しまじろうに於ける“スタッフクレジット”の考察

今朝、しまじろうを視た時にふと思った。

中の人繋がりは、何故クレジットされないのか。
ということである。

其れは一体、如何いうことなのか。

では、先ずは今朝のスタッフクレジットを見て頂きたい。(これ以降は、TXNの無い地域にお住まいの方は、若干のネタバレ要素が含まれています。)
ey_convert_20150927001424.png
これが今朝の“声の出演”の所のクレジットである。
見た所、普通そうに見える。

だが・・・一つだけ問題がある。

其れは・・・、
「あれ?ライオンポリスは・・・?」

そう、今日のしまじろうにはライオンポリスが出演していたのである。しかし、クレジットされていないのである。
何故、クレジットされていなかったのか?

其れは、しまじろうに於けるスタッフクレジットは“中の人繋がり”を無視するという特徴がある。そのため、ライオンポリスはクレジットされなかったのである。

しかし、其れでは埒が明かないので、ライオンポリスを無理やりクレジットに挿入してみた。
すると、こうなるのである。
・抵シ抵シ点convert_20150926234522
無理やり入れたので、不自然になってしまったが、其れはさて置き、ライオンポリスは山崎たくみが演じているのである。
そして、其の山崎たくみはメインのキャストとしては、とりっぴいを演じている。
そのため、メインで演じているとりっぴいにのみクレジットし、明くまでも、“サブ”扱いのライオンポリスはクレジットしないのである。

しかし、他のアニメの場合は、二人分クレジットされているということがある。
其の点を考慮すれば、自分的には二人分クレジットして欲しいと思っている。

で、更にもう一つ特徴的なことがある。

其れは、メインキャラの4人は常にクレジットされているということである。
つまり、其の日はメインの誰かが例え(アニメパート後の実写・ダンスパートにも)出演していなくても4人は確実に載るのだ。

其れは自分にも分からない。
因みに、同じ様にメインキャラが常にクレジットされるアニメはこの他に忍たまが該当する。しかし、忍たまの場合はサブタイ読みは主人公である乱太郎だが、きり丸としんべヱが最後の部分だけ乱太郎と共に読む場面がある。其れを考えれば常にクレジットされている意味はあるかも知れない。(以前は、登場しなかったメインキャラに於いてはクレジットしていなかったらしい。)
だが、しまじろうはサブタイ読みはしまじろうのみだし、アニメパートに出演が無くても何処かで声入りで出演することが無ければ出演しなかったことになる。なのに、常にメインキャラはクレジットされている。

例えば、メインが揃って出演していない「ドキドキもりの はなのこえ」の時も実際にはこうなる。
ws_convert_20150926234741.png
上手く編集が出来ないのでこのようになってしまったが、そう、みみりんとにゃっきいが本編に出ていなかった。
それを考えれば、こうであっても良かったと感じた。

そうした上で、以下はメインキャラとの中の人繋がりのために確実にクレジットされることが無い方々である。
・ライオンポリス(前述)
・はな(みみりん)
・とと(とりっぴい)
・りり(しまじろう)
・ぴぴ(とりっぴい)
・其の他、南央美・高橋美紀・山崎たくみ・杉本沙織が演じたゲストキャラ。

以上の方々が、出演があってもクレジットされない哀れな方達になる。
では、其の彼らの雪辱を晴らすため、クレジットに載せることにした。

先ずは、元の物を見て頂きたい。
eyw5_convert_20150926235015.png
元は、9月5日放送の「しかこせんせいに あいたい」である。
しかし、やはり足りない人物が居る。
其れは、しか子である。しか子はけんとと中の人繋がりがある。そのため、けんとが登場するとクレジットされないのである。(しか子の場合はメインキャラと被っている訳ではないので載ることができる。)

其れを考慮した上で、先ずはしか子を載せてみた。
werwt_convert_20150926235356.png
これが、9月5日に於ける“正式な”クレジットなのである。

因みに、登場はしなかったが、さくらこもかんたと中の人繋がりがある。
若しも、かんたとさくらこが登場したら、こうして欲しい所である。
erter_convert_20150926234907.png

と言うことで、ここからはメインキャラと被っていて、載ることのない人のために、独自に作成したクレジット集になる。
ertesrtty45y45y_convert_20150926234940.png
とと・りり・ぴぴを載せてみた。
gjfhg_convert_20150926235120.png
はなを載せてみた。

そして、若しもらむりんが再登場したら、こうなって欲しい。
hfj_convert_20150926235200.png
らむりんを復活させてみた。
w5yw45yw45_convert_20150926235324.png
+はなを加えてみた。

そして、全ての要素を加えてみるとこうなった。
rtyr_convert_20150926235234.png
スタッフクレジットと言う物は、中の人を知りたい人にとってはとても大切な物になってくるのである。
しかし、其れが明記されていないと声の感じで掴むしか方法が無い。が、其れでも予想した人物ではない可能性がある。

そうしたことを考慮すると、やはり中の人繋がりがあってもクレジットして貰いたい所である。


さて、其れではここからは以前のスタッフクレジットはどうだったのかと言うことを述べていきたい。
先ずはしましまとらのしまじろうから。
20150926213458.jpg

20150926213513.jpg
この頃は、メインの4人に加えて、ドカペまではしっかり役名と声優名がクレジットされていた。(勿論、この時から前述の4人のメインキャラの親族(草太=ドット、れんげ=ペイズリー、まっせい=からくさ)はクレジットされていなかった。)

だが、それ以外はと言うと・・・、
20150926213757.jpg
と、声優名だけがクレジットされていただけであった。
この場合は、しまたろうとさくらである。
20150926214320.jpg
これだと、しまたろうのみになる。
20150926214750.jpg
因みに、しまたろうとさくらはVHSにはしっかりと載っていた。(唯、名前では無いが・・・。)

では、この他のパターンを見てみよう。
20150926214121.jpg
とりごろう初登場会。
20150926213525.jpg
みちよ初登場会。

勿論、常に同じではなく他にも演じた声優がいればしっかりとクレジットされた。
では、本題。何故、メインの4人とドカペ以外は役名のクレジットが無かったのか。

其れは、最初期のしまじろうは声優を使い回していたからだと言える。
ネット上で、放映リストを見かけた際、殆んどが一人何役も演じていた。勿論、メインの4人とドカペも例外ではない。このために、しましまとらのしまじろうの時はからくさと中の人繋がりのメエメエ博士が一度もクレジットされなかったという過去があった。
20150926214659.jpg
だが、次第に他の声優も演じ始めるようになって来た。意外なのは、乱太郎とコ○ン役の高山みなみやカービィ役の大本真喜子も出演したことがあった。

因みに、それ以降のスタッフクレジットは以下の通り。
eyy4s_convert_20150926234655_convert_20150926235511.png

ertwesrte_convert_20150926234616_convert_20150926235434.png

y45eyh4_convert_20150926234821_convert_20150926235541.png
しましまとらのしまじろうの頃は、全てこのような感じであった。
因みに、草太・れんげは、ドカペが居なくなったので、今は載るようになった。かんきちも然りである。(この頃は出ていないが。)

では、それ以降はと言うと・・・、
20150926212829.jpg
はっけんたいけんだいすき!しまじろうになると、メインの4人はしっかりと示されていたが・・・、
20150926212845.jpg
其れ以外は、声優名のみという物凄い手抜きであった。

これでは、誰が誰を演じていると言うことは間違いなく分からない。もう少し、“アニヲタ”に考慮してもいいのでは?と感じる次第である。(ヘソカは、未だ手元に無いので、見かけたらうpしたいと思う。)


其れでは、冒頭でも若干触れたが、今週のしまじろうについてである。(BS11の方は10月12日の放送になる。)

今週はきりんた(&ライオンポリス)主演会という感じで、「きりんたの ヒーロー」のリメイクと言ってもいいかも知れない。(自分はこの話見たこと無いが・・・。)
しかも、時期的に「秋の全国交通安全運動」(30日まで)の実施期間中でもあるので、その様に考えれば今回の展開は正しいと感じた。

印象的だったのは、何時もへまばかりで、自分的にはワースト5に入るライオンポリスであったが、今回は真面目に警官をしていた感じがした。是非ともこのようなライオンポリスを続けて欲しいと感じた。

だが、ガオガオは又正直、ガラクタとしか言えない発明品を公道で暴走した挙句、オーバーヒートを起こしたが、普通に考えれば、私有地でやれよ!と突っ込まざるを得ない展開であった。(てか、そもそも公道に出すこと自体間違っていないか・・・?其れよりガオガオって免許持ってる?)其れよりも、一度其の発明品、ジジに見て貰え!

其れと最後にきりんたが、ライオンポリスに「瞬時に決断が出来たのは良かった!」と誉めて貰えた時、しまじろうも「良かったね!きりんた!!」と返していたが、其の時自分は、

「久々に、話の主演になれて良かったね!」

と、捉えていた。
彼も又、(6月にぞうたと出ていたことはあったが)先日のかんた・けんと・もんた同様にたまさぶろう・ぞうた・ぶうたに出番を潰されまくっていたのである。彼自体の主演会は2回目であったが、久々に登場できたきりんたにとっては嬉しかったのではないだろうか?

所で、ガオガオは万一の時の救済処置も用意していたが、“紙に自画像”と言うのに少し疑問を覚えた。どうせなら、『SOS byガオガオ』等と書いてもいい気がした。
其れにしても、唯のパラシュートって、UFOに見えてしまうものなのだろうか・・・?

そんな今回であったが、次回は運動会に纏わる話である。予告を見た限りでは、女子キャラが出ていた。(男子キャラもいたが…。)
女子キャラも又、4月以降はまるりんしか出ていない。久々にさくらこときっこが活躍できれば、彼女達にとっては嬉しいのではないだろうか?

そんな訳で、次回は視れるかは分からないが期待したい。

因みに、サブタイの背景は漸く秋仕様になっていた。と言うことは今年の秋仕様はやはり、2ヶ月しか使われないことになる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント