今年もネッツへゴー!

愈々公開まで約1ヶ月程となった「にじのオアシス」。

そんな中で、ある“イベント”が行われている。イベントと判断できるかは別かもしれない・・・。
これは、去年も同じようなイベントがあったので恐らく分かる方も居るだろう。

其れは「わくわく絵本」プレゼントキャンペーンである。

この度、早速其のキャンペーンで絵本を手にしてきたので、其れについてお伝えしようと思う。
これが、其の絵本である。
20170128171425.jpg
表紙

そして、付属物がこちらになる。
2017012817160.jpg
シール
2017012817164.jpg
説明書き(表)
2017012817165.jpg
特典チラシ(裏)

説明書きは、特に何も記述しないが、特典チラシはこの絵本を手にすると、チケットが安くなると言うものである。
因みに、この価格は会員価格と略同等らしいので、非会員であっても、会員と同じ待遇を受けられるのである。

さて、中身を見て行くと・・・。
20170128171723.jpg
「ここにシールを貼ってね」と言う箇所がある。

去年はそうした描写は無く、「しまじろう達も、プニたんに同行してね」と言った感じのみで進んで行った。
20170128171738.jpg
ラストページには、主役のココが登場し、このまま「映画に続く」と言う流れになり、終わっている。
そして、裏表紙であるが・・・、
20170128171749.jpg
やはり、ネッツ店で開催中のキャンペーンとあって、ネッツで取り扱っているトヨタ車が掲載されていた。

と言うことで、去年の「えほんのくに」の時と比較してみると・・・
20170128171908.jpg
表紙
20170128171937.jpg
裏表紙

比較してみると、去年はプニたんが全ページに描かれていたため、表紙の段階で載っているが、今年は前述の通り、ココは最終ページのみなので、表紙には載っていない。
又、裏表紙も去年は何も無かったが、今年は前述の通り、ネッツで取り扱っているトヨタ車が載っていて、“トヨタのキャンペーン”と言う感じが出ている。

さて、二年間このようなキャンペーンをして思ったことがある。
其れは、「何故、トヨタが番組スポンサーについていないのか?」と言うことである。

まあやるとするならば、TXNの本放送でタカラトミー・ソニーミュージックと共にと言う形になりそうだが、是非これを期にTXNの放送では、スポンサーについて欲しく思う。(しまじろうカーⅠが、エスティマハイブリッドが元だと言うことを考慮すると、やはりそうして欲しい。過去を振り返ると、アートネイチャーやコーワ、マックがスポンサーについていたこともある。他に、パンパースのイメキャラとして、P&Gが付いていたこともあった。)他にも、偶に野菜生活の紙パックにしまじろうを載せることがあるKAGOME飲料や、キシリトールにも載っていることからLOTTEもやるべきだと感じる。

そして、映画に関してだが、恐らく3月4日辺りの放送で、“序章編”をやり、そのままの映画化と言った感じだろう。こうした中で気になるのは、やはりグッズである。
去年のプニたんのように、ココもグッズ化されるのだろうか?後はクリアファイルだけだが・・・。

若しされるとするならば、やはり番組グッズも販売して欲しく思う。
これに関しても、続報を待ちたいと思う。


其れではここからは、今週のしまじろうについてである。(BS11の方は、2月6日の放送になる。又、青森・RABと秋田・ABSでご覧の方も同日である。)


今週は・・・

・・・早速言わせて貰おう!!

草太、てめえうぜえんだよ!!!!!

ttfvv_convert_20160709115338.png
草太「そんなこと言われちゃ困るな~!私はみみりんの雪嫌いを克服するために努力したんだよ~!私の何処が行けなかったのかな~?」

は?お前このブログに呼んでないのに何で来るの?
ま、来ちまったもんはしゃーねーから、今日のお前を視てて思ったことを全部ぶつけてやる!

tyj_convert_20170204184950.png
草太「ああ、良いとも!さあ来い!」

お前、下ろし立ての服汚してスランプに陥ってるみみりんに何ふざけた態度取ってんだよ!
何が「雪は素晴らしいぞ!うん、実に素晴らしい!一面の銀世界更々の雪。雪達磨に橇滑り!踏みしめるとサクッサクッと良い音がして・・・。」だ!
其の後、チョコケーキの粉砂糖にまで「粉砂糖がまるで粉雪のように綺麗だろ、みみりん!」だ!
後、みみりんのスランプ脱出の準備が出来て、泣き疲れたみみりんを無理矢理起こそうとか、何考えてやがるんだ!!
お前、本当に父親としての素質ねーな!まるで、第220話「パパの ともだち」のお前だな!
唯でさえ、下ろしたての服汚して、「雪を思い出したくもない!」って思っているみみりんを必要以上に追い討ちかけやがって!

いい加減にしろよ!このキ○ガイく草太!!いや、兎に化けたドット!!
uuil_convert_20170204183224.png
草太「何・・・?キ○ガイでク○だと・・・。其れに、私の名前は草太であって、ドットとかって言う、あの悪戯好きな青い猫じゃ無いんだが・・・。」
お前、本当に兎に化けたドットだよ・・・。
bvs_convert_20160709115054.png
草太「其れに君!其の言い方は良くないんじゃないかな~?私はみみりんには正しく接したつもりだけどな~・・・。其の行いに対して、キ○ガイって如何言うことなのかな~?私のことがそんなに嫌いかな~?」

ああ、十分嫌いだよ!!ヘムヘム!おい、元の犬の姿に戻って、忍術学園の大川平次太秦学園長の元に帰れ!NHKに帰れ!てか、お前なんで喋れるんだよ?「ヘムヘム」としか喋れない筈だろ?
兎に角、お前はスランプに陥っている娘に追い討ちをかけるという、タブーなやり方をしたんだ!
下らねえ思いなんか語ってんじゃねーよ!友蔵!静岡市清水区のさくら家に帰れ!甘やかしている孫置いて、こんな所に来るなんて。頼りねえ爺だな!フジテレビに帰れよ!
r6k_convert_20170204182939.png
草太「其れに、私は何時になったら君の小説である「ちゃれんじ園オフ」に出して貰えるのだろうか・・・?この私が登場すれば、どんな些細なことでも解決出来てしまうと言うのに・・・。其れと私の名前は草太なのに、何でさっきからドットだの友蔵だのヘムヘムだの私と声が同じ人の名前をこのアニメ以外からも出すのだろうか・・・。」

(ああ、こんな奴の言い分を聞くのも飽きてきた!!
お前の其の一寸したことで興奮する所や、スランプに陥っている娘にオモんない思いを語って追い討ちをかけなくなったら考えてやろう。
兎に角、今のままのお前は出したくない!
ifl_convert_20170204182820.png
ヘソカの時の頃や、
20160709181627.jpg
アニメ化当初で、消防士をしていて今のお前とまるで違うこの頃で、
20160709181819.jpg
「ミラクルタウン」って名前でジオラマを作っていたこの頃に戻ってくれたら考えてやろう。ま、今のお前だったら、火災現場に出向いたら、もう全焼してんじゃね?
uvc_convert_20160709120416.png
ドット「俺もまるで俺の真似をしているみみりんの父ちゃんのことでテレビせとうちに出向いたんだが、「過去キャラとはもう縁が切れたんだから帰れ。」って言われて終わりだよ。」
gjghjg_convert_20151024232026.png
ドット「いい加減にしろよ!テレビせとうちもみみりんの父ちゃんも!!俺のこの声や俺の言動をパクんじゃねーよ!!」
seth_convert_20170204210931.png
みみりん「そうよ!あんなの本当の家のパパじゃ無い!!テレビせとうち!以前のパパを返して!!」

ほら、お前が不快だってドットにしろ、娘にしろ言っているからな!
お前の今の言動や態度、いい加減変えやがれ!変えたら、「ちゃれんじ園オフ」の出演を考えてやっても言いがな?後、お前絶対精神病んでいるだろ?取り合えずさ、精神科、行こうか?良い精神化紹介してあげようか?
さあ、分かったら、他の奴がお待ちかねだから帰れ!!く草太!
uuil_convert_2017020418322.png
(No Picture)
草太「おい君、未だ私の話が・・・其れになんでみみりんまで・・・(他の奴に連れ出されて強制退場)」

はい、このまま行くと草太の話だけで終わってしまうので他の話題を・・・。

真面目な話、若し自分の父親がこうだったら間違いなく一度や二度、いや其れ以上は“家出”や“絶縁”をしていただろう。今回、草太が「しまじろう君」の「君」を取ったら、本当にドットになった。
其れを踏まえると、今回はみみりんに物凄く同情したくなった。
自分が今回のみみりんだとすると、今回の草太は言うまでも無くテレビせとうちである。

普通、嫌いになったものを克服すると言うのは“段階的”にやったりするのが普通である。其れを、行き成り「お前、好きになれよ!」と罵るのは悪いやり方である。
なので、これを今回の展開に当て嵌めると、自分は草太が大嫌いである。そんな大嫌いな草太で、自分が大嫌いだと思っている所を推し、「おい、これからもしまじろうファンを続けるって言うのなら、今の草太を我慢出来て当然だよな?」とテレビせとうちに言われた気がしてならないのである。

当然、本編でも“苦手をゴリ押し”されたみみりんが「パパは良いの!」や「雪は嫌いなの!!」と苛立ちを覚えたように、自分も同じく「草太は嫌いなの!」、「黙れく草太!」と思った。
今回の展開を視て、まるて草太がテレビせとうちの製作関係(特に、草太をあんなキャラ設定にした連中)に見えて仕方がない・・・。そんな気がした。

所で、“苦手を克服”と言う話は過去にも何度かあった。
其の中でも、代表的なものを二つ上げるとする。

先ず、しまじろうヘソカ第73話「げんき大さくせん!」である。

この話は、ちゃれんじ園での休暇が終わり各々は元気に登園する中、まるりんだけは“ホームシック”にかかっていた。
しか子によると、どうも休暇中はささことずっと一緒だったので、中々ささこから離れられなかったらしい。

其処で、しまじろう達とぞうぶうで、まるりんに“ちゃれんじ園大好き作戦”しようと考え付く。
と言う物であった。

もう一つは、第93話「寒くなんかないぞう」で、他の園児は園庭で喜んで遊ぶのに対し、寒がりなぞうたはずっと“中遊び”ばかりしていた。
ぶうたが誘っても尚、ぞうたは外遊びをしようとせず、とうとうぶうたと喧嘩してしまう。
其処で、しまじろう達はみちよやぶうたと共に、ぞうたに寒がりを克服してもらおうと一肌を脱ぐ。
と言う物
であった。

さてこれらの二つの話は、ぞうたの時は、各々が誘い込みをするが、次々犯す“ヘマ”に悩まされながらも、“模索”を繰り返す中で、上手いことぞうたを外遊び出来たのであった。
又、まるりんの時も、みみりんが歌ったとある歌でささこを思い出させ、各々が「次は何でまるりんを誘うか?」と言うことで口論になり、一旦は作戦から手を引こうとしたまるりんだったが、結果的には上手くまるりんの“ホームシック”が治らせたのであった。

一見、違いは無いようだが、「あることが苦手だ。」と訴えたら、「じゃあ先ずはAで克服出来るようにしよう!」と誘い、それでも駄目なら「そしたらBをやってみよう!」と“段階的”に進めて行ったと言う所で、両者は共通するのである。

ではこれが草太だったら、まるりんの時は、「まるりんちゃん、ちゃれんじ園にはね、友達も沢山居るし、しか子先生は優しいし、凄く楽しいんだぞ~!だからお母さんも良いけれど、ちゃれんじ園はもっと素晴らしい所なんだぞ~!家のみみりんだって好きなんだし・・・。」とかほざいたことだろうし、ぞうただと、「ぞうた君、「子どもは風の子」って言うだろ?だから家で遊んでいるよりも、外でいっぱい遊んで、丈夫な体を作らなくちゃ!其れに冬の北風に当たる感触は夏と違って、物凄く心地よくて・・・」とほざき、まるりんだったら赤面して逃げ出すだろうし、ぞうただったら「煩い!黙れ!」と怒鳴り、結局進展せずに終わったことだろう。

これらから視て、草太は“自己中”で有ると言うことも覗える。
やはり父親らしくない描写である。みみりんはまともな父親の元で育たず、将来的に父親を罵倒されることだろう。

父親と言う物は、“頼りにされる”ことや“役に立つ”というのが一般的である。
そう、だからテレビせとうち、あんなキ○ガイ草太は二度と出すなな?元の草太に戻せな?


其れともう一点、不快な描写があった。
其れは終盤、みみりんの好きな物の雪像を作り終え、後はみみりんを誘うだけとなった時に、れんげが「みみりんは、泣き疲れて来られない。あの感じじゃ夜まで爆睡かも・・・。」と言い、しまじろうが「明日見て貰う?」と言った際、しまたろうはスマホで天気を見た所である。

いい加減に記号辞めろ!!明らかに天気見ていたんだから、ちゃんと「天気予報」って表せ!!

あの時期の子のことを考えると、漢字で「天気予報」は厳しいにしても、平仮名で「てんきよほう」と表すだけでもいいはずである。
テレビせとうちは何時まであんな愚かなことをするのだろうか?今回の草太のことと言い、未だに記号のみの文字表現がある所と言い・・・。

あるいは其の表現を出さない。そんな選択肢もあっただろう。製作は、字の表現を出来る限り削りたいのだろうか?

其れともう一つ。
何で、草太とれんげ、とりごろう、リチャードは防寒着を着ていないんだ!他にも今回は“空気”だったライオンポリス、セイにも言えるが・・・。

これも意味が分からなかった。
草太ととりごろうはヘソカ以前に防寒着の描写が無かった(そもそも冬季に登場しなかった)が・・・
20160116221647.jpg
れんげはヘソカではこんな感じであった。

更に謎なのはしまたろうも防寒着を着ていなかったことである。
vhjx_convert_20170204185026.png
しまたろうはこのように、防寒着の設定がある。
なのに何故、今回はこの描写が無かったのだろうか?

だが其の一方で、凌駕したと思う所があった。
tyk_convert_20170204183106.png

jket_convert_20170204182906.png

ujkry_convert_20170204183146.png

yjdr_convert_20170204183307.png
ラストで、殆んど全てのキャラが集結した際に、今回来ていなかったキャラ以外はちゃんと防寒着を着ていたことである!
これを期に、次回以降はこのような描写でやって欲しく思う。

余談だがきっこは・・・
r7i_convert_20160109233653.png
以前、ニット帽のみの描写で登場したことがあった。
しかしみみりんと比較しても違和感があるので、やはりきっこも防寒着を着せるべきだろう。

又今は冬は常に防寒着のメインキャラだが・・・
twqae_convert_20170204183017.png
ヘソカの時は、このようにマフラーのみの簡素な描写だったこともある。

其れを考えれば、メインは常に防寒着を着せるのを辞めて、偶にはメインでも簡素な描写があったとしても良いように思う。

所でリチャードは完成した雪像を見て「TVでこんな感じの雪祭りを視た」と言っていたが、札幌雪祭りだろうか?多分、今日TVhで視ていた方からすると、あの雪像を視て、札幌雪祭りを誰もが想像しただろう。

後は、ラストで夜にも拘らず遊び出すと言う展開で話が終わっていたが、雪像のライトアップを披露したのは深夜じゃないことだろう。深夜だと“夜遊び”にもなりかねない(其れこそ、あの時期の子に視せるアニメとしては不適任)ので。)
其れに何となく、しましまとらのしまじろう第4話B「夜の雪合戦」を思い出させた。(あの時は、深夜に各々が、昼間作った各々の雪像に呼ばれて、深夜に雪合戦をする展開になっていたので。)

さて、アニメ以外だと、今回も映画の挿入歌と予告がセットではなく、先ず予告が流れた後、CMを挟み挿入歌が流れるという流れだった。
だが其の一方で、今回は「こはく」出演回だったとしても問題は無かった筈である。(「きょうのテーマはゆき!」みたいな感じで。)

そんな今回の話だったが、次回は久々の季節ネタで、二年振りにバレンタインの話をやることになる。
今回も一昨年同様、にゃっきいが恐らく“義理”チョコを作るのだろう。
そんな中、予告である二人の人物が出ていたので、一寸今の気持ちを聞いてみようと思う。
sryju_convert_20170204210125.png
きっこ「私、一年振りに呼ばれるのね!テレビせとうち、今年は私の出番を増やして頂戴ね!去年は一回しか出れなくて、凄く悲しかったの。そんな私を同情してくれるよね?テレビせとうち!」
tuk_convert_20170204210152.png
けんと「僕はくまっきいが初登場した時以来だっけ。でもくまっきいやたまさぶろうばかりじゃなく、僕だってもっと出たいよ!特に電車が好きなんだから、テレビせとうちにはそうした話をもっとやって貰いたいと思うのにね・・・。でも、宜しくね!」

だが其の一方で、“二人の熊”とあの豹さんは心配である。
今の時期なら“冬眠中”の筈のあの熊は、出れば下らんことを言うし、もう一人の白熊は出なかった月は未だ一度も無いので、出来れば今月は出して欲しくない。後、豹さんも未だ間が一月しか開いていないので尚更である。
と言うことなので、あの二人の熊と豹さんは出さんといてくれ!―其れが今の思いである。

そんな訳で、次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。


P.S.

次回はやはり、11日が土曜日と言うこともあり、通常通りの放送である。
去年の映画スペシャル「しまじろうとえほんのくに」は何時やるのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント