2016年は、みみりん誕生から25周年! ~みみりん25年史~

今年、しまじろうではある節目の年を迎えた。

其れは、
vvvui_convert_20160409221241.png
みみりんが、こどもちゃれんじで初登場してから、25周年なのである。

多分、殆んどの人が「みみりんが25周年?こどもちゃれんじじゃなくて?」や「え?にゃっきいなら未だしも、みみりんは最初から居なかったの?」と思われるだろう。
御尤もである。実は、みみりんは、にゃっきい同様、こちゃれのスターティングメンバーではないのである。そして、こちゃれは1988年創刊なので、今年で28周年である。

と言うことで、今年はみみりんが登場してから四半世紀なので、彼女の歴史を簡単に振り返りたい。

1991年~93年 アニメ化前

みみりんは、此れまでのメンバーだった、しまじろう、とりっぴい、らむりんに次ぐ4人目のキャラクターとして、91年に加入した。
rttfdcjf_convert_20160409215623.png
これが、加入当初のみみりんである。(画像は、当時のこちゃれのCMから。)

今と比較すると、目が完全に黒い等、違和感がある印象である。
そして、この当時、みみりんの声を当てていたのは、高橋美紀ではなく、ちびまる子ちゃんの穂波たまえ役や、愛・地球博のマスコットキャラクターのキッコロ役で知られる、渡辺菜生子が演じていた。(あんまり、高橋美紀の方と比較しても、大差は無かった。)
nbtfd_convert_20160409215441.png
そして、アニメ化が近くなると、略デザインがアニメに近くなってきた。

1993年~2008年 しましまとらのしまじろう時代

こうして、93年12月「しましまとらのしまじろう」として、アニメ化された。(アニメ化と同時に、中の人が高橋美紀になった。但し、93年度のこちゃれは、渡辺菜生子が引き続き担当。)
20160409214225.jpg
これが、其の当時のみみりんである。

この頃のみみりんの家・緑原家は今と違う所が一つだけあった。

其れは、家が花屋ではなかった。
というのも、父・草太の職業が、消防士だったからである。草太は、幼少の頃は、消防士になることが夢であり、実際になったが、やはり花屋をしたい夢があり、途中から花屋になったのであった。

後は、ドカペ(黒猫)三兄弟の末っ子、ペイズリーがこの頃は、みみりんに片思いをしていた。(第1話の時点からである。)

そして、時期は不明だが、しまじろうアニメもセル画からデジタル画へと移行した。
20160409213638.jpg
2000年頃のみみりん

そして、この頃のみみりんと、当初のみみりんを比較して、ある違いを見つけた。
其れは、当初の方が耳が長いことである。何故、以前の方が長かったのかは不明である。(余談だが、キャラソン「願を込めて」では、「長い耳、キュートでしょ」と歌っている箇所がある。)

更に、時が経つと、
iuyg_convert_20160409215206.png
服装に変化は見られないが、襟の部分に注目である。

以前は、首全体を覆う襟であったが、この時の画は、普通の襟になっている。因みに、らむりんがリボンからバンダナに移行する頃には、こうなっていたようである。だが、これに関しても、何時作画を変えたのかは不明である。

そして、こちゃれ創刊から20周年、アニメタイトルが変わった。

2008年~10年 はっけんたいけんだいすき!しまじろう時代

一年目は、此れまで通りの服装で登場していた。
20160409213215.jpg
だが、二年目の中頃になると、服装がチェンジした。

其れが、次作へと繋がって行ったのであった。(尚、はっけんに関しては、前作と次作と大差は無いので、これ以上の記述はしないこととする。)

2010年~12年 しまじろうヘソカ時代
この頃になると、みみりんの好きな色でもある、ピンクをアピールした服装になった気がした。
oonb_convert_20160409215548.png
この頃も、前作とは略設定は変わらずに進んで行った。

そして、2012年3月、長年、彼女の友として近くに居たらむりんが降板することになった。

ここで、
bbvc_convert_20160409220200.png
今のみみりんが、左耳辺りにつけているリボンのことである。

実はこれは、元はらむりんの物であった。

らむりんにとって、最終話となったこの話の分かれ際の際、
kjiy_convert_20160409215314.png
みみりんは、らむりんに肖像画を贈り、其の礼として、らむりんが今まで大切にしていたリボン(この時、胸元に着けていた)を、みみりんに贈り、
zsrj_convert_20160409215653.png
らむりんが見ている前で、今までのトレードだった耳飾り(花飾り)を外し、新たにリボンを着けたのであった。

これは、是が比とも製作には伝えておきたい!

みみりんがつけているリボンは、元はらむりんの物だ!

だから、其れを元にして、らむりんを復活させることが出来るではないだろうか?一度は本当にそうして頂きたい。話によると、勝手にトレード化しているらしい。しかも、しまじろうのわお!第56話「はなちゃんのおねえちゃん!?」では、同じ物を二つ持っている描写が伺える。(此れに関しては、らむりんから予備が送られてきたってことにしている。)

そして、

2012年~ しまじろうのわお!時代
oijjftd_convert_20160409215519.png
このようにして、今に至っているのである。

そんなみみりんは、25年経った今でも、出演を続けている。
更にみみりんにとって、一番の親友といえば、しまじろうやとりっぴいもそうだと思うが、やはり、
jyt_convert_20160409215241.png
以前はらむりんで、
bvfd_convert_20160409215003.png
今はにゃっきいである。

しかも、自分が見た限り、らむりんとは頻繁に喧嘩をしていたが、にゃっきいと喧嘩したことは、略無いといっても良い。しまじろうととりっぴいは未だに喧嘩することがあるのに、彼女達は友情を熱く語っているのであろう。(別に、喧嘩話を作れと行っている訳では無いが・・・)
こればかりは、にゃっきいにとっては嬉しい限りだと思う。(実際、にゃっきいも引っ越してきたという設定だから。ああ言った子は、最初の内は虐めの対象になり易いという。でもにゃっきいは、男勝りだから、そう言った面では強いのだろう。)

そんな訳で、今年はみみりん初登場25周年と言うことで、改めて祝福したい。


其れでは、ここからは今週のしまじろうについてである。


今週は、はなが庭先で紋白蝶の幼虫を見つけ、其れを飼育するという話であった。所がはなは当然、“餌”や“生活環境”を理解しておらず、ドーナツを与えようとしたり、(因みに、以前、第35話「かんたとのしのし」でも、とりっぴいが、かんたののしのし(緑亀)に、蛸焼きを与えようとしたことがあった。ま、類は友を呼ぶといった所か・・・)風呂に入れようとしていたが(実際にやったらどうなるんだろう?)、最終的には、成虫まで育て上げていた。

さて、今週の話を視て、どれ位がこう思ったのだろうか?

SPCの展開に似てないか?

と。(ま、SPCに行った方限定だが・・・。)
しかも、最初さくらから「青虫はどうなると思う?」としまじろうに尋ね、しまじろうは見事に、「蝶だっけ?」と言っていたが、流石、ムーシーから学習したな、と思えた。

次に、其の話をみみとりにゃきにした時、虫恐怖のみみりんが終始怯えていたが、(あの時のとりっぴい見て、しまとら時代のとりっぴいを思い出した。あの頃のとりっぴいは話によっては兎に角煩くて喧しくて、マジで殴りたくなった。特に第466話「とりっぴいは旅行中」第543話「静かなとりっぴい」辺りは・・・。)SPCで、ムーシーと触れ合った時は、全然怯えていなかったのは何故?と疑問を覚えずにはいられなかった。
余談だが、しまとら時代には、そんなみみりんが、守宮を飼う話があった。(第586話「アジサイのおくりもの」を参照。)

次に、蛹になった時、今回はちゃんと姿を晒していた(あの時は、壁に磔の状態になっていたが、本来は木の枝を飼育箱に入れてあげるのが普通。又、蛹になる際、前兆として、バタバタとするらしい。そうなったら、蛹になる時である。)が、何故SPCの時は、晒さなかったのだろうか?(布団を被せたような状態だった。)其れも疑問に思った。(あの後成虫になったムーシーが・・・(以下、ネタバレのため省略。))

この他、懐かしいと感じたシーンがあったので紹介したい。
lufd_convert_20160409215358.png
これである。

しまじろうが塗り絵をしているのは、ラットマンである。
ラットマンと言えば、此処1年は視ていないなと言う印象がある。

彼は、既に消滅(絶滅)危惧種なのだろうか?(たま子もそんな気がするな・・・。去年12月以来、出演無いし・・・。しかもそれ以前は、半年も前・・・。)この間の、あのギザ豹の映画と同コンセプトの映画の話をやっておきながら・・・。

他に、幼虫についてさくらがはなに説明した際、さくらは「赤ちゃんのことよ。」と言ったのに対し「赤たん!」と返したはなに、「え?赤さん?まさに○道の?」と思ってしまった自分が居るw

さて、アニメに関しては此処までである。
ここからは実写パート等だが、

製作に一言言おう!

先週のあの勢いは何処へ行ったんだ!!

先週、アニメパートがいきなり始まらなかったが、今週はやはり何時も通り、提供読みからのアイキャッチで始まった。しかも其ればかりでなく、其の他の教養パートも又、以前に戻っているのである。

其れは、自分が一番辞めて貰いたいと思っている「紋白蝶は左から何番目?」と言う問題や「踊っているのは全部で何人?○人抜けました。残りは何人?」と言う所を視た瞬間、「何此れ!!」と不満を覚えずには居られなかった。(本当にあの問題集は辞めて頂きたい!しまじろうの“し”の字も無い、毎週視れば、本来の視聴者層の子どもだって飽きてくる。本当に負のコンポである。あんな問題、Eテレの「おかあさんといっしょ」ですらやらないと思う。ねえ製作さん、そう言った視聴者の意見、本気で聞いてる?)しかも、しまじろうらしさが全然感じられない「サバイバル」(しかも、あれの中の人、スネ夫?(当然、以前の)それどころか、今週の展開視ていて、しまとら第422話「はなちゃんのぼうけん」の時のはなに言えそうだった。)だの「引っ繰り返し」だのそう言った所もあり、物凄く不満な今週の展開だったと思う。(みみりんの歌パートの後の奴も問題はボールで良かったと思うが、せめて其処に居たのがみみりんだったらな・・・。ベネッセにテレビせとうち、本当に御宅、アニメ本気で作る気あんの??本当にクレーム(テレビせとうち辺りに)付けてあげようか?

又、アイキャッチも出来れば変えて欲しいと思った。と言うのも、1年半は使っているからである。そろそろあのカットも飽きてきた。(今年のテレビせとうちから出されたカレンダーと偶にシンクロすることもあるが・・・。)
そして、映画の予告もあったが、これは先週無かったのは何故?と聞きたい。てか、客席全体写した場面を使えよ!映像視た限り、あの客達、当時、自分の周囲に居なかったぞ!(本当は映りたかった・・・。)

先週、改変期だから変わったのか?と思ったあれは一体何だったのだろうか?真実を知りたい。(てか、「わお!」はいつまで続けるつもりなんだい?いい加減五作目にしてくれよ!「わお!」は、もう飽きたから・・・。)

そして、今週新たに・・・、
iio_convert_20160409215041.png
「せかいはパラダイス」と言う曲が始まった。
しかもこの曲は、歌詞テロップが有ったので、若しかすると今年のしまコンで歌われるのかも知れない。今後に注目である。

又、此処にだって変化が無かった。
jyt_convert_20160409220441.png
もうこれをネタにするのは何度目だろうか・・・。
jyt_convert_201604092204412.png
そろそろ本気でこうして頂きたい!

そんな今週の話だったが、次回は風邪で寝込んだしまじろうが何故か、蜜柑を食いたくなると言うエピソードである。
所で、最近視ていて思うが、しまじろうってこの時期矢鱈と風邪引かないか?と思う。

と言うのも、去年も風邪引いてはなが代わりにちゃれんじ園行って、課題を提出したりすれば、風邪引いてでもちゃれんじ園に行きたいと駄々を捏ねる話ですらあった。

次回は、サブタイに「みみりん」があったので、みみりんが主役なのだろうか?
次回は視れるかは分からないが、視れれば視たいと思う。


おまけ

SPCから早2週間・・・。
あの時買い逃したグッズを手にしたので改めて紹介したい。

其れは、
20160407111853.jpg
この
20160407111838.jpg
ミニバッグである。

あの時、手に入れようとはした物の、訳有って手に入れられなかったのである。
しかも、未だ1週間一寸で、手に出来たのはまさに奇跡と言っても良い。(今年のしまコンで再販出来そうだが・・・。)
20160407112007.jpg
さて、
20160407112016.jpg
こうして、ミニバッグが手に入った訳だが、これで他に、自分が欲しいと思っている物はペアマグカップである。こちらは、テレビせとうちから出ている方も有るが、是が比とも、SPCグッズの方も手に入れたいと思う。

そして、
20160327025218.jpg
「しまちゃん」についてである。

マイラーバルーンのしまちゃんは、何度もヘリウムを与えてあげているが、未だ浮かんでいてくれている。(恐らく、ヘリウムを補充していない方も、大分シワシワになっていると思うが、未だ2週間しか経っていないので、浮かんでいてくれていることだろう。)だが、前回も話したが、ヘリウムを補充することは出来ても、すればするほど、風船自体が痛みやすくなり、遂には直ぐに抜けるようになってしまう。(ヘリウム自体は非常に小さいので、最初に手にした時から徐々に抜けていっている。)

是非とも“寿命”まで、可愛がってあげたい。
だって、1000円もしたんだし、見た目が可愛いからwww。(癒しって奴w)

そして、もう一つは・・・、
新たに、ブログを開設したことである。こちらからどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント