今年のしま英コンへの思い

今週は、愈々明日はしま英コンに行くので、今年のしま英コンの思いを語ることにする。

さて、先ずは今年のしま英コンの演題である。
今年は"Fun fun summer adventure"と言う演題で、一昨年や其の前と“演題だけ”は被ることになる。だが、ストーリーは又別物である。

と言うことで、ここから思いを語ることにする。
思いを語ると言っても、自分が今思っているのは登場人物のことである。其の思いも、幾つかある。

先ず、“ある人物”が、今年は“不参戦”なのである。
其れはこちら。
DSCN1561_convert_20160723211642.jpg

IMG_3657.jpg
こどもちゃれんじEnglishでお馴染みの、Beepyである。
jtf_convert_20170610114113.png
Beepyは、去年の"HELLO! FRIENDS!"や“前作”の"Fun fun summer adventure"には、このように出演し、去年は上記にもある通りBeepyが“売られた”のである。
20160722030342.jpg
そして、去年のSPCでは“二次元”ではあったが、登場していた。

英コンでのBeepyで、一番のチャームポイントだったのは、“変身”することである。
こどもちゃれんじEnglishをやっていれば分かるが、彼女は"Twinkle twinkle Vroom!"の合言葉で、カーレンジャーやカーロボットの如く、車になるのである。

そして車になり、"Beepy Car"となったBeepyは、例えば去年なら“運搬役”として活躍していた。
一昨年の同じ演題だった時は、Beepyはどのような役割を果たしていたのかと言うのは見ていないので分からないが、何故“変身”と言う一番の魅力を持つBeepyが今回は不参戦なのか今一分からないのである。

理由として考えられるのは、今回は海に纏わる話で、“普通乗用車”がお門違いと言うことなのかも知れない。

確かに、英コンの常連のような気がするBeepyが不参戦なのはそういった理由であれば仕方無い気がする。だが何とか参戦したとしても、変身しないのであれば、其れこそよく最近のとりっぴいに対し思う、「最近飛ばなくて、何のための鳥類なんだ!」と同じようなことを思ったことだろう。

其れか、Beepyが変身した時の“素材”が無いと言うのも考えられるだろう。
20160722202647.jpg
SPCや去年のしま英コンでは、このようにスクリーンのみの登場だった。(英コンは、"Twinkle twinkle Vroom!"の合言葉と共に、スクリーンに映し出されていた。)
そして去年のしま英クリコン、"Happy Christmas Party"では、張りぼてのBeepy carがステージに現れていた。
IMG_3658.jpg
しかし、上手いこと活用しようと思えば、このようにエデュトイのBeepy Carをそのまま大きくして其れを使うことも出来るかも知れない。(因みに画像のタイヤは、自分でカスタマイズした“キャラクターホイール”である。普通の奴は地味なので、一寸変えてみましたw
そうなれば、ステージ上を“キャスター移動”出来るので、そう言った部分では有利かも知れない。

後考えられるのは、しまじろうやMimiは着ぐるみだが、Beepyは唯の縫い包みのように小さいと言うことがあるのかも知れない。

このことに関して、色々と調べてみると「Beepyは、しまじろうやMimiが着ぐるみサイズだとすると、Beepyはあのサイズが普通」だということらしい。DSCN5387_convert_20170610111749.jpg
これは、“仲間”の方のBeepyでも同じことが言える。

だが、これに関しては「若しかしたら、Beepyの着ぐるみを新たに作ろうとしているのでは?」とも思ったりしている。

今から15年ほど前にアニメ化され、自分にとってはしまじろう位に興味のあるカービィも放送当時着ぐるみ化されていたことがある。
其の画像を見た所、本当に大の大人の半分より少し大きい位しかサイズが無かった。つまり、かなり小柄な人がやろうと思ったり、Beepyのサイズを尊重するとすれば、Beepyも着ぐるみ出来ないことも無いのである。
よって、このBeepyの“進化”のために、今回は不参戦と言うことも考えてもいいだろう。

以上、今年は不参戦のBeepyへの思いである。

そして、もう一人、登場人物に関する思いのあるキャラが居る。
其れはこの人物。
fikf_convert_20160130210205.png
言うまでもなく、リチャードである。

今回の登場人物の“司会”キャラは、Kiko(会場によってはNancy)とAndyであり、去年の英コンと英クリコンと同じである。そして、未だにオリキャラであるリチャードは今回も登場しない。

これは去年から思っているのだが、リチャードは本当に英コンで登場して貰いたいと思っている。
出来れば、去年や今年のAndyポジションで登場出来れば、完全な司会といえるKiko(Nancy)とは、又Andyとは違う雰囲気でのやり取りになれるので、楽しみといえば楽しみになるだろう。

これは、しまコンで活躍しているガオガオにもある。

ガオガオは時に、司会を補佐することがあり、ポジションとしては本当に英コンのAndyが、通常のしまコンのガオガオと言ってもいいだろう。
なので、Andyが不適任とか、嫌いと言う訳ではないが、若しAndyではなく、リチャードだったら、そう言った所で面白みが出てくると思う。後は強いて言うなら、リチャードは、しまコンで出ているガオガオの知人だから、ガオガオの“代役”みたいな感じで出して欲しく思うとか?

後は、リチャードは今の所唯一の外国人、其れも英語圏出身のキャラで、このように英コンと言う物があるのだから、凄く適任である。
これは嘗てのしまコンで、従兄弟のトミーが出ていたことにも関係してくる。

だが、トミーはこどもちゃれんじEnglishのキャラであったが、リチャードは未だオリキャラである。そうした所から、リチャードを出すのを躊躇っているのかも知れない。

しかし、オリキャラと言えども唯一の外国人キャラを生かさない訳には行かないと思っている。なので、リチャードには今後、特に今年の英クリコン辺りは是非とも、参戦して貰い、WKで、日本語は決して話さないMimiとの辛みを期待したい所である。

そんな訳で、今年のしま英コンへの思いであった。
後は、明日見る英コンに期待したい。


其れではここからは、今週のしまじろうについてである。(BS11の方は6月12日の放送になる。)


今週は先ず、“怒り”から始めなければならない。

何だ、あの気味悪い記号のオンパレードは!!

今まで、毎週のように文字表現が記号のことに批判してきたが、今週は記号がかなり酷かった。
スーパーの描写と言い、売り場の描写と言い、郵便局内での描写と言い、かなり深刻であった。そして挙句の果てには、明らかに「肩叩き券」であるにも拘らず、「かたたたきけん」と表記していないことにも黙ってはいられない。
其処で今回は、今までは単に「記号辞めろ!記号辞めろ!」としか言っていなかったが、其れについて深く述べることにする。

記号に関しては、ブログのコメントでは「海外向けへの配慮では?」と指摘した方が居たが、其れに関しても妙に思うことがある。
其れは、第243話「スターに なりたい」で、あの豹さんが海外映画出演のために、リチャードから教えを受けている際、英文が書かれていると見られる描写ですら記号だったことがあった。
これに関して若し、本当に海外に向けて製作する際の配慮だとするならば、英語圏だとすると、筆記体でもいいので、英文表記すべきだろうし、よく日本のアニメが輸出される中国や韓国、台湾に向けてだとしても、これらの国でも英語表記があっても不思議ではない国なので、やはり英文表記すべきことになる。

なので、これに関しては違うというのが、自分の出した結論である。

次に考えられるのは、製作の方針である「字が読めない子への配慮」なのだろうか?

とすると、このアニメはそう言うものを含めて伝えるような“教育アニメ”の気がするので、この方針は間違っていると思っている。
そう、あのように記号で表すというのは、「あの時期の子に、字なんて読めなくても問題ない!」と言っているようなものなのである。

これでは何のための教育アニメなのか分からなくなってくる。唯単に、知らない知識を教えるだけのアニメでいいのだろうか?悪いが、これには納得出来ない。
其れに、字が読めない子と言っても、大体は保護者と視るのが普通だろう。なら若し読めなければ、あの時期の子は親に聞くことだってあるのだから、本当に変な話である。

後、ちゃれんじ島がどう見ても、現実の日本を舞台が設定なので、其処で日本語表現を出さなければ、極端な話、「何処の国のアニメだ?」と捕らえられても過言ではないだろう。
なので、「字が読めない子のための配慮」は、本当に撤回して頂きたい。あの時期の子に平仮名であっても、読み方を教えるのは大切なのだから。後は、そう言う子ははなじゃないんだから、一人で見ていると言うのは有り得ないというのもある。

さて、こんな記号だらけの「しまじろうのわお!」であるが、過去に2話だけ、文字表現が出ていたことがある。
先ずは、第91話「ビックな かるたたいかい」である。
r6j_convert_20170610185252.png
この話は、カルタ取りを題材にしているので、流石に記号という訳にはいかない。
しかも、
ltil_convert_20170610185203.png
このように、絵札のみならず、読み札ですら、ちゃんと文字表記されていたのである。

この話は、4歳児向け教材、こどもちゃれんじほっぷ7月号の「ひらがな だじゃれかるた」を題材にした話でもある。
なので、文字表現が出ていたものであると思うのだが、これが文字表現の出ていた一つ目の話である。

そして次は、第103話「よめたら いいな」である。
dtgfn_convert_20170610184952.png
この時は、未だ日本語が完璧ではないリチャードが、しか子からの手紙を受け取り、読むのに悩むという話であった。
reg_convert_20170610185314.png
其処でガオガオは、50音と読み方が分かる機械を作り、其れでリチャードに字を覚えて貰おうとした。(因みにこれも、こちゃれほっぷ5月号の付録の「ひらがなタッチ」と「ひらがなたんけんマップ」からであった。

この話では其ればかりではなく、
i7t_convert_20170610185122.png
手紙に書かれていた内容を、テロップで表すということですらあった。

そう、ここまで来れば先ず、「海外向けの考慮」の可能性は低くなり、「字が読めない子のための配慮」と言うのも間違いと言っても不思議ではなくなる。
若し、上記の話をやっておきながら未だに、「字が読めない子のための配慮」をするのなら、上記のような話はやらないのが普通であった。

まあ、どうしても配慮したいと言うのであれば、こんな感じでもいいだろう。
IMG_3625.jpg
これは、はっけん!の時のワンシーンだが、記号と言うよりは“暈かし”が掛かっているような描写である。
「この辺は字の描写はどうでもいい!」となるのであれば、これが自然な気がする。

だが、今回の「肩叩き券」は、確実に文字を現さないと意味を成さないのは言うまでもない。そう言った時は、方針と異なることをしなくてはならないのではないだろうか?其れこそ、上記の2話と同じことである。教材に文字が書かれていたから?そんな薀蓄は聞こえません!!
tewq_convert_20170610185355.png
これはヘソカの時だが、ヘソカでは時偶に文字表現のある話があった。
なので、このヘソカの文字表現が出ていた所や、上記の話を当たり前のように出すべきである。

なので、本来の「肩叩き券」描写としては、これが適任である。
ik5_convert_20170610185141.png
所で、「肩叩き券」は第165話「ドキドキそわそわ!ちちのひ」でも、とりごろうが受け取っていて、其の時もこんな感じでとりごろう、「肩叩き券」と言っている描写があった。
なら、ここはちゃんと「かたたたきけん」と表記するのが当たり前である。

と言うことで、こんなバラエティ番組で判読不明なことを言った芸人のテロップの如く、「○×△□☆」なんて、未だにこんな下らないことをする製作にはもう一度声を大にして伝えておこう。

△○×○□△×○□☆△□!□△○□△☆×○☆□△☆!!訳:いい加減記号やめろ!何が何でも記号で表すのは大違いだ!!(このブログも、しまじろうの世界で表わされるとなると、間違いなくこうなると言うことで、其れの再現である。これでお前らのやっていることが分かったろ?愚かな製作さん!!)

さて、こんな記号がどうのこうの話していてもつまらないので、次に進めよう。

と言うことで、ここで今週のゲストの登場である。
今週のゲストは言うまでもなく、この方!
vjvkf_convert_20170610185414.png
しまたろう「こんにちは。まあ今週は父の日の話だったんだから、呼ばれたのは当然だと思っているけど、宜しく!」

さて、そんなしまたろうと話していくのは、「仕事面はかなり優秀なのか?」と言うことである。
これは、今週の話の中盤で、臨時の“休日出勤”になったと言う所からである。

そして、今回もそうだったが、最近しまたろうを視ていると、「やたらと急な出勤が多いな~」ということである。
と言うことで、しまたろうが話中に“臨時業務”を頼まれる話をリストアップしてみた。

・第142話 「おとうさんと おしょうがつ」  正月は休みが貰えたが、非常勤の体調不良により、結局出勤になる。
・第205話 「きらきら ドライブ」  休みを利用して、一家で実家に帰省する話だったが、直前になり不手際があり、出勤になる。
・第239話 「いちばんの はたらきもの」 しまじろうと遊ぶ予定が、急な出勤でキャンセルになる。

と言うことで主な物をリストアップしたが、大体はスマホに着信が入り、其れで仕事に行っていた。
sg_convert_20170610185332.png
しまたろう「まあ、僕が仕事をちゃんとこなせているかどうかは、君の想像に任せるが、其れなりに僕が優秀だってことは分かったかな?」

しまたろうが郵便局員と言う仕事であることは、他にも「午後から出勤」と言う“シフト製”であることや、「年末年始は年賀状関連で例年は忙しい」と言うこと等から、描写としては普通に思える。唯、小さな子に“シフト製”と言う意味が分かるかどうかは、親がシフト製の仕事、例えば郵便局を始めとする公共施設に勤めていなければ分かりにくいかも知れない。

だが其の一方で、郵便局員は原チャや郵便車で配達することがあるが、しまたろうが其れで配達している描写が無いのが気になる。
これに関して、ヘソカ以前だと、チャリで配達する描写があった。が、今は歩いて配達しているのである。(しまとらだと、第423話「みんなでジョギング」の際に、健康のために徒歩で配達する描写はあったが。因みに、原チャで配達する描写もあったらしい。

これは少し謎である。
大体郵便局員と言うと、原チャに乗って配達を行っている。又、ゆうパックや、一部定形外の郵便物を配達する際は、郵便車に乗ることもある。
なので、しまたろうはここら辺もしっかりと郵便局員らしく、原チャで配達をするのが自然な気がする。
cvvc_convert_20170610184934.png
しまたろう「僕の仕事っぷりを褒めてくれるのは良いんだが、最近、某サイトで、僕を「無職」だの「ニート」だの、「ヒマジロウ」だの言われているけど、どうしてそんな風に見えるのが謎だよ!君は何か知っているのかい?」

う~ん、其れは一寸自分でも分かりかねるな・・・。
sg_convert_20170610185332.png
しまたろう「其れと、お母さん達が作った僕の“キャラ弁”はどう思ったかな?」

では其の話を。

今回、父の日というよりは、“季節外れの勤労感謝の日”をやった気もした。
確かに、今回のしまたろうに対する感謝は、仕事のみである。だが、本当に其れだけだろうか?

しまじろうは、しまたろうからスポーツ関連で、色々と教えを受けている気がする。
ならば、そう言った点も感謝するのが普通の気もする。

少し脱線したが、しまたろうの話に戻そう。
今回は、“慰労”の意味を込め、晩飯に“キャラ弁”を作っていた。
ruj_convert_20170610190111.png
さて、このキャラ弁であるが、実は他の人物でも経験があった。

先ずは、しまじろうをイメージする方も居ることだろう。
ik6_convert_20170430105140.png
しまじろうは誕生日ケーキで、似たようなことがあった。因みに、これは市販化もされている。
hgck_convert_20170610185100.png
又、第77話「ぼく、 なかないもん」では、さくらが両親の看病のために数日家を空け、其の時に代わりに弁当を拵えていたしまたろうの弁当を見て、さくらの普段の弁当を思い出すと言う描写があった。

そして、これは今回と少し似ている気もするが、
IMG_3661_convert_20170610185440.jpg
しまじろうヘソカ第10話「おてつだいでおいしいね」では、しまじろうが話の終盤にオムライスをさくらに“デコレーション”すると言う物があった。
IMG_3662_convert_20170610185503.jpg
更に、ヘソカの教養パートのコーナーの一つだった「ヘソカのひきだし」では、「しまじろう握り」のコーナーがあったりもした。

勿論、これは縞野一家に限った話ではなく、
IMG_3663_convert_20170610185522.jpg
みみりんもはっけん!時代に一度だけあった。
IMG_3664_convert_20170610185553.jpg
其れは、第73話「みみりんのマナー」の終盤で、メインとぽん太郎がピクニックに行った際の、みみりんの弁当の中身がこれであった。
IMG_3665_convert_20170610185611.jpg
これも後のヘソカの「ヘソカのひきだし」で、「しまじろう握り」に並行する形で、「みみりん握り」もあった。

なので、キャラ弁は約10年程前からそうした話をやっていたので、そんなに珍しい訳ではない。
gjx_convert_20170610185041.png
しまたろう「後僕に関することって言うと、父さんや母さんのことかい?其れか、メ○ボのことかい?」

其れは、又しま吉やすみれが登場した時に又お前を呼ぶだろうし、メ○ボにしたって、其れも又其の話の時に聞くから、今は特に無いかな・・・。
vjvkf_convert_20170610185414.png
しまたろう「そうかい。あ、そう言えば君は、しまじろうやはなちゃんが出ている位だから、僕やお母さんにもコンサートに出てくれって思っているんだって?確かに、コンサートのDVDのOPの「TVを視る時は、部屋を明るくして離れて視てね!」ってしまじろうが言う前の「しまじろう!始まるぞ!」の台詞だけしか言っていなければ、そう思うよな…」

ああ、其の通りだ。
是非、お前やさくらの活躍を視たいんだがな・・・。
sg_convert_20170610185332.png
しまたろう「そうかい。其れじゃあ、これはテレビせとうちじゃなくて、ベネッセのコンサートの窓口に行って要望してこようと思うよ。じゃあ、僕はそろそろいいかな?今日はこれでしまじろうと約束があるからな・・・。しまじろう、君の所に言ったなんて話すると、「誕生日の話の後に行ったら、誕生日のことで文句言われたんだよ!お父さん、大丈夫だった?」なんて驚かされそうだよ!しまじろう、誕生日の時期が近付くと、テレビせとうちには感謝するみたいだけど、君がやって欲しいって思っている他の、例えばみみりんちゃんみたいに、メインキャラクターであっても、誕生日の話なんかどうでもいいように扱うからな・・・あ、御免ね。其れじゃあそろそろいいかな?」

ああ、いいとも。
と言うことで、今週のゲストはしまたろうであった。

さて、ゲストが去った所で色々と小ネタを。

先ず、晩飯の準備を整え、帰宅を待っていた際に、「残業が長引いている」と言うことで、結局遅めの帰宅になった時に、其れに縞野兄妹が不安がり、はなは「肩叩き券」を捨てようとしたのだが、其のシーンを視て映画「しまじろうとおおきなき」の冒頭を思い出した。
あの時は、しまじろうが、どうもさくらがはなにばかり気遣うようになり、自分を当てにしなくなったことが原因で、さくらに渡そうと描いていた似顔絵を破り捨てていた。

そう、其のシーンを思い出したのである。

後は、今回の前半と終盤で、しまじろうの寝るシーンがあったが、何故今のしまじろうはさくらの近くで寝ているのだろうか?
最近、みみりんの就寝シーンを視たのだが…
tyhj_convert_20170610190126.png
隣に誰かと寝ていそうな感じはするが、この感じだと、みみりんも一人で寝ていそうな感じである。
fftif_convert_20160312174022.png
又、にゃっきいの場合は、ダブルベッドではあるものの、一人で寝ている印象だろう。
dykdk_convert_20160123213738.png
らむりんは言うまでもない。
rsh_convert_20160312113042.png
謎である。
何故、ヘソカ以前はこのように一人で寝ていたしまじろうが親の隣で寝るようになったのだろうか?

後は、しまじろうがさくらから、「お父さんが好きな物をあげたら?」の提案に「じゃあ、ドーナツとか?」と答えたことに関し、最近しまじろうの好物が久々に描かれた気がした。とりっぴいは今年入ってからも普通にある。

更に、“お忍び”で、しまたろうにキャラ弁を届けた際、他の局員は誰も気付かなかったのだろうか?
しまたろうの勤務している郵便局は、中規模と言った感じなので、従業員の誰かしらは“既婚者”だったり、子どもが居ることを知っていることだろう。
なので其れをやろうとして、「縞野さん!奥さんと子どもさんが来ていますよ!」となりそうな状況と言っても過言ではない状況であった。(其れに関しては、仮に気付かれたとしても「あ、縞野さんの奥さん!旦那さんに何か?」と言われた時点で、さくらは「あ、一寸主人に届け物があって来たんですが、主人には私達が来たことは内緒にしておいて下さい!」と言って、バレるのを回避も出来るが。)

後は、しまじろうは時計の読み方を知っているのだろうか?(因みに習うのは、大体小1。あの時期の子に教えるとすると攻めてが、「10時だから、短い針が10の所に来た時よ!」程度だろう。)

そして、今回は「父の日」と言うことで、期待していたのは未だにアニメに登場したことのないにゃっきいの父親である。
だが、蓋を開けると、今回は完全に縞野一家の話であり、他のメインは登場しなかった。

つまり、今回は必然的に、にゃっきい云々は言えないのである。
一応、“単身赴任”の設定があるにゃっきいの父親だが、出来れば夏休みに、久々に帰省すると言った話で、にゃっきいの父親を登場させて欲しく感じる。

さて、アニメに関してはこれ位にして、其れ以外だと・・・

今回、はっけん!で視たことがあるコーナーがあった。
orkyu_convert_20170610185221.png
頭に「は」の付く物のコーナーである。
gab_convert_20170610185011.png
と言うことで、「は」の単語が出されていた。

そしてこれは、「はっけん!」時代にもあった。
IMG_3667_convert_20170610185652.jpg
唯、少しだけ違うのが・・・
IMG_3666_convert_20170610185628.jpg
この時は、単に単語ではなく、文章の頭を取るというような形式であった。

其れと、
r6js_convert_20170610203340.png
久々に、しまパペのコーナーがあったが、今市このコーナーは伝えたいことが良く分からない。
果たして、しまパペの遊び方を伝えたいのか?其れか何かをしまパペを用いて伝えたいのだろうか?はっきりさせて欲しい。

後は、「みみりんまちがい」は又、違う箇所が問題になっていた。

そして、「しまじろうおんど!」が2ヶ月振りの降臨である。
4月に公式facebookで発表されて以来、全く音沙汰が無かったが、これで若しかすると次回以降も掛かるのかも知れない。

そんな今回の話だったが次回は、
hyu_convert_20170218184302.png
ガオガオ「君は今年のコンサートをもう視たんだってね?私やしまじろう君、R(ゲスト)の活躍はどうだったかな?是非次回は其の点も聞かせてくれよ!」

恐らく、ガオガオの発明品の話だろう。
予告を視る限り、「えほんのくに」等であった“本の中に入る”話かも知れない。

そんな中でキーワードとなりそうなのが、恐竜だと思われる。
この恐竜と言うと、しまじろうが興味があり、以前はちゃれんじ島に「恐竜ランド」と言うテーマパークがあり、其処へ行くという話もあった程である。(若しかすると、公式サイトのキャラクター紹介に興味があるものとして、「きょうりゅう」もあった気がする。)

又、恐竜はしまじろうシリーズではかなりの頻度で描かれて来た。

と言うことで次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。
そして、明日は英コンである。其方も楽しんで来たいと思う。

おまけ
今回、こちゃれEnglishのエデュトイのBeepy carを取り上げたと言うことで、こちらも合わせて。
IMG_3659.jpg
そう、「お喋り人形」である。
これは、各所にスイッチがあり、其処を押すと、英語と日本語で喋る物である。(スイッチを入れたときも同様。)
IMG_3660.jpg
又、Beepy carに乗せられ、その際は歌なんかも掛かったりする。(寧ろ、このお喋り人形の“専用玩具”のようなものである。)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント