縞野家ってどうなっているの? ~縞野家見取り図~

多くのアニメでは、こんな疑問がある。

主人公(又はメインや他のレギュラー)の家の内部はどうなっているのか?

御尤もである。
例えば、サザエさんやドラえもん等国民的アニメのようなものであれば、ファンが見取り図を描いたり、TVでも特集されることがある。
勿論、主人公の家を知ると言う上では、しまじろうでも例外ではない。

其処で、現行の「しまじろうのわお!」に於ける、縞野家の内部を探ってみることにした。
では先ず、外観から。
gfgg.jpg
正面
ugkh_convert_20170216002501.png
上部

外観は、赤い屋根が特徴の家である。
では次に、外を見ていくと・・・
rchj_convert_20170216002307.png
玄関前には言わば、“前庭”がある。
そして、この前庭から奥に向かい・・・
gre_convert_20170216001440.png
物干しがある。
これが向かって右側の光景である。

次に左側を見ると・・・
dreyher_convert_20170216001233.png
恐らく、しまたろう名義のマイカーが止まるカーポートがある。

外は恐らく、こんな感じである。
では中に入ってみることにしよう。
8bkj_convert_20170216004926.png
中に入ると、奥に向かう廊下がある。
tpn_convert_20170216002414.png
左側には、収納スペースが壁一面にある。

そして右側には扉がある。
では、入ってみよう。
jkg_convert_20170216001642.png
これが其の扉である。
この部屋はと言うと・・・
isfh_convert_20170216001611.png

hjk_convert_20170216001528.png

esyx_convert_20170216001315.png
上記の3枚から、LDKであることが分かる。
詳しく見てみると・・・
ojks_convert_20170216002057.png
この部屋の玄関側はリビングスペースになっている。
ytnv_convert_20170216002737.png
特徴なのは、二人掛けと一人掛けのソファーがある。
そして真向かいに
zzdtn_convert_20170216002813.png
30型位の液晶TVがある。
そして、扉側が・・・
zcr_convert_20170218184455.png
ダイニングスペースになっていて、奥に
mgb_convert_20170216111035.png
カウンターキッチンがある。
そして、勝手口もある。

LDKの全貌はこんな感じである。
ここでは掲載していないものも含め、今までのわお!作品から見ると、LDKの間取りは恐らくこうなる。
LDK.png
電話が親機と子機の両方あり、アニメでは台所側の子機で受けている描写が多く視られる。
そして、向かって右側にあるのがウッドデッキである。
9kve_convert_20170216005005.png
この絵から分かる通り、LDKは手前から右側にあることが分かる。

唯其の一方、勝手口の扉の描写は余り視たことが無いため、ドアの方向は推測である。
其れと、ポットと言うのは恐らく鶏を模した物である。
又、調理台はIHではなく、通常のガスコンロだった。

では次。
7fbny_convert_20170216000947.png
LDKを出ると、直ぐに扉がある。
1fskj_convert_20170216004550.png
ここはトイレである。
6gjk_convert_20170216004849.png
全体はこんな感じ。
次に隣の部屋。
bykd_convert_20170216001125.png
これを視れば、大凡見当がつくだろう。
qdfh_convert_20170216002209.png
言うまでも無く、洗面所である。
vsaj_convert_20170216002537.png
扉側はこんな感じ。
そして、この反対側には扉がある。
この扉の先にあるのが・・・
cgh_convert_20170216001201.png
風呂場である。

縞野家の1Fは、大体こんな感じになっている。
だが、未だ一部屋残っている。というのも・・・
poij_convert_20170216002131.png
手前の廊下の洗面所の反対側に注目である。
何やら、襖らしい物がある。

恐らく、“襖”と来れば、何の部屋化は見当がつくだろう。
そうここは・・・
wazxf_convert_20170216002617.png
和室である。

だが、この部屋は、アニメでは殆んど描かれないので、多分「縞野家に和室があったの初めて知った」と思う方も居るんじゃないかと思う。
でも、一度だけ“ある部屋”として使われていた。

其れは、第170話「ようこそ ちゃれんじじまへ」でのこと。
20170218181753.jpg
この時、縞野家に一昨年の映画「しまじろうとおおきなき」の舞台・霧が島からやって来たチキ・ロキ・ババが寝泊りする際に使っていた。
つまり、“客間”として使われていたのである。

余談だが・・・
20161229013723.jpg
去年のしまクリコン「しまじろうとクリスマスのねがいごと」でも、劇中に、しまじろうが家から外を覗っていた。

そう、アニメ的に視るとこの部屋は和室なのである。
前述のLDKのことを考えると、何故和室から外を覗いていたのだろうか?逆の窓からの方が、LDKなので違和感は無かった気がする。

さて、1階はこれで全てである。
1階の廊下の奥にあるのが・・・
leth_convert_20170216001802.png
2階に通じる階段である。
ahst_convert_20170216001052.png
どうやら、この階段は途中に踊り場がある“折れ階段”である。

こうして、2階に上がると・・・
fvhj_convert_20170216001353.png
直ぐの所に扉がある。
この中は・・・
2hc_convert_20170216004631.png
一家が体を休める寝室である。
5rfj_convert_20170216004811.png
全体図として、左側にしまじろう用のシングルベッドがあり、右側にさくらとはな用のダブルベッドがある。
4hfjd_convert_20170216004741.png
其のベッドの上には、丸窓がある。
3rf_convert_20170216004704.png
そして、ベッドの反対側には収納スペースがあり、部屋に入って直ぐの所にクローゼットらしい描写がある。

寝室はこんな所である。
そして、隣の部屋は・・・
klojn_convert_20170216001721.png
主にしまじろうが遊び場として使っている、言わば“プレイルーム”のような部屋である。
nguv_convert_20170216002009.png
この部屋には外から見える“2階の窓”に通じる、“ミニロフト”のようなものがある。
xrdh_convert_20170216002658.png
入って直ぐの所には、小児用の卓袱台があり・・・
0fk_convert_20170216005241.png
其の手前に、赤いソファーがある。

さて、2階はアニメで視ている限りではこんな感じである。
だが恐らく2階は全ての部屋が明かされてはいないと思う。
というのも・・・
sdyc_convert_20170216002341.png
しまじろうの部屋の前と横に、更に二つ扉があるからである。
又同じように、寝室の手前の扉の中の描写も恐らく出たことは無いだろう。

さて此処で気になるのは、しまたろうの寝室である。
他の三人は、共同の寝室があり、実際に寝ている描写もあるが、しまたろうは自分の中では一度も、就寝している様子を視たことが無い。
なので、恐らく2階に残されたどちらか2部屋(かどうかも分からないが・・・)が、しまたろうの寝室(兼自室)だろう。

では最後に、縞野家の見取り図を記してみた。
madori_convert_20170218190948.png
1階
madori2_convert_20170218191009.png
2階

恐らく、謎の部屋も其の内描写されることだろう。しまたろうが寝不足に悩む話とかで?

最後に、恐らく、しまじろうの自宅を探ったのは恐らく初めてかもしれない。
なので、しまじろうの自宅を知りたいと言う方には大いに役に立つ筈である。是非、生かして貰いたいと思う。

又、これはわお!での描写であり、以前も触れたがヘソカ以前はカーポートの所が倉庫だったりと、色々と異なっている箇所があった。
勿論、其れに関しても其の内又、検証したい。


其れでは此処からは、今週のしまじろうについてである。(BS11の方は2月20日の放送になる。)


今週は・・・
ags_convert_20170218210710.png
これは、自分も予想していたが、「こはく」出演回だった。

では、話はと言うと・・・
hyu_convert_20170218184302.png
ガオガオ「今日はブログにお招き有り難う。何でも今日は色んな人が来ているみたいだが、早速今日の感想を頼むよ。」
・・・申し送れました。
今週のブログのゲストは、今年初の登場となったガオガオである。早速、彼と共に進めて行こう。

今週は早い話、「ベネッセスタードームに行かなくても、気軽に天文学に興味を示せそうな話」だった気がした。
現在の所、スタードームでは、「しまじろうとたんじょうのおほしさま」と「しまじろうとおつきさまのひみつ」の二作品がある。(但し、わお!作品での話。)自分は一度も視たことがありませんので悪しからず・・・。
又、話の中でもこれらの話で出てくる描写があった。

先ず、各々の正座を見つけると言う所。
何とこのシーン、「しまじろうとたんじょうのおほしさま」でもあり、公式サイトでは「みみりんは天秤座」と言う所が描写されていた。
勿論、今回も10月10日生まれのみみりんは天秤座、1月1日生まれ(もんたも該当)のとりっぴいは山羊座、5月5日生まれのしまじろうは牡牛座、4月4日生まれ(はなも該当)のにゃっきいは牡羊座と言う描写がなされていた・・・。

あれ?羊と来れば・・・。
ejdtt_convert_20160123215621.png
らむりん「そうそう!私のモチーフの羊が正座にあるって吃驚よね~!でも何で私は、牡羊座じゃ無いんだろう?」

そう、らむりんは3月3日生まれ(さくらこも該当)で、“魚座”なのである!

なので、此処で思ったのは、「若し、らむりんとにゃっきいの誕生日が逆だったら・・・。」と言うことだった。因みににゃっきいは牡羊座と言うことが分かると、「羊と仲良くしたい!」云々言っていたが、「其れってらむりんのこと?」と思ったのは、自分だけだろうか?

それとも・・・
olr_convert_20170211205622.png
ひつじい「らむりん様が居ない今は、私が羊ですが・・・」

ま、にゃっきいはひつじいとは其れなりに仲が良いから、今のことを言いたいんだったら、ひつじいと仲良くしとけと茶を濁すしかないだろう。極端だが・・・
又、劇中ではとりごろうの星座を聞く場面もあったが、そもそも誕生日設定がメインとはな、ちゃれんじ園のメンツ(くまっきいを除く)各人しかないのなら、恐らく永久に謎のままだろう。ラストでとりっぴいが「父ちゃんは餃子(座)じゃない?」とかってボケ噛ましていたがw(唯、あの糞熊親父のような描写だと思ったのは言うまでも無い。)でも自分的には、ピザじゃねt(ry

さて、ここで星座とキャラについて・・・。
実は、しまじろうの登場キャラで、誕生日設定のあるキャラは、誕生日全てが1~12月揃っているだけでなく、星座も12星座全て揃っているのである。

他に星座関連では、例えば忍たまの場合は、星座のみの設定があると言うものもあったりする。
アニメには、誕生日の設定があるものや星座のみの設定と言う物がある。其の点を熟知して欲しい。
そして誕生日の描写があったということで、やはり各々の誕生日が近づいたら、しまじろう・まるりん以外も祝う話をやるべきだと言うことも熟知して欲しい。

さて次の展開としては、「暗くても位置が分かる方法」と言った件である。
これは、「しまじろうとおつきさまのひみつ」でも描かれていて、北斗七星(カシオペヤ)や北極星(ポラリス)の件もあのままだった。公式サイトからだが・・・因みに、「北極星を中心に動いている」と言う件はあるのだろうか?

次にあったのが、「明るい星」とは?の描写で、“等星”(劇中では、「ポラリスは2等星」云々)の表現や「月や太陽も星の一種」と言うもの、「肉眼で見えるのは6等星まで」と言ったまあ若干“専門的”なことも交えて説明していた。

因みに、太陽は-26等星で、月(満月)は-12等星とのことである。

又、この時期らしく「冬の星座」や「冬の大三角」と言ったもの、「冬でも銀河(天の川)を見る方法」と言った凝ったことまで描かれていて、本当に“教育アニメ”らしい描写で、前述したが「スタードームに行かなくても、気軽に“プラネタリウム”を感じられる」そんな作品だったと思う。

だが其の一方で・・・
kyu_convert_20170218190616.png
もんた「ガオガオさん、以前僕が興味ありそうだからって博物館に誘ってくれましたけど、僕は天文学にも興味があるんですよ?これはテレビせとうちにも言いたいですけど、何で僕は今回呼ばなかったんですか?」
wgjr_convert_20170211205907.png
ガオガオ「あ、そうか!もんた君にとっては今回も誘ったほうが良かったかな?いや~、すまなかった・・・。テレビせとうちに変わってお詫びするよ。」

そう、もんたの趣味として“天文観察”もある。
これに関しては、其のもんたが出ていた第232話「わくわく はくぶつかん」でも、「電車関連のアトラクションがあったんだから、鉄ヲタのけんとも誘うべきだった。」と思ったことと同じである。

ならやはり、今回、何で居たのかイマイチ分からないとりごろうよりも、もんたの方が適任だっただろう。
yuokf_convert_20170218190644.png
とりごろう「俺はこれで精勤!いや、特別精勤取れたことが一番誇りでえ!おめえさんには分からんが、俺はそれだけでも十分なんでえ!其れに、今回の衆は、コンサートに出たもんのみの出演だったことがわからんけえ?」

あ、これはこれは、こんばんは、とりごろう・・・。
でもおめえさん、殆んど寝てて却ってお荷物だった気がするけえ!
pwfgn_convert_20170211205704.png
とりごろう「お荷物とはひでえな!俺は又、倅とコンサートにも出てえな!んだから今回は、又コンサートに倅と出てえと言う思いを込めて出たって思えばいいでえ!」

はいはい、とりごろう、分かりました・・・。
後、おめえさんよ、冬は何か羽織らんと、寒いでえ!

・・・あ、もんたととりごろうが登場してきて、話が乱れてすまない。
では最後にガオガオに伝えておきたい。

最近、出番が少ないようだけど、新キャラに惑わされんように頑張ってくれ!
jty_convert_20170218185834.png
ガオガオ「おお、そうか!最近私は余りテレビせとうちからお呼びが掛からなくなって悩んでいたんだよ。でもそろそろ映画も公開されれば、コンサートも始まるし、私としては今年も頑張りたいよ!皆!今年も是非、私やふしぎ堂を宜しくな!」

と言うことでガオガオ、今日は忙しい中ブログに来てくれて有り難う。余り、話聞けんかったが・・・。

さて、今回はふしぎ堂の片隅にあるプラネタリウムで天文観察をするという話だったが、実は過去にも天文観察の話があった。
1つ目は、第223話「ふしぎな ほたる」で、2つ目は、第14話「ガオガオさんの うちゅうぐつ」であった。だがこれらは、唯天文観察をする描写があるのみで、今回のようにプラネタリウムの表現は無かった。だが過去には、今回のようにプラネタリウムの描写がある話があった。其れは、はっけんたいけんだいすき!しまじろう第14話「ちきゅうはまるかった」でのこと。

この時一行は、ガオガオに連れられ、街のプラネタリウムを見に行く云々の話だった。
そんな中、ある一つの投影室に入った際、あることを体験した・・・そんな話である。

この話もスタードームが絡んでいるかは分からないが、今回のこの話にしろ、はっけん!の時のこの話にしろ、多摩のベネッセビルの最上階にプラネタリウムがあるベネッセならではの話と言えるだろう。
余談だが、ふしぎ堂の一角にあるプラネタリウムもやはり、「しまじろうとおつきさまのひみつ」で描かれていた。(もち、今回のような感じで。)

さて、アニメはこれくらいにして其れ以外だと・・・
今月も「みみりんそうだんしつ」があり、やはり「地球から見た太陽」や其の逆を伝え、こちらも天文学の要素があった。余談だが、模型の“地球上”居たみみりんってフレンドマスコットのみみりん??
だがやはり、募集のテロップが無いので出して欲しい所である。

そして、歌パートも「だいうちゅうとちいにんげん」と「まわれ!たいようけい」が掛かっていた。因みに自分は最近初めて「まわれ!たいようけい」を聴きましたw(映像は初めてなのは言うまでも無い。)
又、今週は映画の予告はあったものの、「こはく」が出ている「まえにすすもう!てをたたこう!」は歌われなかった。

そんな今週の話だったが次回は・・・
vved_convert_20160903221323.png
くまっきい「やっぱりテレビせとうちって太っ腹よね~!!私、初登場から一度も出なかった月が無いなんて~!このまま行ったら、しまじろう達と方を並べて、“五人目”になっちゃったりして~!何ちゃって~!!」

(何で、又、こいつをこのブログに誘わないといけないんだろうか・・・。)

これで初登場から換算すると、丁度半年登場になるあの白熊である。
こいつに関して言うと、先月は自重していたので、12月以前に抱えていた“嫌悪”は少し治まったが、又次回で元に戻らないかと言うことが心配である。
しかも、サブタイにも名前が有るという鬼畜っぷりである。

果たして、こいつが出ない月は来るのだろうか?
次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。
bffv_convert_20160926212808.png
くまっきい「いや、貴方も視てよ!お願い・・・。」

はいはい・・・。しかも、ブログの締めまで取るなよ、このデb(ry
スポンサーサイト

はなの“尻尾”の移り変わり

早速だが、はなと言えばどんなイメージをお持ちだろうか?
urtpye_convert_20160521214641.png
しまじろうの妹であることは第一である。
しかし、ネット上では我が侭だったり、必要以上にさくらに甘やかされている(えこ贔屓されている)ことから嫌いと言う意見も多くある。(場合によっては、サザエさんのタラオやイクラ辺りといい勝負と言っても良いかも知れない。)

そんなはなであるが、今回検証していくのは、はなの尻尾についてである。と言うのも、はなも20年以上出演を続けて、尻尾が変化した時期があったからである。
では、歴代のはなの画像を御覧頂こう。
zfsg_convert_20160521205659.png
しましまとらのしまじろう
20160521213529.jpg
はっけんたいけんだいすき!しまじろう
nnyt_convert_20160521205554.png
しまじろうヘソカ
utr_convert_20160521205626.png
しまじろうのわお!

さて、4シリーズ全ての画像を見比べて、あることに気付かないだろうか?

今の方が、尻尾が長いということに・・・。
20150715014223.jpg
因みに、着ぐるみでは略同じ位である。

然し、何故今のはなの尻尾は長くなったのかということまでは分からない。
はな自体、尻尾が長くなったのはヘソカになり、服装チェンジと同時にとである。其れまでは、本当に僅かしかなく、偶に尻尾を振る仕草を見せるしまじろうに対し、余り見せると言うシーンは無かった。(特にしまとら時代。今はどちらも見せないが。)
少し脱線したので話を戻すが、つまり昔のはなの尻尾が短かったのは、この世界の擬人化虎は、成長すれば、尻尾も成長していくその様な描写を以前意識していたのではないだろうか?所が今はそうでは無くなったのは、実際の動物で尻尾が長くなっていくと言う話など無く、其れに合わせたいと思い、其の設定を無くした物と思われる。

だが、実際の所は前述したが不明である。

余談だが、こちゃれぽけっとの4月号の付録にもなっている「お世話セット」のはなパペ(着せ替え人形)の場合は、以前は尻尾を生やしていたが、今はプリントされているのみとなっている。(こちらの場合は、服が嵩張るからだろうか?)

と言うことで、今回はしまじろうの妹・はなの微妙な変化についてお伝えした。


其れでは、ここからは今週のしまじろうについてである。(BS11の場合は、5月31日の放送になる。)


今週は、
あの熊野郎!マジふざけんな!!

いきなり単刀直入に述べたが、自己ワースト1位のキャラ、ダジャレグマ(誰のことかは分かると思うので敢えて触れない)が出やがったことが一番腹立たしかった。
r6yt_convert_20160507204117.png
園長「私が出たことに何か問題でも?私は今月、2度も出演して、遂に精勤賞ですよ。次は“精勤”だけにHikakinを(ry」定義は後述するが、実はこの馬鹿・・・じゃなくてこいつは熊だから・・・馬熊??あれ、馬関係ない・・・じゃあ何て(無駄話)は精勤よりも上の特別精勤になる。
要は、自分が精勤賞をYoutuberのSeikinに例えて、皆勤賞をHikakinに例え、Hikakinのように人気になりたいということだと思われる。(多分良く分からんが。)

てめえ、いい加減にしろよ!!
お前は何で登場する度に駄洒落を言うんだ!!しかもオモんない駄洒落言いやがって!!とっとと消え失せろ!

行き成り毒を吐いたが、最近このダジャレグマを視ていると、登場する度に周りを白けさせる駄洒落(遂に今回無視されたな!これを期に二度と出演するな!!)を言うのがお約束のような展開になってきている。
しかも、このような“お約束”があるのはこいつだけである。

同じ様に、登場時に決めポーズを決めるあの人気スターとか言っている奴がある。だがあいつの場合は、決めポーズを出さない話もあった。

所が、あの熊さんは一回は駄洒落を言わないと気が済まないのだろうか?

この他に、とりっぴいは音痴であるが、自分は自覚していないと言う設定がある。だからと言って、毎回ど下手な歌を聞かせているだろうか?あの青狸の仲間のガキ大将よりもひでーなwww
つまり、あのダジャレグマが登場すれば駄洒落と言うお約束を作ると言うことは、毎回たまさぶろうが登場時や時偶に決めポーズを取る、とりっぴいが毎回ど下手な歌を聞かせる、其れと同じことである。
以前、「この時期の子どもには、同じことを繰り返すことで色んなことを覚えて貰いたい」と言う製作の意図を何処かで見聞きしたことがあった。だが、「お約束」のこれとは又違うのではないだろうか?

其れに、前々回「当面の間、あのダジャレグマを出すな!」と書いたことがある。其れを視た製作が、「今月二回出演させて、どんな反応するか見てやろうぜ!」とほくそ笑み、あのジジイを出したのだろうか?若し、そうだとするのなら本当に辞めて頂きたい!こうもなってくると、自分はテレビせとうちに嘲笑われたように思えてしまう。
前の続きになると思うが、「駄洒落」と言う所で見てみると、進研ゼミ小学講座辺りともなると、毎月購読者から「お便り大募集!」みたいなコーナーがあって、其の中で駄洒落も募集している。
だが、思うに、未就学児の子にとって見れば、5・6歳辺りなら、言葉もある程度理解出来るから分かるかも知れない。しかし、其れ以下ともなると、多分意味が通じないってことになっても不思議ではない。
しかも、このアニメははな位の年の子だって視ているのである。其処に、あのダジャレグマともなればまさにそぐわない。
つまり、「小学講座では駄洒落を募集しているのだから、このアニメでも駄洒落を喋らす奴が居てもいいだろう。」と解釈し、あのダジャレグマを生み出すのは本当に不快である。

しかも、「近々出したらクレームだ」とも書いたので・・・(ry

兎に角言いたいこと、
糞熊親父!貴様は二度と出るな!!tk、ちゃれんじ島から出て行け!テレビせとうちから出て行け!!
u6rt_convert_20160507214230.png
園長「そ、それは困ります!私が居なくなったら、ちゃれんじ園の園長は誰がやるんですか?其れに駄洒落自体は私自身はとても面し・・・」

言い訳は結構!兎に角お前が出るところじゃねーんだ。園長なんて新たに設定すればいいだけのこと!何が「たこ(く)さん食べてね♪何ちゃって~!」だ!ふざけんな!失せろ!駄洒落辞めろと多くの声が集まらないと、多分彼は改善してくれないと思うので、皆さん、是非こいつを追い出すためにご協力をお願い致します。(本当、あのダジャレグマの顔殴りたいわ!あ、熊だから襲われるって?んな訳あるかい!こんなのは絶対臆病にきまっとるわ!この疫病神!)
r6ytconvert20160507204117.png
もう一度言う。お前はもう二度と出るな。

其れともう一つ、駄洒落が趣味と言う設定は、既にぞうたにある。其れを考えれば、駄洒落を言うキャラはぞうただけで十分である。(少なくとも、ぞうたが駄洒落を行ったのはアニメを視ている限りだと聞いたことが無い。(語尾に~だぞう。は口癖だし・・・。)だが、ギャグアニメではないこのアニメに駄洒落を言うキャラは必要ないという所に引っかかる。)
其れに、何もあのダジャレグマを出さなくても、誰でも良かった筈である。例えば、セイ辺りは如何だろうか?彼は八百屋を営んでいると言う設定はあるが、フィッシングをやるという設定までは無いが、イメージ的にフィッシングもやりそうである。
ならば、やはりダジャレグマではなく、セイ辺りが適任だったと思う。(其れに、先月出ているので、今月出れば準精勤賞になれた。)

さて、あのダジャレグマのことが大半になってしまうので、此処で他の話題へ。

今週は、とりっぴい家が蛸パをやろうとしたが、肝心の蛸を買い忘れたかなえのために、とりっぴいが一肌を脱ぐと言う展開であった。
しかしとりっぴいが“蛸”(Octopus)を“凧”(Kite)と間違えると言う展開があったが、そんなとりっぴいに一言。

お前、何を買うかは忘れたくせに、何で“凧”を買ってから家に帰るまでの出来事は覚えていたんだ?

果たして、こいつの脳内はどうなっているのだろうか?
そして、今週はぽん太郎が去年2月以来、3ヶ月振りの登場を遂げた。(ひつじいは先月も出ているので、これ又準精勤である。)ぽん太郎にとっては、嬉しい限りではないだろうか?
fkff_convert_20160130205958.png
ぽん太郎「嬉しいも何も無いのだよ!やっと久々に声が掛かったことは嬉しかったけど、何で僕の出番を増やそうとしないのだ?僕だってもっと出たいのだ!」

思えば、ぽん太郎は去年は精勤まで行ったことはあった。だが、今年は未だ2度目である。ぽん太郎はどちらかと言うと、メインに近い扱いなのだから、もっと出番を増やしても良いのではないだろうか?

そして、メイも先月に引き続きの登場である。しかし、先月のしまじろうの誕生日回に出演していれば、今月で準精勤の上の特別精勤(2月連続で1回且つどちらか1月に2回登場)になれたと思うと、少々残念でならない。(ま、出番は別に平行線でいいが・・・。)

この他に気になったこととしては、どうもしまとらで見覚えがある話であったことだ。其の時の展開としては、しまじろうが今回のとりっぴいのように物々交換をしていって、最終的にメエメエから飛行船のチケットを貰って実際に乗り込んで、自宅を見下ろしてさくらを見つけるなり「お~い!・・・あ、聞こえないか・・・。」となっていた。だが、タイトルまでは分からない。(恐らく2000年前後の話だと思われる。若しご存知の方が要らしたらご一報頂きたい。)

そしてリチャードは又又登場である。しかもリチャードは何と、
皆勤賞である。
jdrty_convert_20160521214014.png
リチャード「I did it!! めいんきゃらくたー以外デ、皆勤賞ニナレルナンテ、嬉シイカギリデ~ス!」

そう、今月(今月は未だ来週もだが、次回については後述)はメインキャラ以外に、リチャードが何と皆勤賞になるというまあ、おめでたいことがあった。これを期に、しま英コンに出して頂きたい!でも、これでお前、転職何回目?真面目にやってるって誰もが思うかもよ・・・先週視ていないとかって人からすると特に・・・。毎回、ハロワ行ったり、履歴書書いたり、求人誌見たりして大変でしょ?
CIMG5149_convert_20160514120056.jpg
Mimi"I'm waiting for Richard! Let's play with us!And this time was congratulations!"

後は、ガオガオが久しく、まともな発明をした・・・そんな所だろうか。

さて、其れ以外はと言うと、今回新たに「蒲鉾が出来るまで」と言うコーナーがあった。しかし、唯親子二人が会話しているだけで、しまじろうの“し”の字も無い内容であった。
どうせなら「しまじろうがいく!」や「食を知る」のコーナーとして扱う訳にはいかなかったのだろうか?(それこそ前述したが、似たようなことを繰り返すと言う意図に繋がるのではないだろうか?)

又「リボンちゃん」(星のカービィ64のヒロイン!と言うジョークは置いといてwww)だって、しまじろうらしさが無い。あれも撤廃して欲しいと思う。
其れと、今回の「次は何?ウーパールーパー!」とか「朝です!7時!」と言う算数パートだって面白みが無い。あれも撤廃である。

又、歌パートでは「すてきなワンダーランド」(岡山バージョン)が久々に登場した。このバージョンは一番テレビせとうちらしさがあると思う。だって、ベネッセとテレビせとうちのある岡山の観光地が登場するんだし・・・。
其れと同時に、
qfvrg_convert_20160521213042.png
昨年同様、「運動会で踊ろう!」と宣伝していた。
hrthdr.jpg
因みに、昨年はこんな感じ。

昨年は、福岡(製作には、テレビせとうちと同じTXNのTVQが協力したのだろうか?)のみやっていたが今年は何処になるのだろうか?
どうせなら1都市のみならず、週代わりで複数の都市で流すと言うことは出来ないのだろうか?他にTXNがあるのは、北海道(TVh 青森の一部で視聴可能)、関東(テレ東・本社:東京)、愛知(TVA・本社:名古屋 三重・岐阜・静岡・長野の一部で視聴可能)、大阪(TVO・本社:大阪 京都・兵庫・奈良・和歌山・徳島の一部で視聴可能)である。だが、この番組はTXN以外にも全国26局ネットなのだから、ネットしている地域には行けるのではないだろうか?(唯、ネット局からテレビせとうちに何らかの形で送って貰うことになるかも知れないが・・・。)
と言う訳でお願いしたい。

そして、この他の歌パートは「たねこ」じゃ無くて「トマトビクス」なら、今回はオールしまじろうになれた気がした。後「せかいはパラダイス」も2週ぶりに復活していた。(どうせなら毎週流しても良い位である。しまじろうらしくない「たねこ」撤廃して・・・。もう、蒲公英の季節は終わりだし・・・。)

そして今回もEDについて。
hfghgfghf_convert_20160521210318.png
これも、はなが出演した時と同じことを繰り返すが、

何故、とりぴ(とと・りり・ぴぴ)を載せないんだ!
jdy_convert_20160521210901.png
いい加減にこうなれよ!今回は編集しやすかったw

もうはなの時に、言いたいことは書いてあるので敢えて書かない。(製作さん、お前達のやり方は間違っている!いい加減気付け!)
bbddt_convert_20160521212915.png
とと・りり・ぴぴ「兄ちゃんばっかり載ってずるい!載せてよ~!!」
oiujp_convert_20160521212950.png
りり「とととぴぴは、兄ちゃんの所だけど、りりはしまじろうの所だよ!」
ifty_convert_20160521213411.png
とりっぴい「お前達まで載る必要はないの!兄ちゃんほど有名じゃないからな!」
tru_convert_20160501112801.png
ライオンポリス「其れを考えれば、私だってとりっぴい君の所に載せるべきだと思うんだが・・・。」

りりと中の人繋がりのしまじろう、この件は如何思う?
9jlkrsfsj_convert_20160521212821.png
しまじろう「りりと声が一緒っていうのは僕も分かるけど、はなちゃんと同じで、声聞けば分かるから載せる必要ないんじゃないかな~・・・。」
oiujp_convert_20160521212950.png
りり「りり、しまじろうの下に名前が載りたいな~!」
lfdti_convert_20160227191328.png
はな「はなたんも~!みみりんの所に載りたい~!」
kfk_convert_20160227190934.png
しまじろう「はなちゃんは黙ってて!今、りりのことについて聞かれているんだから、はなちゃんは関係ないでしょ!其れに、もう諦めなって何回言わせるの!」
jyt_convert_20160305121405.png
はな「次載る!載らない、テレビせとうち、め!」(載せてくれないのなら、テレビせとうちに怒りたいらしい。)

そんな訳で、とりぴが次回登場するのは何時かは分からないが、次こそはお願いします!テロップなんて如何でも言い、なんてことも無いので、アニメファンが声の出演を知る資料にもなるのだから。

其れと、
園長の本名を(ry

もう、先週の“まどか・かんきち”のことがあるんだから分かるよね?不公平だよね??頑なに明らかにしないなんて・・・。

所で、今回のダジャレグマと似たようなことは去年もあった。
そう、あの豹野郎である。

豹野郎の場合は、去年の場合、2~8・11月に月1で出演(計8回)し、4・5月と5・6月で特別精勤になっている。(5月は2度出ているので。因みに其の前は、一昨年9月・10月・11月・12月に必ず2回出ていた。(9・10月、10・11月、11・12月と3回連続で特別精勤、4月連続精勤。と如何に“ゴリ押し”が酷かったか分かるであろう。))そしてあのダジャレグマ。あいつの場合は、去年だと4・5・7・8・9月の5回だけだったが、今年は、2・4・5月と出て、今回で4回目、そして4・5月と特別精勤である。(そう、去年の出演回数の記録を更新しつつあると言うことである。)
となると、今後、あのダジャレグマが去年の豹野郎と同じ位出演しそうである。
だが、今からテレビせとうちには声を大にして言いたい!

去年の豹野郎の真似をして、あのダジャレグマの出番を増やそうとするな!!

もし其れが嫌だというのなら、コメントで何故嫌なのか書いて頂きたい。そう思う次第である。

そんな今週の展開だったが、次回は何と再放送である。
次回の再放送は、過去に出された傑作集DVDには載っていないが、今年2月にYouTubeの公式チャンネルにうpられていた物である。(動画自体は1月限定の公開なので今は削除された。)だから、視たことがある方も居るのではないだろうか?それどころか、今年3月に降板したぶうたが出ている奴である。つまり、形の上では降板したが、其のぶうたがある意味復活することになる。だが、納得は出来ない。(しかも、本放送が冬だったのでメインキャラは上着を羽織っていて、季節も全然合っていない。)

と言うのも、らむりんのことを考えて頂きたい。らむりんは、わお!にリニューアルすると同時に降板したキャラである。其のらむりんが活躍していたヘソカを再放送として扱えないのだろうか?(3年前のアニメ化20周年の際はヘソカ第34話「ぼくってたいせつ?」の一話のみ再放送したが。この話では、僅かではあるがらむりんの出番がある。)つまり、らむりんにも日の目を見せて欲しい。予告を視ていて其れが凄く思った。
hrt001450001.png
らむりん「私はいつ長いトンネルから抜け出せるのよ!もう4年もこの暗闇を彷徨っているのよ!20年以上教材で活躍させておいて、無かったかのように扱うなんて許せないわ!いい加減私を再登場させてよ!!今年私と同じく降板したぶうたが出演するなんてズルいわ!」

そしてもう一つ、再来週もしやるとするならば、ぞうたの誕生日回をやって頂きたい!と言うのも、前にも書いたが、ぞうたは6月6日生まれで、再来週のTXNでの放送日は6月4日だからである。
と言うことは、時期的に考えればやるべきである。しかも出番多いのなら尚更である。(もっとも、ぞうた自身は5・6月も、3・4・5月と続いて準精勤賞になってしまうが、誕生日回位なら文句は言わない。だが、誕生日回をやらずに6月の他の週に登場することがあれば文句を付けさせて頂く!)

と言うことで、次回は視れるかは分からないが視れれば視たいと思う。

シリーズ毎のサブタイトルの変化 ~改正版~

以前、当ブログにしまじろうシリーズのサブタイトルの背景をうpした。
だが、其の時は、ヘソカの画像が補完出来ていなかったので、改めてうpすることとした。

其れでは、改めて・・・。
尚、ここではヘソカとわお!で記述していく。(其れ以前は、こちら(ブロとも限定)を参照。)

では、ヘソカから見ていこう。
oiu_convert_20160423220957.png
春(1年目、2年目直前)
tew_convert_20160423204238.png
夏(1年目)
qqef_convert_20160423204152.png
夏~秋(1年目)
eei_convert_20160423203220.png
秋(1年目)
ewewehhv_convert_20160423203419.png
冬(1年目)
lkjlkjlk_convert_20160423204003.png
春(2年目)
grwgbwg_convert_20160423203611.png
梅雨(2年目)
utl_convert_20160423204945.png
夏(2年目)
iewtw_convert2016042320374.png
秋(2年目)
ffreww_convert_20160423203505.png
冬(2年目)
uyty_convert_20160423204425.png
ヘソカ終了間際

比較してみると、2年目のバリエーションが多いことが覗える。1年目は春夏秋冬程度しか変わっていなかったサブタイが、2年目になるとあっと進化した、そんな印象が持たれる。これも、ヘソカならではと言えるだろう。

それでは次にわお!である。
qwfeg_convert_20160423205711.png
春(3月~6月 但し、1年目は未使用)
wytye_convert_20160423210026.png
夏(7月・8月 但し、1年目は4月~9月まで使用。又、年によって9月まで使用。)
thre_convert_20160423205847.png
秋(9月~11月 但し、年によっては10・11月のみの場合あり。)
uegkr_convert_20160423205941.png
冬(12月~2月)

わお!は、フォントが独特の物になり、漢字を使うことが無くなったことが特徴的である。だが、ヘソカと比較するとバリエーションが以前に戻っている所が、退化したかなと感じる。
其れを考えれば、後何年続くは不明のわお!は、こう言った所も見直してもいい感じがしてくる。

さて、去年も似たようにサブタイを比較したが、あの時はヘソカのバリエーションがこのようになっていたことを知らなかったのであった。と言う訳で改めてうpしたが如何だろうか?
はっけん!以前は季節ごとに変化していなかったし、しまとらは話毎に異なる画像を使っていたので、これは此れで味というものがある。そんな気がした。


其れでは、ここからは今週のしまじろうについてである。(BS11の方は、5月2日の放送となる。)


今週は、あの糞熊親父と糞三郎(たまさぶろう)の自己二大ワーストキャラが登場し、凄く気が重かった。(しかも冒頭から、あの熊野郎、駄洒落言いやがって!てめえ、駄洒落ばっか言うんだったらしまじろう降りろ!お前みてえなキャラが来る所と違う!
そんな中の今週の展開はというと、やはりあの豹野郎に出番が偏っていた気がした。ぞうたも居た(そう言えば、ぶうた居なくなってから、どうだい?調子は?何か、今までと違う物を視た気がした。)が、ぞうたですら、空気に近かった気がした。やはり製作はたまさぶろうがお好き?本当にそうとしか思えなかった。

其れよりも、他のキャラで穴埋めできなかったの?其れを凄く感じた。確かに、今日の展開を視れば、何もたまさぶろうじゃ無くても誰でも良かった筈である。
今年も4ヶ月過ぎたが、振り返ると、ガオガオ、リチャード、ぞうた、ぶうた(転園したので3月以後登場しない)、たまさぶろう位にしか、スポットが当たっていない気がする。しかも、しか子が登場した会は、赤崎千夏繋がりのけんとが登場したと言うことは一度も無い。(逆の場合でも、けんとは第197話「しまじろう おこる」で登場しているが、その際はしか子を演じていない。)みみりんとはなの二役を演じている高橋美紀は、積極的に二役演じているのだから、其方も二役演じても良い筈である。(つまり、声優の人件費を無駄にしているのでは?と感じてしまうのである。其れか、永澤菜教を引っ張りダコにさせることが好きなのか??

・・・一寸深読みしすぎたので少し戻すが、つまり、ちゃれんじ園の展開は、ぞうたやたまさぶろう、しか子にスポットを当て過ぎないで欲しいと言うことを製作には伝えたい。(後たまさぶろう、今後NHKの許可無く出演するな!!お前はドクタケ忍者を目指す“ドクたま”として、修行中の身だろ!にも拘らず、魔界之小路先生にも、父親の風鬼にも、同じドクたまのいぶ鬼、しぶ鬼、山ぶ鬼の許可も無く、豹の格好して勝手にテレビせとうちにきやがって!とっととドクタケ忍術教室帰れよ!NHKに帰りやがれ!!あいつ、マジでテレビせとうち出禁にしてくれ!

では改めて、今週の展開についてだが、前回も触れたが、何としまとら時代にも同名の話があったのである!其れはこちら。
iou_convert_20160423220905.png
第543話「静かなとりっぴい」であった。

今回は、全部平仮名であったが、其れでも被ったことには変わりは無い。そして、この時の展開であるが、とりっぴいは何の躊躇いも無くベラベラと喋っていた。特に、お洒落したみみりんを平気で馬鹿にし、みみりんを泣かせたり、ドットに「良いか?俺が○○に隠れているというのは、からくさとペイズリーには内緒だぞ!」と言われたにも拘らず「ドットが○○に隠れているなんて知らないよ」と普通にバラし、しまじろう達やドカペは堪忍袋の緒が切れてしまった。其処で、「お前はウザイお喋りだから黙れ!」と言った結果、まるで、○×クイズでもやっているかのような姿になってしまった。(サブタイ画像からもお察しの通り。今回はマスクまではしていなかったし、其処まで極端ではなかった。)だが、「とりっぴいらしくない」と思うようになり、又元のウザい姿に戻ったのであった。

と言う話であった。
因みに、他にもサブタイが被った話があった。
uuei_convert_20160423221114.png
第551話「ひみつきちのひみつ」はわお!第12話「ひみつきちのひみつ」と全く同じである。と言うのも、どちらも全て仮名文字表記だからである。

又、ヘソカ時代にも・・・
rtwge_convert_20160423221041.png
第87話「しまじろうの家出」がしまとら第41話A「しまじろうの家出」と被ったことがあった。

そして話を戻すが、今回は、ウザいお喋りだ!と批判したのは、あの豹野郎だった。(てかお前も出番多すぎて、かっこつけすぎててマジウザい!てめえも人のことは言えねえな!悪いけど、お前みてえな子役なんて日本中探しても居ないだろうね!!)其処で、あの時同様、だんまりを決め込んだ。(にしても、とりっぴいん家とあいつん家って近いの?通園バス一緒に降りてたが、誰も何も言っていなかったし・・・。)そんな中、竹馬練習中のあいつが糞熊の盆栽を壊した際、偶々其の場に居たしまじろうに疑惑が向けられた際、とりっぴいとは思えない台詞を発した。

「しまじろうがそんなことする訳無いでしょ!!」

そんな訳で、今回はしまじろうを庇ったとりっぴいがかっこよく見えた。偶にはいいこと言うね~。と評してあげたい。
iuyyu_convert_20160416213039.png
らむりん「何時もあんな感じだったら良かったのにね。あの話の時、みみりんを馬鹿にしたのは本当に許せないわ!!」

だがしまじろう、お前に一言言いたい。

お前はいい加減たまさぶろうを呼び捨てで呼べよ!!何でお前は君付けなんだ!!

今回はみみりんやとりっぴいが呼び捨てで呼んでいたこともあったので、余計に浮いてしまった感があった。だからあのしましまに声を大にして伝えてやりたい。(お前がたまさぶろうを呼び捨てで呼ぶようになったら、お前の嫌いな所は無くなるな!tk、たまさぶろうを呼び捨てで呼べない訳でもあるの?誕生日祝われた時、呼び捨てのお許しが本人から出ただろ?)

ドット「お前はあの豹野郎を呼び捨てで呼べないのかな~?!」
ペイズリー「へ~、しましまに出来んのか?あのウザ豹を呼び捨てで呼ぶことを・・・。」
からくさ「無理ならいいんだよ。なら攻めて僕達に敬称付けて呼んで欲しいね!しまじろう!」

裏で、ドカペがこんなこと言ってると思うぜwww

そしてたまさぶろうが竹馬をやっていた時、「馬になら乗ったことがある」と言っていたが・・・、
thh_convert_20160423223935.png
こいつのことでしょうか??・・・とボケてみたりするw

だから、あのアニメは何時から非擬人化動物を出すようになったのだろうか。20年以上も擬人化動物アニメを続けてきて、其れは有り得ないよね?テレビせとうちさん・・・?

そして次に、園長についてである。
園長は、今回服装を変えたイメージがあった。
hreu_convert_20160423210518.png
これが今回の園長である。
zfgb_convert_20160423210550.png
そして、こちらが普段の格好である。(季節的に逆じゃね?と凄く思うが・・・。)

良く考えれば、あの動物が動物を怖がる訳の分からない話の時も、又違った格好をしていたし、映画ネタゴリ押しのあの時も夏っぽさを感じる服装をしていた。
其れを、他のキャラにも生かして頂きたい物である。

そして、
fe_convert_20160423211209.png
園長の本名も明かして頂きたい!!

クレしんのふたば幼稚園の園長(組長)には本名の設定があるんだから尚更である。(高倉文太)“熊田”とか“熊野”とか、彼は仮にも熊なんだから、そう言う苗字だけでもいいはずである。(他の教職員もいぬ子、しか子、くう子とモチーフの動物を元にしているんだし・・・。こちゃれで明らかになっていなくても、アニメオリジナルで出してもいいと思うけど??)

それと園長、てめえは駄洒落やジョークを今後一切喋るな!あんな笑い取れない駄洒落やジョークで一人でボケて、何かいいことでもあんの?ここはそう言うギャグアニメではない。(忍たまの安藤夏乃丞でももっとマシな駄洒落言うぞ・・・。あ、ひつじい・・・失礼しました・・・。)其れに、とてもあの時期の子ども向けアニメの雰囲気にそぐわない!其れを理解できないのなら、お前は二度と出演するな。とっととちゃれんじ園から、いや、テレビせとうちから出て行け!其れが嫌なら、ヘソカの頃に戻れ!

そして、実写パートだが、「みわたすクイズ」でとりっぴいを解答者としたことは素晴らしいことであった。是非、今度はみみりんやにゃっきいにも解答者として出して頂きたいと思う。
そして、「どうぶつのあかちゃん」。はなをパペットから着ぐるみに変えてくれ!(去年、折角着ぐるみ化したんだから尚更だよね?)
だが、「ボールが1,2,3,・・・10,20,30・・・100,200,300・・・1000個!」と言う所はマジでつまらなかった。(せめて、みみりん出せや!)ということで、あれはもう辞めて貰いたい!(あと蝉は左から何番目?って問題も・・・。)

そんな今回の話だったが、次回は毎年すっかり恒例化して来たしまじろうの誕生日会である。此処で思うのは、やはり他の人物の誕生日会もやって欲しいことである。
例えばにゃっきい。にゃっきいは4月4日が誕生日で、はなとも同じである。其れを考えれば、合同誕生会の展開とか出来そうである。そう言ったことも、今後製作にはお願いしたい。(6月にはぞうたを、7月にはまるりん(去年はあったが、其れでも他の人物が欲しい。)を、8月にはかんたを、9月にはきりんたを、10月にはみみりんを、11月にはきっこを、12月にはけんとを、1月にはとりっぴいともんたを・・・として頂きたい!!)
そして、予告を視た限り、又又はなの登場となるので、今度こそ、はなの名前をEDクレジットで載せて頂きたい!!
と言う訳で次回は視れるかは分からないが、視れれば視たいと思う。

因みに、しまじろうの誕生日と放送日が重なるのは、石川のKTKである。

おまけ
20160327025218.jpg
「しまちゃん」は、4週間が経った。
だが、もう補充しても、1日も経てば結構萎むほどになってしまった。

そろそろ、浮かなくなってくるのかも知れない・・・。