3つのメガホンアイテム

愈々、上映まで一月を切った今年の映画。

そんなしまじろう映画で、ある“特徴的”なことがある。
其れは、アイテムを使って応援すると言うものである。

其のアイテムは、勿論1作目から使われ始め、今回も又使われるのである。
其処で、過去の映画ではどんなアイテムを使って、主人公を応援してきたのかと言うのを検証してみた。

さて其の前に、しまじろう映画のアイテムと言えば紙製のメガホンをイメージする。(それから、「○○メガホン」と言った具合に、メガホンにデザインされた名前が付けれられる。
しかし、1作目「しまじろうとフフのだいぼうけん」では、メガホンでは無かったのである。

では1作目ではどのようなアイテムだったのかと言うと、紙製の団扇だったらしい。唯これに関しては、未だ持っていないので、手にしたらその内当ブログで取り上げようと思う。

そんな訳で2作目「しまじろうとくじらのうた」で今のように、メガホンアイテムが使われるようになったのである。
では先ず、どのようなメガホンだったかを振り返ることにする。
20170211004708.jpg

20170211004717.jpg

しまじろうとくじらのうた・「ミニくじらメガホン」
20170211004734.jpg

20170211004744.jpg

しまじろうとおおきなき・「おうえんばなのメガホン」
20170211004757.jpg

20170211004813.jpg

しまじろうとえほんのくに・「ガオガオメガホン」

このようになる。
使用法としては、唯、ピンチの時等に声援を贈るだけでなく、メガホンを回して“風起こし”に使ったり(しまじろうとおおきなき)、左右に振って“消しゴム”のように使う(しまじろうとえほんのくに)と言った使い方もある。
今年も「にじいろメガホン」と言う形で、やはりメガホンがアイテムとして使われる。今年は果たして、“声出し”、“応援”以外だと、どのような使われ方をするのだろうか?映画に期待したい所である。

さて、3つのメガホンアイテムを振り返ると、あることに気付いた。
と言うことで3つ比較してみた。
20170211004838.jpg
表はこれと言って目立つ所はない。
そう、注目すべきなのは裏面である。
20170211004857.jpg
裏面を見て、あることに気付いた。
そう、「ミニくじらメガホン」だけ、説明書きが上向きなのである。
他が下向きに書かれているのに、「ミニくじらメガホン」のみ上向きだったので、飾る際にこれだけ逆に置くことになってしまい、かなり不安定な置き方になっている。つまり、一寸振動を与えると、落ちやすいと言うことである。

其れともう一つ、
映画館で配布されるメガホンアイテムと、DVDに封入されるメガホンアイテムは、微妙に違いがある。
と言うことで去年の「ガオガオメガホン」で比較してみると・・・、
20170211004932.jpg
これも表は特に変わった所は無いが・・・
20170211004947.jpg
裏にやはり変化がある。
DVDに封入されていた方は、説明書きが書かれている簡素な物だが、映画館で配布された方は、グッズの案内やアンケートの案内等が書かれていて、更に説明書きと言う物である。
唯、グッズに関しては去年は売っていて、一昨年より以前は売っていないので、「ミニくじら」と「おうえんばな」に関しては、裏面はどんな感じだったかというのは分かりかねる。そもそも、見に行っていないので持っていない。なのでこれに関してはご存知の方が居れば、コメントでお寄せ出来ればと思う。

そして最後に、アニメでも映画シーズンが近くなると、実際のしまじろう映画と同コンセプトの映画を見に行く云々の話をやり、こちらでもメガホンアイテムを使って映画を見るという話がある。
これは第98話「ぼくをえいがに つれてって!」と第203話「えいがを みよう!」の2話であった。
djdi_convert_20160312111816.png
「えいがを みよう!」
tiid_convert_20160312112335.png
「ぼくをえいがに つれてって!」

「えいがを みよう!」は、「丁髷忍者」を見る話で、其れらしいメガホンアイテムで応援すると言う話であり、「ぼくをえいがに つれてって!」は、「ラットマン・リターンズ」最近、ラットマンは物凄く影が薄い印象だが・・・を見る話で、ラットマンのイメージカラーを纏ったメガホンアイテムで応援すると言う話であった。
今年はどうなるかは分からないが、又やる可能性はあるだろう。

そんな訳で、近年のしまじろう映画では御馴染み、“メガホンアイテム”について検証してみた。
果たして、今年の「にじいろメガホン」はどんな感じになるのだろうか?映画に期待したい。


其れではここからは、今週のしまじろうについてである。(BS11の方は、2月13日の放送になる。)


今週は・・・の前に、当ブログに遊びに来てくれた人がいるので、先ずは彼らを紹介する。
tuk_convert_20170204210152.png
けんと「僕、この前の出演何時だったっけ・・・?ま、良いや。今日は宜しくね!」
sryju_convert_20170204210125.png
きっこ「私、前回の出演は本当に1年前だったから、今回ばかりはテレビせとうちには本当に感謝の気持ちでいっぱいよ!それじゃあ早速、今週の話を紹介して!」

では早速。
と言うことで今週は出演者の中から、きっことけんとを交えてお届けしようと思う。

今週は先月の「成人の日」以来の季節ネタで、第147話「モテるおとこは つらいのだ」以来となるバレンタインに纏わる話であった。
古典的な「バレンタインは女性から男性にチョコを贈る日だ。そんなのは昔から決まっている!」と思うきっこに対し、けんとが「じゃあ其れなら、各々の好きな物を贈ろうよ!」と提案したことから、今回の話は始まったのである。

さて、この点から見てみると、そもそもバレンタインと言うのは関西のデパートが始めたこと(諸説あり)であり、きっこの言うことは強ち間違いではない。因みに、発祥の地は神戸らしい。
ではこの点で、けんとの言うことはどうだろうか?

結論から言うと、海外ではチョコではなく、花を贈ったりする習慣もあるのでこちらも間違ってはいない。

そのようなことから、けんとの意見を大いに受け入れた“変わり種”のバレンタインをやることになった訳である。
ここで、「モテるおとこは つらいのだ」の時を振り返っておきたい。

この時は、にゃっきいがぽん太郎に“義理チョコ”を渡したつもりだったが、ぽん太郎は“義理”では無く“本命”と思い込み、にゃっきいに思いを寄せようとした一幕があった。
だが実際には、にゃっきいはよりこと共に作り、其れを“友チョコ”と言った形で、各々に配っていたと言う展開であった。
其れを考慮すると、今回も確かに“友チョコ”ならぬ、“友○○(各々が其々に送った食い物)”の要素があったので、其の時の“進化系”と言っても良い位だろう。

しかし、其れを企画する前にゃっきいが、「自分が作ると、とてつもなく下手になるから・・・。」等と心配する一幕があったが、其れこそ一昨年の其の時のように、よりこ(何でもこなせるということなら、にいすけでも適任)に又教わってやれば良いのでは?とも思った。
ryuk_convert_20170211205737.png
きっこ「でも私は何よりも、一年振りに出演出来たことが一番嬉しかったわ!特にくまっきいが加わって以来、私はどうなるんだろうって思っていた中での出演だったからね。これを期に私もくまっきいのように月1で出られたらいいなって思っているんだけどね・・・テレビせとうち、勿論やるわよね?新キャラばっかり多く登場させるなんて、不公平よね?」
fyu_convert_20170211205222.png
にゃっきい「私もきっこには物凄く賛同するよ!どうして、くまっきいもたまさぶろうも居なかった頃はきっこも出番が多かったのに、何で減らしたの?今大切なのは新キャラクターのくまっきいのことなの?テレビせとうち!」
(あれ?にゃっきい何時の間に・・・。)
lfyju_convert_20170211205504.png
けんと「きっこの気持ち、凄く分かるよ。僕はしか子先生と声が同じだけど、例えばしか子先生が出た時の話に僕も一緒に出るとか、電車で水族館に行った時の話を又やって、今回の駅弁のように、僕が好きな電車の話しをやるとか、幾らでも出来る筈だと思うんだけどな・・・。ね?テレビせとうち!」

何故か途中でにゃっきいが乱入したが・・・。
二人の意見は物凄く共感できる。

あ、そう言えばけんと!
くまっきいが初登場した時出演していたの覚えている?
okfgb_convert_20170211205538.png
けんと「そう言えば出ていたよね!でもあの話はしか子先生が中心だったからね・・・。確かに僕も出れたことは嬉しかったけど、あの話は僕が居る意味があったのかって凄く思ったよ。僕もぞうたのようにもっと、くまっきいに絡みたかったって言うのに・・・。」

きりんただと、第76話「きりんたの ヒーロー」の後に、第180話「はしれ! パトカー」で、尊敬するライオンポリスや将来警官になりたいという思いを綴った話をやっていて、計二度もやっているのである。
其れを考えれば、けんとも第93話「でんしゃで だいぼうけん」のような話をもう一度やってもいい気がしてくる。(出来れば今度はサブタイに「けんと」をつけて欲しい。これは他の、特にちゃれんじ園のメンツで未だ、サブタイに載っていない奴の主演回でもいえることである。出番がそれなりにあるまるりんですら、サブタイに名前がついたことは一度も無い。(今の所、ちゃれんじ園の女子キャラだとくまっきいのみしか載っていない。)
tsgn_convert_20170211205808.png
きっこ「そ、そうね。女の子はくまっきいしかサブタイトルに付いていなかったわね。其れを考えれば、私やまるりん、さくらこにも一度はあっても良い気がするわ!う~ん・・・私がサブタイトルに付くとすると・・・「きっこの すいえい」とかかな?泳ぎが得意な私が、逆に苦手なにゃっきいに色々と水泳のことを教えるみたいな・・・?去年、一度しか出れなかったんだから、今年はもっと出てもいいはずでしょ?」

きっこ、其れはテレビせとうちに行って交渉しましょう・・・。
jue_convert_20170211205301.png
けんと「今日は出演した後に、このブログに誘ってくれて有り難う!それじゃあ又僕が出演した時ね!」
sryju_convert_20170204210125.png
きっこ「私からも有り難う!次は来月に出れると良いな~・・・貴方とは未だ色んなことで話をしたいし・・・。」

さて、けんとときっこが去ったと言うことで次なる話を。
やはり今回も「モテるおとこは つらいのだ」で主演になったぽん太郎が出演していた。

だが此処で指摘したいことがある。
其れは、第237話「ぽんたろう ちゃれんじえんへ いく」で、「明らかに幼児のぽん太郎が日常でもひつじいと過ごしていて、まるで“ニート”のようなのは変だ!」と指摘した時のことを思い出せば分かるが、今回は中盤でひつじいが「外国からチョコが届いた」と言い、ぽん太郎に見せていたシーンがあった。贈り主はぽんざえもんだろうか?或いは海外在住のぽん太郎の両親だろうか?
そこから、ぽん太郎がバレンタインの話を始め、ひつじいが“隠し事を違う形で視聴者に伝えた”後のことである。
其の後、何故かちゃれんじ園の園庭で各々が談笑するシーンになったのである。
直前、昼食を食っていたので時間の流れからするとやはり、昼休みだろう。
では其の点を考慮してみていくと、やはりぽん太郎はあの話の日中でも、邸宅で過ごすように見えてしまう。

そう、ここで「ぽんたろう ちゃれんじえんへ いく」で指摘したあのことに繋がるのである。
勿論、チョコを披露すると言うのは何時でも出来た筈である。なので、園庭で談笑するシーンとチョコを披露するシーンは逆だった方が自然だった気がした。(勿論、あの時も指摘したがやはりぽん太郎も幼児なので、ちゃれんじ園ではない別の幼稚園や保育園に通わすシーンを出す。其れが当たり前である。同じくオリキャラであるあの豹さんですら、普段の子役の仕事と両立しながら通っているのだから。

さて、そんなぽん太郎だったが、そうした中で今回の出演者が児童館(と言うよりは公民館っぽく見えた。)に集っていて、各々の食い物を披露している中に、“自信作”を持って現れたのである。其の際、「今回は僕のためにお招き有り難うなのだ。」と言って、とりっぴいが「え?そうでもないけど・・・。」と返したところにはちょっと賛同できたw
所で、この時の“自信作”は自分を模したチョコだったのだが、以前にもこのようなことがあった。
其れは、はっけんたいけんだいすき!しまじろう第91話「いちばんの プレゼント」でのことである。
この話では、ぽん太郎が“プレゼント交換会”を邸宅でやることを企画し、メインとジャン・ケン兄弟は、各々の自信作やプレゼントを持ち合わせ、早速執り行なわれたのである。
そして、其々のプレゼントが各々に渡されていく中、ジャンはぽん太郎から“ある物”を受け取った話である。
其れは、自信の“金”像であった。(金の像で、明らかに“銅像”では無いのでこのように表記。)

と言う訳で比較してみると・・・
20170206022556.jpg
「いちばんのプレゼント」の時の“金”像
tor_convert_20170211212303.png
今回の銅像ならぬ“チョコ”像

確かに、両者共に似ている所がある。
まさに、今回の話はこの時の話を元に作ったと言っても過言ではないだろう。

さて、ここでぽん太郎・ひつじいにも当ブログに来て貰っているので、今の思いを伺いたい。
l5twsd_convert_20170211205341.png
ぽん太郎「まさか、今回のバレンタインの話でも僕が呼ばれるとは思っていなかったのだよ。テレビせとうちさん、今年は僕もひつじいもお祖父さまも、かなり活躍したいのだよ。そんな訳で、遅くなったけど、今年も宜しくなのだ!・・・あ、でも以前にゃっきいさんが作ったチョコ、又食べてみたかったな・・・。」
olr_convert_20170211205622.png
ひつじい「坊ちゃまの言う通りで御座います。私も今年はより多くの話に出させて頂きたいと思っています。ですので、テレビせとうち様、如何か私や坊ちゃま、ご主人様を宜しくお願い致します。あ、其れと貴方様が書かれている「ちゃれんじ園オフ」の次の話にも、是非私と坊ちゃまを出して頂きたいです。宜しければ、旦那様もお願い致します。」

ひつじいもぽん太郎も、次作も出すように検討するんで、是非期待していてくれ。

だが、今回は先週と比べると、かなり良い話であったが、完璧とは言えず、お咎めもある。
一つは、前述したがぽん太郎が“ニート”さながらの生活をしている描写が変と言うことである。

二つ目は、今回もぽん太郎が呼んでいた本や、児童館での掲示物の文字表現が記号だったこと、そして三つ目は、「モテるおとこは つらいのだ」では空気も含めて一切出ていないあの豹さんがの表現があったことである。

三つ目に関しては、不適任だったと言う訳ではないが、出来れば出さなくても良かった気がする。(前回は上手く出さない方向でやれたんだし。勿論、台詞無しで、“空気”だったので、今回は出演とは見做されないのが、自分としては感無量である。今回の出演者がきっこじゃなく、さくらこやまるりんだったら間違いなく、あいつが出ていた(きっこは、「好きな子にあげたい」と言う表現のみで、きっこは特にあいつを極端に好んでいる描写は無かったが、これがさくらこやまるりんだったら間違いなく、あいつにあげたいということになっていた。)ことだろう・・・。

因みにきっこの親は未だに登場していないが、中盤で後ろ姿ではあったものの、“自信作”を手伝う姿で出てはいた。
後は冒頭での昼食シーンで、とりっぴいが蛸焼きじゃなかったことだろうか。(これも先月に、其の指摘をしていたので、其れが反映されていた気がした。)

そして、今週の放送とバレンタインが重なるのは、三重・MTVである。(BS11でも、前日なので"ギリギリ"間に合うレベルである。)

さて、アニメの次は教養である。

今回はかなり、変わった箇所があった。
先ず、「あそびのたつじん」で、しまじろうの趣味でもあるサッカーについて特集されたのだが・・・
oki_convert_20170211100258.png
其の際、このようにとりっぴいが“GK”で、出ていたのである。

この「あそびのたつじん」では、基本的には二人の子としまじろうが出ている。そんな中、とりっぴいが“友情出演”と言う形で、出したのは教養パートの“マンネリ”が進む中では画期的だと思った。其の際、BGMとして「キャプテン翼」が使われていたのには一寸吹いたw
だが個人的には、やはり同じようにサッカーを好むにゃっきいだったとしても良かっただろう。(寧ろ適任)

更にこればかりではなく、算数的な問題(あれは、算数の“さ”の字も無いが)で一つ、“しまじろうらしい”演出があった問題があった。
khgj_convert_20170211171100.png
これは「隠れているのは何?」と言う問題で、“頭隠して尻隠さず”状態から、姿を現すものであった。
注目するのはそれだけでなく、しまパペが使われていることである。
はなだと、「どうぶつのあかちゃん」で着せ替えが使われているが、しまじろうがこのような形で教養パートで使われたのは恐らく初めて見た気がした。(以前にもあったのかもしれんが・・・。)

そして残る歌パートは、「パティシエール」と、映画の挿入歌だったが、出来れば今週も「せかいのともだちこんにちは」をやって欲しかったと思う。(「パティシエール」削って。)
そんな中、愈々迫る映画だが、今年は去年のように、挿入歌以外に映画に“纏わる”歌は無いのだろうか?
と言うのも去年だと・・・
rur_convert_20160206104457.png
挿入歌「ともだちポンクルトン」以外に、「えほんのうた」と言う映画に纏わる歌もやっていた。本編では流れなかったが。)
jj_convert_20160220090737.png
そして歌の最後に、映画の出演者のカードが表示されると言う物であったが、出来れば今年もあって良い気がした。(去年だと、アイロン・トゥーリーがループしたが、其れ以外は一度だけだったので、其れを考慮すると、未だ遅くは無い。

其れと、映画の主題歌PUFFYの「冒険のダダダ」は、この2月からベネッセのCMでも掛かると公式サイトで告知されてあったが、今週の放送ではちゃんと其れが掛かっていた。

そんな今週の話だったが、次回はプラネタリウムに纏わる話である。

あれ?プラネタリウムと言えば・・・?

自分的に、ベネッセスタードームを思い出す。
勿論、あの中には未だらむりんが出演しているものもあり、わお!に纏わる作品も二作あり、共にガオガオが出演している。
そしてこのプラネタリウムに関する話は、以前にも何度かやったことはある。と言うことで、次回出演予定の方にも今の思いを伺うことにした。
wgjr_convert_20170211205907.png
ガオガオ「そう言えば私って、君のブログに呼ばれたことあったっけ・・・?ま、良いや。今私から言えることといえば、来週のお楽しみって所かな!」
pwfgn_convert_20170211205704.png
とりごろう「最近良く、テレビせとうちの旦那に呼ばれるでえな!俺も次回でっから、宜しくでえ!そんじゃあ、あばよ!」

と言うことで次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。

P.S.
今年は2月11日が土曜日だったため、例年の映画SPは無かった。又、今の所番組内でも流れてはいない。
若しかすると、2月25日・3月4日でやるのだろうか?続報を待ちたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント