しまじろうに会える街?リターンズ ~エリアベネッセ多摩センターオープン&しまじろうショー~

大変長らくお待たせして申し訳ない。

さて、先月の話になるが覚えているであろうか?
エリアベネッセ多摩センターオープンのことである。

今回はそのことについて、うpしようと思う。

去る2月28日、この日ベネッセの新たな学習施設であるエリアベネッセが多摩センターにオープンしたということで、其れを見届けに再び多摩センターを訪れた。
CIMG9895_convert_20150425105522.jpg
前回は、多摩モノレールで多摩センターに降り立ったが、今回は京王で多摩センターにやってきた。
CIMG9897_convert_20150425105443.jpg
前回訪れた、クリスマスの頃と比べると大分閑散としていた。
CIMG9899_convert_20150425104134.jpg
あの時と同じ、ベネッセビルへの歩を進めているとイベント告知の看板もあった。
因みに、撮影は午前10時前(エリアベネッセオープンは10時)だったので、スタッフ方が看板を設置しているところが見られた。

さて、そんな訳で目的地に着いた。
CIMG9906_convert_20150425104252.jpg
やはり、オープン初日ということもあってか其れなりに長蛇の列ができていた。
CIMG9902_convert_20150425104213.jpg
列に並ぶと、イベントについてスタッフが説明したり、記念品を来場者に渡したりしていた。
更には、この後のイベントの整理券を配布していたので、勿論手にした。(イベントについては後述。)
ともあれ、オープンの10時を迎えた。
CIMG9912_convert_20150425104521.jpg
中に入ると、TVにはしまじろうのわお!が流されていた。

そんな訳で更に奥へと進めると・・・

そこには・・・・・

CIMG9914_convert_20150425104621.jpg
しまじろうが出迎えてくれた!!

この時、中ら撮影会状態で、多くの親子連れがしまじろうと写真撮影をしていた。中には泣く子も居たけど・・・
どうやら、しまじろう単体で来ていたようで、他の3人は居なかった。
CIMG9920_convert_20150425104648.jpg
この後、外でもお出迎えをしていた。
恐らく、この後のイベントのために外に移動したものと思われるが・・・

さて、この時エリアベネッセ内では推理クイズのような問題が配られ、其れの答えをスタッフに伝えるというものだった。
自分が渡されたのは、高校レベルの問題でスタッフからも「難しいですけど・・・」と言われながらも、解いてみた。
しかし、こういった系の問題には興味がある自分からしてみれば少し時間は掛ったが解くことができた。

そして、自分の出した答えは見事に正解し、スタッフからも「凄いですね~!!」と言われた。
そして、更に記念品を貰い、スタッフから「どうぞご覧下さい。」と言われ、エリアベネッセ内部を散策した。

中はというと、
CIMG9921_convert_20150425111557.jpg
入り口側が、学習スペースとなっていて、前述したしまじろうが流されているTVの前にはテーブルが多く並んでいる。
当日は、記念品の一つであるペーパークラフトを作るスペースとして使われていた。

そして、その反対側には・・・
CIMG9917_convert_20150425111538.jpg
言わば、プレイルームとなっていて、それ以外にも脇の本棚には絵本などが並べられていた。

そして、ここのトイレには・・・
CIMG9916_convert_20150425111513.jpg
オムツ台があり、そこにはしまじろうが描かれていた。

さて、エリアベネッセはこんな所であるが、もう一つ目玉となっていたことがある。
それが、キャラクターショーである。
CIMG9904_convert_20150425104551.jpg
エリアベネッセの入り口にも、その旨が記されている案内があった。
そして、会場はというと勿論、ベネッセビルである。

そんなことで、再びベネッセビルへと向かった。
CIMG9933_convert_20150425104719.jpg
エレベーターで案内されたのは13階のこの部屋であった。
この時、ショーは11時からであり、案内されたのは10時半前であったので、未だかなりの余裕があった。

そして、ショーが始まる直前はかなりの親子連れが集まった。
こうして11時からショーのOPとしては定番の「トモダチのわお」が掛かり、スタートした。
CIMG9943_convert_20150425104744.jpg
一番印象的だったのは、しまじろうが喋ってくれたことだと思う。

こういった規模がそれ程大きくないショーでは、喋ってくれるかどうかは分からないものなので、若しかしたら喋らないのかな?と思っていたら喋ってくれたので楽しめたと思う。他の3人も居たらもっと良かった気もするがwww

ショーの時間は30分で、色々と他のショーではお馴染みの曲が掛かったり、会場全員で「わっお~!!!!!」の掛け声を挙げたりして時は過ぎて行った。
最後は、しまじろうも「え~もっと皆と一緒に遊びたいよ~・・・」と名残惜しむ中、「ハッピージャムジャム」が掛かり、幕を閉じた。

という訳で、今回はエリアベネッセ多摩センターオープンということで再び多摩センターを訪れたことをうpしたが如何だったであろうか?
若し、又機会があったら、又多摩センターに足を運び、ベネッセビルやエリアベネッセにも訪れたいところである。

そして、またショーで、出来れば4人揃った姿でしまじろうを拝みたいものである。(コンサートでもいいが・・・)

ショーの模様はこちらでもどうぞ。

最後に、
CIMG9908_convert_20150425104321.jpg
ベネッセビルの前には、「しまじろうカーⅡ」が展示されていた。
前回は、もう一つの方も拝んでいるので、これで2つとも拝むことができた。

そして、
20150425111707.jpg
記念品の一つである、ペーパークラフトである。
本来なら、子どもにしかくれない物であるが、何故か貰えたw
このペーパークラフトは、予め糊付けされている物なので、作るのはかなり楽な方であった。

さて、今回は2話分となるが、しまじろうの感想である。
先ずは先週の放送から(TXNのある地域(北海道、関東、愛知、大阪、岡山、香川、福岡(それ以外でもTXNが映る地域))及びTXNの無い沖縄、三重、青森、奈良、石川、秋田、山形、滋賀以外にお住まいの方はここから先の閲覧はネタばれ要素があるので、閲覧は要注意。(但し、この記事を書いた時点での話である。)BS11でご覧になっている場合は5月4日以降であればネタばれではなくなる。)

先週は、とりっぴい主演会で大家族をテーマにした話であったが、食事やTVのチャンネル権であそこまで争いが起こるのであろうか?と疑問を持たずにはいられなかった。
そして、久しくとりっぴいが家出をする場面もあった。実を言うととりっぴいはかなりの頻度で家出をしていて、しましまとらのしまじろうの頃にも何度か家出をしたことがある。中には父・とりごろうの物を壊したとと・りり・ぴぴを庇って家出をしたということもあった。
それと、兄弟についても取り上げられた話であったが、この時しまじろうもはなと小競り合いを起こしていたが、その時何故、兄がいるにゃっきいの助言を受けなかったのかということも疑問に思った。

次に今週の話である。(ここから先は前述したTXNのない地域以外の方が閲覧される場合は要注意。(前述したTXNの無い県が書かれた地域にお住まいの方々もである。(但し、同じくこれを書いた時点での話。))BS11の場合は5月11日以降であればネタばれにはならない。)

今週は、しまじろうが生まれた日についての話であった。しかし、一つ疑問に思うことがある。
それは、しまじろうの誕生日である。
先週の予告では「5月5日はこどもの日、そして僕の誕生日!!」とも予告していたが、その5月5日まで後1週分残っているのである。それなのに、何故今しまじろうの誕生日会をやる必要があるのか疑問には居られなかった。

それと、さくらのお産だというのに何故かさくらの両親(しまじろう・はなから見れば母方の祖父母)は姿を見せなかった。さくらの両親の登場はいつになるのだろうか・・・?

後、「しまじろうの生まれた日のことはよく覚えているよ・・・」としまたろうが思い出に浸った時、当然しまじろうは「僕は覚えていないよ・・・」と言ったまではいいが、その後はなが、「はなたんも・・・」というシーンに「自分より先に生まれているのに覚えている訳ないだろ!」と突っ込まれた人もいるのではと思った。

因みに、去年は5月5日とTXNでの放送が重なったが、今年は大分のTOSが重なることになる。
スポンサーサイト

しまじろうに会える街?~多摩センター旅行記~ その2 スタードーム編

明けましておめでとう!未だ発足して間もないが今年も当サイトを宜しく!

早速であるが今回は前回の続きでスタードームのレポートである。
前回はしまじろう広場までの道中を記したが今回はこの旅行の期間中にスタードームのプラネタリウム作品を見たので其れをお届けしたいと思う。

其れではスタート。
先ず、スタードームというものはベネッセビルの中にある。

ここの最上階にそれがあるのである。
CIMG0227_convert_20150104170632.jpg
早速であるが中に入ってみる。
CIMG0228_convert_20150104170702.jpg
玄関前には2つのモニュメントが置かれていた。
CIMG0231_convert_20150104170801.jpg
ガードマンが「いらっしゃいませ」と言う中、中に入ると何やら勉強机が並んでいた。
CIMG0235_convert_20150104170904.jpg
奥には何やら教材の展示が置かれていた。
因みに、ここの展示品のしまじろうパペットは何故か古い物だけどね・・・
CIMG0229_convert_20150104173245.jpg
2階フロアの全体はこんな感じ。
当日は祝日であったが何組かの親子連れが居ただけであった。

そんな中、上映20分前になりエレベーターに乗り21階スタードームへ。
CIMG0246_convert_20150104171028.jpg
エレベーターを降りると受付に案内されチケットの枚数を聞かれ入場券の金額を払う。
この時は受付人が全て券売機を操作して入場券を購入した。
CIMG0247_convert_20150104171121.jpg
ここで見た作品はしまじろうの ほしのひみつ ゆきのひみつである。
画像を見て頂くと分かるのだが、気付いたことは何と3年前の3月で降板したらむりんが居ることである。
勿論、にゃっきいが出演している作品もあるのだがここの作品には未だにらむりんが出ている作品が多く見られた。(中には10年以上前のバンダナではなくリボンを付けていた頃のらむりんの作品もあったりする。)

そして、受付を済ましいざスタードーム前の展望スペースへ。
CIMG0248_convert_20150104171220.jpg
ここは地上から約100m(京都タワーの展望台と同じくらい)の高さに位置し、しかも当日は穏やかな冬晴れで快晴だったので遠くの景色もはっきりと見えた。
CIMG0250_convert_20150104171316.jpg
こちらは南方の景色。
CIMG0254_convert_20150104172247.jpg
そして、ここがスタードームの入り口である。
上映10分前から入場が開始され次々と親子連れが中に入って行った。
スタードーム内部は撮影禁止だったので撮っていないが定員は60人ほどで小ホール程度の規模だった覚えがある。

そして30分ほどで作品を視聴し・・・
再び展望スペースからの景色を眺めた。
CIMG0269_convert_20150104172009.jpg
この奥の入り組んだ場所には休憩所らしきスペースであった。
CIMG0270_convert_20150104172101.jpg
奥のTVではベネッセのCMを垂れ流していた。
そして、ベネッセならではのこんな物もあった。
CIMG0259_convert_20150104171421.jpg
自販機がしまじろう仕様になっていた。しかもEdyが使える仕様でもあった。
只、近年増えている喋る自販機かな?と思われるが特に喋る様子は無く普通の自販機であった。(硬貨やEdy翳すと何か喋るかも知れないが今回この自販機を使って居ないので未確認。)因みに、水玉はみみりんの服の模様のつもりなのだろうか・・・

そして自販機の前に目を移すと・・・
CIMG0284_convert_20150104172206.jpg
こどもちゃれんじや小学講座の教材展示があった。
自分も嘗ては小学講座、中学講座の会員だったので一寸した懐かしさを覚えた。
CIMG0256_convert_20150104172337.jpg
反対側には雑誌などが置かれているスペースがあった。

それではここで、今回見たプラネタリウム作品の感想である。
この話は大きく二つに分かれていて前半がプラネタリウムらしく星空を見上げる物であり後半は“ゆきのひみつ”と有る様に雪の謎に迫る話である。そしてこのガイド(つまり、しまじろう達に色々と説明する役)は前半は父・しまたろうが後半はゲストキャラの雪ダルマであった。そしてこの前半の星空観賞の部分では大人でも楽しめるものであったと感じる。後半は見ていると「何処かで見たことある話だな・・・」と感じた。

ここだけの話であるが実を言うとこの話の後半はしまじろうヘソカの「雪のひみつ」と内容が微妙に似ている気がした。最もあっちのゲストキャラは結晶だったがこっちは雪ダルマがゲストキャラだったという感じである。しかしこちらも其れなりに面白みがあったので良かったと思う。(雪ダルマの中の人がカービィだったということもあるしw)

そして、最後にやはり何といっても降板したらむりんが居たことが一番の誇りである。降板してから間もなく3年となるが果たしてらむりんは今のアニメで再登場することはあるのだろうか・・・?是非其れを期待したい。アニメに於いてもにゃっきいとらむりんの共演を是非見てみたい所である。
因みに作品は完璧な3DCG作品なので登場キャラはコマ送り再生の様に動いていた。(一部アニメーション部分もあったが・・・)
それと、他の客は見事にほぼ親子連れだったwww一人だけあの青いしまじろうのナイロン袋持って歩いている姿を他の客にはどう見えたんだろうか・・・(特に子どもには(実際、「しまじろ~!!」と言いながらナイロン袋を指差す子どももいたw))
それでは、前回・今回と2回に亘って多摩センターのリポートをお届けしたが如何だったであろうか?多摩には5日間滞在したが仲間も引き連れて楽しさが倍増したと思う。又機会があれば多摩センターに足を運んでみたいと感じた。

そんな訳で今年もどうぞ宜しくお願いします!!


宜しければこちらも合わせてご覧下さい。

しまじろうに会える街?~多摩センター旅行記~ その1 しまじろう広場編

さて、今回は前回にも予告した通りしまじろうに会える街として有名(?)な多摩センターの旅行記である。

位置するのは多摩市と言うことを以前にも記述したが其れでは早速旅行記を記したいと思う。
今回は大きく二つに分け先ずその1として多摩センターの様子や“しまじろう広場”について記したいと思う。

其れではスタート。

去る12月19日~23日、クリスマスが迫ってきた中、“しまじろうに会える街”を目指し、多摩センターへ旅行をした。
今回は日程の前半に行った“しまじろう広場”などのレビューである。

先ずは多摩モノレールで多摩センターへ。
CIMG8902_convert_20141228214349.jpg
そして、終点多摩センターで下車する。
CIMG8912_convert_20141228214517.jpg
改札を出ると・・・
CIMG8915_convert_20141228214630.jpg
この看板に沿って左へ進む。
CIMG8918_convert_20141228214739.jpg
駅を出ると地図には“ハローキティに会える街”という記述と共に地図が描かれている。
ここにはまだしまじろうは居ない。

更に京王・小田急多摩センター駅方面に向かう。
CIMG8957_convert_20141228215123.jpg
そして京王・小田急多摩センター駅前で右(駅とは逆方向)へと進んで行く。
CIMG8960_convert_20141228215856.jpg
ふと、脇の看板を見ると・・・。
CIMG8962_convert_20141228220005.jpg
キティと共にしまじろうが2ショットしている物があった。
そう、ここから“しまじろうに会える街”の道標は始まるのである。
CIMG8963_convert_20141228220141.jpg
そして、更に道を進めると・・・
CIMG8965_convert_20141228221026.jpg
ここで十字路になる。
CIMG8967_convert_20141228220247.jpg
地図に沿ってこの十字路を左へ曲がる。
CIMG8968_convert_20141228220355.jpg
又キティとしまじろうが案内を示している。
CIMG8969_convert_20141228221419.jpg
そしてここを左に曲がり更に道なりに進む。
CIMG8970_convert_20141228221538.jpg
だいぶ進みふと右を見ると・・・
CIMG8975_convert_20141228221914.jpg
CIMG8971_convert_20141228221641.jpg
多摩では一番高いビルであのしまじろうを生み出した会社ベネッセコーポレーションが聳え立っていた。
本社は岡山だがここの社員はここが本社だと言い張っているらしい・・・
どうやらこの辺に“しまじろう広場”があるものだと思われる。
CIMG8973_convert_20141228221753.jpg
クリスマス直前なのでやはりイベントも行っていた。

そして、広場があるのはベネッセの東側だと言うので更に歩を進めると・・・。
CIMG8999_convert_20141228223544.jpg

CIMG9000_convert_20141228223807.jpg
ちゃれんじ園のイラストが脇の建物にあった。
CIMG9001_convert_20141228223947.jpg
しかし、この中にはアニメに出ていないキャラも存在する。(にゃみえ、ごんた、たろは分かるが・・・あの鼠は誰だろう?)
逆にたまさぶろうはここにはいなかった。
CIMG9002_convert_20141228224139.jpg
こっち側は記念撮影用のパネル(よく観光地とかに行くと在りがちな顔の部分が切り抜かれている奴)のつもりなのだろうか?

そしてこの横に広がっているのが・・・
CIMG8981_convert_20141228225323.jpg
“しまじろう広場”である。
あの有名なしまじろうとキティの2ショットの像もあった。
そして、こんなものもあった。
CIMG8984_convert_20141228233814.jpg
しまじろうのからくり時計であるしまじろうともだちとけいである。
CIMG8985_convert_20141228233905.jpg
この時間帯にパフォーマンスするとのこと。
[広告] VPS

パフォーマンスの様子。

さて、次回はこの“しまじろうに会える街”の元にもなったベネッセのリポートなどをお届けしようと思う。

因みに・・・
CIMG9454_convert_20141228233954.jpg
前述した期間の間に左側のしまじろうが描かれている袋をぶら下げて歩いている人を多摩センターで見かけたということであれば其れが自分であるw(右側はイベント参加した時に貰った。)
気にしている人はいないとは思うが一応ご報告までwww