再び、彼らに会いに。 ~しまじろうダンスイベントリポート~

今週は先週末に行われたしまじろうダンスショーのリポートである。

このダンスショーはにじのオアシスの上映を記念し、二子玉川とたまプラーザ(神奈川県横浜市都筑区)で開催されるものである。
其の内、二子玉川で行われた方に行ったので、其のリポートをお送りする。

去る3月20日…
この日、ある場所へ向かっていた。

東京都世田谷区にある二子玉川ライズである。

先日の完成披露上映に引き続いての上京である。
と言うことで先ずは東急で現地へと向かった。
DSCN7413_convert_20170324223118.jpg
今回は大井町線で、現地入りした。
乗ること数分…
DSCN7414_convert_20170324223204.jpg
最寄り駅の二子玉川駅に到着した。

会場は、二子玉川駅の改札を抜けて直ぐの所にある。
IMG_2525_convert_20170324223357.jpg
駅を抜けると、目的地の二子玉川ライズ・ガレリアである。
IMG_2522_convert_20170324223256.jpg
自分は、30分程前に会場入りしたが、既にかなりの客で埋まっていた。

会場は、先ず“囲い”があり、囲いの中そして、囲いの周りを幾らかの親子連れが開演を待っていた。
又、“バルコニー”もあり、所謂“2階席”から観覧している客も多く見受けられた。
更に、東急が駅に滑り込む際にも、“パネル”がはっきりと見える程であった。
IMG_2528_convert_20170324223430.jpg
だが自分は、会場入りするとタウンフロントに設置されているスタンプ台に行き、其の場所のスタンプを取ってから、場所を確保した。


そして、1時半頃に開演した。
jhjr_convert_20170324223636.png
ショーの様子

さて、この時のショーの模様は動画として撮影したので、YouTube辺りで近々うpしたいと思う。
唯、曲目だけ述べると、映画の挿入歌である「まえにすすもう!てをたたこう!」は中盤で掛かっていた。
冒頭は「トモダチのわお!」から始まり、「すてきなワンダーランド」、「おもちゃのチャチャチャ」、「アイアイ」と続いて、それから「まえにすすもう!」と言う流れであった。(「おもちゃのチャチャチャ」は去年のしまクリコンとは違い、フルバージョンで。)
そして、「まえにすすもう!」の後に、しまコンの終盤のような感じで、「てとてをつないで」、最後はしまコンと同じく「ハッピージャムジャム」で全てを終えた。
これ以外の詳細に関しては、後日うpすることとする。

映画上映記念と言うことで、公式サイトのFlashゲーム、東急スタンプラリー、そしてこのダンスイベントが行われた訳だが、これを書いている時点でもあった。

其れはたまプラーザである。

これを書いている今日は、たまプラーザでダンスイベントが開催され、恐らく其方をご覧になったと言う方も居れば、両方見たと言う方も居るかもしれない。
其れはどうであれ、自分はこのように、ショッピングセンター等で行われる典型的な“キャラクターショー”は初めてであった。
今まで、しまコン程度でしかあのようなイベントは見たことが無かったので、これはこれで又楽しめたと思う。

因みに、当日は隣接する109シネマズ二子玉川では、この後2時半からグリーティングイベント付きの上映があったようである。
公式サイトだと、しまじろうのみしか写っていなかったことから、若しかすると彼のみのイベントだったのかも知れない。

最後に、このイベントは、東急スタンプラリーの一環として行われたものである。(東急スタンプラリーのアンケート中に、「ダンスイベントは行きましたか?」と言う設問もあったので。)
IMG_2523_convert_20170324223323.jpg
その東急スタンプラリーに関しては、次回の更新時にお伝えすることにしよう。

又、当日は午前10時5分から去年の映画「しまじろうとえほんのくに」の映画SPがTXNで放送された日でもある。
これも道中(さいたま市)で視たので、其方も後日うpする予定である。


其れではここからは、今週のしまじろうについてである。(BS11の方は、3月27日の放送になる。)


今週は、桜に纏わる話と思いきや、風を拗らせたはなが、しまじろうの桜の押し花を見て、いつもの我侭癖で、「はなたんも~!」と言い張ったので、満開の“ヒラヒラ”(話中では、はなが桜をそのように“命名”していた)を求めるべく、ちゃれんじ島の“名所”を巡るような話であった。

では先ずは“お咎め”から。

言うまでもなく、文字表現である。

今回は、しまじろうが押し花をしていた時に、“重石”にしていた本、しまたろうが“桜前線”を見ていた時のスマホ、名所の一つの屋台の幟やテント等、各所に記号が見られた。
はっきり言って、このシーンは見ていて不快である。

重石にしていた本は、出すべきではなかった。これはスマホにも言えることである。

或いは、第248話「だいすき! ゆきまつり」の際にも指摘したように、「桜の開花予報」や「桜前線」等と、文字表現を出すべきであった。地名は占いの八卦のような表現にするとか?

では、屋台や幟の場合はどうだろうか?

基本的に、字よりも絵を意識しているアニメなので、例えば全面に絵を施すなど色々とやり方があった筈である。
何時まで経っても、「字が読めない子のための配慮」に偏り続ける愚かな製作の意図が全く分からない。何度も言うが、場合によっては文字表現を出さざるを得ないことだってある。そうしたことを全く意識していないのだけは本当に辞めて頂きたい。本当に「ちゃれんじ島ってどこの国にある設定なの?」と突っ込みたくなる。

次は、お咎めと言うほどではないが、メインキャラが揃って出る必然性があったかどうかである。

今回、とりっぴいが今月全て登場したことにより、とりっぴいが、今年初の皆勤を遂げた。(因みに、にゃっきいは登場こそはしていたが、喋っていなかったので、“準皆勤”止まりである。“登場”の定義は、台詞の有無によるものだと言うことは何度も述べている。

だが、本編を見てみると冒頭と中盤近くしかメインは登場しておらず、台詞もそんなに無かった。又、にゃっきいは前述したが、喋っていなかったので、先ず登場する意味は無かっただろう。

にゃっきいが“不在”の話として、第1話「ぼうけん! ちゃれんじじま」(そもそも“加入前”なので、不在なのは当たり前を除くと、第62話「おとうさん かっこわるい!?」がある。
なので今回も、其の時のようににゃっきいを“不在”に出来なかったのかと思う。
又、とりっぴいにも是が非とも登場して貰う必要は無かっただろう。言うまでも無く、台詞の少なさである。

と言うことで結論は、今回ははなは登場していたので、どうしてもメインで登場させたいと言うのなら、やはり中の人繋がりのみみりんのみと言うことになる。
実際、とりっぴいの台詞を全てしまみみが“分担”して読めば、とりっぴいにも登場して貰う必要は無くなる。

つまり言いたいのは、にゃっきいは今回“空気”だったので、登場させる必要は無く、とりっぴいは台詞を上手くしまみみで分担出来るので、登場させる必要は無かったと言うことである。台詞が少ないと、声優の人件費を無駄にしているような気がするし、空気のみとなると、其の回の描写を担当するイラストレーターの人件費を無駄にしているように思える。増してやメインだから尚更である。
第251話「くまっきいの おしごと」の如く、しまみみのみの話をもう一度やると言うことはどうかと言う懸念もあったのかも知れない。
だが、製作には今一度、このキャラはこの話に登場する必然性があるかと言うことを見直すべきに思う。(メインであっても)

さて次に、印象深かった点を今回のゲスト共にお送りしようと思う。
今回のゲストは、サブタイトルに“さくら”が入っていたり、桜に纏わる話だったので、“桜”に因んで、さくらである。
otuyk_convert_20170325210128.png
さくら「そう言えば、私の名前もさくらだったわね。今回はアニメの中で、私の名前のことは言わなかったけど、何時も息子を応援してくれている貴方にお会い出来て嬉しいわ。宜しくね。」

こちらこそ。
さて、そんなさくらと話していくのは終盤で、はなに満開の桜を見せたいが如く“名所巡り”をするシーンである。

其の時、最初はしまたろうが運転し、其の後「疲れているから、変わるわ。」と言い、さくらが運転していた。
さくらが運転するシーンを見るのは略1年振りで、第205話「きらきら ドライブ」以来であった。あの時は、しまたろうの実家に一家で行く筈が、しまたろうが急な仕事で行けなくなり、さくらの運転で実家に行く話であった。其の際、しまじろうが「お母さんの運転する車に乗るけど、前(免許取り立ての頃)と比べるとかなり上達した。」と言い目的地に向かおうとしたが、ナビでは住所を間違え、地図帳では全く読めておらず、同じ道を行ったり来たりと踏んだり蹴ったりであり、挙句の果てには、ガス欠になると言う泣きっ面に蜂の状態にまでなってしまっていた。

そんな今回もその時の二の舞で、道を間違えると言う波乱を起こしていた。
さくらは方向音痴なのか?とも思ったが、そもそも“経路設計”と言うのは、仮免許を取れば誰もがやるなのである。
なので、道に迷うと言う描写から、「さくら、車校ではどうクリアしたんだ?」と思わずには居られなかった。
6ujer_convert_20170325210036.png
さくら「でも今回は、私が道を間違えたから、はなちゃんに満開の桜を見せられたんだから良いじゃないの!だから海老で鯛を釣ったかのように見れば其処は良いのよ!」

さくら?今、仮免の時にどう言う教習を受けたのかって話をしているんだけど・・・。
87otrfy_convert_20170325210055.png
さくら「う~ん・・・仮免許とかそう言うのって、何時も「しまじろうのわお!」を視てくれている子には分かりにくいでしょ?だから、貴方の想像に任せるわ。」

でも自分的にはさくらはもっと運転する描写を出すべきだと思うな。
そうしないと、“ペーパー”にも成りかねないし・・・。
後、今回はやたらと「桜」の表現がして、結構呼ばれた気がして胸がドキんとしたんじゃないか?
6ujer_convert_20170325210036.png
さくら「そうね。私の名前もさくらだからね。由来に関してはお答え出来かねるけど、本当この時期になって花見に行こうとかってなると、偶に「桜」って言葉に反応するわね。だから今回もそんな私を見据えて、テレビせとうちには「私の名前もさくらだ」っていう表現を出しても良かったのにね・・・。あ、そう言えば貴方ははなちゃんの名前の由来は知っている?」

確か、しましまとらのしまじろう第460話「はなちゃんがお兄ちゃん?」で言っていたな。誕生日が4月4日だから、花の咲く時期に生まれたから、そう名付けたんだとか?
87otrfy_convert_20170325210055.png
さくら「そうよ。そう言えば聞いたんだけど、私とはなちゃんって列車の愛称名にもあるんだって?私が九州新幹線を走っているさくらで、はなちゃんにも「はな」って名前の列車があるんだってね。私が花の名前以外にも使われているのは嬉しい限りだわ。」

ああ、其の通りだ。
唯、「はな」って言うのはリゾートトレインの「華」のことなんだがな。

だけど今回は、さくらから色々と話を聞けて良かったよ。
是非、今後ともしまじろうの教育やアニメでの活躍を宜しくな。後、是非しまコンに旦那と出たり、さくらの両親をアニメで出すように頼んでくれないかな?旧姓も判明するだろうし・・・。
glhv_convert_20170325210113.png
さくら「コンサートは未だ分からないけど、そうね、私も息子と一緒に活躍したいわね・・・。貴方がそう言っていたことは私のお父さんとお母さんにも伝えておくわね。今日はお招き有り難う。」去年のSPCは其の桜に纏わる話だったから・・・
jjy_convert_20160528205245.png
さくらこ「あれ?今日のゲストはさくら?私じゃないの?」

はい、違います。
werwf_convert_20160604114224.png
さくらこ「あ、間違えちゃった!御免ね・・・。」

どうやら、さくらこが名前が似ているせいで間違えてブログを訪れてしまったようだが、話を続けよう。
さて、桜に関して自分的に思い出すのは言うまでもなく、去年のSPCである。

公園に咲いている一際目立つ桜を見に、こちゃれキャラのみならず、WK(Worldwide Kids)のキャラも参戦し、花見に行ったあのSPC。あの話をWKのキャラに見せれば、彼らは"We're remembered a big cherry blossoms!!"(あの大きな桜の木を思い出すわ!!)と言うこと違いないだろう。(特にMimi辺り)因みに、あのSPCでもはなが出演していた。

明日でSPCが上演されてから一年。正に、“節目”の感じもした今作であった。因みに、他にSPCというと、あの「しまちゃん」だが、未だに補充を続け、元気にプカプカと浮かんでくれている。しまちゃんは、浮かびながら、今年加わったココを初め、仲間を見守り続けている。


さて、アニメに関してはこれまでだが、それ以外だと「あそびのたつじん」ではやはり、「キャプテン翼」のBGMが使われているあのサッカーのことが出ていた。
又、久々にはなのコーナーである「どうぶつのあかちゃん」もやっていた。

そして、映画に関しては予告が新しい物に変わった(正式には、20日の映画SPから)訳だが、あの映像を見る限り、3月6日にTOHOシネマズ日本橋で行われた完成披露上映の物ではなく、更に前に開かれた会員向けの試写会の物と思われる。
あの完成披露上映でも多くの画像や動画を取り、自分は映画の公式サイトに写ったのだから、是が非とも、完成披露上映のものも使って欲しく思う。

そんな今回の話であったが、次回はしか子が引っ越しをするのか?という感じの話である。
次回はTXNの放送日から行くと、エイプリルフールなので、場合によっては“嘘”になるかも知れない。第52話「しまじろう ウソをつく」ではしまじろう達は、ぞうたと今は無きぶうたに「しか子先生、結婚するんだって!」と騙されていた。

又、予告を見る限りではしか子の親戚らしき描写があった。
それから「ちゃれんじ園 オフ1」でしか子の“叔母”として登場させたカズミ・カズエを思い出した。まあ、彼女達ではないのは言うまでも無い。
awet_convert_20160702183536.png
にゃっきい「其れよりもテレビせとうち、4月4日は私の誕生日なんだけど?私を祝うことよりもしか子先生の方が大切な訳?」
lfdti_convert_20160227191328.png
はな「はなたんも~!!誕生日祝われたい~!!お兄たんのように~!!!」

はい、誕生日間近の二人が発狂している訳だが、当然これらの要素も含まれていることを期待したい。
後は強いて言うなら、第177話「しかこせんせいに あいたい」のように、しか子に纏わる話なのであの糞熊親父が出ないことを祈りたい。又、あの時視たく“代理担任”として登場して、下らんことを言うなんてことは本当に大迷惑で不愉快である。

と言う訳で、次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。


P.S.

今回の二子玉川で行われたダンスイベントでも又、公式サイトに自分が写った。今回は物凄く小さい上に、顔の一部分だけなので物凄く分かり辛いが。
興味がある方は、先日の完成披露上映の時の物を参考に、探してみると良いだろう。敢えて言うなら、後ろ向きに写っているとりっぴいの頭の部分で、iPadを持っているのが自分である。しかも公式サイトには、「態々遠方からお越し頂いた方も・・・」と書かれていたので、「え?自分のこと?」と思ってしまった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント