が、ヘソカとは違うとりぴだと感じた。
wef_convert_20160813213708.png
かなえ「貴方の話を聞いていると、本当にあの時はとりっぴいに怒りすぎたと感じたわ!未だ幼いととりりぴぴを教育しなくちゃいけないとりっぴいが、何でとと達とふざけていたんだ!って思って、あの時は叱っちゃったからね・・・。あ、其れより私から質問があるんだけど、いいかな?」

何だい?かなえ。

rdfgn_convert_20170513203933.png
かなえ「3月かそこいらだったかしら・・・。貴方、私に「お荷物」って言ったわよね?其れに「今回は呼んでないから帰れ!」みたいなこと言っていたようだけど、あれってどういう意味なの?」

ああ、そうだったな。お前が次登場したら教えるって言ってあったもんな。
あれはだな、かなえの出番が極端に少ない話があって、其れなのに態々テレビせとうちが呼んだからって出るのはどうかって意味だ。
utyh_convert_20170513203951.png
かなえ「でも私は、テレビせとうちが呼んだから出たんであって、出番の多い少ないは関係無い気がするんだけどな?何処かの、最近呼ばれていることに好い気になっている大工と違ってね・・・?」(隣に激しい目線)
nnbb_convert_20160813213605.png
とりごろう「おい、母ちゃん!なんで俺ん所見るんでえ!俺は未だ話し振られてねえだろ!」

と言うことで、かなえが話して欲しいと言っているみたいなので、次に其のとりごろうについてである。

とりごろうは前述したが、今年に入ってからは未だ1度も出なかった月は無く、これで5ヶ月連続登場となった。
なのでやはり思うこととして、「こんなにとりごろう出すなんて、製作はどう言う意図を持っているんだ?」と言うことである。

と言うことで、とりごろう、答えてくれ!
wef_convert_20170513204014.png
とりごろう「あ、其れはだな・・・きっとテレビせとうちの皆は俺のことを愛してんじゃねえかなってことでえかな?」
kujd_convert_20170513204612.png
かなえ「あんた!今何て言った?もう一度言ってみな!」
oikn_convert_20170513203857.png
とりごろう「あ、冗談でえ!母ちゃん!んな訳ねえだろ!きっと、俺のこと応援するファンが急増してんかなって、思ってんだが・・・。」

あ、とりごろう。
自分は今の所、とりごろうは嫌いじゃないから、特に来月の父の日当たりに出たとしても文句ねえけどな。
でも、べらんめえ口調はお子様には理解しにくいんでねえかい?
yuokf_convert_20170218190644.png
とりごろう「仕方ねえだろ!これが俺の喋り方でえ!おめえさん、そんなこと言っている内は、未だ俺のことを好んでいるとは言えねえでえ!」
pwfgn_convert_20170211205704.png
とりごろう「其れより、他に俺になんか話はねえけえ?」

あ、丁度良い所に来た!
自分の変わりに、母上様が来てるんで、後はそっちと楽しむでえ!
yet_convert_20170513204031.png
みちよ「とりごろう・・・「しまじろうのわお!」になってから、一番最後に登場した親族だって言うのに、視聴者から其れなりに人気のある私を差し置いて、調子に乗っているね?毎月呼ばれるからって好い気になって、良いのかしらね?」
gchg_convert_20170513203829.png
かなえ「お義母さんの言う通りよ!あんた、前のヘソカの時なんて台詞なんて殆んど無かったくせに、どうして最近よばれるのかしらね?どうせ、あんたに出演の依頼してきたテレビせとうちのスタッフが私よりも美人だったから、遂引き受けたりしたんでしょ?あんたがとりっぴいの父親だってことは視聴者には分かって貰えるだろうけど、前まではそんなに出ていなかったあんたがいきなり出番多くすることに、視聴者は戸惑うと思うけどね?あんた、そういうの分かっているの?」
ij_convert_20170513203844.png
みちよ「そうよ!あんたなんかより、まだまだ若くない私を毎月出した方が何百倍もマシだってことをテレビせとうちに伝えに行くからね!さ、いらっしゃい!」
とりごろう「俺はコンサートにもとりっぴいと出たことあるんでえ!コンサートに出たこともねえのに、俺に口出しすんでねえ!」

py_convert_20170513203914.png
みちよ「ほほう?じゃああんたは、もう私らはアニメに出るなと言うのかね?益々毎月テレビせとうちからお声が掛かるからって調子に乗っているわね?」
kr_convert_20170304222826.png
みちよ「さ!続きはテレビせとうちに行ってからにしよう!今後のお前の扱いと私らの扱いについてちゃんと検討するように伝えるから、其処でお前が毎月出れている魅力をPRしな!さ、来い!!」
bhj_convert_20170513203812.png
とりごろう「俺は行かねえからな!なんでえここは!どいつもこいつも俺が毎月出れていることに抗議するなんて!もうええ!こんな所、俺は二度と来てやんねえ!あばよ!!」
eryj_convert_20170107213724.png
みちよ「逃げようなんて無駄だよ、とりごろう。後でちゃんとテレビせとうちに連れてってやるからね!・・・あ、それじゃあ私もこの辺で・・・。」
utyh_convert_20170513203951.png
かなえ「あ、其れで私はどうしたら・・・?」

一寸待ってな、かなえ。
一つ別の話題に移るから。

さて、とりっぴいがそんなことで悩んでいると、みみにゃきが母の日の仕度を伝えに来た。
みみりんは母の日らしくカーネーション、にゃっきいはよりこと作ったクッキーをラッピングしてねねに渡すことを伝えていた。

ここで振り返りたいのは、前回の母の日の時に主役になったねねの時のことである。

この時はにゃっきいが、今回のとりっぴい同様に悩んでいた。(因みに、この時とりっぴいがかなえに贈ったのは歌だった。音痴の癖に・・・。
勿論、この時のにゃっきいもねねに料理をしてあげようとしていたが、かなり迷い、結局用意したのは色紙の花だった。

今回は終盤で、一輪のカーネーションをハンカチの“侘び”も兼ねて送った際に、互いに涙していたが、以前のにゃっきいとねねもそうだった。あの時のにゃっきいは、にいすけの助言を受けても結局決められずに、結果的に色紙の花になったことの“悔し涙”だったが、本当にあのシーンは一昨年のにゃっきいを思い出すような気もした。
又、一昨年、ねねはにいすけとにゃっきいを涙を交え、思い切りハグしていたが、今回のかなえも、涙ながらにとりっぴいととりぴをハグし、本当に一昨年のあのシーンを思い出さずにはいられなかった。

因みに、クッキーに関する零れ話を一つ。

しましまとらのしまじろう第512話「どんどんトリカエル」で、らむりんが手作りクッキーを作る展開があった。
らむりんは最初、其のクッキーをしまじろうにあげたが、とある“蛙”に“洗脳”され、ドカペに渡った。
が、其のクッキーを食ったドカペがあまりの不味さに驚いていたことがあった。

さて、そんなことで最後になるが、又かなえの話題を一つ。

かなえを視ていると、こう感じた方は居ることだろう。

かなえって、とりっぴい以上に飛ぶシーン無くね?

御尤もである。
確かに、かなえは昔から飛ぶシーンは皆無に等しく、しまとら時代であっても視たかどうか分からない。そして、はっけん!の際は一度も飛ぶシーンは無かった。

が、ヘソカでは、一度だけ飛ぶシーンもあり、とりっぴいと“パラレル飛行”するシーンもあった。
其れも、「かあちゃんへのメッセージ」での出来事である。

では早速、かなえの貴重な飛行シーンをご覧頂こう。
poih_convert_20170513205607.png
其れは、この話の終盤、前述の“濡れ衣”で家出して行方不明になっていたとりっぴいが発見した時のことである。
とりっぴいは、かなえに渡そうとしていたメッセージカードをとある鴎らしき鳥に取られ、必死に追跡していた。

其のとりっぴいをかなえは大声で呼んだその時である。
gser_convert_20170513205533.png
かなえは翼を広げ、とりっぴいの元へ向かった。しかし、かなえって翼広げるとでかいなw
かなえが、とりっぴいの元に辿り着くと、空中でハグをし、メリーゴーラウンドのように空中回転しながら、濡れ衣のことを詫びていた。

そしてこの後・・・
opih_convert_20170513205550.png
かなえがとりっぴいと“パラレル飛行”しながら、地上に降り立ったのである。
勿論、この飛んでいるかなえととりっぴいの2ショットが見られたのはこの時のみである。しまとら時代にあったのかも知れんが、自分は未確認である。
zihn_convert_20160912203359.png
去年、みちよとパラレル飛行をしているとりっぴいは視たことがあるが、みちよはとりっぴい程ではないが、偶に飛ぶシーンもある。
だが、略皆無に等しいかなえが飛ぶのは本当に貴重である。

後、とりごろうだが、大工仕事をしている時に飛ぶシーンが視られた。
そして、とりぴだが、飛ぶことは出来るが、わお!になってからは視たことがない。
rdfgn_convert_20170513203933.png
かなえ「私ってこの頃、割烹着姿だったのよね!貴方、結構色々と詳しいのね。勿論、今の私も飛ぼうと思えば、飛べるわよ!でも其のシーンが出るのは、今後のお楽しみって所かね!ま、私の其のシーンを視たいってことは、テレビせとうちには言うけれど・・・。」

其れこそ、空野家七人が羽を合わせながら、“連帯飛行”するシーンがあることを期待したい。
utyh_convert_20170513203951.png
かなえ「其れじゃあ、私はこの辺でいいかしらね?じゃあ、失礼するわ!又何時か出演した時に!後、最近とりっぴいがよく貴方に罵られるとかって言っているけど、あんまり家の息子を悪く思わないで頂戴ね!それじゃあ又ね!」いや、だからとりっぴいが“お荷物”って思っているのには深い訳があってだな・・・。

さて最後に、今回はサブタイの観点を変えると、「かなえの宝物」ってことであったが、似たようなサブタイは以前にもあった。
其れは、第29話「とりっぴいの たからもの」である。

又、このアニメでは過去何度も「たからもの」がサブタイで使われてきた。
と言うことでリストアップすると・・・

・1996年10月7日  しましまとらのしまじろう 第141話  「緑の下の宝物」
・1999年9月6日   しましまとらのしまじろう 第290話  「ぼくの宝物」
・2000年2月14日  しましまとらのしまじろう 第312話  「宝物こわしちゃった」
・2000年2月21日  しましまとらのしまじろう 第313話  「ドットの宝物」
・2002年7月15日  しましまとらのしまじろう 第436話  「お池の宝もの」  
・2003年4月21日  しましまとらのしまじろう 第474話  「宝もの見つけた」
・2008年9月1日   はっけんたいけんだいすき!しまじろう 第22話  「おとうさんのたからもの」
・2010年10月25日 しまじろうヘソカ 第29話  「はなちゃんのたからもの」
・2010年12月27日 しまじろうヘソカ 第40話SP 「キャプテンキャットの宝物」
・2012年10月15日 しまじろうのわお!第29話  「とりっぴいの たからもの」
・2017年5月13日  しまじろうのわお!第263話 「かあちゃんの たからもの」

と、「たからもの」だけで11回も付いていて、其の内「○○のたからもの」と言うサブタイは9回も付いていた。
勿論、しまとら時代の物は未だに視ていない物もある。そうした話のエピソードが気になる所である。

因みに、みちよがとりごろうに“感謝”を迫ったシーンがあったが、あれを視れば誰もが「みちよは、とりごろうの母親」と思うことだろう。
でもま、とりごろう、態々母の日に感謝しなくても、9月の敬老の日に感謝すればいいんじゃね?とも思った。(と言うのは昔、「ちびまる子ちゃん」で、まる子が、ヒロシがこたけにはどんな感謝を伝えるのか?って聞かれた時のヒロシの返事のままである。)

さて、後気になるのはこれで母の日の話をやったので、恐らく来月には父の日の話をやることだろう。
その際は是非、未だに父親未登場のにゃっきいの話としてやって欲しい所である。そうでなくっても、にゃっきいが父親に触れるシーンや、「皆はパパが居て良いな~・・・私のパパは、離れた所に住んでいるから・・・。」と寂しがるシーンが欲しい所である。
現代社会に合わせ、「シングルマザーの家庭」のパターンとしてにゃっきいが登板した訳だが、きっと子どもであっても、「にゃっきいのお父さんについて教えて欲しい!」と思っていることだろう。

後は強いて言うなら、今回久々にみちよがエレキを弾いている描写があったが、いい加減エレキ単体では爆音放たないと言う所を直して頂きたいものである。

後、いい加減、記号表現辞めません?今回はにゃっきいが呼んでいた料理本にあった。悪いけど、そういう悪い所はちゃんとチェックするんだよ?愚かな製作さん??

さて、アニメに関してはこれ位にして其れ以外だと・・・。

「みみりんそうだんしつ」が、「みみりんまちがい」とセットになっていたが、今回の“相談”は「蟋蟀が残念なことになる」であった。
と言うことで、「みみりんそうだんしつ」は3種類今までやり、全てにおいて2回以上やったことになった。
そろそろ、新たな質問を流すべきだろう。(序に、募集したこの出身地と名前(ペンネームでも良し)も添えて)

因みに、「みみりんまちがい」は、初めて使う問題が出題されていた。

次に「しまじゃん」。
前の「バディーじゃんけん」でチョキで負けていれば、「しまじゃん」でグーを出さなければ、2連敗ではなかった・・・以上である。

だが一方で、歌パートで「しまじろうおんど!」が次に掛かるのは何時なのだろうか?
其れこそ6月位にならないと掛からないのだろうか?

其れと「あそびのたつじん」で、久々にWORLD ORDERを視たことだろう。(パントマイム・・・「ダンスの達人」)
どうせならその流れで、「WORLD ORDER」か「CHILD ORDER」を流して欲しかったのは言うまでもない。所で、去年のSPCでも披露したCHILD ORDERは今どうしているんだろうか?

さて、そろそろ気にしなければならないのは、「服装」である。
これで6月を向かえ、去年は1週早かったが、7月になるとメインキャラと縞野一家は、“衣替え”をする。自分として、「メイン以外だと、年中同じ服装なのは変だ!」と何度も指摘して来ているが、今年はちゃんと変わるのだろうか?
去年から今年にかけての冬でも、全く反映されている気配も無く、アニメも文字表現のことやキャラのこと等、他のことでも反映されていないので、これも心配になる一方である。

そんな今回の話だったが、次回はみみりんと団子虫に纏わる話である。
みみりんと虫に纏わる話というと、第220話「パパの ともだち」で、あのく草太が、みみりんに無断で甲虫を飼い、嫌がらせたと言う話があったが、次は其れの二番煎じでない事を祈りたい。(早い話が、あのく草太未登場で終わってくれれば、大したこと無いんだがな!)

自分としては、予告には無かったが、自己ワースト3のく草太が出ないことを祈るばかりである。出たとしても、キ○ガイっぽい所、ドットっぽい所を覗かせなければ、問題ないんだがな!勿論、出た後に、本人がここに来ようとも、絶対に入れてあげない!あの性格、直してからだぞ?分かっているな?
と言うことで、次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。

続きを読む

最後の映画リポート? ~しまじろう2WAYポシェットレビュー~

愈々、全国ロードショーから1ヶ月となる「しまじろうとにじのオアシス」
特に今年は、当ブログでもうpしたように、完成披露上映やネッツトヨタで開催された「わくわくえほん」キャンペーンのみならず、東急でのスタンプラリーと2箇所でのダンスイベント等もあったりした。

そして今回、恐らく当ブログでも最後になるであろう、“本当に最後”の今年の映画に纏わることをリポートしようと思う。
其れは、ローソンで映画のチケットを購入する際、唯チケットを買うだけか、或いは、“おまけ付き”のチケットを買うと言う、所謂“選択”が出来たのである。
今回は、其れに関する内容である。

前置きが長くなったが、先ずは其の“おまけ”を見せることとしよう。
こちらである。
IMG_2624_convert_20170408100040.jpg
これが其の“おまけ”である。

これは、ローソンのチケット発券機であるLoppiで手に入る、映画グッズの一つで、「しまじろうとにじのオアシス 2WAYポシェット」である。
早速、開封していく。
20170407214749.jpg
説明書き
20170407214640.jpg

20170407214655.jpg


映画の公式サイトでは、チケットと“併売”しているような形で書かれていたが、実は、このポシェット“単品”でも手にすることは出来たのである。勿論、予約制だったのは言うまでも無い。
早速使ってみると、かなり小さな子の場合は、“ショルダーバック”のような形で使えそうだが、所謂“大友”でも、腰に確り巻き付けることが出来、難なく使えた。

そして、中身はと言うと・・・
20170407214707.jpg
こちらには、デジカメ等の小物を入れるのに丁度良いサイズであった。
20170407214724.jpg
そして、前ポケットには、ハンドタオルやハンカチ等と言った類が入りそうな気がした。未だこちらには何も入れたこと無いが・・・。

さて、映画のチケットとじゃないと買えないと思われたこのグッズであったが、普通にLoppiを経由するとこのように、これだけで買うことが出来たのであった。
今でも売られているかは分からないが、若し既に完売していたとしても、まあ参考だったと言うことで、収めておけば良いだろう。


其れではここからは、今週のしまじろうについてである。(BS11の方は、4月10日の放送になる。)


Non_convert_20170401205452.png
園長・久万 熊男(仮名)「お~い、今週も来たんですけど~、どうして開けてくれないんでしょうか~?私が(中略)るよ・・・。」

お前が先週帰らずに、他に仲間引き連れてきたのはそう言うことだったのか・・・。
だからお前、先週も言っただろ?

1,一度は登場した際、決して下らんことを言わない。
2,本名を明らかにする。


この二点をやらん限り、お前をこのブログに招く訳には行かん。
そう言う訳で、今週もお前とは絡みたくないから帰りな!
Non_convert_20170401205452.png
久万「じゃあ逆に聞きますが、何故私は君のオリジナルストーリーである、「ちゃれんじ園 オフ」に出させて貰えないのでしょうか?私は其のちゃれんじ園の園長なんですから、出すべきだと思うんですがね・・・。後私の本名は教えられませんよ。私は園長であると言うことが伝われば、其れだけで十分なんですから・・・。」

悪いけど、このアニメはな、お前以外名無しの権兵衛は居ねーんだよ!
他の特に名付ける必要も無いキャラにまで名前の設定があるこのアニメに、お前のような本名不明キャラとか訳分からんからな!
其れと、お前の其の性格を改めん限り、お前を決して「ちゃれんじ園オフ」に出してやらん!

さ、分かったらもう帰れ!
おめえが来ると、このブログの気温が下がんだよ!!
Non_convert_20170401205452.png
久万「にしても謎だな・・・。私はこれで2度出たから、精勤かと思ったら違うとは・・・。でも私は“Seikin”だけに、次は“Hikakin”(中略)・・・後、何で私はこのブログでの顔出しが無いのだ?頭隠して尻隠さず・・・って、お尻は隠していない(後略)」

顔出しだ?
分かったよ、教材のお前だったら見させてやるよ!
CIMG0284_convert_20170408212506.jpg
何?満足出来ないだと・・・?

じゃあ、ヘソカ時代でもいいか?
hsr_convert_20170408213432.png
この頃のお前は、下らんこと言わんだけ遥かにマシだったけどな・・・。
ms_convert_20170408213455.png
今のお前だったら、この時に出していた「お化けと仲良くなれるステッキ」から、「どう、ステッキ(素敵)でしょ?」何て言うんだろ?因みにこのステッキの“正体”は、ただの蛍光灯。

去年のぶうたのように、あの久万親父がこの3月でちゃれんじ園去ってくれれば良かったのにな~・・・。
本当、あいつが居るのは「デンデン(全然)、洒落にならんな・・・。」

さて、今週も久万の愚痴から始まった訳だが、先週は完全に不適任だった訳ではなかったが、今週は寧ろ居なくても成り立ちそうだったことだろう。

と言うのも、あいつは其の「とりけん」の漫才でネタにされた際に、彼らの言っていたことを“鸚鵡返し”していただけだし、後は、唯まあキモい声援を言っていただけなので、今回ばかりは本当に不適任であった。あれ、鸚鵡返し?とりっぴいが何か返すことか?・・・

しかも、あの久万は予告の時点で映っていないことが多いので、行き成りフラグが立つと言う奴でもある。なので、今後ちゃれんじ園が登場する際は、本当にあの久万には要警戒しなくてはならない。本当にクレしんの組長こと高倉文太と交換して欲しい位だわ・・・。あっちの方が面白みがあるし・・・。と言うわけでどなたか、あの久万をふたば幼稚園に送ってやって下さい。テレ朝に送ってあげて下さい!同じ赤い服がトレードの野原しんのすけと出演させた方が良い位だわ・・・。あんな奴・・・。

てな訳で久万の愚痴をgdgd語る訳には行かないので、他の話題を・・・。

早速、今週のゲストに来て貰っているので、どうぞ!
tafb_convert_20170408204514.png
かんた「あ、今日は呼んでくれて有り難う・・・。でもさっき、園長先生の声が聞こえたみたいだけど・・・。」

あ、気にせんといて・・・。
其れと、もう一人。
sryj_convert_20170408204452.png
けんと「まさか僕も呼んでくれるとは思わなかったよ。でも考えてみれば、今回は僕が主役の話だった気がするからね・・・。」

さて、けんとは2月以来、2度目の登場だが、ここからは彼らと共にお送りする。

では今回、“出し物”のことでとりっぴいと悩んだ時のことである。

とりっぴいは自称・得意の歌とダンスを提案する一方、けんとはやはり、“鉄ヲタ”なので、電車関係を推していた。
しかし、“出し物”としては鉄道関係は似合わないか?ともなると、そんな気もしない。

例えば、今回中盤で電車ごっこをしていたとりぴに“乗務員”の配役をしていたと言う所から見ると、とりっぴいが運転手をやり、けんとが車掌と言った、やはり“電車ごっこ”でもいい気はする。だがそうなると、あの久万は完全に“お門違い”になり、一先ず終わった後、自分が顰蹙している“お約束”をするので、完璧とは言えない。

だが今回はあの二人が、何時もの久万の真似をしてくれたお陰で、今回久万は出ていた物の、そんな不快にならずに澄んだと言うこともあるので、二人が見せたあれが強ち間違いと言うわけではない。tk、あの久万、カミさん居るのは知ってたけど、「パパ」なんて呼んでいる一幕があったから、餓鬼も居んのか?

lfyju_convert_20170211205504.png
けんと「でも正直言うとね、とりっぴいの前で電車のことを言うのは心配だったんだよ・・・。ほら、以前僕ととりっぴい、其れにリチャードさんと水族館に行った時、水族館で電車の話をし始めた時、とりっぴいが「電車よりも車が好き。」って言われてショックを受けたこともあったし・・・。」

ご尤もである。
今回、本編中で語られなかったが、第93話「でんしゃで だいぼうけん」の際に、“電車旅”が出来ることに、“乗り鉄”のけんとは喜んでいたが、仕舞いにはしまとりの不安を爆発させたりしたこともあった。(其の後、けんとの機転で“乗り間違い”を修正出来たりしたのだが・・・。)
特に、とりっぴいは、思ったことは何でも話す奴なので、時偶に其れが原因の騒動も度々起こしたりもする。
それらを考えると、けんとの不安は物凄く同情できる。

所で、けんとに関してもう一つ。
自分はやはり、けんとの“鉄ヲタ”に纏わる主演回を又やって貰いたいという思いがある。

自分的には、けんとが普段遊ぶ玩具として、プラレールじゃね?と感じることもある。でも、けんとのような鉄だと、プラレールのような“幼稚っぽい”物より、プラアド(プラレールアドバンス)やトミックス、NゲージやHOゲージと言った模型に何かに手を出しそうなイメージだが・・・。
増してや、この番組のスポンサーにタカラトミーが付いているので、けんとがプラレールで遊ぶ的な話も出来そうに思えてくる。
今後、けんとが出た際は、そうした話を求みたい。

その際は、サブタイに「けんと」が入ってもいいだろう。(余談だが、今回も入れそうな気はした。「けんとの なやみ」とか?
jue_convert_20170211205301.png
けんと「そう言えば、今度の「しまじろうコンサート」は、僕の好きな機関車の話なんだって?凄く楽しみだよ!」

うん、お前が出て欲しいとも思っているんだがな・・・。
okfgb_convert_20170211205538.png
けんと「其れは未だ分からないけど、でも僕は楽しみにしているよ!・・・あ、そろそろかんたに変わってあげなよ!僕ばっかり話しているのも難だし・・・。」
65eed_convert_20170408204416.png
かんた「あ、じゃあけんとに変わって僕からね!そう言えば僕って、前の登場から今回の登場までの時間が、園長先生と同じなんだよね。(7ヶ月振り)其れで、僕にはどんな話をしてくれるの?」

今回かんたは、みみりんと“相席”になったことから登場したが、出番があまり多いとは言えなかった。だからと言って、呼んだ以上話題無しで帰すのも悪いので、かんたの話題は、ヘソカとわお!とで、“顔色”が違うと言う話をすることとしよう。
こちらが、ヘソカのかんたである。
erus_convert_20170408205126.png
見た所、今よりも顔色が濃いのが特徴的である。
htrs_convert_20170408204436.png
かんた「昔の僕を知っているなんて嬉しいな~!あの頃はお父さんも未だアニメに出ていなかった頃だったし、後何よりもぶうたも居ればらむりんも居た頃だから本当に懐かしいな・・・。所で僕にもやっぱり、けんとのように又主演回をやって欲しいって思っている?」

そうだな・・・。
去年の時見たく、“新設定”が明らかになるみたいな感じの話とか、お前の特徴の一つである「ボールを口で止められる」見たいな感じの話だと良いかなって思っているんだがな・・・。
whnrs_convert_20170408204531.png
かんた「あ、でも・・・僕って以前出た時に登場していたくまっきいのように、あんまり呼ばれないから凄く心配だよ。テレビせとうちにも何とかして貰いたいと思っているんだけど・・・。後、僕とさくらこの声が同じことも心配だな・・・。」

お前の場合は父親で医者のかんきちが居るんだし、其のかんきちと“共演”するみたいな形で出るとかはどうだい?特に「体の秘密に迫る」的な話だと、間違いなくかんきちが適任だし・・・。
兎に角、近い内にお目に掛かればと思うよ。お前の場合は準精勤でも十分出ているようだと感じるし・・・。
65eed_convert_20170408204416.png
かんた「そうだね。じゃあ僕、お父さんに一緒に出たいって頼んでみるよ!今回はこのブログに招いてくれて有り難う!じゃあ又ね!」
jue_convert_20170211205301.png
けんと「僕からも有り難う!前回はきっこで今回はかんた、次は誰と出れるか楽しみだよ!後又僕の主演回をやって欲しいよ!じゃあ又ね!」

さて、今回は中盤でとりっぴいがとりぴの電車ごっこが上手く出来ていないことで悩んでいた所、けんとの機転で解決したのだが、実は過去にも似たような話があった。

其れは、しましまとらのしまじろう第571話「なかよしでんしゃ」でのこと。

とりっぴいはとある約束に遅れてきた。訳を聞くと、どうやらとりぴの喧嘩の仲裁が原因らしい。
と其処に、ドカペが電車ごっこをしながら通り過ぎた。其の姿を見たしまじろうが、「ドカペはいつも喧嘩しているけど、実は仲良さげな・・・。」ととりっぴいに囁いたが、其れをドットは盗み聞きしていた。
状況を把握したドカペは早速とりぴの基へ。
話を聞くと、誰が運転手役をやるかで揉めていた。ドットはとりぴを説得するが、実は其のドット自身も弟・からくさ、ペイズリーから運転手役をやりたいとせがまれていた。
其のことにドットは立腹。しまじろう達は何とか、とりぴを仲直りさせる方法を模索した。

と言う話であった。
今回は、けんとが適当に“配役”を決め、りりが「りりがお客さん?」と不満がったが、「又変えればいい」と言っただけで大したことは無かったが、若し、あの時の話でドットではなく、けんとを介入させたらどのような展開になったのか?気になる所である。
因みに、其のしまとらの時の結論(と言うよりもオチ)は、“回送電車ごっこ”と言う形で仲直りできた。(つまり、互いが運転手をやる電車ごっこ。この時の話をけんとに見せたら、どんな反応するんだろう?

さて、アニメはこんな所で、其れ以外だと・・・。

今週は先週とコーナーや歌等、大差は無かった。
だが其の一方で・・・
dyrj_convert_20170408205607.png
既に公式YouTubeや、其処にうpられている過去作のアニメの終盤でも掛かっていたが、愈々、来月から始まる今年のしまコンの予告が掛かった。

気になるのは、何故去年は一切掛からなかったのか?と言うことである。
又、今年も其れと並行し、英語コンサート(英コン)として、「Fun Fun Summer Adventure」も開催される。是非、其の予告も掛けるように思う。WKと言う、こちゃれとは異なる組が出ているなんて薀蓄は聞こえません!

又、これは先週も掛かっていたが・・・、
rtj_convert_20170408230639.png
じゃんけんコーナー、「しまじゃん」である。

アニメで、「視聴者とじゃんけん」と聞くとふと、「サザエさん」の予告の後のじゃんけんを思い浮かべる方も多いと思う。
其れに肖った物なのかは知らないが、実はこの「しまじゃん」は若しかすると、“前番組”にも肖っている可能性があるかも知れない。

土曜朝8時半からやっている、しまじろうのわお!の前番組で、朝8時からやっている、TVA(テレビ愛知)製作のアニメ「フューチャーカード バディーファイトX」でも、予告の後に「バディじゃんけん」と称して、やはりじゃんけんコーナーがある。
なので若し、前番組の「バディーファイト」を視てから、この番組を視ている方は、「え?又じゃんけん?」と思った方も居たことだろう。自分は、大体「バディーファイト」のED辺りから視始めます。

rrkj_convert_20170401204503.png
しか子「所でテレビせとうちに質問なんだけど、何でけんと君が出ると私はEDでクレジットされないの?私とけんと君は声が同じだってアピールすべきなんじゃないの?」

これで、かんたとさくらこが出た時はどうなるのだろうか?

そんな今週の話だったが、次回はみみりんに纏わる話である。
jjy_convert_20160528205245.png
さくらこ「次回は、かんたと声が同じ私が出るから、宜しくね!」

予告では、さくらこが登場していたので、恐らく可能性としてはあるだろう。
だが其の一方、又ちゃれんじ園の展開がある。

若し、これでしか子と久万が出れば、精勤になる。
しか子は兎も角、久万には取らせたくない。なので次回こそは、あの久万を出さないでくれ!

後、あの豹もそろそろ“牙を向ける”可能性もある。間隔は空いて来たが油断は出来ない。
と言うことで次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。

映画企画・東急スタンプラリー、フルコンプ!

今回は、先週も予告でお伝えしたとおり、東急スタンプラリーについてである。
先ず、この東急スタンプラリーについて説明する。

東急スタンプラリーとは、東京を走る鉄道、東京急行電鉄が「しまじろうとにじのオアシス」の上映に肖り、企画した物で、5つの駅の近くにあるショッピングセンターに行き、スタンプを押し、5つ中3つ集めると“スタンプ3つおせたよ賞”として、ステッカーが貰えるということであった。(言い換えれば、“参加賞”)
更に、公式サイトからアンケートに答えると抽選で50名に“のったよ賞”として、クリアファイル・キーホルダーセットが、抽選で5名に“おしたよ賞”として、ココが当たるということであった。

又、このイベントはこれを書いている今日まで開催されていたが、“スタンプ3つおせたよ賞”のステッカーは「無くなり次第終了」とのことだったので、若しかすると終了時にはどのポイントにも無かった可能性もあるが、それに関しては不明である。

では本題。
先ず、スタンプ台は其々何処にあったのかと言うのを把握して貰いたい。
スタンプ台があった“最寄り駅”は、以下の通りである。
toyoko.png
路線図中の○で示した所が、スタンプ台が設置されていた最寄り駅である。

其れを踏まえた上で、各駅の駅名票とスタンプ台の画像を記すこととしよう。
先ずは蒲田駅から。
DSCN6950_convert_20170331232138.jpg
駅名票
IMG_2372_convert_20170331232047.jpg
スタンプ台

蒲田駅の場合は、東急改札を出て直ぐの所(JRだと南改札を出て直ぐ)にある東急プラザ蒲田2階エントランスのエルカフェ前にあった。
そして、ステッカーの配布場所は其の近くのインフォメーションだった。

次に自由が丘駅。
DSCN6999_convert_20170331232255.jpg
駅名票(東横線)
IMG_2373_convert_20170331232335.jpg
スタンプ台

自由が丘駅の場合は、南口改札を出て徒歩1分の所にある、フレル・ウィズ自由が丘3階のハウスオブローゼの前にあった。
そして、ステッカーの配布場所は、1階サービスカウンターであった。

次に武蔵小杉駅。
DSCN7033_convert_20170331232415.jpg
駅名票
IMG_2375_convert_20170331232448.jpg
スタンプ台

武蔵小杉駅の場合は、隣接する武蔵小杉東急スクエア3階の靴下屋前にあった。
だが、ここではステッカーの配布は行っていなかった。だから、試写会の後にスタンプラリーに参加した際、蒲田・二子玉川と続き、ここが3つ目となったが、ここでは貰えないことが分かると、蒲田へ引き返した自分orz

次に二子玉川駅。
IMG_2526_convert_20170331232955.jpg
駅名票(田園都市線)
IMG_2524_convert_20170331233040.jpg
スタンプ台

二子玉川駅の場合は、隣接する二子玉川ライズS.C.タウンフロント1階のインフォメーション前にあった。
ここでは特に確認しなかったが、恐らくインフォメーションでステッカーが貰えたものと思われる。

最後にたまプラーザ駅。
DSCN7429_convert_20170331232701.jpg
駅名票
IMG_2529_convert_20170331232804.jpg
スタンプ台

たまプラーザ駅の場合は、東改札を出て直ぐの所にあるたまプラーザテラスゲートプラザ1階のインフォメーション内にあった。
そして、ステッカーの配布場所もこのインフォメーションであった。

さて自分の場合、このスタンプラリーには2回参加した。
と言うのも、前にも伝えたように完成披露上映とダンスイベントで、2度上京したからである。
ではその時の“参加賞”達成時の画像である。
IMG_2379_convert_20170331232533.jpg
1回目
IMG_2530_convert_20170331232844.jpg
2回目

良く見ると、星型の穴が空かれていることにお気付きだろうか?
そう、この穴だが、3つ押して武蔵小杉駅を除く各ポイントの配布場所へ行くと、ステッカーと“引き換え”と言う形で、この台紙に穴が空けられるのである。
例えれば、切符を持ち帰りたい場合、改札の駅員に申し出ると、駅員は無効印や乗車記念スタンプを押すと同時に、切符に穴を空けるような物である。

では最後に、スタンプ台紙の画像と参加賞のステッカーである。
20170401172635.jpg

20170401173428.jpg

20170401173530.jpg
“スタンプ3つおせたよ賞”のステッカー

台紙は、各ポイントに置かれていた、即ち“無傷”の物はこうであった。
そしてステッカーだが、左が1回目の時、右が2回目の時である。

更に、この台紙は3つ達成で回収はされなかったので、引き続き5つ押すと言うことも可能である。言うまでもなく、参加賞をもう1枚貰うのは不可能。
其の5つを押し、“完全達成”するとこうなった。
20170401173504.jpg
そう、各々が手を繋いでいるかのような絵になる。
所で個人的には、ガオガオも良いがココでは駄目だったのか?と凄く思った。

そんな訳で、4月1日まで開催された東急スタンプラリーについてであった。


其れではここからは今週のしまじろうについてである。(BS11の方は4月3日の放送になる。)


今週は、言うまでもなく久万(仮名)である!あの熊親父の本名、未だに明らかになっていないのでこちらで勝手に名前を付けさせて頂きました!製作、異論は聞かんよ?設定しようとしねーおめーらが拙いんだからな?

今回は途中で、「しか子先生について園長先生なら何か知っているかも知れない!」となり、あの久万が登場したので、前回のように“フラグ”が立たずに登場ではなかったが、其れでもあいつが登場したことだけは不服であった。
でやはり、メインが去った後に下らんことを、視点を変えると視聴者に言っていたので当然こちらとしては黙っていられなかった。

自分的に、あいつがほくそ笑む姿はキモいし、オモいもしない。
あんな下らんことを言って、あの時期の子にはどう見えるんだろうか?製作の考えることは謎である。
Non_convert_20170401205452.png
園長「お~い、今日は出演したから君のブログに来たんですけど~!このドアの鍵を開けてくれるかg(駄洒落)」(ノックを続ける)

おめえは呼んでねえんだよ!
呼びもしないのに好き勝手に来んな!この場違い野郎!
Non_convert_20170401205452.png
園長「其れより気になっているのは、どうして君の作った話である「ちゃれんじ園オフ」に未だに私を出してくれないんでしょうか?私は其のちゃれんじ園の園長なんだから、出すべきだと思うんだけどね?」(ドア越し)

おめえが下らんこと言わなくなったり、おめえが本名を明かしてくれたら考えてやるよ。本当はこんな場違いキャラはとっととこのアニメから出てって貰いたいけどな。出来れば「クレしん(クレヨンしんちゃん)」のふたば幼稚園の組長(園長・高倉文太)と入れ替わって欲しい位だわ・・・。
其れと、この部屋に通してあげるよ。
さあ、とっとと帰れ!この髭モジャ糞親父!あいつ、本当はワドルディみたく口ねえんじゃねーの?


と言う訳で、大して話したくも無い久万とのやり取りをお送りしたが、今回は登場としては不適任とは言えない気もするので、あまり文句は言えないのが虚しい。
さて、ここから本題に入ろう。今後、呼びもしない奴は入って来れないように、この部屋の“本来”の出入り口には施錠をし、呼んだキャラには別の出入り口から入るということにするので悪しからず。
早速だが今週のゲストである。

今週のゲストは、ちゃれんじ園でしまじろう達の担任を勤めているしか子である。
と言う訳で宜しく、しか子!
rrkj_convert_20170401204503.png
しか子「さっき、園長先生の声がこの部屋の外から聞こえたみたいなんだけど?私は特に何も言われていないけど、貴方に話があるんじゃないの?」

いや、今回はあのく(ryじゃなかった、園長は呼んでいない筈だからきっと聞き違いじゃないの?(汗)
pojpn_convert_20170401204443.png
しか子「(そうかなあ?私には聞こえたけど・・・。)良いわ。今日はブログにお招き有り難う。早速だけど、今日の話についてお願いね!」

はいはい、では早速。
今週は、これで4ヶ月連続登場且つ、特別精勤を2度達成したとりごろうが、しか子の住んでいたアパートから引っ越すシーンを見たことで、“退任”騒動が起こった訳である。

さて、早速だが先ず、引っ越し屋のトラックに同乗していた“牡鹿”描写を見る限りだと、角が無かったのでとても牡鹿には見えなかったが。についてである。

その“牡鹿”は後にしか子の実弟であることが判明する訳だが、勿論しか子に弟が居たと言うのは新設定だろう。
所で、其れで思い出したのは先週も触れたが、「ちゃれんじ園オフ1」で“犯人”として登場させたカズミとカズエである。
あの時は未だ、兄弟姉妹の設定が無かったので、取り合えず二人は“叔母”と言う位置付けで登場させたが、まあ彼女達をイメージするならば、やはりあの弟なのかもしれない。
あの話では、“挿絵”が無いのでイメージし難いかも知れないが、若し「ちゃれんじ園オフ1」を読んで、未だに彼女達を思い描けないと言うことならば、そうした方がいいだろう。余談だが、この他に“叔父”として牡鹿のカズオという人物も登場させたが、彼は叔父からしく角があると言うイメージなので、弟のイメージとはかけ離れている。

所で、今回はこの弟の台詞が無かったので、本名も明らかにならなければ、声質も明らかになっていない。
だが、若しかすると再登場することはあるかも知れない。其の時には、弟の本名が判明することだろう。

・・・と言うことでしか子、是非弟に再登場の依頼をしてくれないか?
trweg_convert_20170401204524.png
しか子「又出てくれるかどうかは分からないけど、貴方のことは弟に伝えておいてあげるわね。」

さて、今回は折角しか子に来て貰っているので、彼女に少しだけスポットを当てていくこととする。
しか子は、全身番組・しまじろうへソカで、ちゃれんじ園がアニメで登場した2年目からのレギュラーなので、これで7年目と言うことになるのだが、其のしか子がヘソカとわお!とでは、デザインが微妙に異なると言うのは恐らく、知らない方も居ると思う。

こちらがヘソカ時代のしか子である。
u65_convert_20170401205510.png
見た所、顔色は今回登場した弟にも若干似ている感じである。
ir7j_convert_20170401205435.png
少し下がるとこんな感じ。
hgjl_convert_20170401204149.png
しか子「まあ懐かしい!未だぶうた君も居れば、らむりんちゃんも居た頃の私ね!本当に私、変わったでしょ?これで、今回の話で皆が思ってくれたように、恋人が出来ればなって思っているのよ!貴方もいい牡鹿のキャラクターで私と気が合いそうな人を見つけて欲しい位だわ・・・。」しか子が独身なのは、アニメで本人が言っていたので実話です。

・・・と本人が語っているが、しか子は「クレしん」で例えると、野原しんのすけや其の仲間・「かすかべ防衛隊」が通っているふたば幼稚園のひまわり組の担任である吉永みどり(現:石坂みどり)だが、恋人募集中と言う所で見ると、犬猿の仲で、ばら組の担任で、故・行田徳郎に出会う前のまつざか梅にも見えてくる。

若し、しか子がクレしんとコラボしたら、恐らく吉永みどりと意気投合しそうである。そんな気がする次第である。
pojpn_convert_20170401204443.png
しか子「そう言えば私は、結構貴方の書いている「ちゃれんじ園オフ」で、私を上手く活躍させてくれているわね。これからも「ちゃれんじ園オフ」でも活躍していきたいわね。」

ま、次作もきっと活躍させるから、そこは期待してくれってことで・・・。

6ke_convert_20170401203829.png
くまっきい「ねえねえ!私の話は未だなの~?・・・あ、しか子先生、こんにちは!」
hgjl_convert_20170401204149.png
しか子「あら、貴方くまっきいちゃんも呼んでいたの?」

おっと失礼!
前回このブログがお開きになった後、くまっきいが「次は私を呼んでよ!」とせがんで来たので、結局呼ばざるを得なくなったので、くまっきいもこの場に居るのだが、さて思いとしては・・・。

今週登場しても、先月登場してないんだから、連続登場記録は更新されんよ?
e7ie_convert_20170401203849.png
くまっきい「勿論、分かっているわ!でもね、やっぱりテレビせとうちは太っ腹だな~って思っているの!今回も其のしか子先生が私の家の近くのマンションに移るって話だったから、本当にこのアニメは最高だねって思っているのよ~!!もう、連続登場記録が6で止まったことなんかどうでも良いわ~!!」

でもやっぱり、もっと登場頻度空けてくれないかな?
同じキャラばっかだと流石に飽きてくるし・・・。

qsdc_convert_20161029212110.png
くまっきい「でも、登場間隔が空いちゃうと、新キャラクターの私が誰なのか分からなくなるかも知れないし・・・。」

いや、お前は十分出た方だよ。
多分、しか子のようにお前が大分ご無沙汰で出たとしても、視聴者はお前のことは分かって貰えると思うけどな?
vhuuiok_convert_20161029212151.png
くまっきい「そうかな~?でもまあ良いわ。私は今日呼んでくれたことだけは嬉しかったわ。又登場する時は声掛けるから、その時は宜しくね~。」
trweg_convert_20170401204524.png
しか子「じゃあ私もそろそろお暇して良いかしら?今回は呼んでくれて有り難うね!」

Non_convert_20170401205452.png
園長「お~い!開けてくれませんか~!!」(激しくノック)
rrkj_convert_20170401204503.png
しか子(あら?又園長先生の声が聞こえたわ!この人、園長先生を何処かに隠しているんじゃないの?)(半信半疑のまま去る。)

因みに、久万の居るドアはしか子たちには見えない位置にあるので、心配御無用!

さて、今回の話も過去に、似たような話があった。
其れは、しましまとらのしまじろう第572話「はかせのおひっこし」である。

話は、先ずらむりんが、父・まっせいの粘土細工を見るところから始まった。そんな中、ドカペ(ドット・からくさ・ペイズリー)がメエメエ(今で言う所のガオガオに相当)の家の前を歩いていると、引っ越し屋のトラックが止まっていた。
彼らが様子を見ていると、そのまま引っ越し屋のトラックに乗り、姪のメエコ・大甥のキットと共に去って行った。
と其処へ、何も知らないしまじろう達がメエメエの元へ遊びに来る。ドットは彼らに、「メエメエは引っ越した!」と伝えると、最初は半信半疑だったが、窓越しで中を見ると蛻の空だった。
念のため、しまたろうに確認しても「メエコの住所になっていた」と言うことだった。
其処で彼らは、メエメエに感謝の気持ちを伝えるべく動き出す・・・と言う流れであった。

だが結論は、今回は住んでいたアパートに“ガタ”が来て新居に越したと言うことだったが、あの時はリフォームのために一時的にメエコの所で“居候”ということであった。(つまり、厳密には“引っ越し”ではない。

今回のとりごろうのように、遠方へ引っ越しと“思い込む”話もあった。

其れはこともあろうに、其のとりごろう含む空野家のことである。
話は、はっけんたいけんだいすき!しまじろう第79話「さよなら、とりっぴい」である。

話は、らむりんが、とある蝉の“旅立ち”を今まで仲間に言っていなかったが、其の日が遂に来て、惜しまれて旅に出たと言う絵本を読み聞かせた所から始まった。
其の話に心を打たれたとりっぴいが家に帰宅すると、慌ただしい雰囲気になっていた。
とりごろう曰く、「明日の夕方には家を出る。」とのことだった。

とりっぴいはこれを引っ越しと思い、翌日、自分自身の最後の“思い出作り”と言うことで、他のお三方をちゃれんじ島のあちらこちらへと梯子した。
とりっぴいは「絶対に悲しまない!」と決意し、途中でらむりんに怪しまれながらもちゃれんじ島を巡った。

そして夕方になり、とりっぴいは最後まで悲しまないと誓っていたが・・・

結論として、これはとりごろうがシティに新しく出来た宿泊施設に空野一家が招待され、其処に旅行に行ったと言う物であった。
だが、突然の別れに当然、他の御三方も涙を浮かべたが、“無駄泣き”となってしまう結論になった話である。

更に、最後まで本当に遠方に越すと思っていたメインが「しか子先生、ちゃれんじ園辞めないで!」と言っていたことから思い出した話もある。

其れは、第52話「しまじろう ウソをつく」である。

話は、ある日公園で遊んでいるとぞうたと今は無きぶうたが「しか子先生、結婚するんだって~!!」と血相を変えてやってきた。メインは真相を確かめるべくちゃれんじ園へ。
所が、見に覚えの無いことにしか子は首を傾げた。其の姿を見たぞうぶうはほくそ笑み、「今日はエイプリルフールだからな!」とネタ晴らしをした。
当然、彼らは騙されたことに立腹する。其処で、しまとりはぞうぶうに“復讐”すべく、上手い嘘を吐こうと決心したのだが・・・

だが、今回の話はこうは考えられないだろうか?
しか子がちゃれんじ園を辞めるというのは、エイプリルフールの嘘であると言うことを・・・。

今回は、4年前の其の時見たくエイプリルフールの要素は無かったが、折角TXNの放送日とエイプリルフールが重なったのだから、これは出すべきだったと思う。

なので例えば、今回半信半疑だったしまじろうが「今日は何の日か考えてみてよ!」と言ったり、「皆、覚えていないの?僕達、同じようなことでぞうたに騙されたことあるじゃん!」とエイプリルフールの要素を入れれば、其れこそ“季節感”も出るし、今日が何の日かと言うことを分かって貰えるので、寧ろ適任だろう。

当然、エイプリルフールのことも大切なのだが・・・。
trd_convert_20160702184338.png
にゃっきい「テレビせとうち!何で4月4日が誕生日の私の話をやらなかったの!私の誕生日よりも、しか子先生の話が大切な訳?さっきから君の話を聞いていると、園長先生が嫌だとかって言っていたみたいだけど、本当に今回は君に同情するよ!」
lfdti_convert_20160227191328.png
はな「はなたんも~!誕生日祝われたい~!!お兄たんみたいに~!!」

早速来て貰っているが、寧ろ彼女らを祝う話の方が遥かにマシだったと思う。

kctyc_convert_20160123214145.png
はな「はなたん祝ってない、テレビせとうち、め!!」
ty_convert_20160227192023.png
しまじろう「はなちゃんは諦めた方が良いよ。だって、4月4日って他に何の日があるの?僕の場合は5月5日はこどもの日で、其れの序に祝って貰っているようなもんだよ?」
rty_convert_20160702184221.png
にゃっきい「しまじろうは分からないみたいだね。未だに誕生日を祝ってもらえない私達の気持ちを!主人公だけは毎年祝われるって本当に羨ましい限りだね!」
tgujk_convert_20170107211045.png
とりっぴい「じゃあとりっぴいはどうなの?1月1日のお正月が誕生日なんだけど・・・?序も何も無いとは言わせないよ!しまじろうもテレビせとうちもね!!」

ryuk_convert_20170211205737.png
きっこ「ほ~ら!私の予想、見事に当たっちゃったわ!さくらこの時に、くまっきいに潰されるなんて適当に言っただけなのにね・・・。」
awet_convert_20160702183536.png
にゃっきい「きっこ、其れって私への皮肉?(きっこだってお互いさまなのに・・・。)」
tsgn_convert_20170211205808.png
きっこ「あ、いや・・・。(汗)」

これで5月5日が近づいたらしまじろう、7月7日が近づいたらまるりん、以上!で終わったら当然不服なのは一緒である。

さてこれ以外だと、度々問題視しているとりっぴいである。

とりっぴいは今年最初の放送以来、飛ぶ描写を視ていない。
更には、とりっぴいは他の鳥類と会話が出来ると言う設定があるにも拘らず、其の鳥類と会話する描写も最近は視ない。これに関しては、第100話「ママなんか だいきらい!」の際、たま子に連れられ、とある池に行った際、群れと別行動をとる小鴨を親鴨が叱ると言う描写があったが、其の際とりっぴいが“通訳”する描写が無かったことすらあった。
そして今回、“第一報”をしまにゃきに伝えたみみりんに遅れてとりっぴいが“第二報”を伝えに来たのだが、あのような一大事の際は寧ろ飛んできた方が自然である。

あんな「この羽、実は飾りなの。」と言わんばかりに羽根を広げて、唯走ってくる描写はとりっぴいが“お荷物”と感じるタブーな描写だということは何度も述べている。
若し、今後とりっぴいがアニメで飛ぶ描写を出さないのなら、本当に「あんな緑鸚鵡をしょっ引いて、らむりんを返せ!」と声を大にしてでも言いたくなる。

映画ではとりっぴいはちゃんと鳥らしく、飛ぶ描写をかなり使っているにも拘らず、何故普段のアニメでは出さないのか?
これも謎である。
5年前に、あんなお荷物鸚鵡が残り、逆に降板させられたらむりんが可哀想である。


因みに、教材ではしか子はこどもちゃれんじすてっぷ(年中向け)の時のみの担任であり、ほっぷ(年少向け)ではいぬ子だし、じゃんぷではくう子(年長向け)が担任である。
つまり、教材の目線から行くとアニメのように、しか子が担任をするのは年中の1年間のみと言うことになり、彼らが年長になる時はくう子に変わってしまうのである。(実際、アニメでのしまじろう達は5歳児と言う設定。)
よって、話中で、「卒園まで辞めないわ」と言っていたが、担任を続ける訳ではないということを熟知して欲しい。

ここからは、自分の体験談である。
自分が幼児の頃は、3年間、どの担任も最後は転退職していったことがある。
3年間担任が違うと言うのはよく聞くが、年少でも年中でも年長でも、最後は転退職すると言うのはレアなのではないだろうか?

さて、其れ以外だと、今日から新年度と言うことで装いも新たに今週はスタートした。
kth_convert_20170401204238.png
先ずOP前、しまじろうが「しまじろうのわお!始まるよ~!皆で、「しまじろうのわお!」って言って始めよう!」とちびまる子ちゃんで言う所の、「さあ、皆集まって~!ちびまる子ちゃんが始まるよ~!!」のような流れでスタートした。

だが、OPは変化しておらず「ボクらの ほしの ミラクル」のままで、背景も変わっていなかった。当然、OPも一新すべきだったのは言うまでも無い。

そしてアニメなのだが、アニメ前のアイキャッチ(当然、他も)にも変化は無かった。

ot7_convert_20170401204327.png

wrj_convert_20170401204357.png
アニメ後の歌パートでは、新たに二曲が歌われ、これ以外にしまじろうが軽い歌をやっていた。

其の他は「どうぶつものまね」、「みみりんそうだんしつ」(使い回し「太陽の見え方」)「みみりんまちがい」と、教養は変化が無く、又次回予告も変化は無かった。

そして、予告の後には・・・
tukf_convert_20170401204606.png
しまコンや映画の終わり見たく「皆で、「まったね~!」で締めよう!」と言い、一旦「まったね~!」と言わせ、その後「最後は「トモダチのわお!」を踊ろう!」と言う流れで終わった。

これは嘗て、はっけん!時代でも1年目にしまじろうが「ウッフッフ!楽しかった?最後は「ハッピー・ジャムジャム」だよ!皆で踊ろう!」と言って終わっていたことがあるので、其の演出が復活したと言ってもいいだろう。
nsdss_convert_20170401204307.png
EDは「トモダチのわお!」で変化は無いが、絵は完全に一新し、フォントも変わっていた。
ytrhtb_convert_20170401204628.png
そして、最後の提供クレジットも変わっていた。

と言うことで、今年はアニメの改題は無いにしても、装いは新たにしている所があった。
Non_convert_20170401205452.png
とりごろう「今週、出演したてえから来てやったってえのに、なんでえ!鍵掛かっているんでえ!」
園長「あ、これはとりっぴい君のお父さん!私もさっき入れてくれなくて、(駄洒落)っていたんですよ。ここの管理人と話をしたいので、鍵開けてくれませんか?」
とりごろう「俺は鍵屋じゃねえ!生憎、んなもんはねえんでえ・・・。てな訳で俺もしてえんでえ!おめえさん!開けるでえ!!」

かなえ「私もこの間、私に対してお荷物って言っていたけど、どういうことなの~?今週私出たんだから説明してよ!」(全員激しくノック)

(だから、あの久万親父帰れって言ったのに、何で仲間引き連れてきてんだ!)


そんな今回の話だったが、次回は
jue_convert_20170211205301.png
けんと「2月に出たばかりなのに、又呼んでくれるなんて嬉しいよ!テレビせとうちには本当に感謝しなくちゃ!」

其のけんとがとりっぴいと何かをやることで悩むと言う話である。

当然気にしているのは、ちゃれんじ園に纏わる話なので、外で入れてくれとせがんでいるあの久万が又出るかも知れないし、其れに加えて、あのギザ豹も登場する可能性もある。
自分としては、やはり出して欲しくない。又あの久万のオモんないことは聞きたくない。

新年度期待しているのは、言うまでもなくらむりんの復活である。
降板から早5年、らむりんが再び日の目を見る日が来るのか?其れを期待したい。

そんな訳で次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。
jd_convert_20170401210230.png
リチャード「アノ~!Ms,シカコニ会イニ来タンデスケド~!居マスカ~?」
ガオガオ(何で私まで来なきゃいけないんだ?)

今週のブログもう終わりなんだけど・・・。

P.S.

さて、今回の更新日はエイプリルフールと言うことで、この記事の何処かに“ガセ”内容が含まれている。
其れを探して欲しい。

答えは追記を参照。(トップページからの場合は、「続きを見る」をクリック。)

続きを読む