2年目のしまコンへ!  ~しまじろうコンサートリポート~ 感想編

初めて見た時から2ヶ月、2回目見た時から1ヶ月が経とうとしている。

そんな中、ベネッセから一通の封書が贈られてきた。
其れがこちら。
20160708122457.jpg
若しかするとと思い、開封した。すると、案の定・・・
20160708122720.jpg
今年のしまコンのDVDであった。

2回のしまコンの記事で、当日はDVDが発売されていなかったので、後日届いたら、改めてDVDの映像と共に、粗筋等を記すとしてあった。
と言うことで、早速其のことについてである。

先ずは、DVDの概観から。
20160708122733.jpg

20160708122744.jpg
ジャケット

其れではここからは、DVDの内容や印象に残った場面等を映像と共にお伝えする。(画像は、TV画面直撮りのため、一部お見苦しい所がありますので、ご了承下さい。)

又、以下の記事もお読み頂きながら見ると、尚良いだろう。

中野(初回)公演
松本公演

其れではスタート。

先ずは司会のお姉さん。
20160729223946.jpg
コンガのリズムに合わせ、颯爽と登場した。
司会「ようこそ、太陽の島へ!」
20160729223829.jpg
司会「皆さん!こ~んにちは~!」
客席「こ~んにちは~!!」

しかし、この後去年は客席の様子が映っていたと思うが、今年は2階席からの様子だった。
司会「元気なご挨拶有り難うね!」
そして、自己紹介や太陽の島への招待と言ったシーンが続き、愈々主役の登場である。
20160729224214.jpg
司会「今日は皆の他にも、しまじろう達も遊びに来ているんだよ!其れじゃあ皆で、しまじろうを呼んでみましょう!元気にお願いね~!!」
「其れじゃあ行きますよ~!せ~の!!」

「しまじろう!!!!!」

20160729224343.jpg
ステージの両袖から颯爽と登場。
登場すると、すっかり定番となった。
20160729224427.jpg
「すてきなワンダーランド」が掛かる。
イントロが終わると、しまじろうから。

しまじろう「会場の皆!」
一同「こんにちは~!!!」

これと同時に、客席からも挨拶が返ってくる。

そして、しばしの談笑。
20160729224609.jpg
しまじろう「うわ~!綺麗な空!!」
20160729224635.jpg
みみりん「海もキラキラ光っている~!!」
20160729224706.jpg
にゃっきい「うん!眩しい~!!」
20160729224733.jpg
とりっぴい「太陽の島、最高!!」

そして、最後にしまじろう。
しまじろう「今日は皆で一緒に、楽しもうね!」
20160729224832.jpg
これが終わると、早速歌に入った。

因みにこの曲は、去年はみみりんが「ドキドキの冒険が 待っていそうな」の部分で歌っていたが、今年はにゃっきいが歌い、みみりんは「教えて 不思議を沢山ピピッピー」を歌っていた。
20160729225052.jpg
司会「皆さん、ようこそいらっしゃいました!」
更に曲の途中で司会が自己紹介し、其の後は各々が自己紹介。
20160729225154.jpg
各々が自己紹介すると、客席からガオガオが『秘宝』を持って現れた。
ガオガオ「お~い!皆!!」
一行「ガオガオさん!!」
20160729225309.jpg
ガオガオ「皆!見ておくれ!これが、太陽の島に伝わる、伝説の宝物『太陽の光の石』だ!」
一行は歓喜した。

因みに、2回目の松本の公演の時、ガオガオは自分の居た直ぐ脇の通路を通った。この時自分は、らむりんをガオガオにアピールしていた。
其の時、ガオガオが反応していた。中の人は如何思ったんだろうか?
20160729225438.jpg
そして、再び歌に戻る。
20160729225525.jpg
この曲の終わりかけになると“定位置”に、秘宝がセットされる。
20160729225620.jpg
そして、上から太陽が出現と同時に、曲が終わる。

こうして、ストーリーが始まった。
20160729225703.jpg
神秘の光を放った秘宝に、興味が引く一行。

ガオガオ「いや・・・何と素晴らしい!さすが、太陽の島の宝物だ!」
司会「ええ。あれは太陽の島の大切な宝物、カーニバルの日だけ、特別に飾られるのよ!
20160729230032.jpg
歓喜した一行だったが、とりっぴいがある疑問を浮かべた。
とりっぴい「カーニバル♪カーニバ・・・あ?・・・カーニバルって・・・何?美味しいの?
20160729230151.jpg
ガオガオ「はっはっは!カーニバルとは、歌ったり踊ったりする、楽しいお祭りのことだよ!」
とりっぴい「カーニバル♪ヤッホ~!!」
司会「さあ!お祭りの準備よ!!」
一行は、更に興味を持ち、準備を手伝うことになる。
20160729230409.jpg
そして次の曲「おひさまサンバ」が掛かる。

其れではここからは、印象に残ったシーンを記すことにする。

先ずは、コンガを叩く場面である。
20160729230547.jpg
先ずは、脇役が披露。すると、
20160729230651.jpg
とりっぴい「はいは~い!!とりっぴいもやってみる~!!」
20160729230727.jpg
にゃっきい「あ~!私も~!!」
と、にゃっきいが加勢。

と言うことで先ずは、“ドラマー”が実演
20160729230822.jpg
にゃっきい「ドンドドンドンドンドドン♪」
とりっぴい「ドンドンドド・・・あれ?」

“ドラマー”からもう一度の指示。
とりっぴい「ドンドンドドドンド・・・出来ないよ!」
20160729231009.jpg
にゃっきい「とりっぴい・・・慌てない!」

更に司会が助け舟を出す。
司会「皆で練習しましょう!」
20160729231117.jpg
司会「さあ、皆の(お祭り)太鼓を準備して~!」
と、ここで、今回のアイテムである「おまつりたいこ」を出すように促される。
にゃっきい「うん!皆も一緒に、太鼓を叩こうよ!」

そして、太鼓のセッションが始まる。
20160729231311.jpg
セッションが終わると、次の曲である。
20160729231358.jpg
次の曲は「幸せなら手を叩こう」を編曲した「幸せなら太鼓叩こう」である。(テロップは原曲のままだったが。)唯自分的に、「幸せなら態度で示そうよ」の部分は、今回はそのままだったが、どうせなら「幸せなら太鼓で示そうよ」の方がよかった気がした。

次に印象に残ったのは、ゲストの登場の時である。
20160729232646.jpg
準備が一先ず一段落し、“産地直送”のフルーツの差し入れが出て、早速召し上がる一行。
この時、1回目の中野の初回公演の時(DVDもこの時の模様)は、2階席の真後ろだったので何も分からなかったが、2回目の松本公演の時は、比較的前の席と言うこともあり、フルーツの形もこんな感じであったことが判別できた。

一行がフルーツを頬張っていた其の時・・・、
20160729232940.jpg
今回の“ゲスト”が一瞬登場した。
20160729233017.jpg
みみりんは直ぐ、其の異変に気付いた。
みみりん「あら?何か音がしたわ!」
其のことに一同は騒然となり、一行は右往左往に駆け出した。

そして、誰も居なくなった時、事件は起こった。
20160729233345.jpg
現れたのは、今回のゲスト「ダイナ(CV:杉山佳寿子)」であった。
20160729233435.jpg
ダイナは先ず、コンガに興味を持った。

がしかし、
20160729233516.jpg
秘宝の輝きに目を奪われたダイナは・・・、
20160729233602.jpg
ダイナ「うわ~!綺麗だな~!!良し、これにしよう!!
と、ごっそりとドロンしてしまう。
20160729233652.jpg
と、ここでしまじろうがカムバック

しまじろう「うわ!!きょ、恐竜!!あ~~宝物が~~~!!!どうなってるの??」

忽然と消えた秘宝に驚愕した。
しまじろう「大変だ~!!!!!」

この時会場では、1回目の時、秘宝をドロンするダイナに「あ、駄目!」と言う子も居た。
20160729233836.jpg
とここで他の一行が合流。

ガオガオ「しまじろう君!一体何があったんだ!」
しまじろう「恐竜が・・・宝物を持って行っちゃったんだ!!」
20160729233953.jpg
一行は、蛻の殻になった置き場に注目した。
司会「大変!このままじゃお祭りが出来なくなってしまうわ!私、皆に伝えてきます!」

20160729234118.jpg
ここでガオガオが、自身の発明品「ガオガオカメラ」で、犯人を追うことに。
早速手掛かりを掴むため、しまじろうと会場に問い掛ける。

ガオガオ「しまじろう君、皆!其の恐竜は、どっちに行ったんだね!」
20160729234312.jpg
しまじろう「あっち!」

会場でも、至る所から「あっち!あっち!」と言う声が聞こえてくる。
ガオガオ「そうか、有り難う!」

手掛かりを見つけ、ガオガオは早速シャッターを切った。
20160729234428.jpg
先ずは背景のスクリーンに、足跡が映し出される。
20160729234502.jpg
そして、もう一つのスクリーンには、犯人の正体が映し出された。
しまじろう「この恐竜だよ!」
みみりん「何だか可愛い恐竜ね!」
にゃっきい「う~ん、未だ子どもかな?
しまじろう「僕、追いかける!恐竜に宝物を返して貰わなきゃ!
20160729234801.jpg
一行は心を一つに、奪還の旅に出るのであった。ガオガオ曰くジャングルに向かって足跡は続いていた。
しまじろう「皆も恐竜を探してくれる?一緒にジャングルに行ってくれるよってお友達は?は~い!!」いいえって言われたら如何するつもりなんだろうwww
がしかし、この時も客席ではなく2階席からの景色だった。何故、2階席や挙手している子を映さない!
20160729235947.jpg
しまじろう「良し!ジャングルに出発だ!」
一行「お~!!」

ここで舞台セットが切り替わり、ジャングルのシーンになった。
img001+(2)_convert_20160701202936.jpg
因みに、絵本でのダイナの描写はこんな感じである。

次に印象に残ったのは、其のジャングルでのガオガオカメラを用いたクイズである。
20160730002744.jpg
1問目はシルエットクイズで、正解は蝉であった。
この内、印象に残ったのは2問目であった。
20160730002906.jpg
切欠は、みみりんが足跡らしき物を見つけた所から始まった。
それをパシャリとすると、
20160730003041.jpg
今度は両サイドに足跡が示された。
1回目は多分見ただけで分かった子も居ただろうが、2回目ともなると流石に“大友”でもお手上げだったかもしれない。
20160730003157.jpg
会場にも問い掛けた後、今度は画像が映し出された。多分、これでも難しいかも知れない。しかし、ガオガオが「鼻が長い」と言った瞬間、あちらこちらから「象」と言う解答が返ってきた。
20160730003347.jpg
ここまで来れば、「象!」のトーンも上がってくる。
20160730003425.jpg
もち、正解である。
aw_convert_20160730200039.png
Zた「僕を呼んだかぞ~?」いいえ・・・。
20160730003457.jpg
そして、ここで次の曲「掌を太陽に」が掛かった。

次に印象に残ったのは、「アイアイ」との絡みである。
彼らの登場時は、
20160730003640.jpg
先ずはスクリーンにどアップで顔が出た後、
20160730003734.jpg
“一つ次元が増えて”登場した。
因みに、実際に見た時は、唯の板のような物かと思っていたが、どうやら縫いぐるみのような物であったらしい。(2回目は近かったのにここまで判別できなかった。)

アイアイB「皆元気だな!」
アイアイA「こんな所で何しているんだ?」
しまじろう「僕達、恐竜を探しに来たんだ!」
ガオガオ「こんな子なんだがな・・・。」
20160730003910.jpg
そして、アイアイから「ダイナ」の名が知れ渡る。当然、犯人のアジトを尋ねる。
だが、条件として「声を張れたら」とのこと。

そこで、「アイアイ」と来れば当然・・・
20160730004151.jpg
この曲の他無い。

そして、曲の中盤になると、
アイアイB「うわ~!中々やるな~!!」
アイアイA「まだまだ行くよ!今度はどっちが大きな声が出るか、競争だ!」
20160730004359.jpg
しまじろう「よ~し!皆頑張ろう!!声を揃えて「アイアイ」だよ!せ~の!!」


「アイア~イ!!」


アイアイB「うお~っと!」

アイアイA「アイア~イ!!」
倍返しをお見舞いする。
20160730004555.jpg
にゃっきい「お家の人、大きいお友達の皆も一緒にお願いします~!!せ~の!!」


「アイア~イ!!!」


アイアイB「まだまだ!!」

「アイア~イ!!!」

20160730004738.jpg
とりっぴい「一番大きな声で!せ~の!!」



「アイア~イ!!!!!」



どうやら、相手は降参したようである。
アイアイB「本当に大きな声だね!」
アイアイA「元気な声、もっと聞かせてよ!」
20160730005107.jpg
しまじろう「フフ!よ~し皆、もっともっと、歌っちゃおう!」

そして2番に突入した。

この曲が終わると、アイアイから犯人のアジトが伝えられる。
一行「洞窟?」
20160730005130.jpg
みみりん「みみりん、怖~い・・・。」
と顔を突っ伏す。
20160730005207.jpg
しまじろう「大丈夫だよ、みみりん!皆一緒だから!」
みみりん「う・・・うん・・・。」
アイアイA「気をつけてね。」
しまじろう「有り難う!」
20160730004925.jpg
しまじろう「皆も一緒に、洞窟へ出発だ!」
一行「お~!!」
20160730005401.jpg
そして、「友達賛歌」が掛かり、
20160730005507.jpg
最後は洞窟の背景に変わった後、第1部が終わった。
所で、このアイアイとの勝負は去年のしまクリコンでの門番との勝負を思い出さない訳には行かないのであった。

ここで15分間の休憩になった。

愈々、第2部である。
20160730102322.jpg
第2部が始まると、先ずはガオガオが登場し、第1部の粗筋を簡単に説明。
去年は司会が解説していたので、このようにキャラが解説するのも又いいと感じた。
20160730102511.jpg
解説が終わると、幕が上がり第2部スタート。

始まると、先ずは手掛かりを模索する。
すると、
20160730102641.jpg
ステージの天井部分に足跡が見つかる。
20160730102745.jpg
すると、とりっぴいが何を思ったのか、スキップを取り始める。
とりっぴい「え~っと、こっちに・・・ピョン、ピョン、ピョン!」

そして、これを切欠に次の曲である。
みみりん「踊っているみたい!」
にゃっきい「本当だ!」
しまじろう「皆も一緒に踊ろうよ!」
次の曲は、
20160730102940.jpg
今年から新たに歌われるようになった「せかいはパラダイス」である。

所でこの曲は、つい最近、「しまじろうのわお!」内で歌われていなかったが、今週のTXNの本放送では、久々に歌われた。TXNの無い地域にお住まいの皆さん、ネタバレ御免なさい・・・。
更に、各々が歌うパート等も、番組内で歌われている通りのままだった。

しかし、歌が終わるととりっぴいが焦り出した。
20160730103333.jpg
とりっぴい「あ、あれ?ガオガオさん居ないよ!
因みにガオガオは、この歌の時、スッと姿を消していた。(何処に出現したかは後述。)

一行はガオガオを探しに向かうのであった。

そして、ダイナが再登場。
20160730103527.jpg
ダイナ「綺麗だな~!お母さん、きっと喜ぶぞ!
ここで意味深な言葉を発する。
この言葉が、今回の事件の解決への糸口であった。

そして、再びしまじろう達。
20160730103740.jpg
とりっぴい「あ、とっとっとっと~!皆、待ってよ!!」
しまじろう「大丈夫?とりっぴい・・・。」
とりっぴい「何とか・・・、あでも、とりっぴい疲れちゃった・・・。」お前、何のための羽やねん!歩き疲れたら飛べば?と突っ込みたくなったのは自分だけだろうか・・・。
20160730103956.jpg
しまじろう「え~!もう一寸頑張ろうよ!」
とりっぴい「え~、でもさ・・・ダイナはもう、ここには居ないんじゃない?
疲労からか、とりっぴいは弱音を吐く。

しまじろう「え?そんな~・・・。」
20160730104234.jpg
この言葉に、にゃっきいが激怒した。
にゃっきい「何言ってるの!とりっぴい!!」
みみりん「うん!ダイナは絶対ここに居るはずよ!」
其処にみみりんが加勢。
20160730104350.jpg
とりっぴい「だって・・・。」
にゃっきい「ダイナを見つけて、宝物を返して貰わなきゃ、お祭りが出来ないんだよ!!」
みみりん「そうよ。島の人達が、困っちゃうでしょ!」
とりっぴい「う、あ・・・うん・・・。」
しまじろう「みみりん・・・にゃっきい・・・らむりん・・・。」
20160730104600.jpg
だが、にゃっきいも過度な発言を反省したのか、今度は落ち着いたトーンでとりっぴいに言った。
にゃっきい「とりっぴい、もう一度元気を出して!」
20160730104754.jpg
みみりん「うん!ほら、こうやって手を合わせて・・・。」
みみりんも同じく。
20160730104908.jpg
みみりん「皆も一緒にやってみてね!」
にゃっきい「皆~!手を出して~!!」
ここで次の曲になる。
20160730104955.jpg
次の曲は、「手を叩きましょう」である。
所で、この曲も最後のフレーズが編曲されていた。
20160730105208.jpg
通常は、表情を変化させるが、今回は「擽る」というアクションになっていた。
この時客席では、多くの親が自分の子に擽る様子が伺えた。勿論、1回目も2回目もどちらも同じ位である。

そして、この曲の中盤になると、漸くとりっぴいも正気を取り戻してきた。
20160730105406.jpg
にゃっきい「な~んだ、とりっぴい。元気じゃん!」
とりっぴい「ありゃ!」
20160730105511.jpg
しまじろう「フフフ・・・。一緒にやろうよ!」
とりっぴい「うん!」
みみりん「皆!もう1回、お家の人達や大きいお友達の皆とやってみましょう!」
そして、リピートした。

この曲が終わると、とりっぴいも漸く元気を取り戻した。

この後、足跡の在り処を探しに、しまじろう以外がステージから降壇してきた。
20160730110016.jpg
みみりん「皆~近くに足跡無~い?」
20160730112145.jpg
にゃっきい「見つけたら、大きな声で教えて~!!」
20160730112228.jpg
とりっぴい「あ、どもども。とりっぴいです。はい、こんにちは。足跡、見ませんでした?」何故か、口調が丁寧になるとりっぴいwww
20160730112328.jpg
と其の時、客席の両脇に足跡が出現した。
「見つけた~!」「あった~!」の声が会場内に響き渡る。

この時、1回目は2階席だったので、お近づきはアウェーだったが、2回目は1階席だったので有利であった。(唯、どちらも通路側じゃなかったが・・・。)
自分の所には、とりっぴいとにゃっきいが来た。勿論、らむりんをアピールしたのは言うまでもない。
だが、1回目も1階席だったら、DVDに映る可能性は高かったかもしれない。(其れこそ、1回目と2回目の席位置が逆だったら(2回目は1階席にも空席が目立っていたが。)と凄く思った。)
20160730112605.jpg
みみりん「え?皆!何々?」
とりっぴい「何処にあるのか教えて~!!」
20160730112750.jpg
にゃっきい「え~!皆、もっと大~きな声で教えて~!!」
20160730112851.jpg
ここでステージで待機中のしまじろうに振られる。
しまじろう「お家の人、大きいお友達の皆も一緒にお願いします!・・・近くのお友達(1階席)も遠いお友達(2階席)も、みみりん達に届くように教えて~!!」

更に、客席のざわつきも大きくなる。
20160730113150.jpg
にゃっきい「あ~!あった~!!」
20160730113249.jpg
とりっぴい「とりっぴいも発見!」
みみりん「こっちも見つけたわ~!!」
漸く、見つかったようである。

と其の時、
ガオガオ「お~い!!皆~!!」
一行「あれ、ガオガオさん!」
しまじろう「ガオガオさん!何処にいるの~?」
20160730113446.jpg
ガオガオは2階席に出現した。
ガオガオ「こっちこっち!上だよ!!
しまじろう「え?ガオガオさん!」
20160730113556.jpg
ガオガオ「いや、すまない・・・。ダイナの足跡を追いかけていたら、遂夢中になってしまって、だけどほら!」
20160730113654.jpg
と、ここで“もう一つの足跡”を見せる。
ガオガオ「ダイナの足跡を見つけたぞ!」

この時は、1回目が2階席の真後ろだったので、凄く分かり易かった。そして、ガオガオに向けて自分はらむりんをアピールした。(らむりんにとってみれば、大分“ご無沙汰”だからな・・・。)
一方の2回目はかなり前のポジションだったが、ガオガオが2階席の手前に出現したのは確認できた。しかし、こちら側からは遠かったため、少し分かりにくかった。こればかりは、2階席のほうが有利と言うことになり、逆転現象が起こった。

だが、去年のしまクリコンでは、しまじろうやはなが2階席に出現したが、自分の居た所は1階席の真後ろで、上に天井があったため、姿を見ることが出来ないという事態が起こったこともあった。(しかも、DVDでは2階席に出現した所を全て収めてくれないので、どのような行動がしていたか分からない、という問題だってある。どうせなら、こういったシーンは2画面にして欲しいというのは言うまでもない。)

愈々、犯人と面会である。
20160730114410.jpg
しまじろうの真後ろに、ダイナが出現した。
未だ一行は気づいていなかったが、客席からは「後ろ!」「後ろ!」の声が響き渡った。
20160730114559.jpg
次第に距離が近くなり、背後にまで接近する。
みみりん「何、あれ?」
客席にいたみみりんが、ダイナを指差した。

しまじろう「何?如何したの?」
にゃっきい「しまじろう!後ろ!!」
みみりん、にゃっきいは犯人の出現を目撃した。
しまじろう「え?何処何処?」
犯人は岩陰に隠れる。
みみりん「後ろ!後ろよ!!」
みみりんからは死角になっていなかった。
しまじろう「こっち?」
20160730114952.jpg
ここで、しまじろうがまるで回転扉に入ったかのようになった。
20160730115101.jpg
当然、互いに死角になるので、互いの姿は確認できない。
犯人は、しまじろうの後を追っていた。客席からも「そっちじゃない!」「後ろ!!」「逆だよ!」という声が強まり、子を焦らしていた。
しまじろう「何にも無いよ!」
とりっぴい「しまじろう!後ろだってば!!」
とりっぴいも目撃した。
しまじろう「え?」
20160730115358.jpg
しまじろうは又、“回転扉”に入ったようだ。
20160730115458.jpg
しかし、途中で引き返し、漸く犯人と対面である。
20160730115526.jpg
他の一行も呆れ果てたのか、客席からステージに戻ってきた。
20160730115613.jpg
にゃっきいが指差したことにより、しまじろうも犯人を目撃できた。

しまじろう「ダイナ!」
にゃっきい「やっと見つけたよ!ダイナ!!宝物を返して!!

犯人が持っている“証拠”を見つけたにゃっきいは遂に怒りが爆発した。
とりっぴい「そうだよ!返して!!」
20160730115822.jpg
にゃっきいは取り返そうと詰め寄り、強引に引っ張った。
ダイナ「辞めて!辞めてよ!!これは、お母さんへの・・・
事情を知らないダイナは当然静止を求める。
だが、ダイナの事情に一切耳を傾けようとしなかった。
20160730120044.jpg
其処にしまじろう・みみりんが仲裁に入る。
しまじろう「一寸、辞めなよ!」
みみりん「駄目よ!」
ダイナ「離してよ~!」

だが、一行に辞める気配がなかった。
しまじろう「駄目だってば~!」
ダイナ「辞めて~!!!!!」
ダイナは心の底から叫んだ。
そして、この一言で、漸く騒動が治まった。
20160730120327.jpg
だが、奪還した次の瞬間である。
20160730120437.jpg
洞窟に地下水が異常出水し、しまじろう以外三人が巻き込まれた。
20160730120549.jpg
しまじろう「僕の手を握って!早く!!」
運よく、巻き込まれなかったしまじろうが助け舟を出した。

だが、勢いを増す地下水に全く歯が立たない。とその時、ダイナが動いた。
20160730120730.jpg
ダイナは出水を止めるため、手身近の岩を引き寄せた。
ダイナ「頑張れ・・・頑張れ!!」
20160730120841.jpg
そして漸く異常出水が治まった。
巻き込まれた三人は、しまじろうに感謝した。

そして、本題に戻る。
20160730121017.jpg
みみりん「ダイナも有り難う!」
ダイナ「えっと、君達は?」
各々が自己紹介した。
20160730182917.jpg
ダイナ「如何してここに?」
にゃっきい「宝物を返して貰いに来たの!」
ダイナ「宝物?」
しまじろう「うん!ダイナ、この島の大切な物なんだ!」
とりっぴい「無くなっちゃうと、お祭りが出来なくて、島の人達が困っちゃうんだ!」
20160730183424.jpg
ダイナは漸く状況を把握し、みみりんは続けた。
みみりん「ダイナ!如何してこれが欲しかったの?
そしてダイナもドロンの理由を自白した。
ダイナ「お母さんにあげたくて・・・。」
みみりん「お母さん?」
ダイナ「うん。今日、お母さんの誕生日なんだ。」
みみりん「そうだったのね・・・。」
ダイナ「御免なさい・・・大事な物だって知らなくって・・・」
20160730184354.jpg
にゃっきい「私も御免ね・・・。何も聞かないで、無理やり取ろうとして・・・。
にゃっきいは自分の行いを詫びた。
とりっぴい「とりっぴいも御免なさい・・・。」
20160730184537.jpg
とここでみみりんから提案が出た。
みみりん「そうだわ!これ、あげられないけど、お母さんに見せてあげましょうよ!
これには一行も大賛成である。

そして、愈々母親の登場である。
先ず辿り着いたのは、行方を眩ましていたガオガオであった。
20160730184813.jpg
ガオガオ「あ!貴方は・・・!若しかして・・・。」
所で、DVDでは映っていなかったが、ステージに辿り着く前から出現したようであった。
20160730184926.jpg
ここでしまじろう達も合流。
ダイナ「お母さん!」
ガオガオ「皆!」
一行「ガオガオさん!」
20160730185023.jpg
ダイナ「お母さん見て!綺麗でしょ!」
20160730185105.jpg
母「ええ・・・本当!」
ダイナ「これ、お母さんの誕プレにしようと思ったんだけど・・・。」
母「まあ!」
20160730185229.jpg
ダイナ「でも、これ、太陽の島の大切な宝物だったんだ!」
母「そうだったの・・・。良いのよ、ダイナ。お母さんは、ダイナの優しい気持ちだけで、十分ですよ!有り難う・・・。」
ダイナ「お母さん・・・。」
しまじろう「良かったね!ダイナ!」
ダイナ「うん!」
20160730185426.jpg
みみりん「でも・・・プレゼント・・・無くなっちゃったわね・・・。
しまじろう「うん・・・。」
と、新たな問題に直面である。
だが、しまじろうがあることを思いつく。
20160730185541.jpg
しまじろう「そうだ!皆、えっとね・・・。」
と、他の一行にアイデアを囁いた。

にゃっきい「其れいい!」
そして、其のアイデアを打ち明ける。
しまじろう「ダイナのお母さん!宝物の代わりに、僕達から歌をプレゼントします!
母「まあ!」
ダイナ「Happy Birthday! お母さん!!」
20160730185814.jpg
そして、この曲である。
所で、この日やこの前後に誕生日立った親子からすれば、「○○ちゃんとダイナのお母さんは、誕生日が同じだね!」や「ダイナのお母さんは誕生日がお母さん(お父さん)と同じだよ!」等と共感出来たのではないだろうか?因みに、自分は1回目の時は過ぎたばかりだった。
この公演は、9月まで行われるので、ご参考までに・・・。
img002+(2)_convert_20160701202857.jpg
因みに、母親の絵本での描写はこんな感じ。

そしてこの後は、ダイナもカーニバルに誘われた。どうせなら、母親同伴でも良かったと思うが、あれは着ぐるみじゃないから動けんし・・・。そして、秘法について司会に詫び、無事にカーニバルが行われたのであった。

では最後に、アンコールショーである。
20160730190630.jpg
これの始まりの場面の1回目はこの通りだったが、2回目の時は全員が一列に並び、コンガを叩いていた。
とすると、毎回この演出は異なるのだろうか?
20160730190826.jpg
アンコールショーでは先ずは「トモダチのわお!」であった。

そして次が最後の曲である。
司会「さあ皆!次が愈々、最後の曲よ!」
しまじろう「よ~し!皆行くよ!」
20160730191012.jpg
一行「ハッピージャムジャム!!!」
20160730191046.jpg
そして、この曲のイントロが終わると・・・
20160730191115.jpg
ステージ脇からバズーカ発砲である。
所で、このお約束のバズーカだが、去年のしまコン・クリコンと今年の前作のしまコンや1回目の時は、良く分からなかったが、2回目の時は、この曲が始まると同時に、ステージの両脇から発射口が顔を覗かせ、其処から発砲していた。
そして、一定時間が経過すると発射口は引っ込んだ。よって、袖から大道具辺りが手動で操作していたのであろう。
因みに、2回目の時は飛び散った欠片が天井の照明に引っ掛かっている様子等もバッチリ確認できた。
所で、このバズーカは恐らく最前列には諸に降りかかったことだろう。
20160730191603.jpg
そして、これの途中でキャスト紹介である。
「ダイナ、ガオガオさん、にゃっきい、らむりん、とりっぴい、みみりん!!」
しまじろう「司会!!」
「そして、しまじろう!!
キャスト紹介が終わると、再び曲に戻る。

曲が終わると、各々が最後の言葉を述べた。
みみりん「お友達皆~!」
とりっぴい「又会って、楽しく遊べるように!」
にゃっきい「最後は、「まったね~!」でお別れだよ!」
20160730192109.jpg
しまじろう「元気に行くよ!皆で一緒に!せ~の!!」

20160730192150.jpg

「まったね~!!」

そして、幕の閉じかけの際、しまじろうはお約束の通り、
20160730192245.jpg
ステージ上で寝そべった。
20160730192316.jpg
各々も釣られるようにしゃがんだり寝そべったりし、この話の幕を閉じた。

そして、幕が完全に閉じると、しまじろうのシルエットが幕に映し出された。(この模様はDVD未収録)

こうして、今年のしまコンは終わった。


今年は去年と違い、2回見て、其処にDVDだったので、計3回見たことになった。

さて、これで先日のSPCに引き続き、しまコンの全課程も終わりである。
計画を立て、先行発売で初回のチケットに応募し、見事に当選し、一般では2回目を取り、1回目の当日を迎え、グッズと同時にDVDを予約し、実際に見て、2回目の当日を向かえ、ガオガオが到来し、又見て、DVDが到着し、視聴し、このことをブログで記した。

と言うことで今年も有り難う御座いました!

lfdti_convert_20160227191328.png
はな「はなたん、ことちも出たかった~!!太陽のちま行きたかった~!!ダイナたんに会いたい!!はなたん、未だパボたんとムーシーたんしか会ってない!!」兄貴に頭下げろ。


其れでは、ここからは今週のしまじろうについてである。(BS11の方は、8月8日になる。)


今週は冒頭、スタードームで上映されている「しまじろうとたんじょうのおほしさま」や「しまじろうとおつきさまのひみつ」やしまじろうのわお!第14話「ガオガオさんの うちゅうぐつ」を髣髴とさせる天体観測の場面から始まった。
見ていたのは土星であった。そして、其の後“未知との遭遇”が起こったのである。

所で、今回の未知との遭遇の展開を見て思い出したのは、しましまとらのしまじろう第6話A「不思議な光る手紙」であった。(大分古いけど・・・。)

この時は、縞野家の片隅に今回同様、蛍のような物が現れた。其処でしまじろうが確認すると、まるで電球のような容姿の宇宙人であった、と言う展開であった。(更にこの宇宙人は、日中は常に、透明人間になると言う能力を持っていた。)

しかも今回、其の宇宙人が迷い込んだ状況があまりにもあの時の話と似ていたのである。(唯、燃料切れで不時着したと言う所までは無かった。

だが、今回、其の宇宙人を捕らえたのははなだった。(後に、ゲージに入れて保護してたりもしていた。)
しかもはなは、何時もなら兄のしまじろうにも其のことを打ち明けていたが、今回はしまじろうには最後まで打ち明けることは無く、「この時期としては珍しい蛍が出現した」と言う感じで終わった。(しかも、サブタイにも蛍が関係ないのに「ホタル」とあったし・・・。)しかし、カプセルから出た瞬間、はなは彼を捕らえたが、はなに「良くそんな簡単に捕らえられたな~」と突っ込んでやりたいのは自分だけだろうか?

何時ものはななら「お兄たん、蛍たん!」と言って、そいつの所に呼び込み、繁々と眺めているのがお約束だったが、今回は無かったのもレアだと感じた。

結局今回は、宇宙人の存在を知ったのははなと、UFOを修理したガオガオのみだった。(ガオガオ自身も最初は玩具の修理だと思っていたが、「玩具じゃない!」と気付いた。そして、彼らの出現で漸く状況を把握した。てか、良く適切な部品があったもんだな

所で、今回はその宇宙人を見て「あれ?誰かに似ていないか?」と感じた。

其れは、第136話「どんぐりむらの むらおこし」で登場していた団栗である。
では、比較してみよう。
uhv_convert_20160730200818.png
今回
td_convert_20160730200741.png
前回

確かに、容姿を見れば似ている気もしてくる。
だが、当然同一人物でないのは言うまでも無い。

そして今回、何ともんたが登場した!(どうせなら彼は天文学に興味があるって設定だから、冒頭で出した方がよかった希ガス・・・。)

しかも、もんたは今月1度出ているので、精勤賞になる。
ちゃれんじ園の面子の場合は、ぞうたや、今は無きぶうた、まるりん、しか子辺りあの豹さんも・・・は、精勤になったことがあったが、もんたが精勤になったのは初ではないだろうか?
ajgjhgf_convert_20151107204042.png
もんた「いや~この僕が精勤賞なんて吃驚ですよ!何時もはぞうたやまるりん、しか子先生が達成している物ですから、今回のこの快挙は僕にとっては嬉しいですね!」

これから、製作に頼みたいのは、こんな感じでちゃれんじ園の他の面子にも精勤以上を取らせて欲しいと思う。(其れこそ、各キャラの魅力を引き出せるのではないだろうか?)

で後は、服装に関してで、今回はとりごろうである。

とりごろうは、4月以来3ヶ月ぶりの登場だったが、彼の場合はヘソカ以前、略出番は皆無に等しかった。そのため、夏服の描写ともなると、参考が無いので、新たに設定資料等を作らなくてはならないが、アイデアとしては、普段着ている茶色のジャケットを脱いだり、とりっぴいのように白っぽい服に変えてみては如何だろうか?

後は、前回指摘したが、もんたの服装も改善して頂きたい。

さて、アニメに関してはこれ位である。

後、実写パートでは「しまじろうがいく!」に於いて、「サトウ」と言う人物の他「イトウ」と言う人物が新たに登場していた。(因みに、高所恐怖なのは「サトウ」も「イトウ」も同じであった。)
そして彼の場合、どうやらフランス語で喋る癖があるらしい。

あれ?フランスと言えば・・・?

イトウという人物は若しかして、らむりんの親戚・・・?

そして、今回の歌パートは、前々回と同じになっていた。恐らく、先週はこはく出演回で、其のテーマにあったものを抜粋したのだから、やはり今週のやり方に異議はないだろう。
で其の中で、今回のしまコンのリポートでも触れたが、「せかいはパラダイス」が久々に歌われたことが何よりも良かった気がした。

所で、「はてなんだくん」は今週も無かった。
其れこそ、教材のエデュトイの彼なのに、何故最近出さないのだろうか?

そんな今回の話だったが、次回はにゃっきいに纏わる話である。

ワーキングマザーを抱えるにゃっきいは、中々夏休みを満喫できないことに悩むと言う、去年の自由工作に続いての悩み事の話である。
所で、桃山家は今年1月ににいすけが1回登場している程度で、ねねは去年5月、よりこは去年8月を最後に登場していない。
其れこそ1年ぶりの出番になるのだろうか?

更に、次回はかんたの誕生日の2日前なので、かんたにも登場して貰って、どうか誕生日の表現を出して欲しいと思う。

と言う訳で、次回は視れるかは分からないが、視れれば視たいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント