服装のバラエティが豊富だったヘソカ時代

今回考察していこうと思うのは、服装である。

其の中でも、しまじろうヘソカの頃には、服装のバラエティが富んでいたのだと言う。
では、其の中でもメインキャラ以外の夏服に着目してみることにした。

tfyuygy0120520543.png
ぽん太郎・ひつじい
tyfty45056012hfty.png
たま子

以上の2人を見るだけでも、普段着とは違うイメージがある。(こちらを参照。

そして、ちゃれんじ園の仲間であっても、夏と冬の設定があった。
grhurusre_convert_20151031214116.png
しか子
gyugyu_convert_20151031214206.png
ぞうた・ぶうた
trehgiuser14752460lkjh.png
まるりん

ヘソカでは高確率でこの方々しか出ていなかったので、描写としてはこれだけだが、一年中同じ格好をしている今とは又違う印象を持つ。

しかし、中には普段着を改良して、夏服にしたという人物も居た。
yduyitf_convert_20151031214415.png
ガオガオ
tyjktyk_convert_20151031214312.png
カーバー

この2人の場合は、ガオガオは普段着を半袖化しただけで、カーバーは全く変化していない。

とまあ、このようにヘソカの頃には服装のバラエティが富んでいたと言うことがお分かり頂けると思う。
しかし、今はメインキャラと縞野家と一部のキャラを除いては常に同じ格好で一年を過ごしているのである。これは如何見ても手抜きをしているようにしか思えない。(描写がめんどくさいとは言わせない。)ヘソカ以前は、メインキャラであっても夏は普段着を半袖化しているスタイルだったが、ヘソカで一気に服装のイメージを変えているのである。だが、何故これを今に生かさなかったのか?本当に謎である。
是非、これから冬シーズンになり、メインキャラは外出時はジャンパーやマフラーを羽織るようになる。他のキャラでも同じことをさせて、視聴者に寒さを感じさせないようにする。そういうアニメを目指して欲しいと思った。


其れでは、ここからは今週のしまじろうについてである。(BS11でご覧になっている場合は11月16日の放送になる。)


ここの所季節感満載の話が続いているが、今週はもっと感じる話であった。
と言うのも、内容がハロウィンだったからである。しかも、TXNの本放送と日付が重なったので、本当に丁度良かった気がした。
さて、そんな中で、一番印象深かったのは、ジジとイモ仙人、其れとアサリ仙人が登場したことであろう。
2人の仙人は、イモ仙人が3回目、アサリ仙人が2回目の登場である。又、ジジも本来映画キャラであったが、本編でも普通に登場していることから、本編でも活躍の領域を増やしていっていると言っても良いかも知れない。
今日の本編内では、特に回想シーンが無かったが、アサリ仙人は前回の登場時に「イモ仙人なんて知らんわい!」と、赤の他人であることを主張していた。しかし、今回は特にこれと言った騒動も無く、イモ仙人と普通につるんでいた。
と言うことは、影でアサリ仙人とイモ仙人が仲良くなっていたのだろうか・・・?一寸謎を感じた。因みにだが、はなはイモ仙人には恐らく初対面だろう。(実際に人形と間違えていた。)と言うのも、初登場会では蚊帳の外だったし、2回目の登場の時もしまじろうが露天風呂で会ったので、“異性”であるはなは会えなかったからである。ま、はな位の年だったら異性の風呂入っても全然問題ないが・・・。だが、アサリ仙人には会っている。(初登場会の時に彼女も同行していたから。しかし、その初登場会の時にはなは、「誰?」と疑問を浮かべる件が無かったが…

其れと、久々にとりごろうも登場した。しかし、彼はハロウィンを知らず、ひつじいから其れについて教えて貰うと、怪物を連想し、怖々としていたという場面があったが、其れは其れで分かる気がしてくる。と言うのも、日本ではハロウィンと言う物はここ数年で一気に流行り出して来たのである。(実際に朝のニュース番組(もち、テレ東でもしていた。前日のチャージ730!での話だが…)でも仮想していたし、其の日の渋谷でも結構フィーバーしていたと(ニュースなんかで)報じていたし、地元のローカルニュースでも園児が仮装行列をしたとも報じていた。(余談だが、仮装すれば入園料が只になるって言う動物園もあった。って報じていた。))其れを考えれば、少し流行を知らなければやはり知らないということになってしまうだろう。でもとりごろう、ハロウィンが近づくとローカル所か全国ニュースにもなったりしているんだよ?本当に、「君んちはTVが無いのか?」と、某スターのようなことを言いたくなるwww

しかし、「ジャックオーランタン」を作るシーンはあったが、「トリック オア トリート」のシーンが無かったのが残念だった。其れにこう言った海外発祥の話ではリチャードが出ても良かったと感じた。
あ、ガオガオは3週連続(先週は回想のみだったが)、ひつじいは2週連続で登場していた。

更に、明日11月1日はきっこの誕生日である。どうせなら、今日の話でも良いと思ったが、例えば、きっこの家に「トリック オア トリート」を流用して、彼女の誕生日を祝うという話でも良いと感じた。
ちゃれんじ園の仲間の場合は、メインキャラ以外に誕生日設定がある。出来れば各々の誕生日が近づいてきたらそれに纏わる話をやって欲しい!と思った。

さて、次回はリチャードが登場(何かたまさぶろうに変わって人気出してきたなwたまさぶろう今月も出番無しだったし・・・自分的には其れで良し!其の勢いのまま、こちゃれEnglishのキャラを勤めてしま英コン(しまじろう英語コンサート)でWWKのMimiと競演して欲しい所。)し、縞野家の本家で握り飯を作ると言う話である。(予告を視た限りそんな感じがした。)この予告を視た時、Eテレの子ども向けの料理番組を思い出した。そう言えば、幼い頃に其の番組で、簡単な握り飯を作る方法として「御椀」を2つ重ねて其れを振って握り飯にするというのを思い出した。

其れでは、しまじろう達はどうやるのか?視れるかは分からないが、次回も期待したい。

P.S.

今回、イモ仙人とアサリ仙人が登場したと言うことで、こちらも新たに更新しました。是非どうぞ。

更におまけ

間も無く、上演される“しまクリコン”の新作のチケットをついに入手した。
20151031234854.jpg

20151031235000.jpg
今回は、6月のしまコンと違って、もう席の空きが少ない状態だった。そんな中“最後の”1F席を確保した。又、地元近くでは、開催されないため、態々こんな所まで行って、見る予定でいる。

とりま、当日が楽しみである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント