今年二回目のしまコンへ!! ~しまじろうクリスマスコンサートリポート~ 感想編

今回の更新が、今年最後となる。
と言う訳で、未だ“やり残している”しまクリコンの感想を、DVDの映像と共に記すことにする。
(DVDは、TV画面直撮りなので、一部お見苦しい所があります。ご了承下さい。)

其れでは、早速記していこう。
20151226170107.jpg
先ずは、どのキャラクター所でもお馴染み、司会のお姉さんの挨拶から始まる。
20151226170152.jpg
司会「皆さ~ん!こ~んに~ちは~!!」
子ども「こ~んに~ちは!!」

まあ、ここまではよく有る展開。司会は続ける。

司会「さあ、これから皆の大好きなお友達がやってくるよ~!さあ、誰かな?お姉さんに教えてね~!!」

会場内では、あちらこちらから「しまじろう!」「しまじろう!」と言う声が聞こえてくる。「らむりん!」・・・失礼しました。・・・と、ボケてみたりするw
司会「さあ、誰かな?皆で言ってみよう。せ~の!」

「しまじろう!!!!!」
司会「二階席の子も元気良く!」

「しまじろう!!!!!」
司会「そうだね。しまじろうだね!じゃあ、皆で大きな声で呼んでみよう!!大きな声で呼べるよ~ってお友達は~?」
子「は~い!」
司会「もっと大きな声で!!」
子「は~い!!」

司会「それじゃあ皆、さっきみたいな大きな声でお願いね!せ~の!!」

「しまじろ~う!!!!!」
20151226170347.jpg
一同「は~い!!」

各々、舞台の袖から登場する。

しまじろう「会場の皆!」
一同「メリークリスマス!!!」
20151226170417.jpg
この掛け声と同時に、しまじろうのクリソン(クリスマスソング)としては、お馴染みの「ハッピー・ラッキー・クリスマス」が掛かる。

そして、イントロが終わった所で、一旦曲が中断する。
20151226170456.jpg
しまじろう「会場の皆~!!」
20151226170545.jpg
一同「こ~んに~ちは~!!!」
と、改めて挨拶をした。
そして、メインキャラが一言ずつ、感想的なことを述べる。

みみりん「元気なお友達がいっぱ~い!」
とりっぴい「皆!最高だね!!」
にゃっきい「盛り上がって行くよ!!」

そして、再びしまじろう。
20151226170558.jpg
しまじろう「今日は僕の妹のはなちゃんも遊びに来ているんだよ!」
20151226170615.jpg
司会「それじゃあ、皆ではなちゃんを呼ぶよ!せ~の!!」

「はなちゃ~ん!!!!!」「はな~!!」自分的にw
20151226170628.jpg
メインキャラに遅れて、はなも登場した。はなが遅れて登場するのは、初登場作品の「ロボットのくに」でもそうだった。この時はしまじろうが単独で呼んでいたが、しまクリコンでは、客席に振っている所が相違点である。
20151226170638.jpg
はな「は~い!!!こんちは~!!!!!(最近のアニメ風に)」

司会「これで皆揃ったわね!」
しまじろう「うん!・・・会場の皆、「ハッピー・ラッキー・クリスマス」だよ。皆元気に歌おう!!」

そして、中断していた「ハッピー・ラッキー・クリスマス」が再開する。
20151226170711.jpg
そして、この曲の終盤の特徴である「欲しい人、手を上げて~!」の所に来ると、
20151226170814.jpg
略、真後ろから見ていた自分は、殆んどの子が挙手をしているのが分かった。

さて、ここから本格的にストーリーが始まった訳だが、自分は見ていて、特に前半が全体的に印象に残ったので、ここでは前半部を主に記すこととした。

其れでは、記していこう。
20151226170911.jpg
しまじろう「はなちゃん!もう直ぐ、クリスマスだね!」
早速、はなは疑問を浮かべる。
はな「クリスマス?」
これに答えたのは中の人(高橋美紀)繋がりのみみりんである。
20151226171116.jpg
みみりん「そう!皆で、歌ったり踊ったり・・・」

其処に、とりっぴいが続けた。
20151226171123.jpg
とりっぴい「美味しいご馳走を一杯食べたり・・・」お前の場合は、蛸焼きかw?

すると、にゃっきいが少し呆れ交じりで答えた。
20151226171136.jpg
にゃっきい「もう、とりっぴいったら食いしん坊だな!」
とりっぴい「コホン!(食いしん坊で悪いか?にゃっきい!)」

とまあ、こんな感じでやり取りが続いた。
そして、司会の「クリスマスツリーを飾る」という話になり、次の曲が掛かる。
20151226171158.jpg
「もうすぐクリスマス」である。

そして、この曲の途中で・・・
20151226171231.jpg
バックダンサーが上記のパネルを持って登場し、其れを途中でしまじろう達に授けていた。
20151226171245.jpg
そして、曲の途中ではなが一言。
20151226171306.jpg
はな「クリスマス、楽ち~!!」
ここからは一旦、キャラのソロパートになった。
20151226171349.jpg
先ずは、にゃっきいから。
20151226171413.jpg
続いてみみりん。
20151226171426.jpg
そして、とりっぴいと続き・・・、
20151226171435.jpg
ソロの締めは、しまじろうとなった。
そして、ここでバックダンサーがもう一組同じ絵柄のパネルを持ってくる。
20151226171512.jpg
其の中の、一人のバックダンサーが、今まで何も持っていなかったはなにパネルを授ける。
20151226171535.jpg
そして、曲が終わり掛けると・・・、
20151226171544.jpg
持っているパネルを裏返しにしながら一点に集中し始め・・・、
20151226171557.jpg
パズルを完成させる。そして、はなは・・・、
20151226171611.jpg
顔を隠した状態(別な言い方をすれば、“幹”の部)になり、パズルが出来上がる。

自分としては、何か顔出しNGの人みたいに見えたw

そして、曲が終わると、一同はざわざわし始めた。

・・・と、其処にやってきたのは、
20151226171645.jpg
このストーリーのオリキャラであった。
20151226171654.jpg
グランプ「オッホン!」
1ju7.jpg
Pざえもん「わしを呼んだかのう?」(お前じゃないってwww)

司会「グランプさん!」
ここで、このしまクリコンのオリキャラ、「グランプ(CV:塩屋浩三)」の登場である。自分は、物凄く真後ろの席で見ていたので、実際に見た時は顔の判別が出来ない程だった。そのため、DVDを視て、初めて彼の顔を知ったのであった。
img005_convert_20151229114120.jpg
因みに、絵本での描写はこんな感じである。

さて、話を戻して・・・、
グランプ「全く、酷い雪じゃ。・・・其れにしても今日は、やたらと子どもが多いのう・・・。」
20151226171732.jpg
そんなことを呟きながら歩を進めていると・・・
20151226171744.jpg
はなが何故か、ストーk・・・ではなく、後を追い始めた。

グランプ「ん?」
一旦、はなに気付いたが、特に気にせず又歩き始めた。
20151226171752.jpg
だが、はなも同じ様に後を追った。
当然、気配を感じたグランプは振り返る。
20151226173847.jpg
グランプ「何じゃ?」
はな「おじいたん!遊ぼ!!」
a1df5vh_convert_20151230000543.jpg
S吉「はなちゃん、お祖父ちゃんのことを呼んだかい?」(だから、お前じゃないって!)

グランプ「遊ぶ??そんな、遊んでばかりいないで、帰って家の手伝いでもしなさい。」
はな「?」

其の一言を言うと、その場を立ち去った。
20151226173930.jpg
だが、他も気付いていたようで、早速疑問を投げかける。

とりっぴい「今の誰?」
司会「グランプさんよ!森の奥に住んでいるのよ。」
にゃっきい「グランプさん?」
司会「昔は世界中を旅して回っていて、屋敷には珍しいものがあるの。・・・其れにね、グランプさんのお屋敷には、こんな不思議な話があるの!」

にゃっきいが、早速興味を示す。
にゃっきい「え?不思議な話?」
20151226174016.jpg
そして、司会の口から、「七色に光るクリスマスツリー」の話がなされる。
20151226174050.jpg
其の話を聞いた一行は、興味満々であった。
20151226174119.jpg
しまじろう「七色のクリスマスツリーか・・・見て見たいな~!」
20151226174133.jpg
みみりん「みみりんも見た~い!」
とりっぴい「とりっぴいも!」
20151226174144.jpg
にゃっきい「うん!見たい、見たい!!」

ここで、しまじろうが客席に振る。
20151226174204.jpg
しまじろう「皆も見て見たいよね!見たいよってお友達は~?は~い!!」
実際に見た時も、あちらこちらから挙手している子の姿が覗えた。

と言う訳で、早速見に行くことになった。(ここで、「ジングルベル」が掛かる。そして、例のアイテムである「きらきらカード」を振る指示も出た。)
この曲が終わると同時に、早速グランプの屋敷へと向かった。

・・・さて、所変わってグランプはと言うと・・・、
20151226174240.jpg
グランプ「帰ったぞ!」
番人的な奴「お帰りなさい!グランプさん!」
グランプ「わしの留守中、誰も入れんかったかね?」
番人「勿論ですとも!誰か来たら、噛み付いてやりますから!ガオガオガオ~!!」
tj_convert_20151230002555.png
G「私に何か用かね?」(だから、お前じゃない!あ、其れより今回はお前出れなくて残念だったなw

・・・話を戻して、

グランプ「ああ、しっかりな!それじゃあ、開けゴマ!」
番人「はい、ガオガオガオ~!!」

こうして、グランプは屋敷へと消えた。
20151226175131.jpg
・・・と、其処へしまじろう達が到着した。

みみりん「うわ~!大きな門!」
しまじろう「ここかな?グランプさんの屋敷って・・・。」
と、其処にとりっぴい。
20151226175200.jpg
とりっぴい「取り合えず、聞いてみようよ」
20151226175209.jpg
とりっぴい「あの~!すみませ~ん!!!」お前、何であの“シーサー”的なものに気付いていたんだ?

すると、
20151226175225.jpg
番人「ガオガオガオ~!!!」
思わず屈む一同。
20151226175233.jpg
番人「俺達、門番のラッキー様だ!!」
20151226175241.jpg
番人「同じく、ロッキー様だ!!」ロッキー?ああ、カービィシリーズでストーンがコピれて・・・ry(無駄話)
「グランプさんの屋敷には、一歩も入れないぞ!!」(その円らな瞳だと、そんな意地悪な感じに見えない・・・。)
一同「え~!!」

さて、この時もこの2体の門番を始めて見た訳である。かなり真後ろだと、微かに動いている程度にしか見えなかったが、瞳が円らだったことに驚きだった。
因みに、このコンサートの終演後、偶々寄った会場からの最寄りのコンビニで、何処かの親子連れが「あれ?門番の名前って、ロッキーとラッキーだったよね?」的な会話をしていたのが耳に入った。
20151226175307.jpg
しまじろう「あのー、僕達、七色のクリスマスツリーを見せて貰いに来たんです。」こう言う時は礼儀正しいんだなw

すると、はなが
20151226175323.jpg
はな「ラッキーたん、ロッキーたん、い~れ~て~♥」
と、まるで彼氏に強請る彼女の如く、交渉をした。だが、
番人「駄目駄目駄目!だ~め!!」

其の言葉に、はなはショックを受ける。
20151226175340.jpg
はな「う・・・ううううう・・・(泣)。」
20151226175355.jpg
番人は言いすぎたことを反省し、こっそりと話し合う。
20151226175414.jpg
番人「其れじゃあ、俺達と対戦して、勝ったら入れてやろうか!」
其れに沸く一同。
と言う訳で、雄叫びで対決をすることに・・・
20151226175521.jpg
早速、とりっぴいが挑む。
だが、当然適わない。すると、
20151226175600.jpg
しまじろう「皆で力を合わせれば大丈夫だよ!」
番人「何人来たってヘッチャラさ~!!」
すると、又客席に振る。
20151226175615.jpg
しまじろう「会場の皆も一緒にお願い!皆で一緒に「ガオ~!」だよ!!せ~の!!!」

「ガオ~!!!」
当然、倍返しである。
「ガオ~!!!!」

しまじろう「まだまだ!行くよ~!!せ~の!!」

「ガオ~!!!!」
番人「こっちだって!」
「ガオ~!!!!!」

他のキャラも助け船を求める。
20151226175657.jpg
にゃっきい「会場の皆!もう1回行くよ!せ~の!!」

「ガオ~!!!!!」

すると、番人は少し痺れ始めてきたようだった。だが、
番人「ムムム・・・負けるもんか!!」

「ガオ~!!!!!!」

今度はみみりんが振る。
20151226175727.jpg
みみりん「お家の人達と大きいお友達の皆も一緒に!もっと大きな声で!せ~の!!」

「ガオ~!!!!!!」

そして遂に、相手は降参した。DVDだと、あんまし臨場感が無いが、実際に会場で聞いてみると、本当に爆音そのものだった。其の音で泣く子も目立っていた。特に「ガオー!」と叫ぶシーンは、まさに会場内に大声が響き渡っていた。
20151226175756.jpg
漸く、事が終わったかと思いきや・・・、

番人「頼む!もう一度対決させてくれ!!」
と、負け惜しみを言う。
20151226175815.jpg
にゃっきい「ズルいよ~!そんなの!」
20151226175833.jpg
みみりん「勝ったら、入れてくれるって言ったじゃない!」

この時、らむりんを連れて来いと物凄く思った。だって、彼女だったら間違いなく説教してくれるし・・・
そう、らむりんなら間違いなく「あんた達、いい加減にしなさい!!勝ったら入れてくれるって言ったのに、何で負け惜しみを言って入れてくれないの?!」となり、間違いなく怯んでくれたと思うからである。

しかし、負け惜しみの意見をしまじろうは聞いてくれた。
しまじろう「其れじゃあ、今度は何で対戦するか僕達で決めていい?」
番人「ああ!何が来たって、絶対負けないんだから!」
しまじろう「良し!それじゃあ、リズム対決だ!」

そして、始まったのが「幸せなら手を叩こう」である。
20151226175919.jpg
この時、着ぐるみがステージを下りてきた。これはお近づきになるチャンスだ!と思った。
20151226175942.jpg
このルールを説明すると、最初は「幸せなら手を叩こう」のフレーズの後は、典型的に2回手を叩く物であった。
20151226180010.jpg
しかし、回を重ねる毎に、「パン、パン、パ、パ、パン、パン、パ、パ、パン♪」と言った具合に、カオスになってくるのであった。
20151226180046.jpg
当然、敵は終盤は追い詰められていた。
20151226180117.jpg
さて、この時ステージから降りてきた着ぐるみであった。自分が居た真後ろには来たかと言うと・・・、
20151226180134.jpg
結果、来てくれませんでした・・・orz(にゃっきい、お前の尻尾をもう一度触りたかったよ・・・。)

さて、こうして勝利を収めたしまじろう達であった。
20151226180208.jpg
門番「しょうがない!開けてやるよ!約束だからな!ガオガオガオ~!!」
因みに、後半で心配した司会が訪ねてきた時はどうやって入ったんだろう?
tj_convert_20151230002555.png
G「さっきから私のことを呼んで・・・何の用だ!」しまじろう「すみません。Gさん・・・。」

そして、屋敷の中に足を踏み入れたしまじろう達であった。
20151226180248.jpg
一同「うわ~!!」

あまりの広さに驚愕した。
さて、ここからは探索が始まった。先ずはしまじろう。
20151226180330.jpg
とある一室に入った時・・・
20151226180340.jpg
外に居たはなが立ち去ってしまう。
20151226180354.jpg
しまじろう「あれ?はなちゃん!?・・・大変だ!はなちゃんが迷子になっちゃった!お~い!みみりん!とりっぴい!にゃっきい!らむりん!皆!何処なの~?」

しまじろうは、居ても立っても居られなくなり、探しに向かった。会場内は静寂に包まれる。(泣く子の声位は聞こえたが・・・。)
次にやってきたのはとりっぴいだった。(ここから暫らくは、とりっぴいのワンマンショーになる。)
20151226180416.jpg
とりっぴい「お~い!皆!・・・もう、何処に行ったの!とりっぴいを一人にしないでよ!」

すると、とりっぴいが寒気を覚えた。
20151226180434.jpg
背景が、幽霊屋敷を髣髴とさせる状況になってきた。
とりっぴい「と、とりっぴい・・・ひ、一人でも・・・全然、怖くないんだからね!(恐怖)」

ここで「おばけなんてないさ」が始まる。歌い出しが終わると・・・、
20151226180502.jpg
背景カーテンオープン。
20151226180532.jpg
とりっぴいは気配を感じた。あれ?この屋敷って曰く付きの屋敷の設定?
とりっぴい「な、何か動いたような・・・。き、気のせいだよね。」
20151226180519.jpg
だが、最終的には・・・、
20151226180604.jpg
“背景”役のバックダンサーを交え、
20151226180704.jpg
「おばけなんてないさ」を歌った。
20151226180738.jpg
歌が終わると、一気に我に返ったとりっぴいであった。
とりっぴい「お~い!皆~!!一体、何だったの・・・。」

すると、

みみにゃき「とりっぴい!!」
20151226180801.jpg
みみにゃきの声がし、とりっぴいが振り返る。
みみにゃきが居た所・・・其処は勿論・・・、
20151226180812.jpg

20151226180823.jpg
はい、客席です!!(又もお近づきになれず・・・。真後ろの扉から入ってきて欲しかった・・・。)

だが、しまじろうのみ未だ見つからなかった。さて、何処に居たかと言うと・・・、
20151226180912.jpg
こちらは2階席です!!

この時思ったのは、2階席でチケットを取るべきだったかなと物凄く思った。だが、2階席は予測していなかったことなのでいた仕方なかった。
因みに、1階席の真後ろで、天井の上にしまじろうが居たので、しまじろうの姿も当然確認出来なかった。恐らく、2階席が見えていない1階席の客は間違いなく涙目だったことだろう・・・。(せめて、1階席の後ろにして下さい!あ、そしたら2階席の客が・・・。
20151226181044.jpg
一歩間違えれば、あの某DのショーのGみたいになりそう・・・。
20151226181118.jpg
さて、しまじろう以外の3人はステージに戻ってきた。

すると、にゃっきいが・・・
20151226181137.jpg
にゃっきい「お~い!しまじろう!!ここだよ!!」
20151226182016.jpg
にゃっきい「そうだ!皆もしまじろうを呼ぼうよ!せ~の!」

「しまじろう~!!」
20151226182042.jpg
とりっぴい「もう一回!せ~の!」

「しまじろう~!!」
20151226182055.jpg
みみりん「もっと大きな声で!せ~の!」

「しまじろう~!!」

らむりん「もっとも・・・ry」
しまじろう「皆~!」
20151226182116.jpg
と、後ろの扉が開き・・・、
20151226182124.jpg
一同「しまじろう!」
しまじろう「大きな声で呼んでくれて有り難う!あ、らむりんも・・・ry
20151226182149.jpg
これで、4人が出揃った。
しまじろう「心配かけて、御免ね!・・・ねえ、はなちゃんは?」
20151226182216.jpg
とりっぴい「え?そう言えば・・・見てない!!」
20151226182231.jpg
にゃっきい「私達も・・・見てない!!」
しまじろう「え~!!大変だ~!!」

すると、背後から・・・、
20151226182249.jpg
はな「ジングルベル♪ジングルベル♪鈴が鳴る~♪」
20151226182309.jpg
しまじろう「あああ!!はなちゃん!どうしよ~!!はなちゃんが迷子になっちゃった!!」
20151226182331.jpg
しかし、慌てふためくしまじろう達を尻目にはなは、
はな「ジングルベル♪ジングルベル♪」
と、真後ろを通り過ぎて行った。この時、自分の身の回りの子達は「居た!」「居た!」と、声を上げていた。

そして、
20151226182344.jpg
しまじろう達が、奥の扉に入ると同時に幕が閉まり始め、
20151226182354.jpg
ドタバタ的な展開で、このショーの前半が終わった。

さて、ここまでが前半であるが、お近づきになれるチャンスが2度もあったというのに、真後ろと言うこともあり近づけなかったのが残念だった。しかも、2階席に行くというのが一番の計算外であった。其れが分かっていれば、2階席で取っていたのにと思うと、一寸後悔している。(本当はもっと前が良かったが・・・。)

其れでは、ここからは後半を大雑把に紹介していく。
20151226182439.jpg
後半は、はなとグランプの語らいから幕を開けた。(ある意味では、はなのワンマンショーである。)

はな「おじいたん、遊んで!」
グランプ「遊ぶといっても・・・。」
はな「糸巻き!!」
グランプ「糸巻きって・・・?」
はな「お歌!」
グランプ「若しかして、い~と~まきまき、い~と~まきまき、ひ~て、ひ~て、トントントン♪って奴か?」
はな「其れ其れ!」

其処で掛かったのはこの曲である。
20151226182505.jpg
因みに、この曲は自分が子どもの頃、こちゃれのCMでも流れていたのを覚えている。

そして、この後は・・・
20151226182616.jpg
ヘソカ時代から歌われている「それがサンタクロースのおねがい」が掛かった。だが、この曲を聞くと、ふとらむりんを思い出してしまう。勿論、彼女もこの曲を知っている。
彼女がこの曲を知っているということもあり、「らむりん、一度で良いから帰ってきてよ~!」と思ってしまい、寂しくなるのである。(所でらむりん、最近音沙汰が無いけど、元気かい?今年もしまじろう達は活躍してくれたよ!お前はどうだった?・・・とこの曲を聴きながら思った。)
20151226182653.jpg
そして、最後にサンタも登場し、「おめでとうクリスマス(We wish a merry christmas)」が掛かり、無事に七色のクリスマスツリーが輝き、この話は終わった。
しかし、「おめでとうクリスマス」は「We wish a merry christmas」のイメージが強いため、どうしてもそっちで歌ってしまいがちである。
更に、サンタの登場は、ほんの僅かで、直ぐにスッと姿を消した。その際、「あれ?サンタさんは?」と、他のキャラもソワソワする場面があった。
姿を消した際、司会はこう言った。
司会「サンタさんは、皆の元にプレゼントを届けてくれるのよ。しまじろうにも、みみりんにも、とりっぴいにも、にゃっきいにも、らむりんにも、後は、会場のお友達にも、そして、お父さん・お母さんにも、大人が(ry更に、大きいお友達の皆さんにも・・・。」
その後、背景で登場し、皆で「いってらっしゃ~い!!」と言うと、このストーリーの後半の幕が下りた。

だが、ショーはこれで終わりではない。そう、クリスマスショーがある。
20151226182726.jpg
早速、衣装チェンジして登場した。
20151226182759.jpg
早速、お馴染みのクリソンを披露していった。
20151226182815.jpg
所で、DVD(中野ZEROの公演)では未収録だったが、この時だったと思うが、しまじろうが一旦引っ込み、又衣装チェンジして登場する場面があった。

しまじろうは、物凄く煌びやかな衣装で登場した。そして、こんな一言を言っていた。
しまじろう「どう?似合う?」

唯、DVDに収録されていなかったので、どの辺であったかというのは既におぼろげになっている。
20151226182956.jpg
当然、DVDではしまじろうは終始この格好のままであった。
20151226182845.jpg
クリスマスショーでは、はなが2階席に登場していた。(又しても涙目である・・・。)
20151226183014.jpg
「トモダチのわお!」は、2曲目で歌われていた。

そんなこんなで、ショーも遂に終わりが近づいてきた。

しまじろう「最後はやっぱりこの曲!」
一同「ハッピージャムジャム!!!」

そして、以前と同様イントロが終わると・・・
20151226183042.jpg
ステージ脇のバズーカが炸裂した。

そして、この曲が終わると、キャストの紹介をした。(「今日、活躍したのは、にゃっきい!みみりん!とりっぴい!らむりん!、はなちゃん!、そして、グランプさん!お姉さん!(司会)そして、しまじろう!!」と言った具合で、呼ばれたら、各々一言述べていた。)

こうして、しまクリコンは幕を閉じた。
勿論、お約束の・・・
20151226183308.jpg
幕の閉まりかけの際、しまじろう達が寝そべるシーンもあった。(因みに、「ロボットのくに」の方は、アップで写っていなかった。)
20151226183315.jpg
幕が閉じると、幕にはしまじろうと「Merry Christmas!」のシルエットが出ていた。(当然DVD未収録。)


さて、今年は2回目のしまコンで、今回はしまクリコンであったが、一番労いたいのは、みみりんとはなを演じる高橋美紀である。と言うのも、はなは今年の「ロボットのくに」でデビューをし、再び登場したのだからメインであるみみりんとの掛け持ちが一番大変なんじゃないかな?と思ったりする。(はなが歌っているのを聴くとみみりんと間違えたこともあったりしたがw)
更に、はなも今年は映画でメイン級の扱いになれたりもして、何かと大活躍できた一年だったのでは?と思ったりもする。そして、来年3月に東京で行われるしまじろうSPCにも登場予定である。取りあえず、はなに一言贈ってやろう。

「はな、今年は映画とコンサートで大活躍だったね。本当にお疲れさん!」

そして、みみりん&はなを演じる高橋美紀にもエールを贈ってあげたい。本当に、二役お疲れさん!

更に、会場のベイシア文化ホールの関係者の皆様、そしてしまクリコンの関係者の皆様にはこの場をお借りしてお礼を申したい。

本当に、有り難う御座いました!群馬の公演を見た方へ、会場でらむりんの指人形を指に嵌めていて、白い星のシールを貼ったしまじろうのナイロン袋を掲げた姿を見たということであれば、それが自分であるw

そして、今年は新たにはなが登場したことから、今後是非登場して欲しいキャラについても記したい。しまコンを見ていくと、どうやら教材にも出ているキャラが登場する傾向がある。(服装はアニメ仕様だが)・・・となると、アニメオリキャラとなると厳しいかも知れないが、其れでも是非登場して欲しいキャラが居る。其れでは、以下に記す。
・しまたろう
・さくら
・しま吉
・すみれ
・ぽん太郎(オリキャラだと思われる)
・ちゃれんじ園の仲間
・リチャード(オリキャラ率高し)
・とりぴ(とと・りり・ぴぴ)
・にいすけ
まあ、こんな所である。一昨年、とりごろうが登場した位なんだから、やろうと思えば、実現できるんじゃないか?と思うことがある。・・・と言う訳で、お願い致します!

さて、最後に、これを以って年内最後の更新となる。
今年も当ブログを御覧頂きまして、誠に有り難う御座いました。来年も、宜しくお願い致します。
年明け最初の更新は、TXNで年明け最初のしまじろうの放送がある1月9日を予定している。次回は、「ちゃれんじ園 オフ2」の続きをうpする予定である。(変更になる可能性があることをご了承下さい。)

其れでは皆さん、良いお年を!!

SLK55AMG

あ、らむりんが何か言いたそうなので、最後に彼女から・・・。
ydj_convert_20151230225610.png
らむりん「一寸待った~!!私のこと、もう知っている子が居ないって本当なの?!何で、私が引っ越して、アニメがリニューアルして以来、出演が無くなるのよ!!」
6truj_convert_20151230225911.png
らむりん「もう・・・私は要らない子なの?このまま、あの某ピンク猫に推されて・・・忘れ去られて行っちゃうの?」
e5jd_convert_20151230225847.png
らむりん「もう、出演させてくれないベ〇ッセなんか知らない!!」

・・・と言う訳で、さすがに一度降板した身なので完全復活とは行かないが、一度だけのアニメでの復活を祈りましょう!!

其れでは、改めまして良いお年わお!しまじろうのわお!的な意味でw
スポンサーサイト

2015年下半期のしまじろうを振り返る。

今日の放送を以って、2015年のしまじろうが終わった。(TXNの場合)
其処で今回は、今年7月~12月までの下半期のしまじろうを振り返りたい。記すのは、上半期の時同様、話毎の登場人物がメインとなるが、それとその他、備考があればしていきたいと思う。(但し、再放送はカット。)

其れでは、見ていくこととしよう。
(※尚、この記事を書いた時点では、お住まいの地域によっては未だ放送されていない話(特にTXN11月分(場所によっては10月分も未放映の地域あり。))があります。(BS11では、12月29日に第191話を放送予定。)其れらの地域にお住まいの方はネタバレ要素を含んでいることを御了承下さい。(因みに、これを書いている時点では、未だTXNのみしか終了していない。)

7月4日 第168話 「おかあさんは チャレンジャー」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、まるりん、まるた、ささこ
・季節感・・・あり(七夕、まるりんの誕生日)
・備考・・・この放送で、まるりんの母親の名前が判明。ささこ、ヘソカ以来の登場。うえだゆうじ・南央美夫妻、年内唯一の共演作品

7月11日 第169話 「プール、 すき?きらい?」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、ぞうた、ぶうた、たまさぶろう、まどか、しか子、ガオガオ
・季節感・・・あり(プール開き)
・備考・・・たまさぶろうのカナヅチ&水恐怖発覚。(尚、ぞうたに関してはヘソカの時の水恐怖の設定が無くなった模様。)

7月18日 第170話 「ようこそ ちゃれんじじまへ」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、ガオガオ、しまたろう、さくら、はな、園長
・その他の人物・・・チキ、ロキ、ババ、くもたろう
・季節感・・・無し
・備考・・・映画「しまじろうのおおきなき」の後日談的展開。(回想シーンに映画シーンあり。)

7月25日 第171話「きりがしまへ ゴー!」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、ガオガオ、はな
・その他の人物・・・チキ、ロキ、ババ、くもたろう、くもじろう、パキ、サキ、ネキ、トキ
・季節感・・・無し
・備考・・・前作の続編

月毎の登場回数
しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい 4回 ガオガオ 3回 はな 2回 まるりん、まるた、ささこ、ぞうた、ぶうた、たまさぶろう、まどか、園長、しか子、しまたろう、さくら 1回

8月1日 第172話 「にゃっきいの なやみごと」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、園長、にいすけ、よりこ
・季節感・・・あり(夏休み)
・備考・・・無し

8月8日 第173話 「おおきいことは いいことなのだ」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、ぽん太郎、ぽんざえもん、ひつじい、ガオガオ
・季節感・・・無し
・備考・・・長年謎だった、ぽん太郎の祖父の名前が判明。この日は「うた・ダンススペシャル2」として、人気投票のベスト10の歌・ダンス集を放映。

8月15日 第174話 「なつやまの ぼうけん ~前編~」
・登場人物・・・しまじろう、しまたろう、さくら、はな、しま吉、すみれ
・季節感・・・無し
・備考・・・無し

8月22日 第175話 「なつやまの ぼうけん ~後編~」
・登場人物・・・しまじろう、しまたろう、さくら、はな、しま吉、すみれ
・季節感・・・無し
・備考・・・前作の続き

8月29日 第176話 「なつやすみを とりもどせ!」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、たまさぶろう、まどか、リチャード
・季節感・・・無し
・備考・・・無し

月毎の登場回数
しまじろう 5回  みみりん、とりっぴい、にゃっきい 3回  しまたろう、さくら、はな、しま吉、すみれ 2回 園長、にいすけ、よりこ、ぽん太郎、ぽんざえもん、ひつじい、たまさぶろう、まどか、リチャード 1回

9月5日 第177話 「しかこせんせいに あいたい!」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、もんた、かんた、かんきち、けんと、しか子、くう子、園長、リチャード
・季節感・・・あり(2学期の始まり)
・備考・・・この日の放送で、「World Order」のジュニア版、「Child Order」デビュー。

9月12日 第178話(第77話)「ぼく、 なかないもん」
再放送のため省略。

9月19日 第179話 「メイおばあさん ありがとう」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、みちよ、メイ、しまたろう
・季節感・・・あり(敬老の日)
・備考・・・メイに生き別れの息子が居ることが判明。

9月26日 第180話 「はしれ! パトカー」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、きりんた、ガオガオ、ライオンポリス
・季節感・・・あり(秋の全国交通安全週間)
・備考・・・無し

月毎の登場回数
しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい 3回 もんた、かんた、かんきち、けんと、しか子、くう子、園長、リチャード、メイ、みちよ、ガオガオ、ライオンポリス 1回

10月3日 第181話 「フレー!フレー! とりっぴい」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、ぞうた、けんと、まるりん、さくらこ、きっこ、ぽん太郎、みちよ、リチャード、メイ
・季節感・・・あり(運動会)
・備考・・・無し

10月10日 第182話 「おにいたんには まけない!」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、はな、しまたろう、さくら
・季節感・・・無し
・備考・・・無し

10月17日 第183話 「みつけた! ラッキーどんぐり」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、ガオガオ、草太、れんげ
・季節感・・・あり(団栗拾い)
・備考・・・無し

10月24日 第184話 「おおきなイモを ほろう」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、ぽん太郎、ひつじい
・季節感・・・あり(薩摩芋掘り)
・備考・・・無し

10月31日 第185話 「ハロー! ハロウィン」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、ガオガオ、ジジ、とりごろう、ひつじい、イモ仙人、アサリ仙人
・季節感・・・あり(ハロウィン)
・備考・・・第133話「なぞの イモせんにん」のゲストキャラと第159話「ビックリ しおひがり」のゲストキャラの出演

月毎の登場回数
しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい 5回  ぽん太郎、ひつじい、ガオガオ 2回 ぞうた、けんと、さくらこ、きっこ、まるりん、みちよ、リチャード、メイ、はな、しまたろう、さくら、草太、れんげ、ジジ、とりごろう、イモ仙人、アサリ仙人 1回

11月7日 第186話 「わくわく おにぎり」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、しま吉、すみれ、リチャード
・季節感・・・あり(稲穂)
・備考・・・第166話「いただきますの こころ」の続編のような展開。

11月14日 第187話 「わたしたちの おしろ」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、しか子、まるりん、さくらこ、きっこ、はな
・季節感・・・無し
・備考・・・無し

11月21日 第188話 「すすめ! ちゃれんじまる」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、ガオガオ、リチャード
・その他の人物・・・サイ海賊(サイ監督と同一人物かは不明)
・季節感・・・無し
・備考・・・無し

11月28日 第189話 「さいこうの コンビ」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、ぞうた、ぶうた、たまさぶろう、まるりん、さくらこ、きっこ、しか子、リチャード
・季節感・・・無し
・備考・・・無し

月毎の登場回数
しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい 4回 リチャード 3回 しか子、まるりん、さくらこ、きっこ 2回 しま吉、すみれ、はな、ガオガオ、ぞうた、ぶうた、たまさぶろう 1回

12月5日 第190話 「もりの ファッションショー」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、たま子、れんげ
・季節感・・・あり(落葉拾い)
・備考・・・無し

12月12日 第191話 「スーパー とうちゃん」
・登場人物・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい、とりごろう、かなえ、みちよ、とと、りり、ぴぴ
・季節感・・・無し
・備考・・・無し

12月19日 第192話 「サンタさん ありがとう!」
・登場人物・・・しまじろう、とりっぴい、とと、りり、ぴぴ、とりごろう、しまたろう、さくら、はな、リチャード
・その他の人物・・・サンタクロース
・季節感・・・あり(クリスマスイブ・クリスマス)
・備考・・・この日の教養パートは、全て歌・ダンスパートのみ

12月26日 第193話 「ぴかぴか! おおそうじ」
・登場人物・・・しまじろう、とりっぴい、とと、りり、ぴぴ、はな、しまたろう、さくら
・季節感・・・あり(大掃除)
・備考・・・年内最後の放送

月毎の登場回数
しまじろう、とりっぴい 4回 とと、りり、ぴぴ 3回 みみりん、にゃっきい、しまたろう、さくら、はな 2回 たま子、とりごろう、かなえ、みちよ、リチャード、れんげ 1回 

以上のようになる。

さて、今回は下半期を振り返ったと言うことで、年内の登場キャラの皆勤賞・精勤賞も記すこととする。
定義としては、皆勤賞は、1月中、全ての話に出演したキャラに、精勤賞は、1月に2回以上に、そして、準精勤賞として、2月連続で、1月に1回登場したキャラとする。

では、月毎から見ていこう。

・1月※当月は、再放送が2回あったため1度でも出演があれば、必然的に精勤になる。
・皆勤賞・・・しまじろう、しまたろう、さくら、はな
・精勤賞・・・しま吉、すみれ、リチャード、ジジ、イモ仙人

・2月
・皆勤賞・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい
・精勤賞・・・ぽん太郎、ひつじい

・3月
・皆勤賞・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい
・精勤賞・・・ガオガオ、しまたろう、さくら、はな、ひつじい、リチャード

・4月
・皆勤賞・・・しまじろう
・精勤賞・・・みみりん、とりっぴい、にゃっきい、しまたろう、さくら、はな、すみれ、みちよ

・5月
・皆勤賞・・・しまじろう、とりっぴい
・精勤賞・・・みみりん、にゃっきい、はな、たまさぶろう

・6月
・皆勤賞・・・しまじろう、とりっぴい
・精勤賞・・・みみりん、にゃっきい、はな

・7月
・皆勤賞・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい
・精勤賞・・・ガオガオ、はな(尚、「しまじろうとおおきなき」の登場キャラも本来は該当するが、ゲスト扱いなので無し)

・8月
・皆勤賞・・・しまじろう
・精勤賞・・・みみりん、とりっぴい、にゃっきい、しまたろう、さくら、はな、しま吉、すみれ

・9月
・皆勤賞・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい
・精勤賞・・・無し

・10月
・皆勤賞・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい
・精勤賞・・・ぽん太郎、ひつじい、ガオガオ

・11月
・皆勤賞・・・しまじろう、みみりん、とりっぴい、にゃっきい
・精勤賞・・・リチャード、しか子、まるりん、さくらこ、きっこ

・12月
・皆勤賞・・・しまじろう、とりっぴい
・精勤賞・・・みみりん、にゃっきい、とと、りり、ぴぴ、しまたろう、さくら、はな

続いて、準精勤賞である。(但し、どちらかの月で、精勤になっている者は除く。)

・1・2月
無し

・2・3月
たまさぶろう、とりごろう、みちよ、草太

・3・4月
たまさぶろう、しか子、ライオンポリス、セイ、草太、とりごろう、みちよ

・4・5月
園長、しか子、ぞうた、ぶうた

・5・6月
リチャード、ガオガオ、れんげ、かなえ

・6・7月
ぞうた、たまさぶろう

・7・8月
たまさぶろう、まどか、園長

・8・9月
リチャード、園長

・9・10月
けんと、ライオンポリス、メイ、みちよ

・10月・11月
はな

・11・12月
無し

と、こんな具合である。

そして、年間での皆勤賞は、しまじろうのみである。まあ、主人公なら当然か・・・。

思ったこととしては、たまさぶろうが8月を最後に11月まで登場がなかったため、月の連続登場記録は2月からの7ヶ月で終わった。だが、其れに次ぐようになって来たのはリチャードである。リチャードは8月から今月まで5ヵ月の連続登場記録がある。其処で思うのは、是非とも、こちゃれEnglishのキャラに起用して、WWKのMimi達と共演して欲しいことである。(と言う訳で、是非お願いします!)
又、上半期では再放送が、3回もあったが、下半期では1回に留まっている。制作のやる気と言うのも感じる半年だったと思う。(言い過ぎていたら御免なさい・・・。)そして、12月に入り、とりぴの登場回数が増えたのは何故だろう?ここら辺が気になる所である。後、たま子はこの半年間、たったの1回しか出番が無かったのも見えると思う。

話は変わるが、とりっぴいについて一つ疑問に思うことがある。其れは、飛ぶことが殆んど無いことである。とりっぴいは鸚鵡であり、当然飛べる。しかし、最近視ていると本当に飛ぶシーンが無いのである。ヘソカ以前は、良く視られた(特に、しまとらの当初は、飛んで移動するのが当たり前だった。)が、わお!になってからは、本当に飛ぶシーンが無いといっても良い。これはどういうことなのか?
其れと、もう一つ。彼は走ることがあるが、実際の鳥は走るなんて難しい。(某“詩”にもある通り)なのに、とりっぴいが走っているシーンを見ると、「飛んだ方が早くね?」と良く思う。
其れらから、制作に言いたいのは、何故、最近のとりっぴいは飛ばないのか?ということである。確かに、彼は決して飛べない訳でも無いし、ちゃれんじ島の条例で「擬人化鳥類の飛行制限」的な物が出されたという設定も無い。なのに、何故最近は飛ばなくなって来ているのだろうか?もっと、鳥らしく出来れば毎話で飛ぶシーンがあっても良いと思う。(鸚鵡は飼い鳥で、あんま飛ばないから・・・何てのは、唯の良い訳である。だって、他の飼い鳥を見たって、ちゃんと飛べるんだし・・・。)
飛ぶシーンが無いといっても良い位なので、良く「とりっぴいが飛ばないのなら、3年前に降板させるべきだったのは、らむりんじゃ無くてとりっぴいの方が良かった。」と思うことがある程である。(悪い言い方をすると、彼は“お荷物”であるということ。)唯一の鳥類キャラなのに、何故その魅力を見せないのか?製作には是非、とりっぴいと言うキャラの使い方を見直して欲しいと思う。(本当に、お願いします!!彼の飛ぶシーンを増やして下さい!!)

さて、2015年の放送はTXNだと今日で終わった。来年2016年は、どのような1年になるのだろうか?期待したい。


其れでは、ここからは今週のしまじろうについてである。(BS11の場合は1月11日の放送になる。)


今週は、年内最後と言うことで、其れに相応しく、縞野家の一斉大掃除の展開だった。さて、年末の大掃除と言うと、他のアニメでもお馴染みであるが、しまじろうでは未だ珍しいと思った。

さて、冒頭で早速さくらに「部屋を片付けなさい!」とみさえに怒られるしんのすけのような展開で始まり、部屋は本当に野原しんのすけと良い勝負と言っても良かったw(しまじろう、お前、テレ朝に行って、野原一家と過ごしてみるか?自分は視てて、本当にお前を野原家に連れて行ってやりたいと思ったぞw)
更には、はなも手間を掛けさせていた。細かい所の汚れ落としで、古歯ブラシを使っていたさくらを真似ようと、新品の歯ブラシを使おうとしたり、しまじろうの整理した物を勝手に動かしたりと、やりたい放題の状態だった。(さくら、はなに怒っても良いんだよ・・・。)
他に、途中でとりっぴいが「とりぴを見なかった?」と言って探しに来ていたが、これに関して思ったことがある。

「このシーン、ぶっちゃけいるか?」

オール縞野家の大掃除でも良かった今回の話だったが、何故とりっぴい&とりぴが出て来たのだろうか?謎である。

そして、アニメに於ける大掃除ならではの展開もあった。
其れは、探し物である。しまじろうが、自室を掃除していると、無くした玩具が見つかっていた(後に、訪ねて来たとりっぴい&とりぴと同じことをしていて、赤面していたがw)し、しまたろうも幼少のしまじろうが描いた両親のお絵描きが入った封筒を探していたりもした。
探し物が見つかると、中々其れに気を取られて、作業が進行しない物である。やはり、しまじろうでもこの展開はお約束だったw

更に、今回視ていてふと懐かしいシーンがあったので、お見せしたい。
e7i_convert_20151226140004.png
これである。

さくらが持っているのは何と、わお!が始まった当初にしまじろうが着ていた服である。しかし、さくら曰く「小さくなった」とのこと、しまたろうも「バザーに出せば?」と言っていた。モードオフのような古着屋に持っていくということは考えなかったのかね?でも、何で公式サイトのキャラ紹介のページは未だにこの服なんだろう?

あ、其れと、TXNでは年内最後の放送に関する要望は、流石にもっと早くからしておくべきかな?と思った。その前に、目に留ってくれたんだろうか?


そんな今回だったが、次回は遂に年が明ける。年明け最初はしまたろうがメタボになった?という感じの話である。実を言うと、しまたろうはメタボを気にする人物であり、しまとら時代にも第423話「みんなでジョギング」では、らむりんがダイエットのためにジョギングを勧めるという話があったほどである。(予告のズボンの尻に穴が空くシーンを視て、何と無くそんな話を思いだしたw)

さて、来年最初の放送はTXNだと1月9日になることから、予告時に以下のテロップが出ていた。
ittd_convert_20151226140055.png
どうせなら、前回要望したことは、ここでやって欲しかったと思っている。
つまり、「しまじろうからみんなへ。 ことしも、しまじろうのわお!をみてくれてありがとう!らいねんは1がつ9にちからはじまるよ!ぜひ、みてね!みんな、らいねんもまた、よろしくね!それじゃあ、よいおとしを!」と言ったようにテロップを長くしても良かった筈である。(本当はしまじろうに喋って欲しかった所だが・・・。)

まあ、次回は2週間後であるが、視れれば視たいと思う。

あ、因みに当ブログはしまクリコンのDVDのことがあるので、年内は後1回更新する予定であるw

ちゃれんじ園 オフ ~山奥集落の誘拐事件~  第4章

先週は休止したが、今週は再び連載中の話の続きである。

其れでは始めていこう。

            第4章 サンライズの夜は更けて・・・
其の頃、しまじろう達は・・・、
「・・・でも、家にも遊びに来たり、店にも寄ってくれて有り難うな!」
と、ののの父親がののが座っているベッドに座りながら礼を言った。
父親は、ののとしまじろう達が話している時に、偶々部屋に入ってきたのであった。
「僕も、ののちゃんも元気そうでしたけど、おじさんも元気そうで安心しました!」
と、しまじろう。
「そう言えば、今はののちゃんは何処に住んでいるんですか?」
みみりんが父親に質問すると、
「私は、え~っと・・・あれ?お父さん、何処だったっけ?」
ののが代わりに答えようとしたが、答えに詰まったようだった。
「今は、八丈島って言う所に住んでいるんだよ!勿論、ドーナツ屋も続けているよ!島中で一番美味しいって評判だから、今度皆で御出でよ!」
「そうなんだ。所で、八丈島ってちゃれんじ島より北にある島だったっけ?」
とりっぴいが疑問を浮かべる。
「そうだよ!確か、ちゃれんじ港からフェリーも出ているから、行くとしても大丈夫だよ!」
父親が言い掛けた時、部屋のドアが開いた。母親が戻ってきたようだった。
「ののちゃん、お待たせ!じゃあ、ののちゃんもシャワー浴びてきなよ!」
母親はののに促す。すると、しまじろうは立ち上がり、
「あ、じゃあ僕達はこれで失礼します!」
しまじろうが言うと、他の五人も一斉に立ち上がった。
「本当に、有り難うね!」
母親が礼を言った。
「こちらこそです。・・・あ、じゃあののちゃん、私達これで部屋に戻るからね!」
らむりんがののに目線を移しながら言った。
「ののちゃん!私のこと、これからも宜しくね!」
「僕も宜しく!」
初対面のにゃっきいとけんとは、ののが座っているベッドの目の前で言った。その様子にののは、満面の笑みを浮かべながら、
「うん!」
と返した。
「お邪魔しました~!」
しまじろう達はドアの所で言い、部屋のドアを閉めた。
その後、しまじろう達は其々の部屋に戻った。だが、けんとは車内探検を続けていた。

そして、しまじろうとしまたろうの部屋では、けんとが下段のベッドをソファー状にしたままだったので、その状態のまま、備え付けのNHK-FMのみのラジオを聴きながら二人は対話をしていた。
「どうだい?しまじろう・・・。電車の中でこうして過ごす夜は・・・。」
しまたろうが問い掛ける。
「うん!僕はけんとじゃないから電車のことは良く分からないけど、電車にも色々な種類があって僕吃驚しちゃったよ!」
「お父さんもそう思うな~。何時も皆で旅行をする時は、寝台特急になんか乗らないし、そもそもちゃれんじ島以外で何処かに旅行に行くってこともないからね~・・・。」
言い掛けたその時、部屋をノックする音がした。
「あ、はい!」
しまじろうがドアを開ける。外に居たのはみみりんだった。
「あ、しまじろう!みみりん、今シャワー浴びてきたんだけど、今空いているから良かったらどうぞ!あ、おじさんも宜しければ一緒にお願いします!」
「有り難う、みみりん。お父さん、シャワーどうする?」
しまじろうはしまたろうに顔を向けた。
「そうだな。じゃあ、折角だから、シャワー浴びに行くか!・・・あ、態々有り難うね!みみりんちゃん。」
「こちらこそです。」
そう言い、二人はシャワーを浴びに行った。
やがて、二人はシャワーを浴び終え、部屋に戻った。
「いやー6分って、あっという間かと思ったけど、二人合わせても全然余裕だったな~!」
「うん!そうだね。僕達は普段シャワーだけなんてことが無いから良く分からないけど、でもいいお湯だったよね・・・。」
二人は風呂上りを満喫していた。そして、しまたろうは、けんとがソファー状にしていたベッドを戻しながら、しまじろうに告げた。
「さて、しまじろう。そろそろ寝るか!明日も早いことだし・・・。」
しまじろうは上段のベッドに通じる梯子を伝いながら答えた。
「そうだね!」
そう言い、しまたろうは下段で、しまじろうは上段のベッドで体を横にした。
「其れじゃあ、お休みしまじろう!」
「うん!お休み・・・。」
二人は次第に深い眠りに落ちて行った。
静岡駅を出た午前0時半前、しまじろう達は全員其々の部屋で床に就いた。

午前1時、サンライズが間もなく浜松駅に到着しようとしていた時である。一行の一人がふと目を覚ました。きりんただった。きりんたはふと尿意を覚え、トイレに起きたのであった。
そして、トイレから部屋に戻るなり、再び床に就こうとした時である。きりんたは部屋のコントロールパネルの時計を見て、ふと何かを思い出した。
「あ、そう言えば、目覚ましをセットしていなかったな~・・・。」
そう言いながらきりんたは午前7時にセットした。セットをすると、きりんたはふと、NHK-FMのみ聴けるラジオのスイッチを入れた。ラジオの内容は全国ニュースだった。きりんたは一応、ニュースに耳を傾けていた。
『次のニュースです。昨日昼過ぎ、島根県松江市のJR松江駅の近くの銀行で、強盗があり、従業員が一人連れ去られました。』
「え?島根?これから僕達が行く所だよね・・・。」
そう言うときりんたは、注意を完全にラジオに傾けた。
『この事件は、昨日午後2時頃、JR松江駅近くにある島根銀行松江本店に、ナイフを持った強盗が押し入りました。強盗犯は窓口の従業員に「金を出せ!殺すぞ!」と脅しながら現金を要求しました。従業員はその場にあった現金100万円用意し、現金を奪って逃走を図ろうとした際に、一人の従業員の女性に「お前は俺と一緒に来い!」と女性を連れ出し、そのまま逃走しました。現場の防犯カメラや他の従業員の供述から、強盗犯はネコ科らしき人物で、出雲方面に逃走したものと思われます。島根県警では引き続き、強盗犯の行方を追っています。尚、この事件により、現場付近は一時騒然となり・・・』
ラジオのニュースを聞いている内に、きりんたは少し怯えた表情を浮かべていた。
「まさか・・・、大丈夫だよね・・・。」
不安げな表情を浮かべながら、きりんたは再び眠りに落ちるのであった。ラジオからは「ラジオ深夜便」のテーマソングが掛かり始めていた。

そして翌朝・・・、
けんとは午前6時頃、もんたは6時10分に起床した。サンライズは未明に、運航に支障となるようなことは全くなく、順調に岡山県内を走行していた。もんたは起きるなり早速、サロンスペースに向かおうとした。
もんたが部屋から通路に出たその時である。サロンスペースの方向から、欠伸を交えながら誰かが歩いてきた。
「あ、けんと!お早う!」
もんたはとても寝起きとは思えない爽やかな口調でけんとに声を掛けた。一方のけんとももんた程では無いが、あまり寝ぼけ眼ではなかった。
「あ・・・。お早う!もんた。」
「こんなに朝早くから、どうしたんですか?」
もんたが疑問を浮かべる。
「時刻表によると、そろそろ岡山駅に着くから、“あれ”を見たくてね!」
けんとのテンションが高まってくる。
「あれとは、何でしょうか?」
「僕と見れば分かるよ!其れより、もんたはどうしたの?」
「僕は朝の車窓でも見ようかなって思って、一寸サロンに行こうと思って・・・。」
「あ、じゃあさ、岡山駅に着くまで、僕と居ようよ!良いでしょ?」
「別に構いませんよ!」
けんとともんたは、二人でサロンスペースに向かった。
二人はサロンスペースに辿り着いた。すると、
「あ!お早う!けんとともんた!」
「お早う!」
入ってきた二人に気付き、“先客”が二人に目を向けた。
「あれ?さくらこにきっこ・・・。」
さくらこときっこは二人で車窓を眺めているようだった。
「あ、若しかして景色でも見に来たの?本当にけんとったら電車が大好きだね!」
きっこがけんとに目線を向けた。さくらこも続けた。
「私の隣に来なよ!けんとにもんた。」
「うん!良いよ!」
さくらこは二人を促した。そして、さくらこの隣にけんとが、その隣にもんたが座った。二人が座るなり、きっこが口を開いた。
「其れでもんた、岡山って言うと何が有名なの?」
「岡山ですか・・・。岡山と言いますと、昔話の「桃太郎」が有名ですね。其れに登場した「黍団子」の生産地としても有名ですからね!他には、全国的には珍しいテレビ東京系列のテレビ局であるテレビせとうちがあったりしますね。」
「へ~!「桃太郎」の話の舞台か~。何か、面白そうだね!」
さくらこがもんたの豆知識に感激した。
「僕的には、岡山と言ったら岡山電気軌道って言う路面電車だね!路面電車も昔は色んな所で走っていたんだけど、車が増えてきた今は、ドンドンと姿を消しているから本当に貴重かなって思うよ!」
「けんとったら、又電車の話・・・。」
きっこは一寸呆れ交じりだった。
とその時、もんたはふと何かを思い出したようだった。
「そう言えばけんと、岡山駅の“あれ”については、他の人にも知らせなくても良いのですか?」
すると、きっこが真っ先に口を開いた。
「未だ皆寝ているから、其れは難しいと思うわよ!」
「そうよね。私達だけでも十分に楽しめると思うわよ!」
さくらこが続けた。しかしけんとは、
「其れいいね!もんた!・・・あ、でもそうすると誰を起こしてこようかな・・・あ!そうだ!しまじろう達を起こしてこよう!」
けんとは、再び客室の方に向けて駆け出した。
「あ!けんと!もう・・・しょうがないわね~・・・。」
きっこは思わず溜め息をついた。
約3分後、けんとはしまじろう達を連れて戻って来た。
「あ!もんたにさくらこにきっこもお早う!」
しまじろうは、何時もの威勢の良い挨拶をした。
「あ!お早うしまじろう!・・・あれ?三人だけ?」
さくらこが挨拶を返すと、ふと首を傾げた。五人居る筈が三人しか来なかったからである。
「あれ?みみりんととりっぴいは?」
きっこも首を傾げながら口を開く。
「けんとに因ると、未だ寝かせてくれって言っていたみたいよ!」
らむりんが答える。
「早起きは三文の得って家のお祖母ちゃんも良く言っているのに・・・。」
にゃっきいが続けた。
「まあ、しょうがないよ!僕達だけで、岡山駅の“あれ”を見ようよ!」
けんとは少しがっかりしていたが、直ぐに何時もの調子を取り戻したようだった。
「そうですね。無理やり起こす訳にも行かないですしね!」
もんたが続けた。

午前6時27分、一行が乗ったサンライズが岡山駅に到着した。到着するなり、多くの乗客が下車する様子が、サロンスペースに居たしまじろう達の目に入って来た。其の様子を見ながらけんとが言った。
「よし!早速“あれ”を見に行こうよ!」
「うん!そうだね。」
しまじろうが続けると、一行はサンライズを下車し、サンライズ瀬戸の方向に向かって歩き出した。
瀬戸と出雲の連結部にやってくると、既に解結作業が始まっていて、早朝にも拘らず、大勢の見物客がカメラを片手にその様子を撮影したり、様子を見守ったりしていた。そんな中、しまじろう達は見物客を掻き分けつつ、作業の様子が見える所までやって来た。
「けんと、若しかして“あれ”って、このこと?」
らむりんが疑問を浮かべた。
「そうだよ。僕、一度で良いから、電車の切り離しを見たかったんだ!其れでね、この前にいるサンライズ瀬戸は、切り離したら直ぐに発車するんだ!」
「へ~そうなんだ!」
にゃっきいは感心した。そんなやり取りをしている間にも、解結作業は続いていた。きっこがふと、瀬戸と出雲の間の踏み板を収納するために、股掛けする姿を見て口が開いた。
「何か、世界を股に掛けた。的な状況よね・・・。」
「私もそんな感じがするわ。」
さくらこが答える。するとしまじろうが付いたままのライトを見ながら口を開いた。
「そう言えばけんと、こういうことをする時ってライトを付けるの?」
「JR西日本では、連結や切り離しをする時は安全のためにどっちもライトを照らすんだって!」
「そうなんだ・・・。あ!ドアが閉まり始めたよ!」
しまじろうは瀬戸と出雲を繋いでいたドアが閉まり始めたのを見た。一斉にドアに目が言った。
「そろそろサンライズ瀬戸は発車かな?」
けんとが言い掛けると、ふと近くの時計に目をやった。時刻は6時27分を指していた。
「そろそろ乗らないと拙いんじゃないの?」
発車と言うことを聞いたにゃっきいが少し不安げな表情を浮かべながら口を開く。
「大丈夫だよ!僕達の乗っているサンライズ出雲は後から発車するから、サンライズ瀬戸の発車を見送れるよ!」
「そう。なら良かった・・・。」
答えたのはらむりんだった。
やがて、連結器から瀬戸がゆっくりと外れ、徐々に出雲から離れ始めた。
「あ!完全に離れたみたいですね。」
もんたが口を開いた。すると、けんとは上機嫌になっていた。
「ああ!この瞬間を僕は楽しみにしていたんだ!いやあ、本当に見れて良かったよ~!」
すっかりけんとは自分の世界に入っていた。その姿にしまじろう達は掛ける言葉が見つからなかった。だが、しまじろうはふと発車した瀬戸を見つめていた。
「へえ・・・。一つの電車が二つになるなんて、僕初めて知ったよ。僕もそれなりに楽しめたよ!有り難う、けんと!」
しまじろうがけんとに礼をした。すると先程まで自分の世界に入っていたけんとは我に返りながら赤面し、
「いやあ、其れほどでもないよ・・・。」
と、後頭部に手を当てていた。
その姿を見た一同は思わず笑った。

次回予告
しまじろう「やあ、皆!僕達の乗った寝台特急は、岡山を出て山を越えて出雲に遂に着くよ!・・・だけど、僕の知らない所では、あることが行われていたんだ・・・。次回、第5章 遂に到着! おっ楽しみに!!」

後記
先週は、丁度ブログ開設1周年と言う節目の時であったため、うpを休止した。そして、次回のうpも正月明けのうpになると思う。予定では、1月9日辺りを予定しているが、変更の可能性もある。
と言う訳で、又もお待たせしてしまい申し訳無いが、何卒ご理解とご協力をお願い致したい。
さて、今回についてだが、けんとの鉄ヲタ節が炸裂するところがあったが、如何だっただろうか?今後とも、けんとが活躍する場面も有ると思うので、楽しみにして頂きたい。


其れでは、ここからは今週のしまじろうについてである。(BS11で毎週視聴されている方は、1月4日の放送になる。)


今週は、TXNの本放送だと若干早い気がするが、間もなく訪れるクリスマスの話であった。わお!に於けるクリスマス関連の話を箇条書きすると、以下のようになる。

・2012年12月17日 第38話 「おれた クリスマスツリー」
・2012年12月24日 第39話 「びっくり クリスマス」
・2013年12月23日 第90話 「サンタさんに あいたい!」
・2014年12月22日 第144話「くるみわりの おうじさま」
・2015年12月19日 第192話「サンタさん ありがとう!」
となる。

今回は、御馴染みのはなに加え、とりぴ(とと・りり・ぴぴ)の4人が、「サンタに会いたい!」と思うようになり、サンタを探索しようとする話であった。唯、労いたいだけだったようだが・・・。
そんなこともあって、「はなたん、ねんねちない!」と寝ようとしなかったりしたが、これを見て昔、サザエさんでタラオがサンタに会おうとして寝なかった所を、舟が昔話をして寝かし付けるというのを思い出した。(因みに、この話は「子どもの夢を壊さないで!」と苦情が来た“あの話”である。)其れに、一昨年はしまじろうも同じ様に会おうとして、しまたろうに「そんな我侭な子には、サンタさんは来ないぞ!」と脅されていた。(てか、寝ようとしなかったら「寝なかったらサンタは来ない。」と言いつけるというのを知らないんだろうか?)其れと、とりぴに「サンタって何処にいるの?」と聞かれていたが、サンタクロース村として有名なのは北欧のフィンランドである。しかし、フィンランドと言う国をここで出してもいいと思ったりもした。

又、はなにとりぴの4人と言うのも又珍しい物である。しかも、とりぴは先週も登場していたため、2週連続の登場となった。又、街端でサンタ“役”として、リチャードととりごろうも登場していた。こちらもリチャードは今月も登場し、とりごろうもとりぴ同様、2週連続の登場であった。
リチャードはまるりん家のパン屋のバイターとして登場していたが、又もこの間のたまさぶろうのチラシ配りのバイトをクビになったんだろうか?てか、お前これで転職何回目だ?仕事真面目にやっている?本当に聞きたいわ・・・。後、まるりんの家族が出てきて欲しかった所・・・。(因みに、まるりんの父・まるたはしまじろうを演じている南央美の旦那(うえだゆうじ)で、彼女と事務所を経営したりしている。)そして、とりごろうは“サンタ”役の衣装を纏っていたが、彼のべらんめえ口調で正体がバレたと言う所は面白みがあった。

あ、そう言えば今回も久しくしまじろうととりっぴいの二人しか、本編に登場しなかった。(みみにゃきの御二方は、枕元にクリプレが置かれるシーンで登場したのみだった。登場しないなら、スタッフロールのみみりんの所、『はな 高橋美紀』って表記して、『にゃっきい 杉本沙織』の表記を消せよ!其れに、とりぴを追加してくれ!!

他に、今日の本編では縞野家や其の他の家全体にイルミが施されていたが、あそこまでデコる奴は居ないと思うんだが・・・(アメリカじゃ有るまいし・・・ちゃれんじ島って、そう言った意味では若しかしてアメリカ色が濃いのか?因みに、去年もそうだった。別に、家全体にイルミ施すなんてぽん太郎の家くらいで十分だと思う。だって、家全体デコるだけで相当金掛かるし・・・。子どもが視たら、間違いなく強請られそう・・・。

そして、クリスマスと言うこともあり、今年もあの大役、そうサンタが登場していた。登場の仕方は、夢中での登場だった。(「夢中じゃないと会えない。」とのことなので。因みに、ヘソカの時にはしまじろうが“異世界”に迷い込んで会っていたりする。)去年は、夢でも会っていなかったし、一昨年は同じ夢中だったが、顔の判別までは出来ない程、劇画風に登場していたし、3年前は、素顔不明で登場していた。所で、「サンタの知り合い」と名乗っていたあの人物は何者だったのか?(其れこそ、しまクリコンの“グランプ”的な感じ?これから見るって方は、ネタバレ要素すみません・・・。因みに、中の人はサンタ役と同じ村松康雄だった。)

では最後に、先週も述べたが、メインキャラや縞野家以外にも、服装のバリエーションを増やして欲しいということである。
今回は、とりぴが普段着で登場していたので、とりぴに着目する。とりぴもヘソカの頃、冬季は次の格好で登場していた。
u6d_convert_20151220000957.png
これは、しまじろうヘソカ第94話「かぜにまけるな!」のワンシーンであるが、とりぴが普段着のまま外で駆けずり回っていた所、兄のとりっぴいに捕まり、「そんな格好だと風邪引くでしょ!!」と怒鳴っていたのである。本当、今日普段着のとりぴを見て何でとりっぴいは注意しなかったんだろう・・・。
つまり、このような格好を今でもして欲しいと言っているのである。

と言う訳で、製作の方でこの記事をご覧になっている方がいらっしゃいましたら、是非お願い致します。設定資料が無いのなら、作って下さい!

所で、とりっぴいに「サンタさんに何をお願いするの?」と聞かれたしまじろうは、「バドミントンセット」と答え、「正月にお祖父ちゃんとお祖母ちゃんとやるの!」と言っていたが、はて、正月と言えば、羽根付きのイメージが強いのだが・・・。これは何故なのか?

どうせ頼むのなら正月らしく、羽子板とシャトルの方が良いのでは?と感じた。(いつもなら、間違いなくサッカーに関する物だったから、これはこれで良いのでは?)
そう言えば、教養パートは今回歌ばっかりだったな・・・。先週書いたこと、参考にしてくれたのだろうか・・・。

そんな今回の話だったが、次回は愈々今年最後の放送となる。予告を視た限り、縞野家が大掃除をし、新年に備えるという物であった。
実を言うと、年内最後の放送がクリスマス以外になるのは、次回(わお!を視る限りでは)が初だったりする。3年前も一昨年も去年も、最後の放送はクリスマスだった。だから、これはこれで又良いんじゃないかと思う。

で、今からでは遅いかも知れないが、制作の方に要望がある。次回は、TXNだと年内最後の放送になるので、其れに関する演出をお願いしたい。(サザエさんの年内最後の放送見たく、「今年もしまじろうのわお!を視てくれて有り難う!来年も又宜しくね!!其れじゃあ、良いお年を!」としまじろうに喋らせる(「良いお年を!」の部分は、レギュラーキャラ全員が登場して喋った方が良い。)とか、そうでなくても、テロップのみでも良い。)まあ、目に留まらないかも知れないが、視聴者に今年最後の放送を知らせて欲しいと思う次第である。

と言う訳で、次回は視れるかは分からないが、視れれば視たいと思う。