映画企画・東急スタンプラリー、フルコンプ!

今回は、先週も予告でお伝えしたとおり、東急スタンプラリーについてである。
先ず、この東急スタンプラリーについて説明する。

東急スタンプラリーとは、東京を走る鉄道、東京急行電鉄が「しまじろうとにじのオアシス」の上映に肖り、企画した物で、5つの駅の近くにあるショッピングセンターに行き、スタンプを押し、5つ中3つ集めると“スタンプ3つおせたよ賞”として、ステッカーが貰えるということであった。(言い換えれば、“参加賞”)
更に、公式サイトからアンケートに答えると抽選で50名に“のったよ賞”として、クリアファイル・キーホルダーセットが、抽選で5名に“おしたよ賞”として、ココが当たるということであった。

又、このイベントはこれを書いている今日まで開催されていたが、“スタンプ3つおせたよ賞”のステッカーは「無くなり次第終了」とのことだったので、若しかすると終了時にはどのポイントにも無かった可能性もあるが、それに関しては不明である。

では本題。
先ず、スタンプ台は其々何処にあったのかと言うのを把握して貰いたい。
スタンプ台があった“最寄り駅”は、以下の通りである。
toyoko.png
路線図中の○で示した所が、スタンプ台が設置されていた最寄り駅である。

其れを踏まえた上で、各駅の駅名票とスタンプ台の画像を記すこととしよう。
先ずは蒲田駅から。
DSCN6950_convert_20170331232138.jpg
駅名票
IMG_2372_convert_20170331232047.jpg
スタンプ台

蒲田駅の場合は、東急改札を出て直ぐの所(JRだと南改札を出て直ぐ)にある東急プラザ蒲田2階エントランスのエルカフェ前にあった。
そして、ステッカーの配布場所は其の近くのインフォメーションだった。

次に自由が丘駅。
DSCN6999_convert_20170331232255.jpg
駅名票(東横線)
IMG_2373_convert_20170331232335.jpg
スタンプ台

自由が丘駅の場合は、南口改札を出て徒歩1分の所にある、フレル・ウィズ自由が丘3階のハウスオブローゼの前にあった。
そして、ステッカーの配布場所は、1階サービスカウンターであった。

次に武蔵小杉駅。
DSCN7033_convert_20170331232415.jpg
駅名票
IMG_2375_convert_20170331232448.jpg
スタンプ台

武蔵小杉駅の場合は、隣接する武蔵小杉東急スクエア3階の靴下屋前にあった。
だが、ここではステッカーの配布は行っていなかった。だから、試写会の後にスタンプラリーに参加した際、蒲田・二子玉川と続き、ここが3つ目となったが、ここでは貰えないことが分かると、蒲田へ引き返した自分orz

次に二子玉川駅。
IMG_2526_convert_20170331232955.jpg
駅名票(田園都市線)
IMG_2524_convert_20170331233040.jpg
スタンプ台

二子玉川駅の場合は、隣接する二子玉川ライズS.C.タウンフロント1階のインフォメーション前にあった。
ここでは特に確認しなかったが、恐らくインフォメーションでステッカーが貰えたものと思われる。

最後にたまプラーザ駅。
DSCN7429_convert_20170331232701.jpg
駅名票
IMG_2529_convert_20170331232804.jpg
スタンプ台

たまプラーザ駅の場合は、東改札を出て直ぐの所にあるたまプラーザテラスゲートプラザ1階のインフォメーション内にあった。
そして、ステッカーの配布場所もこのインフォメーションであった。

さて自分の場合、このスタンプラリーには2回参加した。
と言うのも、前にも伝えたように完成披露上映とダンスイベントで、2度上京したからである。
ではその時の“参加賞”達成時の画像である。
IMG_2379_convert_20170331232533.jpg
1回目
IMG_2530_convert_20170331232844.jpg
2回目

良く見ると、星型の穴が空かれていることにお気付きだろうか?
そう、この穴だが、3つ押して武蔵小杉駅を除く各ポイントの配布場所へ行くと、ステッカーと“引き換え”と言う形で、この台紙に穴が空けられるのである。
例えれば、切符を持ち帰りたい場合、改札の駅員に申し出ると、駅員は無効印や乗車記念スタンプを押すと同時に、切符に穴を空けるような物である。

では最後に、スタンプ台紙の画像と参加賞のステッカーである。
20170401172635.jpg

20170401173428.jpg

20170401173530.jpg
“スタンプ3つおせたよ賞”のステッカー

台紙は、各ポイントに置かれていた、即ち“無傷”の物はこうであった。
そしてステッカーだが、左が1回目の時、右が2回目の時である。

更に、この台紙は3つ達成で回収はされなかったので、引き続き5つ押すと言うことも可能である。言うまでもなく、参加賞をもう1枚貰うのは不可能。
其の5つを押し、“完全達成”するとこうなった。
20170401173504.jpg
そう、各々が手を繋いでいるかのような絵になる。
所で個人的には、ガオガオも良いがココでは駄目だったのか?と凄く思った。

そんな訳で、4月1日まで開催された東急スタンプラリーについてであった。


其れではここからは今週のしまじろうについてである。(BS11の方は4月3日の放送になる。)


今週は、言うまでもなく久万(仮名)である!あの熊親父の本名、未だに明らかになっていないのでこちらで勝手に名前を付けさせて頂きました!製作、異論は聞かんよ?設定しようとしねーおめーらが拙いんだからな?

今回は途中で、「しか子先生について園長先生なら何か知っているかも知れない!」となり、あの久万が登場したので、前回のように“フラグ”が立たずに登場ではなかったが、其れでもあいつが登場したことだけは不服であった。
でやはり、メインが去った後に下らんことを、視点を変えると視聴者に言っていたので当然こちらとしては黙っていられなかった。

自分的に、あいつがほくそ笑む姿はキモいし、オモいもしない。
あんな下らんことを言って、あの時期の子にはどう見えるんだろうか?製作の考えることは謎である。
Non_convert_20170401205452.png
園長「お~い、今日は出演したから君のブログに来たんですけど~!このドアの鍵を開けてくれるかg(駄洒落)」(ノックを続ける)

おめえは呼んでねえんだよ!
呼びもしないのに好き勝手に来んな!この場違い野郎!
Non_convert_20170401205452.png
園長「其れより気になっているのは、どうして君の作った話である「ちゃれんじ園オフ」に未だに私を出してくれないんでしょうか?私は其のちゃれんじ園の園長なんだから、出すべきだと思うんだけどね?」(ドア越し)

おめえが下らんこと言わなくなったり、おめえが本名を明かしてくれたら考えてやるよ。本当はこんな場違いキャラはとっととこのアニメから出てって貰いたいけどな。出来れば「クレしん(クレヨンしんちゃん)」のふたば幼稚園の組長(園長・高倉文太)と入れ替わって欲しい位だわ・・・。
其れと、この部屋に通してあげるよ。
さあ、とっとと帰れ!この髭モジャ糞親父!あいつ、本当はワドルディみたく口ねえんじゃねーの?


と言う訳で、大して話したくも無い久万とのやり取りをお送りしたが、今回は登場としては不適任とは言えない気もするので、あまり文句は言えないのが虚しい。
さて、ここから本題に入ろう。今後、呼びもしない奴は入って来れないように、この部屋の“本来”の出入り口には施錠をし、呼んだキャラには別の出入り口から入るということにするので悪しからず。
早速だが今週のゲストである。

今週のゲストは、ちゃれんじ園でしまじろう達の担任を勤めているしか子である。
と言う訳で宜しく、しか子!
rrkj_convert_20170401204503.png
しか子「さっき、園長先生の声がこの部屋の外から聞こえたみたいなんだけど?私は特に何も言われていないけど、貴方に話があるんじゃないの?」

いや、今回はあのく(ryじゃなかった、園長は呼んでいない筈だからきっと聞き違いじゃないの?(汗)
pojpn_convert_20170401204443.png
しか子「(そうかなあ?私には聞こえたけど・・・。)良いわ。今日はブログにお招き有り難う。早速だけど、今日の話についてお願いね!」

はいはい、では早速。
今週は、これで4ヶ月連続登場且つ、特別精勤を2度達成したとりごろうが、しか子の住んでいたアパートから引っ越すシーンを見たことで、“退任”騒動が起こった訳である。

さて、早速だが先ず、引っ越し屋のトラックに同乗していた“牡鹿”描写を見る限りだと、角が無かったのでとても牡鹿には見えなかったが。についてである。

その“牡鹿”は後にしか子の実弟であることが判明する訳だが、勿論しか子に弟が居たと言うのは新設定だろう。
所で、其れで思い出したのは先週も触れたが、「ちゃれんじ園オフ1」で“犯人”として登場させたカズミとカズエである。
あの時は未だ、兄弟姉妹の設定が無かったので、取り合えず二人は“叔母”と言う位置付けで登場させたが、まあ彼女達をイメージするならば、やはりあの弟なのかもしれない。
あの話では、“挿絵”が無いのでイメージし難いかも知れないが、若し「ちゃれんじ園オフ1」を読んで、未だに彼女達を思い描けないと言うことならば、そうした方がいいだろう。余談だが、この他に“叔父”として牡鹿のカズオという人物も登場させたが、彼は叔父からしく角があると言うイメージなので、弟のイメージとはかけ離れている。

所で、今回はこの弟の台詞が無かったので、本名も明らかにならなければ、声質も明らかになっていない。
だが、若しかすると再登場することはあるかも知れない。其の時には、弟の本名が判明することだろう。

・・・と言うことでしか子、是非弟に再登場の依頼をしてくれないか?
trweg_convert_20170401204524.png
しか子「又出てくれるかどうかは分からないけど、貴方のことは弟に伝えておいてあげるわね。」

さて、今回は折角しか子に来て貰っているので、彼女に少しだけスポットを当てていくこととする。
しか子は、全身番組・しまじろうへソカで、ちゃれんじ園がアニメで登場した2年目からのレギュラーなので、これで7年目と言うことになるのだが、其のしか子がヘソカとわお!とでは、デザインが微妙に異なると言うのは恐らく、知らない方も居ると思う。

こちらがヘソカ時代のしか子である。
u65_convert_20170401205510.png
見た所、顔色は今回登場した弟にも若干似ている感じである。
ir7j_convert_20170401205435.png
少し下がるとこんな感じ。
hgjl_convert_20170401204149.png
しか子「まあ懐かしい!未だぶうた君も居れば、らむりんちゃんも居た頃の私ね!本当に私、変わったでしょ?これで、今回の話で皆が思ってくれたように、恋人が出来ればなって思っているのよ!貴方もいい牡鹿のキャラクターで私と気が合いそうな人を見つけて欲しい位だわ・・・。」しか子が独身なのは、アニメで本人が言っていたので実話です。

・・・と本人が語っているが、しか子は「クレしん」で例えると、野原しんのすけや其の仲間・「かすかべ防衛隊」が通っているふたば幼稚園のひまわり組の担任である吉永みどり(現:石坂みどり)だが、恋人募集中と言う所で見ると、犬猿の仲で、ばら組の担任で、故・行田徳郎に出会う前のまつざか梅にも見えてくる。

若し、しか子がクレしんとコラボしたら、恐らく吉永みどりと意気投合しそうである。そんな気がする次第である。
pojpn_convert_20170401204443.png
しか子「そう言えば私は、結構貴方の書いている「ちゃれんじ園オフ」で、私を上手く活躍させてくれているわね。これからも「ちゃれんじ園オフ」でも活躍していきたいわね。」

ま、次作もきっと活躍させるから、そこは期待してくれってことで・・・。

6ke_convert_20170401203829.png
くまっきい「ねえねえ!私の話は未だなの~?・・・あ、しか子先生、こんにちは!」
hgjl_convert_20170401204149.png
しか子「あら、貴方くまっきいちゃんも呼んでいたの?」

おっと失礼!
前回このブログがお開きになった後、くまっきいが「次は私を呼んでよ!」とせがんで来たので、結局呼ばざるを得なくなったので、くまっきいもこの場に居るのだが、さて思いとしては・・・。

今週登場しても、先月登場してないんだから、連続登場記録は更新されんよ?
e7ie_convert_20170401203849.png
くまっきい「勿論、分かっているわ!でもね、やっぱりテレビせとうちは太っ腹だな~って思っているの!今回も其のしか子先生が私の家の近くのマンションに移るって話だったから、本当にこのアニメは最高だねって思っているのよ~!!もう、連続登場記録が6で止まったことなんかどうでも良いわ~!!」

でもやっぱり、もっと登場頻度空けてくれないかな?
同じキャラばっかだと流石に飽きてくるし・・・。

qsdc_convert_20161029212110.png
くまっきい「でも、登場間隔が空いちゃうと、新キャラクターの私が誰なのか分からなくなるかも知れないし・・・。」

いや、お前は十分出た方だよ。
多分、しか子のようにお前が大分ご無沙汰で出たとしても、視聴者はお前のことは分かって貰えると思うけどな?
vhuuiok_convert_20161029212151.png
くまっきい「そうかな~?でもまあ良いわ。私は今日呼んでくれたことだけは嬉しかったわ。又登場する時は声掛けるから、その時は宜しくね~。」
trweg_convert_20170401204524.png
しか子「じゃあ私もそろそろお暇して良いかしら?今回は呼んでくれて有り難うね!」

Non_convert_20170401205452.png
園長「お~い!開けてくれませんか~!!」(激しくノック)
rrkj_convert_20170401204503.png
しか子(あら?又園長先生の声が聞こえたわ!この人、園長先生を何処かに隠しているんじゃないの?)(半信半疑のまま去る。)

因みに、久万の居るドアはしか子たちには見えない位置にあるので、心配御無用!

さて、今回の話も過去に、似たような話があった。
其れは、しましまとらのしまじろう第572話「はかせのおひっこし」である。

話は、先ずらむりんが、父・まっせいの粘土細工を見るところから始まった。そんな中、ドカペ(ドット・からくさ・ペイズリー)がメエメエ(今で言う所のガオガオに相当)の家の前を歩いていると、引っ越し屋のトラックが止まっていた。
彼らが様子を見ていると、そのまま引っ越し屋のトラックに乗り、姪のメエコ・大甥のキットと共に去って行った。
と其処へ、何も知らないしまじろう達がメエメエの元へ遊びに来る。ドットは彼らに、「メエメエは引っ越した!」と伝えると、最初は半信半疑だったが、窓越しで中を見ると蛻の空だった。
念のため、しまたろうに確認しても「メエコの住所になっていた」と言うことだった。
其処で彼らは、メエメエに感謝の気持ちを伝えるべく動き出す・・・と言う流れであった。

だが結論は、今回は住んでいたアパートに“ガタ”が来て新居に越したと言うことだったが、あの時はリフォームのために一時的にメエコの所で“居候”ということであった。(つまり、厳密には“引っ越し”ではない。

今回のとりごろうのように、遠方へ引っ越しと“思い込む”話もあった。

其れはこともあろうに、其のとりごろう含む空野家のことである。
話は、はっけんたいけんだいすき!しまじろう第79話「さよなら、とりっぴい」である。

話は、らむりんが、とある蝉の“旅立ち”を今まで仲間に言っていなかったが、其の日が遂に来て、惜しまれて旅に出たと言う絵本を読み聞かせた所から始まった。
其の話に心を打たれたとりっぴいが家に帰宅すると、慌ただしい雰囲気になっていた。
とりごろう曰く、「明日の夕方には家を出る。」とのことだった。

とりっぴいはこれを引っ越しと思い、翌日、自分自身の最後の“思い出作り”と言うことで、他のお三方をちゃれんじ島のあちらこちらへと梯子した。
とりっぴいは「絶対に悲しまない!」と決意し、途中でらむりんに怪しまれながらもちゃれんじ島を巡った。

そして夕方になり、とりっぴいは最後まで悲しまないと誓っていたが・・・

結論として、これはとりごろうがシティに新しく出来た宿泊施設に空野一家が招待され、其処に旅行に行ったと言う物であった。
だが、突然の別れに当然、他の御三方も涙を浮かべたが、“無駄泣き”となってしまう結論になった話である。

更に、最後まで本当に遠方に越すと思っていたメインが「しか子先生、ちゃれんじ園辞めないで!」と言っていたことから思い出した話もある。

其れは、第52話「しまじろう ウソをつく」である。

話は、ある日公園で遊んでいるとぞうたと今は無きぶうたが「しか子先生、結婚するんだって~!!」と血相を変えてやってきた。メインは真相を確かめるべくちゃれんじ園へ。
所が、見に覚えの無いことにしか子は首を傾げた。其の姿を見たぞうぶうはほくそ笑み、「今日はエイプリルフールだからな!」とネタ晴らしをした。
当然、彼らは騙されたことに立腹する。其処で、しまとりはぞうぶうに“復讐”すべく、上手い嘘を吐こうと決心したのだが・・・

だが、今回の話はこうは考えられないだろうか?
しか子がちゃれんじ園を辞めるというのは、エイプリルフールの嘘であると言うことを・・・。

今回は、4年前の其の時見たくエイプリルフールの要素は無かったが、折角TXNの放送日とエイプリルフールが重なったのだから、これは出すべきだったと思う。

なので例えば、今回半信半疑だったしまじろうが「今日は何の日か考えてみてよ!」と言ったり、「皆、覚えていないの?僕達、同じようなことでぞうたに騙されたことあるじゃん!」とエイプリルフールの要素を入れれば、其れこそ“季節感”も出るし、今日が何の日かと言うことを分かって貰えるので、寧ろ適任だろう。

当然、エイプリルフールのことも大切なのだが・・・。
trd_convert_20160702184338.png
にゃっきい「テレビせとうち!何で4月4日が誕生日の私の話をやらなかったの!私の誕生日よりも、しか子先生の話が大切な訳?さっきから君の話を聞いていると、園長先生が嫌だとかって言っていたみたいだけど、本当に今回は君に同情するよ!」
lfdti_convert_20160227191328.png
はな「はなたんも~!誕生日祝われたい~!!お兄たんみたいに~!!」

早速来て貰っているが、寧ろ彼女らを祝う話の方が遥かにマシだったと思う。

kctyc_convert_20160123214145.png
はな「はなたん祝ってない、テレビせとうち、め!!」
ty_convert_20160227192023.png
しまじろう「はなちゃんは諦めた方が良いよ。だって、4月4日って他に何の日があるの?僕の場合は5月5日はこどもの日で、其れの序に祝って貰っているようなもんだよ?」
rty_convert_20160702184221.png
にゃっきい「しまじろうは分からないみたいだね。未だに誕生日を祝ってもらえない私達の気持ちを!主人公だけは毎年祝われるって本当に羨ましい限りだね!」
tgujk_convert_20170107211045.png
とりっぴい「じゃあとりっぴいはどうなの?1月1日のお正月が誕生日なんだけど・・・?序も何も無いとは言わせないよ!しまじろうもテレビせとうちもね!!」

ryuk_convert_20170211205737.png
きっこ「ほ~ら!私の予想、見事に当たっちゃったわ!さくらこの時に、くまっきいに潰されるなんて適当に言っただけなのにね・・・。」
awet_convert_20160702183536.png
にゃっきい「きっこ、其れって私への皮肉?(きっこだってお互いさまなのに・・・。)」
tsgn_convert_20170211205808.png
きっこ「あ、いや・・・。(汗)」

これで5月5日が近づいたらしまじろう、7月7日が近づいたらまるりん、以上!で終わったら当然不服なのは一緒である。

さてこれ以外だと、度々問題視しているとりっぴいである。

とりっぴいは今年最初の放送以来、飛ぶ描写を視ていない。
更には、とりっぴいは他の鳥類と会話が出来ると言う設定があるにも拘らず、其の鳥類と会話する描写も最近は視ない。これに関しては、第100話「ママなんか だいきらい!」の際、たま子に連れられ、とある池に行った際、群れと別行動をとる小鴨を親鴨が叱ると言う描写があったが、其の際とりっぴいが“通訳”する描写が無かったことすらあった。
そして今回、“第一報”をしまにゃきに伝えたみみりんに遅れてとりっぴいが“第二報”を伝えに来たのだが、あのような一大事の際は寧ろ飛んできた方が自然である。

あんな「この羽、実は飾りなの。」と言わんばかりに羽根を広げて、唯走ってくる描写はとりっぴいが“お荷物”と感じるタブーな描写だということは何度も述べている。
若し、今後とりっぴいがアニメで飛ぶ描写を出さないのなら、本当に「あんな緑鸚鵡をしょっ引いて、らむりんを返せ!」と声を大にしてでも言いたくなる。

映画ではとりっぴいはちゃんと鳥らしく、飛ぶ描写をかなり使っているにも拘らず、何故普段のアニメでは出さないのか?
これも謎である。
5年前に、あんなお荷物鸚鵡が残り、逆に降板させられたらむりんが可哀想である。


因みに、教材ではしか子はこどもちゃれんじすてっぷ(年中向け)の時のみの担任であり、ほっぷ(年少向け)ではいぬ子だし、じゃんぷではくう子(年長向け)が担任である。
つまり、教材の目線から行くとアニメのように、しか子が担任をするのは年中の1年間のみと言うことになり、彼らが年長になる時はくう子に変わってしまうのである。(実際、アニメでのしまじろう達は5歳児と言う設定。)
よって、話中で、「卒園まで辞めないわ」と言っていたが、担任を続ける訳ではないということを熟知して欲しい。

ここからは、自分の体験談である。
自分が幼児の頃は、3年間、どの担任も最後は転退職していったことがある。
3年間担任が違うと言うのはよく聞くが、年少でも年中でも年長でも、最後は転退職すると言うのはレアなのではないだろうか?

さて、其れ以外だと、今日から新年度と言うことで装いも新たに今週はスタートした。
kth_convert_20170401204238.png
先ずOP前、しまじろうが「しまじろうのわお!始まるよ~!皆で、「しまじろうのわお!」って言って始めよう!」とちびまる子ちゃんで言う所の、「さあ、皆集まって~!ちびまる子ちゃんが始まるよ~!!」のような流れでスタートした。

だが、OPは変化しておらず「ボクらの ほしの ミラクル」のままで、背景も変わっていなかった。当然、OPも一新すべきだったのは言うまでも無い。

そしてアニメなのだが、アニメ前のアイキャッチ(当然、他も)にも変化は無かった。

ot7_convert_20170401204327.png

wrj_convert_20170401204357.png
アニメ後の歌パートでは、新たに二曲が歌われ、これ以外にしまじろうが軽い歌をやっていた。

其の他は「どうぶつものまね」、「みみりんそうだんしつ」(使い回し「太陽の見え方」)「みみりんまちがい」と、教養は変化が無く、又次回予告も変化は無かった。

そして、予告の後には・・・
tukf_convert_20170401204606.png
しまコンや映画の終わり見たく「皆で、「まったね~!」で締めよう!」と言い、一旦「まったね~!」と言わせ、その後「最後は「トモダチのわお!」を踊ろう!」と言う流れで終わった。

これは嘗て、はっけん!時代でも1年目にしまじろうが「ウッフッフ!楽しかった?最後は「ハッピー・ジャムジャム」だよ!皆で踊ろう!」と言って終わっていたことがあるので、其の演出が復活したと言ってもいいだろう。
nsdss_convert_20170401204307.png
EDは「トモダチのわお!」で変化は無いが、絵は完全に一新し、フォントも変わっていた。
ytrhtb_convert_20170401204628.png
そして、最後の提供クレジットも変わっていた。

と言うことで、今年はアニメの改題は無いにしても、装いは新たにしている所があった。
Non_convert_20170401205452.png
とりごろう「今週、出演したてえから来てやったってえのに、なんでえ!鍵掛かっているんでえ!」
園長「あ、これはとりっぴい君のお父さん!私もさっき入れてくれなくて、(駄洒落)っていたんですよ。ここの管理人と話をしたいので、鍵開けてくれませんか?」
とりごろう「俺は鍵屋じゃねえ!生憎、んなもんはねえんでえ・・・。てな訳で俺もしてえんでえ!おめえさん!開けるでえ!!」

かなえ「私もこの間、私に対してお荷物って言っていたけど、どういうことなの~?今週私出たんだから説明してよ!」(全員激しくノック)

(だから、あの久万親父帰れって言ったのに、何で仲間引き連れてきてんだ!)


そんな今回の話だったが、次回は
jue_convert_20170211205301.png
けんと「2月に出たばかりなのに、又呼んでくれるなんて嬉しいよ!テレビせとうちには本当に感謝しなくちゃ!」

其のけんとがとりっぴいと何かをやることで悩むと言う話である。

当然気にしているのは、ちゃれんじ園に纏わる話なので、外で入れてくれとせがんでいるあの久万が又出るかも知れないし、其れに加えて、あのギザ豹も登場する可能性もある。
自分としては、やはり出して欲しくない。又あの久万のオモんないことは聞きたくない。

新年度期待しているのは、言うまでもなくらむりんの復活である。
降板から早5年、らむりんが再び日の目を見る日が来るのか?其れを期待したい。

そんな訳で次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。
jd_convert_20170401210230.png
リチャード「アノ~!Ms,シカコニ会イニ来タンデスケド~!居マスカ~?」
ガオガオ(何で私まで来なきゃいけないんだ?)

今週のブログもう終わりなんだけど・・・。

P.S.

さて、今回の更新日はエイプリルフールと言うことで、この記事の何処かに“ガセ”内容が含まれている。
其れを探して欲しい。

答えは追記を参照。(トップページからの場合は、「続きを見る」をクリック。)

答え:スタンプラリーの日付が4月1日であると言う所。(正しくは3月31日まで)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いつも読んでます

こんにちは。
いつも読んでいます。最近になってしまじろう依存症になった者です。
好きなきゃらは桃山にゃっきいとはやしだきっこです。
しまじろうアニメと考察、毎週楽しみにしています。
関東民ですが、スタンプラリー回らなかったことを少し後悔しています。

それから、スタードームに一人(中学生一人)で行き、「らむりん、まだ残っているんですね」と話したら、
「らむとにゃきは中の人が同じなので、同一作品上に出られない、普通の人にらむの中の人を質問されてもあえてわからないと答えている」と返されました。
なのでらむりん復活は半ばあきらめていたりしています。

これからもがんばってください。

Re: いつも読んでます

タコス兄弟様

コメント有り難う御座います。

私の好きなキャラはらむりんとにゃっきいです。勿論、ブログを読めばわかる通り、私はらむりんの復活を大いに望んでいます。
所で、らむりんに関して、制作に問い合わせた所、次のような回答を得たことがあります。

制作としては、らむりんは未だに大切なキャラとして考えているらしく、企画次第では再登場もあり得るとのことでした。
ですが、中の人が一緒と言う問題や、CG化に向いていないと言う問題もあるようですが、若しかすると杉本沙織と声質が似ている人に変わる可能性もあるかも知れないと私は思っています。(特に来年はこどもちゃれんじが30周年なので、是非復活して欲しいという気持ちは強くあります。特に映画辺りでやれば、らむりんの縫い包みがグッズとして出そうな気もしています。)

是非、このブログのみならずYahooの第二ブログ、YouTube、ボケて等様々なサイトにお越し下さいませ。
又、自己作のストーリーである「ちゃれんじ園オフ」もお読み頂きたく思います。

其れでは、当ブログを宜しくお願い致します。

Re:Re:

返信ありがとうございます。
先日はにゃきときっこが好き、といいましたが、もちろんらむも好きです。精神年齢が高いのが一番の理由。ただ、大好きなんですけど、わお以降出演していないので、高画質ならむりん画像を集めにくい...というのが悩みどころ。
一方で、にゃきは今出演中で、公式youtube配信のおかげで高画質なにゃき画像および高音質な声を集められるので、PC効果音をにゃきに差し替えもできる分、今はにゃきに傾いています。

ところで、らむりん、場合によっては復活の可能性もあるんですね。だから「せとうち、早くフランスから帰してよ!」といったことをブログに描かれていたんですね。これは朗報です。
らむは、スタードームの作品ではCG化できていますから、今の技術ならきっとできる、
はず...

まあ、とりあえず今はにゃきとらむを同じ場所にプリントしたハンカチを作ったりして、Benesseにらむにゃきの復活・共演を求める声を伝えるのが一番でしょうか。(実際にやりました)

またブログ読みに来ますね。もちろん、ほかの関連コンテンツも含めて。

Re: Re:Re:

あまり大きな声では言えないのですが、私はよくベネッセやテレビせとうちにアニメに関する意見や要望を言うことがあります。
そのため、らむりん関連以外でも様々なこと、特にこのブログに書いたことを中心に伝えたりしてきました。

ですので、やはりいい意見も悪い意見もそうした制作側に伝えるということはとても大切な気がします。
若し、そうした要望、例えばらむりんに関することがあったとするならば、ベネッセやテレビせとうちに伝えてみては如何でしょうか?

これからも、毎週更新致しますので、当ブログ、更にはYouTube等も宜しくお願い致します。
後、ちゃれんじ園オフの感想も、最終章辺りでも良いのであれば宜しくお願いします。