しまじろうに於ける、“正体不明”キャラに迫る。

アニメには、明かされていることもあれば、明かされていないこともある。
其れは、設定や舞台等、多岐に及ぶが、其の中でも、言わば“正体不明”と呼ばれるキャラも居る。

では先ず、“正体不明”キャラとはどのようなキャラを指すか?

正体不明キャラと言えば、大体イメージされるのは、特にRPGのようなアニメの場合、言わば“黒幕”が居て、その黒幕の正体が謎に包まれていると言う感じだろう。
だが、このしまじろうはそんな“冒険”をこなすようなアニメではない。唯、主人公や其の仲間の日常を描いているだけである。

だが、そんなアニメでも、“正体不明”キャラが居るのである。

では先ず、正体不明キャラとして、自分は以下に分類した。

1, 姿も見せなければ、声も出さないキャラ(つまり、完全に“ベールに包まれている。”)
2, 姿は見せないが、声は出すキャラ(例:「アリス探偵局」アリスの母 等)
3, 声の有無に寄らず、姿は見せるが、体の一部分のみ(足元のみだったり、顔が出ても鼻から下のみだったり等多岐に及ぶ。)や後姿しか出ず、“素顔”が不明のキャラ(例:「忍たま乱太郎」山田伝蔵の妻、「頭文字D」茂木なつきの“パパ”原作では、姿が見えているコマもあったらしいが・・・。等)

さて、そうした上で、しまじろうの“正体不明”キャラを探っていくと、1が多く該当する。
例として・・・
jhb_convert_20160625224606.png
ドット・からくさ・ペイズリー(ドカペ)の両親である。

アニメ内ではよく「母ちゃん」や「父ちゃん」なる人物の話をしていたが、姿を見せたことも無ければ声も出したことすらない。
これは、しましまとらのしまじろう第424話「森のメリーゴーラウンド」では、遊園地に父親と行く描写があり、父親の待ち合わせ場所に行くシーンも描かれていたが、「あ、父ちゃんが待っている!オーイ!」と父親の元に駆け寄るシーンで、シーンチェンジしていた。(当然、其のシーンは“父親目線”のような描写だった。)又、観覧車から高所恐怖のドット以外の二人が、父親が手を振っている所に気付く描写もあった。
其れ以外にも、第436話「お池の宝もの」のオチで、泥だらけにして帰ってきたドカペを母親が締め出すシーンがあったが、其の時も母親は声だしを含め出演していない。

つまり、しまじろうに於ける正体不明キャラの典型的な例として、ドカペの両親が挙げられるだろう。余談だが、しまとら開始当初に、ある人が「ドカペの両親は何時出るんだ?」と待っていることを綴っているサイトが嘗てあった。

又、同じように両親が居ることは明らかだが、姿を見せないキャラとして以下のキャラも居た。
hb_convert_20160625224509.png
ドカペの後任キャラであるマルオ・サンカク・シカク(モグラ(マサシ)三兄弟)や、
e5js_convert_20170415180528.png
一時期、ドカペの“代役”だったジャン・ケン兄弟も居た。

マサシの場合は、あんまり両親云々の描写は其れほど無かったが、ジャン・ケン兄弟の場合は、例としてはっけんたいけんだいすき!しまじろう第70話「知らない形」で、玩具屋の前を通りかかった際、ジャンがケンに「良いことをして、母ちゃんにこれ買って貰おうな!」と言うシーンがあった。

l5twsd_convert_20170211205341.png
そして今は、ぽん太郎の両親が“正体不明”キャラのままである。

彼の場合は、現在でも出演しているのでいつかは姿を現す日が来るかも知れない。
これはにゃっきいの父親も同じことである。(だが、にゃっきいの父親に関しては、アニメ内で一度も語られたことが無いので、姿を現すかは不明である。)
他に、みみりんの祖父母やさくらの祖父母等も未だに“正体不明”キャラである。みみりんはどちら方とも不明。

しまじろうの場合は正体は完全に見せるか見せないで、白黒はっきりしていて、若し見せない場合は声も出さなければ、姿も見せないのが普通であった。
だが最近になって、上記の3に該当するキャラが出始めた。其れは、きっこの母親である。(「母親である」と言う確証は無いが・・・。)

きっこはちゃれんじ園の仲間の一人だが、ちゃれんじ園の“保護者”キャラは、以下の人物は登場している。
iety_convert_20170415180546.png
かんたの父で、医者のかんきち(さくらは彼を「かばやま先生」と呼ぶ。)
jne_convert_20160827230815.png
まるりんの父で、パン職人のまるた因みに、“中の人”はしまじろうの実の旦那
tqws_convert_20160827230944.png
まるりんの母で、同じくパン職人のささこ
uyry_convert_20160305113948.png
たまさぶろうの母のまどかが居る。余談だが、第106話「みみりんの やさしさ」でたまさぶろうとオソロのブレスレットを“偽装”した際、きっこは「母親が彼女と知り合い」と嘘を吐いた。

だが彼らは、正体も明らかであれば、名前も明らかなキャラである。
さて話を戻して、きっこの母親は以下の人物になる。
rjttr_convert_20170415175618.png

oyjk_convert_20170415175536.png
この後姿を見せたのは、第106話「みみりんの やさしさ」と第249話「ハッピー バレンタイン」の二話である。だがこのように、後姿のみの登場なので、ある意味正体不明キャラである。

そしてこれは、
qegr_convert_20170415175602.png
第41話「おれいの きもち」で、けんとが父親に肩叩きをするシーンで、其の父親が後姿で登場しているので、一応正体不明キャラとして扱ってもいいだろう。

これ以外に、ちゃれんじ園の仲間だとぞうたが母親について語るシーンがあったり、第204話「ずっとずっと ともだちだよ」でぶうたが引っ越すことになった理由として、「父親の転勤によるもの」だったので、父親について語られたことや、さくらこも「母親と出掛ける」ことを語るシーン等、やはり他にも居る。余談だが、さくらこには兄が居るらしい。(年齢差5歳)
だが、上記のきっことの違いは、姿を見せない、上に記した1に該当することである。

そして、ちゃれんじ園の保護者キャラは、ささこ以外は今のわお!になってから登場しているので、恐らく今後も誰かしら登場する可能性はあるだろう。
更に何よりも特徴的なのは、姿を見せる以外にも、EDで名前が明らかになると言う特徴もある。なので若し、誰かしらの保護者が登場した際は、EDには注目である。

さて、しまじろうに於ける正体不明キャラを扱ったが、では上記の2に該当するキャラは居ないのか?と言う疑問も生じるだろう。

実は、しまじろうのわお!第168話「おかあさんは チャレンジャー」で、七夕の準備を手伝っていたある園児が声のみの出演だったことがある。其れが自分が確認した、2の例である。因みにこの話は、わお!のささこ初登場回でもある。

とまあ、言いたいこととしてはしまじろうアニメの場合、正体を現すか現さないか“白黒はっきりしている”ということである。


其れではここからは、今週のしまじろうについてである。(BS11の場合は、4月17日の放送になる。)


今週は、しまじろうがぞうた・もんたを相手に、「みみにゃき、どちらが“姉”として適任か?」と言うことで、論争すると言う展開であった。
だが、これを偶々、“聞き耳”していたみみにゃきは「どちらが好みか?」と履き違え、ある意味“スランプ”に陥り、其処で“入れ替え”をしてみればどうか?と言うことになった訳である。

このことについてだが、自分がどちらかと答えられたら、即答する自信がある。
今回、もんたがみみりん派、ぞうたがにゃっきい派と答えていたが、自分からして見るとどちらでもない。
では誰なのか?
ejdtt_convert_20160123215621.png
そう、みみにゃきには悪いが、自分は断然、らむりん派である。

今回は其のぞうた、もんたが、みみにゃきの長所・短所を挙げていたが、らむりんの場合は以下の長所・短所が挙げられる。

短所・・・意外と神経質になり易く、一寸したことで怒ることがある。

にゃっきいも神経質な所はある物の、らむりん程ではない。
だが、怒り易い性格としては、自分が見るらむりんの短所である。

では、長所はと言うと・・・。

長所・・・精神年齢がしまじろう達よりも高く、時に“姉貴分”として頼りにされる。

これも同じようににゃっきいと比較してみる。
にゃっきいも映画のDVD等のプロフィールでは「お姉さん的存在」と書かれているが、らむりん程ではないだろう。
と言うのも、前にも述べたが、らむりんの場合は各々が違う方向に導こうとするのを止めたり、其れから起こることを予見することがあったが、にゃっきいの場合は、少し躊躇いつつも、結局違う方向に行くことがある。又、騒動等の“仲裁”を上手く行えるのも、らむりんならではと言える。

だがにゃっきいも、スポーツ万能な“男勝り”な所や女児の遊びを好まない“女の子離れ”の典型的なキャラと言える。特に、第116話「おりがみなんて つまらない」では、“シール採集”と言う女子が好むようなことには夢中にならず、しまとりの“チャンバラごっこ”に加わる一面もあった。だが、らむりんはしましまとらのしまじろう第560話「きらきらシール」では、みみりんと共にシール採集をし、あるレアシールのことでみみりんと喧嘩したこともあった。
ここが、らむにゃきの典型的な違いと言えよう。

らむりんは幾ら、神経質な所があるにしても、にゃっきいのようにスポーツ万能では無い(そもそも運動音痴)し、男児が好むような遊びはしない。

と言うことで結論は、若し、「みみにゃきのどちらが姉貴分か?」と尋ねられたら、自分の場合は、断然らむりん以外有り得ない。これは、らむりんの居ない今でも同じである。仲間を上手く纏められるのは、言うまでもなくらむりん唯一人だけなのだから。余談だが、にゃっきいはこれで制服のある学校に行った際も「プリーツスカートのような女の子の格好はしたくない!」と駄々を捏ねそうな気もする。(事実、小学校の頃は、Gパンだったというある女子の話を聞いたことがある。)

では次。
ここで、今週のゲストの登場だが、何せ今週は以外にも登場キャラが多かったので、このブログのゲストも盛り沢山である。
と言うことで先ずは、ちゃれんじ園の仲間から。
Non_convert_20170401205452.png
???「何、私じゃないのか?・・・其れより、何でこのドア鍵掛かっているんだ?・・・まあ良い、私も其の内呼ばれるだろうから、ここで待っていよう。今回は私が登場した事だけでなく先週と先々週登場の園長先生に頼まれてきたんだからな!」

(あの久万親父め・・・。2週連続でこの部屋に入れてくれなかったからって、“あいつ”を雇わせるなんて・・・。)

さて気を取り直して、ゲストの登場である。
thbd_convert_20170415211450.png
まるりん「今日は招いてくれて有り難う!」
さくらこ「私からも宜しくね!」

ajgjhgf_convert_20151107204042.png
もんた「今週はお招き頂きまして、有り難う御座います。今日は宜しくお願いします!」
54wh_convert_20170415211152.png
ぞうた「去年11月以来の僕の出番だぞう!久々の出番の後に呼んでくれて有り難う!」

さて、ここからは彼ら4人とお送りすることにする。

今回は、ぞうたが去年11月、もんたが去年10月、まるりん・さくらこが去年12月以来の出演であった。
其の中でも、嘗てぶうたが居た頃は、他のちゃれんじ園のメンツと比較すると、断然出番が多かったぞうたが久々に活躍出来たのは、ぞうたにとっては何よりだったと思う。
knv_convert_20160903221242.png
ぞうた「そうだな。くまっきいが登場した当初は、僕の近くに付きっ切りだったのに、何時の間にか独り立ちして、月1回で出るなんてな・・・。最初はズルいと思ったけど、でも僕はくまっきいを何時でも応援しているし・・・。」
esyo_convert_20160528205151.png
ぞうた「でも僕は最近、テレビせとうちから全然声が掛からなくなったから、本当に心配したんだぞう。くまっきいばっかり出てて、今まで一番出れていたこの僕が出れなくなるなんて、其れだけは嫌だったんだぞう。」

このことに関して。
確かに、ぞうたは、ぶうたが居た頃はあの豹さんが加入してきた後でも、其れなりに出番はあった。所が最近は、其のぞうたの言うくまっきいの“圧力”を受け、ぞうたですら出番が危うい状態になっていた。余談だが、今回もぞうたは「くまっきいと約束がある。」と言って、公園を後にしていた。
自分的には、最初の頃は「ぞうたとぶうた、お前らは出過ぎなんだよ!」と思っていたが、くまっきいの圧力を受けてからは、ぞうたの見る目は変わった気がした。
llkjg_convert_20160528205310.png
ぞうた「そうだぞう!何でテレビせとうちは僕の出番まで減らしたんだぞう!僕よりもくまっきいを出すことの方が大事なのか気になるぞう!」
oefhj_convert_20170415211310.png
もんた「でもぞうた、今週の僕の出番どの位か知っている?冒頭の2~3分だよ?ぞうたは後半にも出ていたけど、僕は出ていなかったんですけど・・・?ぞうた、人のこと言えるでしょうか?」
ぞうた「そう言えば、お前と出たのはぶうたの変わりに、サッカーやった以来だっけ?あの時のお前、自分から運動が下手だとかって堂々と言っちゃってさ・・・。今回、もんたと出たことは良いんだか悪いんだか、分からないぞう・・・。」
8kyh_convert_20170415211136.png
もんた「ぞうた!其れは今回、僕がお荷物だったってことですか?ぞうた、考えて欲しい。今まで、確かに出番が多かった。でも、今回のように間隔が空くのが普通の気がするんだけどね・・・。僕なんて大体これ位の頻度だってことを理解しているのか?」
oonb_convert_20170415211931.png
ぞうた「じゃあお前はテレビせとうちの見方なのか?敵なのか?今まで僕とぶうたが多く出して貰ったのは、テレビせとうちが太っ腹だったからだと思っているんだぞう。其れをお前は、今回の間が空いたのは、テレビせとうちはくまっきいにしか本命にならなくなったと言うのか?」
もんた「・・・一寸失礼・・・。」
dj_convert_20170415211916.png
もんた「すみません、ぞうたが僕に喧嘩を売ってきたみたいで申し訳ないですが、僕には何か話はありますか?」

じゃあ聞くが、何で最近のアニメでのお前は、そう言う丁寧口調じゃないんだ?
ヘソカの頃とか、以前は同級生にも丁寧口調で話していたと言うのに・・・。
e56u_convert_20170415211208.png
もんた「え・・・あ、其れはですね・・・何時だったか知らないんですけど、テレビせとうちから「同級生には同級生らしく、タメ口で良いんじゃないか?」とお咎めを貰いましてね、其れで口調が普通になったんですよ・・・。まあ僕は言わば“秀才”キャラなんで、丁寧に接した方が良いのかなとも思いましたが、やっぱり、普通に話すことにしようかなって訳になって・・・。」

だけどやっぱりお前、丁寧口調の方が合っている気がするよ。
お前が言う秀才キャラならば、何かそっちのイメージなんだがね・・・。
llkjg_convert_20160528205310.png
ぞうた「おいもんた!僕の質問に答えろ!結局、お前はテレビせとうちを庇うのか?攻めるのか?」
8kyh_convert_20170415211136.png
もんた「そんなに文句があるならテレビせとうちに言いなよ!僕はテレビせとうちのスタッフじゃないんだよ!だけど僕は、ぞうたもこれ位間が空くのが普通だと思っている!其れ以上でも其れ以下でもない。其れかくまっきいに説得してみるんだね!ま、絶交を告げられても、僕には関係ないからね。自己責任でどうぞ!」
oonb_convert_20170415211931.png
ぞうた「煩いぞう!それにくまっきいに反論するなんて僕には無理だぞう!もんた、お前がやれ!さもなければ、お前とは二度と出てやらんからな!」
もんた「何でぞうたのことを僕がやらなきゃいけないんだ!ぞうたは大体我侭すぎる・・・。」


あの・・・喧嘩するなら外でやってくれないか?
と言う訳で、こいつらを摘み出してくれ。
(摘み出されて退場)

iuyg_convert_20160702183757.png
まるりん「あの・・・其れで私達は何をすれば?」
7edg_convert_20170415211106.png
さくらこ「もう、ぞうたももんたも・・・早く、私達に降って頂戴!」

はいはいでは・・・。
今回のさくらことまるりんは、後半で本来のみみにゃきのポジションを入れ替えた際の、飯事で登場したのである。
だが今回は、さくらこのみの“単体”シーンが無い上に、台詞もまるりんと被っていて、台詞も少なかったと言う問題もあった。
そして、今回のまるりんもやはり、くまっきいの“圧力”を受けていると感じている。

まるりんもぞうぶうに続いて出番の多いキャラであり、七夕が誕生日の彼女は、しまじろう以外に誕生日を祝われたことがある。
werwf_convert_20160604114224.png
さくらこ「でも私の誕生日も3月3日の雛祭りで、まるりんのように祝われていい筈よ。雛祭りの話はやったことがあるのに、どうして私の誕生日はやらないのかしら?」

ご尤も。
今年も結局、誕生日間近にくまっきいに出番を取られ、祝われず仕舞いであった。
jtf_convert_20160604113727.png
まるりん「でもさくらこ、私去年は祝われなかったけど、私は誕生日の話しをやるとかそう言うの意識していないから・・・。」
ujhi_convert_20170415211508.png
さくらこ「じゃあ貴方はどうかしら?やっぱり、雛祭りが誕生日の私を祝ってもいいと思うでしょ?」

勿論だ。
しまじろうは毎年、端午の節句と同時に誕生日を祝う―其れを当て嵌めると、雛祭りと同時に、さくらこの誕生日を祝う
其れが当たり前のように思えてくる。

あ、所でさくらこは、らむりんと誕生日が同じだってことは覚えている?
jjy_convert_20160528205245.png
さくらこ「そうだったわね・・・。私、らむりんと同じだったんだよね。まあこれから祝われるとしても、一緒に祝うことは無いかもしれないけど・・・。」
ikmt_convert_20170415211228.png
まるりん「話し変わっちゃうけど・・・最近、私たちが出ると何できっこが呼ばれないのかしら?くまっきいが引っ越してきてから、きっこと出たこと無いんだけど・・・。」

ではそのまるりんの話を・・・。

確かに、ここ最近“女子組”は、まる・さく・きこの三人が揃うのを見ない。これは、くまっきいが加わる前から言えた。
3年前のアニメが公式YouTubeでうpされているが、あの頃は大体三人揃っていることが多かった。なのに何故か、最近は三人揃わなくなった。
果たして、どのような意図があるのか気になる所である。

其れとさくらこ、是非お前のみしか出ない話もやって欲しいんだがね・・・。
特に、将来が歌手のお前からすると、あの音痴鸚鵡を調教する的な話で使えそうなんだがな・・・。
ujhi_convert_20170415211508.png
さくらこ「其れいいわね!あのとりっぴいが音痴なのかは良く分からないけど、でも将来の夢が歌手同士だと其れ凄く良いと思う!今度、テレビせとうちに頼んでみようかしら・・・。」

是非頼むな。
さて、さくらことまるりんも、そろそろ次のゲストが来るから、この辺でお開きにしたいんだが・・・。
ptkm_convert_20170415211331.png
さくらこ「うん、それじゃあ又ね。今回は色々と気遣ってくれて有り難う!」
ikmt_convert_20170415211228.png
まるりん「さっき、もんたとぞうたが喧嘩していて、一寸心配だったけど、色々な話が出来て楽しかったわ!次は七夕の私の誕生日の頃かしらね?それか家(パン屋)の話かな?若しそっちになったら、お父さんとお母さんを宜しくね!それじゃあ又ね!」

では続いてのゲストに登場頂こう。
wger_convert_20170415211528.png
よりこ「こんにちは・・・。今回、久々にテレビせとうちさんに呼ばれたと思ったら、貴方にも呼んでいただいて嬉しい限りだわ。それと、孫のにゃっきいとにいすけを好きだなんて言ってくれて凄く嬉しいわ。今回は宜しくね!」


さて、よりこは今回去年8月以来の登場だった。
このことに関し、前回桃山家で登場したのが、ねねのみで珍しいと思っていたが、今回は普段ねねの居ないにゃっきいの“相談役”でもあるよりこが登場し、“何時もの”桃山家を見た気がした。
e56_convert_20160611214940.png
よりこ「それより貴方も、にゃっきいと同じ位の頃、母親が仕事の時は私のように、祖母に教育されていたんだって?それににいすけのような小学生の兄も居たなんて、こんな所で家と同じ環境で育った人が居るなんて吃驚だわ!」よりこがねねの母親なら、正に幼少期の自分なんだがな・・・。

これに関しては、過去に何度も述べているので端折るが、よりこの言う通りである。
なので、桃山家の場面が出ると、自分からすると幼少期を思い出す。そう感じる次第である。因みに、にゃっきいん家との違いも、過去に述べているので参照せよ。

にゃっきいそのものが、幼児期の自分―そう例えても過言ではない。

qavh_convert_20170415211351.png
よりこ「でも私としては、縞野さん、緑原さん、空野さんの家族の出番もそこそこあるんだから、私達桃山家も、もっと出すべきだと思っているのにね・・・。今日視ていた視聴者の方の中で、初めましてって方も居たんじゃないかしら・・・?」

桃山家だと、にいすけをここ最近、視ていない。
其れににいすけは、はなやとりぴは“組”を作ることがあるが、其処ににいすけが加わると言った描写を視たことが無い。
ここで大切になるのは、やはりにいすけはメインキャラの“兄弟キャラ”なのだから、彼もはなやとりぴ並みに出るべきである。

後、直前のみみりんの両親のシーンがそこそこあったんだから、もう少しお前が出てくれれば良かったんだがな・・・。
7isrfg_convert_20170415211121.png
よりこ「そう言えばそうね。今回私としても、出る意味があったのかって思ったよ・・・。私は出れたことは嬉しかったけど、やっぱりもっと出たかったわね。」

でもまあ、よりこが元気そうで安心したよ。
どうかこれからも、宜しく頼む。
wger_convert_20170415211528.png
よりこ「そう心配していただけると有り難いわ。それじゃあ私はこの辺で。このブログにも色々な方を招けるように、頑張るのよ!」

さて、これで今回のゲストとの対談は終わりである。

Non_convert_20170401205452.png
???(え?終わり?私は今回、園長先生と同じく「ちゃれんじ園オフ」の出演を頼みに来たと言うのに・・・。ああ、早く開けてくれないかな・・・ここの鍵・・・。)

さて、今回もとりっぴいの“お荷物”としている、飛ぶシーンが無かったことが問題だった。
とりっぴいは冒頭、約束に遅れそうに来ていたが、これに関しては先々週、「一大事を知らせに来たんだったら飛んで来いよ!」と思ったことと同じである。

あの緑鸚鵡が唯羽広げるだけで走るのみのシーンは、「何のための唯一の鳥類キャラなんだ?」と何時も思う。先週は、久万親父の不意を付いている際に、飛ぶシーンがあったが、ああ言った感じを含めて、飛ぶシーンを毎週出さないのは、本当にとりっぴいが邪魔になってくる。

なので、とりっぴいがお荷物に感じた時に思うことを、大にして伝えよう。

飛ばないとりっぴいを降板させて、らむりんを返せ!!

所で、とりっぴいに関しては、しまコンでも飛ぶシーンがあってもいいと感じる。
と言うのも、同じコンサートホールで開かれる「それいけ!アンパンマンミュージアム」では、其のアンパンマンが飛ぶシーンが普通にあるからである。
舞台装置云々で難しいかも知れないが、其れを考えると、しまコンでもとりっぴいが飛ぶのは不可能ではないと感じている。
是非、着ぐるみのとりっぴいが“飛ぶ”シーンを期待したい。

さて、アニメに関しては以上n・・・(ノック音)
Non_convert_20170401205452.png
???「オ~イ!私だよ!草太だ!今回、出演したのと園長先生にも頼まれて来たんだけど、ドアを開けてくれないか~?」

(あの久万親父・・・。このブログに通してくれなかった腹癒せなのか、他の「ちゃれんじ園オフ」に出していないキャラを使ってくるとは・・・。

悪いけど、お前の其の態度を改めない限り、お前は出す訳には行かない。
今回だってな、この間よりは自重していたかも知れないが、みみりんがキャッチし損なった所を「骨折しちゃう~!!」なんてオーバーになりやがって!

Non_convert_20170401205452.png
草太「頼むから私を出してくれ!私ならどんな些細なことでも解決する自信があるから~!」

黙れ、く草太!
今回、お前が居なければ、文句は無い話だったよ。
何で、みみりんがれんげと話していた中で、お前が介入してきたんだよ!
gjghjg_convert_20151024232026.png
ドット「みみりんの父ちゃん、俺のこの声は俺だけで十分だ!俺と声が一緒だからって、真似しないでくれ!」
Non_convert_20170401205452.png
草太「一寸ドット君・・・聞いてくれ、私は今は君と同じ声質なんだよ!だから一緒でも仕方ないじゃないか・・・。」

兎に角、あの久万親父に頼まれたにしても、お前の態度が改まらない限り、「ちゃれんじ園オフ」には出せない。それに呼んでも無いのに来るな!このキ○ガイ兎!!お前、いい加減帰らんと、酷い目に合わすぞ?

Non_convert_20170401205452.png
草太「お、おい!私には未だ話があるんだ・・・。頼むからこの中に入れてくれ・・・。」(連行人に連れ出され退場。)

あ、因みに、れんげは呼び忘れていたので悪しからず・・・。草太の話は、れんげを介して伝えて欲しかったと思っているのは言うまでも無い。

てな訳で、今月はワースト3キャラが3週連続で出ると言う、未だに“爽やかな土曜日”を迎えられていない。
次回こそは出ないことを期待したい。これでワースト2の糞豹出たら冗談じゃない!

さて、アニメ以外だと・・・
ik5_convert_20170415200740.png
しまパペのこのコーナーが久々にあった。

所で、このパぺだが、自分も同じことを先日やりましたw同じパペットがあるからこそ、これが出来た。)
と言う訳で、其のしまパぺのシーンを完全では無いかも知れないが、やってみることとする。

IMG_2395_convert_20170416003006.jpg
ナレーター「あれ~ここは何処?電車の中・・・?」
IMG_2397_convert_20170416002922.jpg
ナレーター「しまじろう、一寸外を見てみてよ!」
IMG_2420_convert_20170416003108.jpg
ナレーター「あっという間に駅に着いたね。」にじいろメガホンはスルーして下さいw
IMG_2406_convert_20170416003145.jpg
ナレーター「ここは新幹線の中!しまじろう、今日はプニたんと新幹線でお出掛け!」

以上、つまらない小芝居にお付き合いいただき、有難う。

其れ以外に、今週は去年度までと曲と「しまじゃん」以外は、大差が無かった気がした。

さて、先週も話したが、前番組「フューチャーカード バディーファイトX」の予告の後の「バディーじゃんけん」の後に「しまじゃん」がある件だが、今週は「バディーじゃんけん」がグーで「しまじゃん」はチョキだった。

つまり、「バディーじゃんけん」で勝って、「しまじゃん」でパーを出したら負けで、チョキだったら、最初は負けて、次はあいこだった―唯それだけである。

だが其の一方、今週はしまコンの予告は無かった。
一方で、今週公式YouTubeでうpされていた過去アニメには、何と英コンの予告があった。是非とも、英コンの予告もアニメで流して欲しいと感じる次第である。


そんな今週の話だったが、次回は恐らくガオガオが苺狩りを企画したが、とりっぴいのみ行けなくなるという話である。
予告中、さくらこの姿があったので、若しかすると2週連続の登場になるかも知れない。
sryju_convert_20170204210125.png
きっこ「後は私が出るかも知れないから、皆宜しくね!久々にさくらこと共演するの、楽しみだな~・・・。」
kfyu_convert_20170415211246.png
さくらこ「私が二週連続で出るのも久々ね!でも出るかどうかは次回の話をお楽しみに!」

と言うことで次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。

Non_convert_20170401205452.png
もんた「ぞうたなんかぶうたと一緒に過ごしなよ!ぞうたはくまっきいよりも、ぶうたの方が断然お似合いだよ!」
ぞうた「もんたも図鑑ばっかり読んでないで、スポーツでもしたらどうだ?もんたとサッカーやるよりもにゃっきいとやった方が何百倍もマシだぞう!」
もんた「未だそんな過去の話にこだわるのか!僕は何度も言う、スポーツは・・・(ry」


ま、このブログはこれで終わりだけど、あいつらには懲りるまで続けさせておこう。(この後、施錠して帰るから、あいつ等閉じ込めちまうがな・・・。)
スポンサーサイト

メインキャラクターの親族の謎に迫る

しまじろうアニメで一番特徴的だと感じること、

其れは、メインキャラの親族の殆んどに名前の設定があることである。しかも、其ればかりだけではなく、ちゃれんじ園のメンツにも、親が登場していれば、ちゃんと名前の設定がある。
勿論、他のアニメを見ると主人公の両親のみだったり、例え主人公の両親でも片方にしか設定が無い(片親の場合やどちらか一方が未登場の場合を除く)、若しくは、そもそも名前の設定が無いと言う物だってある。

又、祖父母(祖父は今の所しまじろうのみ、嘗てはとりっぴいも出ていた(後述))が登場しているアニメであると言う特徴もある。
では、血の繋がりはどうなっているのだろうか?

と言う訳で、メインキャラの親族の家系図を作ってみることにした。

先ずは、しまじろうから。
Shimano.png
しまじろうの場合は、縞野一家としまたろうの両親が登場している。又、嘗ては従兄弟として、トミーが居た。其のトミーは、さくらの兄、即ちしまじろう(とはな)の“伯父”の子である。

しま吉とすみれは、しまたろうの両親と前述したが、これはしまたろうがしま吉やすみれを「父さん」、「母さん」と呼んでいることからである。
つまり、「縞野」と言う苗字はしまたろうは生まれてからこのままである。又、しま吉も名前に「しま」が入っていることから、略間違いないだろう。(此処までの設定は無いが・・・。)

そして、縞野家の更なる先祖に「しまざえもん」と言う人物も居る。(しまじろうのわお!第71話「しましまがいっぱい!」)
nvbf_convert_20160821113903.png
縞野しまざえもん(但し、何代前かは不明)

まあ例えれば、「サザエさん」で、盆や彼岸の時期に登場する磯野家の“ご先祖様”の磯野藻屑源素太皆(いそのもくずみなもとのすたみな)と見ていいだろう。

そして、さくらの旧姓は未だ判明していない。
と言うのも、しまたろうが生まれ付き、「縞野」という苗字である以上、さくらにはちゃんと旧姓がある。

他のアニメを見ると、主人公キャラの母親の旧姓の設定があるのはかなり見受けられる。(例:「ドラえもん」のび太の母・玉子の旧姓“片岡”、「クレしん」しんのすけの母・みさえの旧姓“小山”)
其れを考えれば、さくらにも旧姓の設定があっても良いんじゃ無いかと思う。(自分的な予想としては、苗字に“虎”が入っているのでは?と思う。(虎沢、虎山等))

又、嘗てのこちゃれEnglishのキャラで、しまじろうの従兄弟のトミーは、外国育ちと言う設定がある。と言うことは、しまじろうの伯父と“伯母”は、国際結婚をし、トミーは其の間に生まれた“ハーフ”の可能性も否定できない。尤もこの場合は、さくらの兄(即ち、しまじろうの伯父)が日本人で、義理の姉(しまじろうの伯母)が、外国人であろう。
と言うことは、トミーにはフルネームの設定は無いが、『トミー・○○(さくらの旧姓)・××(しまじろうの伯母の旧姓)』のような名前になるだろう。

さくら方の親族は、トミーのみしか設定は無かったが、
hg_convert_20160821113753.png
しまたろう方の親族はかなり大勢居るようである。(しまじろうのわお!第71話「しましまがいっぱい!」)
では、この中から縞野家の4人としま吉・すみれを探しましょう!まさに、「しまじろうを探せ!」であるwww正解はこのページの下部。トップページから見ている場合は、「続きを読む」をクリック。)

次に、みみりん。
Midorihara.png
みみりんは、今のメインキャラでは唯一の一人っ子なので、こんな所である。

他の親族に関しては、祖父母(どちら方かは不明)が居るようである。(しまじろうのわお!第179話「メイおばあさんありがとう」)(因みに、今のメインキャラでは唯一、祖父母が登場していない。)
又、れんげには弟(みみりんの叔父)が居るらしい。(しましまとらのしまじろう第50話A「ああ!片思い…」)

次に、とりっぴい。
Sorano.png
この家庭の特徴的なのは、“大家族”である。

とりぴの場合、誰が最初で誰が最後かと言う設定までは無いが、「とと・りり・ぴぴ」と呼ばれる位だから、恐らくこの順番だろう。
又、りりは嘗ては男だったが、今は女であると言う“性転換”した人物なのである。

そして、みちよは恐らくとりごろうの母親で間違いないと思う。と言うのも、とりごろうはみちよにタメ口を聞いているし、みちよもとりごろうを「とりごろう」と呼んでいるからである。
更に、みちよには亭主が居たらしい。(そもそも、みちよの亭主かどうかは不明である。彼はしまとら初期のみしか登場していない)この人物は、何かとガラクタをコレクションする一寸変わった人物だったらしい。
今の彼についてだが、とりっぴいは「七人家族」(祖父を含めれば八人)と答えるので、多分、別居しているか、逝去しているかのどちらかだろう。

次にらむりん。
Makiba.png
らむりんも、みみりん同様一人っ子だったので、このような家系である。
彼女はフランスに越したと言われているが、其れは父・まっせいの家が其処だからである。(実際、らむりんにとって最終回になったしまじろうヘソカ第101話「さよなららむりん」では、ゆめこが「お祖父ちゃんと過ごすんだから!」と言っていた。)唯、まっせいがフランス人と日本人のハーフなのかと言う設定は不明である。(偶々、仕事の関係とかでフランスに移り住んだ可能性もあるから。)

そして、他の親族は前述の祖父と叔母(ゆめこの妹)が居るらしい。そして、其の叔母には子どもが三人(らむりんの従兄弟)がいる。(しまじろうヘソカ第77話「はなちゃんの金メダル」)
sxcf_convert_20160820221851.png
この時の設定は、「双子の従兄弟が生まれた」とのことであった。

最後ににゃっきい。
Momoyama.png
にゃっきいはこのようになる。

若し、よりこがねねの母親であるとするならば、よりこの苗字も“桃山”なので、婿養子である。(唯、彼女の父親が未登場なので、其れが正しいかは分からないが・・・。)

では何故、ねねの母親がよりこと言えるのか。

と言うのも、ねねがよりこに対してタメ口を利いているからである。若し、嫁姑の関係だったら、こんな無礼な態度をとるわけには行かない。
そう言った意味から、よりことねねは親子関係であると思う。

今回は、このようにメインキャラの親族について見てきた。
推測の部分も目立つが、其れは明くまで、アニメでの各々のやり取りを見てから導いた結論である。


其れでは、ここからは今週のしまじろうについてである。(BS11の場合は、8月29日の放送になる。)


yh_convert_20160820094219.png
今週は上記にもあり、先週の予想通り「こはく」が出演している回であった。

そんな今回は、先月は磯辺の生物、特に「ヤドカリ」に焦点が当たっていたが、今回は森林の生物、「蝉」に焦点が当たっていた。そんな中で、印象に残ったこと。

先ず、冒頭で夏バテし掛けの時、にゃっきいが「敬老の日のイベントで歌う歌の練習をしたほうがいいんじゃない?」と問い掛けていた。
敬老の日と言えば、去年は独居のメイが主演の話をやっていたが、今年は「敬老会」なり「ふれあい回(しまじろうヘソカ第74話「おしえて! おばあちゃん」ではそんな名前だった)」の話をやるのだろうか?
だが若しそうだとするなら、其れこそメイの生き別れの息子が登場して欲しいと思う。(序でに、名前の設定も付加して・・・。)

次に、そんな彼らにガオガオが自然観察に誘った時である。

やはり、“虫恐怖”のみみりんが、少し躊躇いを見せていたが、そんなに怯えることは無かった。そしてそんな時、ガオガオが“空蝉(蝉の抜け殻)”を見つけたことから、蝉の生態を語っていたが・・・。

あれ?去年、あの糞くm・・・ちゃれんじ園園長が、同じこと言ってなかったか?

第172話「にゃっきいの なやみごと」を視れば、確かにあの熊さんが「鳴くのは雄だけ」と言うことや「雌に求愛するため」と言うことを話していた。
なのに、しまじろう達は「其れ、園長先生が前言ってたよ!」とならなかったのは何故だろうか?

そして次が衝撃的と言っても良い発言である。

ガオガオが、ミンミンゼミが孵化してから成虫になるまで5年掛かる(種類によっては7年位掛かるのも居る。)と言う発言を受けて、みみりんが次の台詞を放っていた。

「え~!じゃあ、5歳ってこと?みみりん達と同じじゃない!」

基本的に、しまじろうシリーズでは、年齢設定までは重視していない。
しかし、これは、しまじろう達が5歳であると言うことを裏付ける決定的な発言である。

実際、しまじろうやまるりんの誕生日では、蝋燭が5本立っていたし、ちゃれんじ園での担任は5歳児向けのこどもちゃれんじすてっぷと同じしか子だし、去年公開された映画「しまじろうとおおきなき」のDVDでも、しまじろうのプロフィールの所には「いもうとおもいの5さいのおとこのこ」と書かれていた。

だが其の一方で、ちゃれんじ園では「すてっぷ組」と言う表現は出ていない。しかし、前述の発言のことを考えると、やはり、しまじろう達は5歳であると言う設定を公式にした方がいい気がする。

さてアニメはこんな所で、其れ以外では・・・。

先ず、やはり先月の「こはく」出演回同様、今週の歌パートも既存の曲が歌われていた。
今週歌われたのは去年公開された映画「しまじろうとおおきなき」の挿入歌「おおきなきのうた」と「そんなサリゲナーシャ」の二曲だった。

其の中でも、「おおきなきのうた」は、先月の「こはく」出演回の時、海をテーマとしていたことから一昨年公開の「しまじろうとくじらのうた」の挿入歌「くじらのうたのうた」が歌われていたと言うことを当ブログで記した時、「若しかすると、今後、「こはく」出演回で、森をテーマにした話の時は、「おおきなきのうた」が歌われるのでは?」と予想していた。

其の予想が見事に的中したのである!

では次の「こはく」出演回は、今年の「ともだちポンクルトン」か?と思うかも知れないが、其れをテーマにした話を書くとすれば如何すれば良いのだろうか?「きょうのテーマは「えほん」!」とか?そもそも、先月プニたんが出た時やっちゃったしな・・・。

若し其れ以外だとすると3年前に公開された「しまじろうとフフのだいぼうけん」の挿入歌だろうか?挿入歌としては、「きのこ!きのこ!きのこ!」や「なないろのはなのうた」辺りだろう。そうなると、「きょうのテーマは「はな」!」や「「きのこ」!」かも知れない。因みに自分は、この曲自体を未だ知りませんw

次に、4~6月の「こはく」出演回では、新曲が歌われた。
所が、先月と今月は既存の曲に留まった。先月は、曲のバランスを考えると既存のままでも良かったが、今月は流石に新曲が欲しかったと思う。別に無くてもよかったが・・・。

其れ以外だと、今年の夏のしまじろうは何かがおかしいと感じる。

そう、しまたろうが実家に帰省をする話が無いのである。例年、この時期になるとしまたろうの実家に帰省し、しま吉とすみれと過ごすと言う話が描かれ、去年は2週連続で描かれたりもした。

所が、今年はそう言った物は無い。勿論、続き物の話ですら未だ無いのである。

何故なのか?
特に、先週辺りは、最近、お荷物に感じるとりっぴいの話をやらなくとも、しまたろうが実家に帰省するエピソードを2週連続でやって、来週辺りに今週の話をやっても良かった筈である。
erf_convert_20160820221428.png
しま吉「確かに変じゃ!私は、今年3月に1度出ているからいいが、しまたろうはこの間、しまじろう達と帰省をしたというのに、何で其の話をやらないんだ?」
ordc_convert_20160820221823.png
すみれ「私は未だ、今年は1度も登場していないのよ!今月、登場できるかと思ったらもう絶望的ね・・・。テレビせとうちさん、早く私や旦那を呼んで頂戴ね!」

今後、彼らの活躍は如何に?
特に、すみれは今年、出番はあるのだろうか?3月にしま吉と出ているが、彼女は台詞無しだったので登場とは見做さず。)

そんな今週の話だったが、次回はまるりん一族、ささき家の話である。

まるりんは、メインキャラ以外で唯一両親が揃って登場している。そして、この二人は、愈々新作の連載が始まる「ちゃれんじ園オフ」にも“被害者役”としても登場させた。父・まるたは、演じる声優がしまじろうを演じている南央美の旦那(うえだゆうじ)である。よって、“夫婦揃っての共演”の話になる。
母・ささこは、わお!では2回目の登場になる。彼女は、アニメに慣れただろうか?(前述の「ちゃれんじ園オフ」にも登場こそはさせたが・・・。)

又、まるりんはヘソカ時代にはちゃんと、夏服の描写があったので、やはり服装が気になる所である。其処は如何だろうか?

次回は、視れるかは分からないが、視れれば視たいと思う。

zc_convert_20160724114147.png
きりんた「再来週は、僕の誕生日に纏わる話をやってね!僕の誕生日は9月9日だから、其処の所は宜しくね!今月、かんたが祝って貰えなかった雪辱を、僕が晴らしてみせたいんだ!どうせなら、去年は憧れのライオンポリスと絡んだんだから、折角だからライオンポリスに祝って貰いたいな~!テレビせとうち、期待しているからね!!」

と言うことで、再来週はきりんたのために宜しくお願いします。

続きを読む

しまじろうシリーズの“警官”キャラの移り変わり

昨今のしまじろうシリーズを視ていて、ふと感じたことがあった。

其れは、警官キャラである。
この20年以上に渡るしまじろうシリーズに於いて、実は警官キャラも変わってきているのである。
其処で、歴代の警官キャラについて見て行こうと思う。

しまじろうシリーズに於いての警官キャラは3人居た。
其れでは先ずは、しまとら時代の警官から。
ur_convert_20160507202836.png
これが、しまとら時代の警官(CV:辻親八)である。

彼はまさに「犬のお巡りさん」の印象に相応しく、ブルドッグをモチーフにしている。
そして、彼の特徴を簡単に記すと、基本的に警官としての職務は全うしているが、時にパニックになることもあった。そして、しまじろう達は、強面と言うイメージがあるせい(今で言う所のセイっぽい所)か、何故か彼に困り事を相談することを躊躇う描写もあった。
だがしまじろうは、彼の勤務する交番で“一日署長”を勤めたりする等、好意的に接している印象が持たれた。又、彼は当初からは居らず、途中から加入したようであった。

次に、はっけん!時代の警官である。
20160507192736.jpg
アニメがリニューアルするのと同時に、警官もリニューアルした。そして、視た所、馬(?)をモチーフにしている。
唯、しまとら時代の警官は、しまじろう達とも好意的だったのに対し、こちらの警官は時偶に登場する程度に留まっていた。

こうして2人の警官が活躍し、今のわお!はと言うとご存知・・・、
r6u_convert_20160507202533.png
ライオンポリス(CV:山崎たくみ)である。

しかも彼は、こちゃれにも登場しているので、すてっぷ組の仲間(ちゃれんじ園の仲間)と同じ様なキャラ立ちと言っても宜しい。
所で、彼がレギュラーになったのはわお!になってからである。(すてっぷ組の場合はヘソカから。)だが、ヘソカ時代に1回だけ登場したことがあった。

こちらである。
20160507193010.jpg
これは、第85話「まるいの、なーんだ?」の時の登場シーンである。因みに、この時の彼の台詞は「ご苦労さん!」のみであった。(ま、そもそもとりっぴいと中の人繋がりだから、別にこれ以上はなんとも思わない。)
だが、ヘソカの時はこの時のみしか登場していない。そして、今は「ライオンポリス」と誰もが呼ぶ(そもそも、身近で警官を“愛称”で呼ぶ人とか居るんだろうか?(こち亀の両津勘吉の「両さん」じゃあるまいし・・・。)が、この時は「お巡りさん」と呼んでいた。(しまじろうのみだったが。)

つまりライオンポリスは、らむりんのことを知っているのである。(だから、ちゃれんじ園オフで登場させたときも、らむりんを知っているかのような描写にしたのである。)しかし、わお!でレギュラーになる前にらむりんは降板してしまったので、結局は「知らない」となってしまっても不思議なことではないだろう。

と言う訳で、今回は歴代の警官キャラについて振り返った。つまり、警官キャラも確実に変わってきていると言うことが分かったと思う。


其れではここからは今週のしまじろうについてである。


今週は、スタンプラリーと言う名のオリエンテーリングのような展開であった。
と言うことで、
製作さん、今回も言わせて貰うからな!

先ずはあの糞熊親父が登場したことである。やはりあのオモんない洒落である。(何が「スタープラリー♪だ!マジ黙れ!この糞親父!!」)しかもあの熊野郎は4月に登場したばかりだと言うのに、もう登場していた。しかも去年も4・5月と2月連続で登場し、其の度にあのオモんないことを言っていた。本当に失せろてめえ!

ではそんな熊野郎に一言。
もう二度と出演するな。

(此処からは園長とのやり取りをお送りします。(自己ワーストワンのキャラとは口を利きたくないが・・・。))
何だてめえか?本当はお前の意見なんか聞きたくねえが、仕方ねえから聞いてやるよ。で、何だい?
r6yt_convert_20160507204117.png
くs・・・園長「私は、もう出演して欲しくないと言うことですか・・・其んなこと言われると私は凄く困りますよ。だって、ちゃれんじ園の園長なんですから。其れに園長だけに出演期間も、もっと延長さs(ry」

だからてめえのそう言ったところが問題なんだよ!先ず、このアニメはそう言うギャグアニメではない。だからお前みたいなキャラが来る所とは違う。
つまり、お前がオモんない洒落を言うのがお約束の展開になるようだったら出て行けってことだ。別にお前が居なくてもアニメとしては成り立つんだ。

とっととテレビせとうちから出てけよ!この糞熊野郎!!(怒)
u6rt_convert_20160507214230.png
園長「そ・・・其れはどうかと・・・私は自分の駄洒落は面白いと思っているんだが・・・。」
(だからてめえだけだって。)

以上、口も聞きたくない園長とのやり取りをお送りしました。

と言うことでテレビせとうちに是が比とも言いたいのは、何故この熊野郎はギャグアニメでもないこのアニメに洒落をペラペラ喋らすようにしたかということである。
以前、このブログに「このアニメに大切なのは、子どもに何を伝えるのかと言うことである。」と言うコメントを頂いたことがある。其処で思うのは、実際のあの時期の子どものことを考えているのだろうか?他のキャラでさえ白ける洒落を言わすんだったら結局は洒落の意味が無いのである。其れに、実際のあの時期の子どもだって、洒落の意味は間違いなく分かっていないだろう。
ならば、やはり彼には消え去って貰いたい。其れに、去年4月、ヘソカ以来、突如として復活したあの熊親父だったが、何故、4年位の空白期があったのだろうか?

少し脱線したが、ヘソカ時代の園長は出番は数えるほどであったが、洒落を言わない分、面白みがあったキャラだった気がした。
ulu_convert_20160507210859.png
つまり、この頃に戻して欲しいのである。
以前、ヘソカからわお!に変わるに当たり、数々のキャラや描写の設定を見直したと言う話を何処かで聞いたことがあった。
其れに次回は(出来れば向こう半年は出さないで貰いたいが)、洒落を言わない彼の姿を期待している!(お前が洒落を言わなくなれば、ワースト1位から抜けさせてあげよう。)

次に、キャラの使い方についてである。

今回しまじろうととりっぴい、みみりんとまるりん、にゃっきいとぞうた、きりんたともんた、さくらこときっこ、けんととかんたでペアを組んでいて、其の内さくらこ、きっこ、けんと、かんた以外が台詞が有った。

しかし、この展開で思うことがある。
其れは特定の人物にしかスポットが当たっていないことである。

きりんたともんたは確かに台詞はあったが、数える程であった。其れに対し、ぞうたとまるりんは多くあった気がした。(まるりんは次に多い印象であったが。)
しかも、ぞうたは先々週に登場しているし、まるりんは2週連続の登場であった。まるりんは今年に入ってからは2度目の出演であったが、ぞうたは1・3・4月、と出ているので、もう4度目である。

他のキャラじゃ駄目だったの?

つまり、言いたいのは、しま・とり(O型チーム)、みみ、まる(“二りん”チーム)、にゃき、ぞう(スポーツ万能チーム)のペアでなくても良かったと言うことである。

自分的に、しまじろう&さくらこ、にゃっきい&きっこ、とりっぴい&もんた、みみりん&けんと・・・のように、ぞうた、まるりんを出演させないで欲しかった。(製作はぞうた・まるりん・たまさぶろうばっかり引っ張りダコにするのは何故?此れなら、ヘソカ時にちゃれんじ園の仲間を登場させなくても良かったと思うよ?キャラの使い方が未だに下手糞だし。)

そして、どうせしか子が登場したのなら、赤崎千夏繋がりのけんとが喋っても良かった筈である。みみりん&はなを演じる高橋美紀は積極的に二役演じているのだから、尚更である。又、丸山ゆう繋がりのかんた&さくらこが登場する話が欲しい所である。(てか、今日の話に丸山ゆうが居たら、きっこは兎も角として、とりっぴいが飛行と言う不正行為をしようとした際に、さくらこの声が充てられたと思うよ?ただ、黙って睨んでいるだけじゃ、人によっては感情というものが伝わりにくかったと思うよ?其れに、さくらこは主演回一回も無いし・・・きっこだって無いに等しいし・・・。)
其れと同じように、もんたを演じる宗川めぐみは、いぬ子と中の人繋がりである。其れを考えれば、あの熊野郎ではなく、いぬ子が登場し、いぬ子が景品を用意する。そっちの方が面白みがあったと思う。態々、星野充昭を呼ぶ必要なんか無かったと思う。(声優の人選も下手だね、製作さん。)彼女は出番が少ないんだから、尚更である。

とまあ、結論としてはぞうた&まるりんに出番が偏りすぎていたと言うことである。又、折角しか子が居たんだから、けんとが喋ったって良かった筈である。
どうせなら、ヘソカの時はあったみたいだが、ちゃれんじ園の(あの豹以外で)メンツ全員が登場し、其々声の出演がある話を作って貰いたい!ヘソカ時は、第75話「ないしょのやくそく」や第84話「手と手をつないで」でその様な演出があったのだから尚更である。今は全員が喋らない所か、登場しないことですらある。これだって製作が怠けているようにしか思えない。他のアニメの例だと、忍たまの場合は、乱太郎・きり丸・しんべヱが所属する一年は組が、ちゃれんじ園のメンツと同じ位人数が居るが、他のキャラに声の出演が偏っていると言うことは無く、ちゃんと11人均等に喋っている印象である。其れに、主演回もある人物ばかりということも無い。
だから、製作はこういったことを見直して欲しいと思う。

さて次だが、文字表現である。

早速画像を御覧頂きたい。
iir_convert_20160507203830.png

eu546_convert_20160507203627.png
一寸分かりづらいと思うので・・・
oii_convert_20160507203911.png
これらの画像を視て思ったこと。

此処日本ですか??


oii_convert_201605072039.png視ると、○やら×やらの記号のみで文字表現が書かれている。しかもわお!になってからは、日本語というものを視たことが一度も無い気がする。
仮にも、ちゃれんじ島は日本にあるという設定である。其れを考えれば、今後日本語の表現を出してもいいはずである。
これでは、まるで、ちゃれんじ島が外国にあると言うイメージを持たれたって仕方が無い。其れに、このアニメを視聴している子どもは、平仮名や片仮名程度では有ると思うが、識字は出来る筈である。又、仮名文字も読める筈である。こちゃれでは、仮名文字のみではあるが、日本語の表現を出しているんだから、アニメだって出したっていいと思う。

てな訳で修正しました。(下手ですが。)
oii_convert_2016050720394.png
そう、こうなるべきである。
ちゃれんじ島が日本にある以上、これが当たり前と言ってもいい。

さて、意見は此処までだが、これ以外に思ったこととしては、みみりんが“競技中”に、他に気を取られる姿を視て「中の人繋がりのせいなのか、はなにそっくりだな~。」と思った。
後は、前述したが、とりっぴいが飛ぼうとしたシーンが一番映えたと思う。(直前に、「お前は鳥なんだから、飛べば迷わず行けるだろ!」と思った自分が居た。)そう、とりっぴいが“お荷物”にならないためには、こういったことも大事なんだよ?
こればかりは褒めてあげたい。
又、ぞうたと仲間割れしたにゃっきいが泣いたシーンがあったが、あのにゃっきいが直前まで腹を立てていて、感極まったのかもしれないが、そんな程度で泣くにゃっきいも珍しいと思った。

さて其れ以外には、
先ず「みみりんのこどもそうだんしつ」が1月振りにあったことである。しかし、あったのは良かった。だが、内容は前と同じである。
どうせ出すのなら、質問内容は変えるべきであった。

又、これは要望だが、このコーナーの最後にはみみりんが「皆も色んな疑問があったら、こちらの宛て先までどしどし応募してね!(この時、みみりんが下のテロップを指差す。)君の質問が紹介されたら、素敵なプレゼントが貰えるよ!皆、待ってるよ~!」と、質問の募集告知をしたらどうか?と思った。
其の時のテロップとしては「はがきに「〒700(中略)岡山県岡山市(中略)テレビせとうち しまじろうのわお!みみりんのこどもそうだんしつ 質問募集 係」ってかいておくってね!しょうかいされたら、すてきなしまじろうグッズがもらえるよ!」みたいな感じで、視聴者に募集を呼び掛けたら如何でしょうか?
又、この時は質問者の名前が最後に出たのみだったので、初めて視る場合は、何処の誰が質問したのかが分からないは言うまでもない。
其れこそ、質問コーナーなんだから、先ずはみみりんが、「このコーナーは皆が日頃、疑問に思っていることをみみりんが解決するよ!」的にコーナーの説明をし、そして「今週の質問は、○○県(北海道・東京都・京都府・大阪府)の××(フルネーム。出来れば、ニックネームでの募集をしても良いだろう。但し、匿名は無し。)君(ちゃん)△歳からの質問よ。」と、みみりんが葉書のような物を持って紹介するか、あのタブレットのキャラを視ながら紹介し、本題に入る。此れがこのコーナーの在り方と言えるだろう。毎回、違う内容になれば、マンネリにはならなくて済む。(今週は完璧にマンネリだったからな。)1月前と同じこと繰り返せば、視聴者だって「あれ?此れ前視たよ。」となるに決まっているではないか。(実際にそのように思った子はどのくらい居たんだろうか?)

まあ、言いたいことしては、景品付きで視聴者に質問を呼び掛けることである。

そしてこの他には、やはり未だに変わらない算数問題を出す奴(海月と魚とか象(ぞうたでもいいと思うんだけど?クローンばかりで気持ち悪くなるかも知れんが。)は全部で何匹?・・・みたいなの)は、もう飽きたから本当に撤廃して!!

其れと、
urthet_convert_20160507210022.png
園長の本名を明らかにしろ!!(熊田とか熊野とか、苗字に“熊”が付いていればなんでも良いだろ!)

そして、今回はけんとの出演が無かったので、特に修正する必要はないが、若し万が一、けんととしか子の両方の出演があった時は、
urtheto_convert_20160507210250.png
是非、こうして頂きたい。(そう、みみりんの所にはなを載せろ、とりっぴいの所にライオンポリスを載せろと同じこと)

最終的にいえる事。

糞熊園長!お前はもう二度と出るな!とっと消え失せろ!

もし、近々登場したら本当にクレームだ。あの熊野郎の顔、本気で殴りたいわ・・・。

そんな今週の話であったが、次回はリチャード主演回である。リチャードと言えば、彼も又2・3月と登場し、今月も2度目の登場となる。(リチャードよ、しまじろう英語コンサートに出てみないか?WWKのMimiとこちゃれEnglishのBeepyが待ってるぞ!)
其れだけは未だ良かった。

だが、あの豹野郎が予告の冒頭で出た瞬間「ざけんな!又あいつか!!」と凄く思った。(たまさぶろうの母・まどかは去年8月以来7ヶ月ぶりの出演である。あいつもあれ位間隔が空けば良いのに・・・。)二週連続でワースト二大キャラ登場とか最悪なんだけど・・・。
製作には声を大にして伝えたい!

お前らがたまさぶろうが好きだと言うことは良く分かった。だからって、アニメで積極的に登場させなくたっていいだろ!!

其れにリチャードは嫌いではないが、やはり出番が多い傾向が見られる。どうせ出番が多いのなら、しま英コンでMimiとBeepyの元に連れていってやりたい位である。
tyidt_convert_20160130204951.png
たまさぶろう「今週は出番ないよ、って言われた時はがっかりだったけど、来週はちゃんと出番があって僕、嬉しいよ!あ~あ、僕もスタンプラリーに行きたかったな・・・でも、来週は出して貰えるからマジで最高だよ!本当、このアニメに出れて良かったよ!やっぱり僕がスターだってこと、製作は認めてくれているんだ!」
trjt_convert_20160312180202.png
しまじろう「だから、このアニメの主人公は僕なんだよ!メインキャラクターで、こどもちゃれんじにも居ないのに月1回も出ているなんてずるいよ!たまさぶろうはアニメオリジナルキャラクターなんだからいい加減自粛してよ!嫌ならもう出ないで!!テレビせとうちに言いつけてあげようか?」
jdrqqa_convert_20160312175746.png
たまさぶろう(僕はスターなんだから、自粛なんか出来る訳無いじゃん。ずっとこのアニメに出演して、いつかは主役級のキャラになってやるんだから!)

豹野郎に一言言いたい。

ドクタケ忍術教室に帰れ!

製作に言いたい。
次回の話変えろ!あの豹はもう二度と視たくないんだ!

そして、リチャードのバイトのことだが、これに関しては次回へ。

と言う訳で視れるかは分からないが視れれば視たいと思う。


おまけ
20160327025218.jpg
しまちゃん、未だ未だ元気です!

もうこれ以上書くこと無くなってきたな・・・。しまちゃんが元気で居るせいで(ま、いっかw)