一寸、ネッツ店に行ってきた ~しまじろう映画フェアリポート~

本日は、TXNで映画スペシャルが放送されたので、臨時でうpすることにした。
さて、今回話題にするのは、現在全国のネッツトヨタ店で開催中の映画フェアである。

期日は2月6日~3月末までの開催で早速、ネッツに行ってきたのであった。
其のフェアとは、
20160207153010.jpg

20160207153020.jpg
今年上映される映画「しまじろうとえほんのくに」の絵本が貰えるフェアである。

そして、この絵本だが、
20160207153107.jpg
これらのシールを所定の所に張り付けたりするのは、テレビ絵本やその他の絵本でも良くあるパターン。

だが、
20160207153124.jpg
このページはと言うと、ここに最初の画像にある、しまじろうの“駒”のようなものを、空いているスペースに置いたりして遊ぶものである。これが、今までの絵本には無かったものと言えるだろう。
20160207153057.jpg
そして、保護者向けの解説書が添付されていた。

更に、この絵本を受け取った方は、映画のチケットが若干安くなる特典がある。

今回、カーディーラーでこのようなフェアが行われているが、自分は車好きということもあり、以前はディーラーに足を運び、カタログを貰ったりしていた。だが、今回のフェアで、何年か振りに、ディーラーに足を運んだのである。
若し、興味を持った方があれば、是非お近くのネッツ店に足を運んでみると良いだろう。


さて、今回はここまでだが、ここからは今日TXNで放送された映画「しまじろうとおおきなき」についてである。(これ以降は、TXNの無い地域にお住まいの方や未だ映画やDVD等でご覧になっていない方は、ネタバレ要素が含まれていることをご了承下さい。)


そんな訳で、今日の午前10時5分からTXNで「しまじろうとおおきなき」がO.A.された。と言う訳で、この映画スペシャルはTXNでしか放映が無かった(公式HPにも、其れらしき記載は一切無かった。)ので、TXNが無い地域にお住まいの方のために、番組の流れを記そうと思う。

10時5分、番組スタート。
uryj_convert_20160211165340.png
先ず、今年の映画「しまじろうとえほんのくに」の予告が流れた。
ytjdt_convert_20160211165410.png
この予告は、通常のアニメで流れているバージョンとは異なるものであった。(アニメはショート、こちらはロング。)そして、番組中、何度も流れた。

そして、予告が終わると、
tkkyu_convert_20160211165140.png
映画スペシャルが始まる旨をしまじろうが伝えていた。

これが終わると、
tjty_convert_20160211165052.png
アニメのOPでもあり、映画のOPでもあった「ボクらのほしのミラクル」が掛かった。
しかし、このOPはと言うと、
9iu_convert_20160211164910.png
アニメでも偶にやるダンシングバージョン(因みに、現在のTXNでの放送もこれ。)とは異なり、しまみみとりにゃきが出演しているものであった。

余談だが、しまコンでもスペシャルアンコールで、掛かることがあったりする。
rj3h_convert_20160211165020.png
そして、タイトルが表示され、
66jd_convert_20160211164947.png
提供テロップが表示された。
今回のSPのスポンサーはベネッセとソニー・ミュージックのみだった。(でも、ソニーミュージックのCMは一度しか流れなかった。後は、ベネッセだったり、前述したが映画の告知だったり・・・、
ここで、一旦CMに入る。

CMが明けると、同時上映だった「おおきなきのうたをうたおう!」が始まる。(但し、実際の映画やDVDからカットされた個所あり。(とりっぴいが迷い込むシーンとか、冒頭でしまじろう達が談笑するシーンとか、戻った仲間が召還されたシーンとか。勿論、この映画の特徴である“インターバル(6分)”の説明部分も(DVD版はテロップが付加されていたが)カットされていた。)其の件に関しては、何時か記事をうpしたいと思います。)
rthr_convert_20160211170428.png
勿論、映画館のスクリーンの前で無くても、
tyj_convert_20160211170504.png
TVでも十分に楽しめる箇所があった。

そして、同時上映部が終わると、「おおきなきをうたおう」が掛かり、愈々本編スタートである。
yy_convert_20160211165451.png
CM明けには、下のテロップが表示された。

だが、ある物を持っていないと、この部分で格差が生まれてしまっただろう。
20160206223941.jpg
そう、おうえんばなのメガホンである。(自分は、O.A.されることが分かると、即DVDを買ったため、手にすることが出来た。)だから、持っていない子は涙目だったことだろう。
utf_convert_20160211111351.png
そのため、おうえんばなのメガホンを使うシーンでは、テロップが追記されていた。
20160211232358.jpg
因みに、DVD版ではこんな感じ。(当然、テロップは無い。)

恐らく、メガホンを持っていれば、こんな風になれたことだろう。
20160211110536.jpg
さて、このようになっていた子は、果たしてどの位居たのだろうか?

そして、
itg_convert_20160211111314.png
このシーンでも、
20160211110713.jpg
こうなれていたかも知れない。

さて、そんな訳で自分は初めてしまじろう映画を視た訳だが、思ったことは、観覧者(TVでは視聴者)に、呼びかけるシーンが良かったと思う。
普段、アニメでは、カメラ目線になり、「TVの前の君!」と呼びかけるシーンが無いが、映画では普通にある。其れを考えれば、普段のアニメでも、視聴者と話をしようとするシーンがあっても良いと思った。(これも今後とも宜しくです。)
yjhth_convert_20160211170535.png
特に、くもたろうが邪魔をした際に、壁を押す様なこのシーンは、凄く印象深かった。(因みに、嘗て自分が嵌っていた忍たまも、こんなシーンがふんだんにあった。裏から部外者が登場して解説したり、初登場キャラは視聴者に自己紹介したり・・・、)

そして、映画が終わり掛けると、映画の宣伝と、
tuty_convert_20160211165222.png
グッズ販売中の宣伝も流れた。因みに、テレビせとうちは、amazonでも、グッズを販売しているのは秘密だw
tyjt_convert_20160211165309.png
そして、EDだが・・・、

役名が無い!

実際の映画館で流れたのは不明だが、映画だと更に手を抜いてしまうことに絶句であった。

さて、そんな訳で今日はTXNのある地域にお住まいの方だけに、このような特典があった。TXNの無い地域にお住まいの方は、少しお楽しみ頂けただろうか?だが、TXNが無い地域にお住まいの方には、物凄く申し訳ない気がしてならない。テレビせとうちに苦情を言いたい方は、どうぞ遠慮なく・・・。唯、自己責任で・・・、
是非とも、わお!をネットしている地方局でも、やって欲しい所である。(特にBS11)

更に、しまじろう映画スペシャルは、どうやら毎年2月11日にやっていたらしい。
以下に日時を載せる。

・2014年2月11日 午前9時~    「しまじろうとフフのだいぼうけん ~すくえ!七色の花~」
・2015年2月11日 午前8時~    「しまじろうとくじらのうた」
・2016年2月11日 午前10時5分~ 「しまじろうとおおきなき」

今年は、去年と比べると遅い時間で、“5分”と言う半端な時間からであった。因みに、去年も「くじらのうた」をやっていたらしい。だが、去年のこの頃も本放送(TXN)のしまじろうを視ていたが、全く知らず仕舞いだった。恐らく、今年のように予告が無かったからだと思われる。(自分が気付かなかっただけかも知れないが)
このパターンで行くと、2017年2月11日には今年公開される「しまじろうとえほんのくに」がO.A.されるだろう(時間は不明だが)是非とも、O.A.の前に今年のアイテムである「ガオガオメガホン」を用意しておきたい。(因みに、メガホンを手にするには小人券を買わなければならない。)

そして、去年夏に放映した第170話「ようこそ ちゃれんじじまへ」と第171話「きりがしまへ ゴー!」は、この映画を視て、漸く意味が通じるようになるのである。勿論、DVDにも収録されている。
其れを考えれば、この二話に関してはDVDのみの収録だけでも良かったと思う。(特典映像としてやって欲しかった所、そうすれば、「アニメ未公開ストーリー収録!」といった宣伝文句が増えたではないか。)
あの時は、発売を1ヶ月後に迫っていたから、態々本編でも取り上げたのだろうが、もしそうしたかったなら、映画ネタのゴリ押しだけは辞めて欲しかった。(前にも書いたが、映画を視ていない視聴者からすれば、意味も通じないし、面白くもなかった筈だから。)

そして、纏めると序章編として第151話「とべ!すすめ! きぼうごう!」→映画本編→第170話「ようこそ ちゃれんじじまへ」→第171話「きりがしまへ ゴー!」となる。

再び感想を述べるが、映画の冒頭ではなを甘やかすさくらに嫉妬したしまじろうを視て、しましまとらのしまじろう第373話「小さくなーれ!」を思い出した。更に、菓子のシーンを視ると、クレしんでネネとひまわりがイケメンの取り合い競争をしていた話を思い出し、さくらの似顔絵を捨てたシーンを視て、ドラえもん映画の「ぼくの生まれた日」を思い出したりもした。他のアニメと繋がっているな・・・。

そしてさくら、お前に一言言っておきたい。

はなを以上に甘やかすな!!

多分、しまじろうも思っていただろうが、はなはさくらに以上に甘やかされ過ぎである。そのせいで、はなが大嫌いと言う声がネット上でも聞かれる。(こどもちゃれんじぽけっと(3歳児向け教材)4月号に付いている「はなちゃんお世話セット(はなパペットが付いてくる奴)」に関しても、独りっ子の親御から不満の声が多いらしい。)しかも、甘やかされぶりは、サザエさんのサザエに甘やかされるタラオやタイコに甘やかされるイクラと良い勝負と言っても良い。しかも、タラオはネット上では物凄く叩かれるキャラとして有名である。

そう、だからさくら、お前の娘を異常なまでに甘やかすと、はなもタラオ見たく叩かれるようになるぞ?

未だ小さいから、「叱る」のは駄目かも知れない。だが、「諭す」位は出来ると思う。


あ、ネッツで貰える絵本は、無くなり次第終了なので、お早めに・・・。(詳しくは、番組HPかお近くのネッツ店まで!)

そして、明後日13日はTXNで、アニメの本放送もある。是非、視れれば視たいと思う。

おまけ
20160211231355.jpg
今回放映された物のDVDジャケット。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

しまじろうの映画、かわいいですね。
DVDに付録が付いてるなんていいですね。

当時の情報をテロップで流すのがいいですよね。テレビでは

この映画、動画サイトなどで見てみると、画面の前の子供たちに呼びかけるところが、ディズニーの
「ミッキーマウスクラブハウス」
みたいな感じでした。

No title

ミレーユさん

コメント有り難う御座います。
お楽しみ頂ければ幸いです。是非、興味を持って頂ければと思います。