最近のしまじろう関連のレビュー

現在、知っての通りアニメは“自粛中”である。

だが、アニメは自粛していると言えども、ファン活動事態は自粛はしていないので、当然今月であっても、しまじろう関連で何かしらのことが起こっても不思議ではない。

其処で、今月の第二しまコンの後に起こった出来事を記そうと思う。

先ずは、“あの構想”が、“あの計画”になったことである。
・・・とまあ、これだけでは当然、意味は分からないと思う。
では早速、ご覧頂こう。こちらである。
IMG_4099.jpg

IMG_4102.jpg
第二しまコンの時や、今年の英コンの時にも述べたが、“第二しま英コン”のチケットを手に入れたのである!
IMG_4101.jpg
詳しくは、“第一しま英コン”(以降、今年、既に足を運んだ群馬公演のしま英コンのことをそう呼ぶ。)の時の記事を参照して貰えれば分かるが、今年はKiko公演ともう一つ、Nancy公演の方にも足を運びたいということになり、結果、予算や予定が確保出来たので、遂に“構想”から“計画”に進展したのであった。

しかも、この会場は2階席の無い会場なので、必然的に1階席が取れるのは言うまでもない。
だが其れだけではなく、座席を調べてみた所、今回は通路側のポジションを確保出来、去年から果たそうと思っていた「1階席で通路側」と言う理想のポジションも確保出来た。でも欲を言うと、「なるべく前の席」であったが、残念ながら今回のポジションは、通路側ではあるものの、第二しまコンとあまり変わりの無い、中段より少し上のポジションである。後半で、しまじろうとMimiが降壇してくるが、果たして自分の近くには来てくれるのか?しまじろうは第二しまコンで近づいたが、Mimiは本当に間近で見たいと思っている。

自分の中には、何故か「Kiko公演を選ぶ」と言う気持ちが芽生え、これまでの所一度も、Nancy公演に出向くことは無かった。
と言うことで、果たしてNancy公演は、Kiko公演とは何処が違うのかと言うことを今から期待したい。

そんな中、Kiko公演を選んでいた方にとっては、残念な知らせもあった。其れについては後述する。

続いての話題はこちら。

其れは、今年の映画についてである。
当ブログでは、何度も今年の映画のことについては述べてきたので、「え~?又映画の話題~?」と思われるかも知れない。しかも、「映画のことはこれで最後になる。」と言って置きながら終わらないので、「何時になったら終わるの~?」と思う人も居ることだろうw

と言っても、唯単に限定グッズを手にしただけの話である。
其れはこちら。
IMG_4075.jpg
自由帳(お絵かき帳)を手にしたことである。
IMG_4076.jpg
これは、今年も去年のようにネッツ店で「わくわくえほん」が貰えると言うキャンペーンがあり、其処で絵本を手にしたが、其れに加えて、こちらも手にすることが出来たようである。

其の情報を“ある方”から数日前に入手し、即手に入れたのであった。因みに、“ある方”は当ブログは見てくれているが、コメントをしたことは一度も無い。そして、製作側の人でもない。其の方は、かいが(ry
IMG_4077.jpg
この自由帳は、表紙裏に今年の映画のことがあり、次ページに塗り絵があり、其処から先は本当に白紙である。

・・・とまあ、今月はしまじろう関連では、このようなことがあった。

と言うことで、前にも述べたが、アニメ自粛中はしまじろう関連で自分にとって何かが起こった時等、不定期更新になる。
そんな訳で次回の予定は、この時期が自分がしまじろうに嵌まり、3年になるので今の思いを語るのと、間も無く、“旅の仲間”が来て、こちらも3年になるので、其れについてである。

今までは、アニメのこともあったので毎週土曜日に更新していたが、これは土曜日以外にも更新するかも知れない。
とりま、其の点は待って貰いたい。

では、又次回。(これから述べる、Kikoのことが気にならない方は、ここで読み終えて貰って構わない。


さて、ここからは、英コンの司会、Kiko Wilsonについてのことである。

今月、英コンの公式サイトにこのような知らせがあった。

「Kiko公演についてですが、足の怪我のため、Kikoの出演を見送らせて頂きます。そのため、Kiko公演を予定していた会場でも、Nancyが出演します。」

そう、Kikoが足を負傷し、7月中旬頃からのKikoが出演予定の英コンの公演も全て、Nancyが出演することになるのである。
しかも其ればかりではなく、既に英コンでは、しま英クリコンの予定が決定しているが、其の英クリコンに至っては完全に出演を見合わせることになり、Kiko公演はもう年内は見ることが出来なくなってしまった。演題は、去年同様"Happy Christmas Party"で決定していて、既に“英語会員先行発売”(WK、こどもちゃれんじEnglish購読者のみエントリー可)が始まっている。だが、又しても、Beepy不参戦である。)

自分が第一しま英コンの会場を決める際、群馬の他、神奈川県厚木市の厚木市文化会館も候補にしていた。
だが、先週開かれた其の会場でも、本来ならばKikoの予定が、其処からNancyになってしまうことになった。(因みに最後のKiko公演は、7月1日の東京都文京区の文京シビックホールであった。)

6月にKiko公演に行っていた自分としても、こればかりは残念な話である。

今年の英クリコンは必然的に全てNancy公演になるKikoは7月までの出演では関東しか出向いていないので、関東以外の会場に行く場合は完全にNancy公演)ので、もう一度行く、第二しま英コンで、Nancyと言う人物が分かるので、どういう公演なのかと言うことは、かなり知っておきたいと思う。

又、Kikoのことについて調べてみたが、彼女のブログやTwitterでは、そのような情報は載っていなかった。今は、回復を祈る他無い。

来年の英コンでは、是非何時ものKikoが見れるように期待したい所である。後、今年は不参戦に終わる、Beepyに又会えることにも。又、"Twinkle, twinkle, Vroom!"と言って、"Beepy Car"に変身するあの姿を又見たい物である。其れとManiや、他のWKのキャラ・・・欲を言うなら、リチャードがステージに立つことにもw後は、英コンでもはなが出てもいい気がする。
スポンサーサイト

3つのメガホンアイテム +α

以前、当ブログでしまじろう映画の言わば、“応援アイテム”である、メガホンを紹介した。
其の際に、第1作目の「しまじろうとフフのだいぼうけん」のアイテムであった扇子は、後日手にしたら紹介する」と記した。

そしてこの度、其の扇子アイテムが封入されている映画「しまじろうとフフのだいぼうけん」を手にしたので、早速紹介することにする。

では紹介の前に、以前紹介した其の他のアイテムを振り返って置きたい。

先ず、
20170211004708.jpg

20170211004717.jpg
これは、2作目「しまじろうとくじらのうた」のアイテムである「ミニくじらメガホン」である。

次に、
20170211004734.jpg

20170211004744.jpg
3作目「しまじろうとおおきなき」のアイテム、「おうえんばなのメガホン」になる。

そして、
20170211004757.jpg

20170211004813.jpg
これが、4作目「しまじろうとえほんのくに」のアイテム、「ガオガオメガホン」である。

と言うように、過去3作はメガホンアイテムと言うことで、しまじろう達を“助太刀”する目的で使われた。
しかし、これが1作目だと、アイテムはあったがメガホンアイテムではなかった。

前にも述べたが、メガホンアイテムが“確立”したのは2作目の「くじらのうた」からであり、1作目は「ミニ七色のはなうちわ」というメガホンではなく、“扇子”のようなアイテムなのであった。

では早速本題の「七色のはなうちわ」をお見せしよう。こちらである。
IMG_3416.jpg

IMG_3417.jpg


と言う物であった。
さて、メガホンアイテムと比較すると、色々と違和感を覚えるが、其の代表的なものとして、「保護者の方へ」の注意書きが無いことだろう。

そして実際の使用法だが、この映画には“風起こし”の演出があり、其の際に使った物と思われる。この映画は未見なので、未だ良く分かりません!
だがやはり、今のメガホンになると“声出し”を促したり、“修正液”のように使ったり、やはり“風起こし”に使ったりと、バラエティに富んでいる気もする。そうした中で、今年の映画のアイテムも「にじいろメガホン」で、やはりメガホンアイテムであった。

では最後に、今年のアイテムである「にじいろメガホン」を添えて、“歴代”のアイテムを一気にお見せしようと思う。
FullSizeRender.jpg
こちらが4作目までのアイテムで、
IMG_3421.jpg
こちらが今年のアイテムも添えた物である。

最後に、以前も話したがDVD化の際に、実際に映画館で配布された物よりも“デフォルメ”されて封入されるのである。恐らく例年だと、8月下旬頃に「しまじろうとにじのオアシス」のDVDは発売されることだろう。其の前に、今年も去年や一昨年見たく、7月頃にどうせやるんだろ?予告で「ココ覚えている?」なんて言い出して、映画ネタ丸出しの話を・・・。そうだとするならマジで見ていない人の考慮になっていないから辞めてくれ!
其の際、「にじいろメガホン」はどのようにデフォルメされるのか?少し期待したい。

又、来年のメガホンアイテムも11月頃に題が発表された頃に明らかになることだろう。其れも期待したい所である。


其れではここからは、今週のしまじろうについてである。(BS11の方は5月22日の放送になる。)


今週は・・・先ずは問題のある奴が居たので、そいつに物申させてもらおう。
さて其の人物とは・・・

そうt・・・

ではなく・・・


とりっぴい、てめえだ!!

其の物申したいシーンがあったのは終盤である。
今週、終盤に至るまでのとりっぴいは、何ら問題は無いように見えた。あったとしても、何時もの「飛ばない」とか、「鳥類と話さない」と言ったことのみ。

だが、終盤みみりんの元に偶然来た、「コロタン」をしまにゃきに見せに来た所、とりっぴいが捕まえていた団子虫の数不足を訴えていたことを思い出す。
其処にとりっぴいが来て、家に誘うと、「とりぴが団子虫飼うって言ったら、こんなことになった!」と“虫小屋”を見せびらかしていた。
だがとりっぴいは、多少“虫恐怖”を“克服”したみみりんをお構い無しに、「これが烏賊で、これが蛸で・・・」等と名を付けていたことを喋り出す。
そんな中、みみりんが“保護”していた物までもお構い無しに付け、みみりんの不満が爆発していた。

そう、このシーンが自分がとりっぴいを“お荷物”と感じさせる所である。

事実、第248話「まけるな にゃっきい」の際、メインがバスケをやっていた際に、くまっきいがまぐれで決めた3ポイントをとりっぴいだけが過剰に称え、その結果今まで、誰よりもスポーツ万能を謳っていたにゃっきいをスランプに陥れたと言う“前科”がある。
其の時もみみりんがとりっぴいを堰き立てた。

実際、とりっぴいは“お喋り”な所を見せ始めると、時にKYな行動を取る。そうしたとりっぴいの“お荷物”な所を見ると思うことは唯一つ。

あんなお荷物鸚鵡を降板させて、らむりんを返せ!!

Non_convert_20170401205452.png
とりっぴい「あれ?今呼んだかな?とりっぴいなんか、もうアニメに出るなって?何言っているの?別にあの時集めた団子虫を紹介した何処が悪いのさ?みみりんだって克服出来ていたじゃない!とりっぴいはそのつもりだったんだけどな~。それでらむりんと変われって、とりっぴいは今このアニメに出れて幸せなんだよ!とりっぴいはらむりんが居ない今は、しまじろうと一緒で最初から居た仲間だって言うのに・・・。其れより何でここのドア鍵掛けてあるの?開けてよ!君とちゃんと会って話したいよ!」

は?お前今週呼んでないのに何で来ているの?
じゃあ、お前、最近何で飛んだり、鳥類と話したりと鳥らしい行動何一つ見せないのさ?お前の翼は唯の飾りか!それとも偶に、“人間の手”のような描写になるから、唯の腕か?
哺乳類だらけの世界の中で、お前は唯一の鳥類だってこと自覚しろよ!そうでないのなら、お前はらむりんと入れ替われ!どうせ、お前らむりんが降板するってなった時、本当は「良かった!とりっぴいは降板されなくて、続投ってことになって!」とかって思ったんだろ?
Non_convert_20170401205452.png
とりっぴい「飛ぶのとか、他の鳥と話すのは、そんなのとりっぴいの勝手だよ!何で最近、アニメで見ないからって君が指図するのさ?別に良いじゃない。とりっぴいは今のアニメに出れているだけでも満足なんだから。お喋りとかそう言うのは、とりっぴいの第一印象なんだし・・・。」

じゃあ、お前がそう思っているのなら、“あの方”を向かわせるから、ゆっくり其の方と話しな!
さ、とりっぴいに調教しに行って来い!
yyd_convert_20160116230037.png
らむりん「さっきから私のことにも悪口ばっかり言って!今のアニメにも出れて幸せ?とりっぴい、5年前に降板させられた私のことなんてもうどうでもいいのね!どう言うことなのか、あのドアの向こう側でゆっくり語ろうじゃないの!」

他に、見分けが付けにくいものに各々名前を付けると言う所で思い出したのは、「忍たま乱太郎」の山村喜三太である。
彼は蛞蝓を飼育していて、やはり各々に「ナメ太郎」だの「ナメ千代」だのと名前を付けていた。他に自分的には、山村喜三太と言えばにゃっきい(&らむりん)を思い浮かべる。理由は中の人繋がりだから。(正直、今彼の声を聞いたら、らむりん&にゃっきいが「蛞蝓さ~ん!!」って呼んでいるように聞こえるだろう。彼女達が、蛞蝓の好き嫌いは不明だが・・・。)

さて、何故呼んでも居ないあのお荷物鸚鵡が来たのかと言うことはらむりんに処理して貰うこととして、他の話題を触れるとすると・・・

今週は、“虫恐怖”のみみりんが、団子虫の防御のために体を丸めると言う所に魅力を感じ、今までは「虫恐怖のみみりんを皆してからかって!」と不満に感じていた所が、“改心”すると言った感じの話であった。

と言うことで、ここで今週のゲストの登場である。
今週は、“解説役”として登場したガオガオである。
hyu_convert_20170218184302.png
ガオガオ「先月、さくらこちゃんときっこちゃんが登場した時に呼んでくれるかと思ってきたら、呼ばれなかったから、今回は色々な話を君と出来そうだよ。そう言う訳で今回は宜しく!」

さて、そんなガオガオと今回話していく話題はと言うと・・・

今年に入り、ガオガオは2月以降は月1単位で出演していた。そして、今月は先週の予告にも登場していなかったので、“フラグ無し”の登場と言うことになった。
そんなガオガオの今年の軌跡を振り返ると、2月の今年初登場の時はふしぎ堂でプラネタリウムの話であり、3月と4月は自身の発明品に纏わる話であった。

しかし今回は、2月~4月には出ていたふしぎ堂が無かったりと、何時もとは少し違うガオガオだった気がした。

若しこれが、3月や4月の感じになっていたとすると、「私の自信作の1つの「団子虫発見器!!ダンゴロリン!!(適当)」」見たく、発明品と共に、団子虫を観察するなんて流れだったことだろう。因みに、「ダンゴロリン」とは、2005年の愛・地球博が開催された時にEテレが放送していた、マスコットキャラクターのモリコロが主役のアニメ、「モリゾーとキッコロ」であったサブタイからである。勿論、団子虫に纏わる話であった。
が、今回は3月も4月も発明品で“失敗”していると言うこともあってか、そういう描写は全く無かった。
自分としては、「違うガオガオを見た」と言う感じを覚え、其れは其れで味があったと思った。
mt_convert_20170520220255.png
ガオガオ「そう言えば、今回も発明品が出せそうだったな・・・。でもまあ、今年は2回とも失敗しているのは君の言う通りだから、単に解説だけして終わったとしても良かったか・・・。」

とまあ、この話関連でのガオガオの話はこれまでである。
そして2つめだが、これはガオガオに贈る“エール”である。

愈々来週末から今年のしまコン「しまじろうともりのきかんしゃ」が始まり、当然、今回もガオガオは登場予定である。
そんなガオガオは、去年の映画は出演の価値なしとも思っていたが、今年の映画では何かと活躍していたので、しまコンでも期待したい所である。
jty_convert_20170218185834.png
ガオガオ「其れを言ってくれて私は嬉しいよ。是非君も、客席から私やしまじろう君達の活躍を見守ってくれたまえ!あ、それじゃあ私はこの辺でいいかな?」

ああ、バッチリ見させて貰おう。
と言うことで今週のゲストはガオガオだった。
Non_convert_20170401205452.png
とりっぴい「もう、らむりんってば降板されたからって、そんなにムキにならなくたって良いじゃん!ベネッセとテレビせとうちが決めたことなんだから!」
らむりん「相変わらず煩いわね、とりっぴい!私の話を一通り終わってからにして頂戴!!」
wgjr_convert_20170211205907.png
ガオガオ「おや?外からとりっぴい君とらむりんちゃんの声が聞こえるみたいだが?良いのか?」

あ、気にしないで!ガオガオ・・・。(無言で去る。)

さて次の話題。
ここで、次のゲストの登場である。

次のゲストは、今週ある意味“主役”であったこの方!
bvcr_convert_20160927111858.png
みみりん「まさか、このアニメのヒロインのみみりんがゲストとして呼ばれるなんて嬉しいわ!外でとりっぴいとらむりんが言い争いしているのが気になるけど、宜しくね!」

さて、そんなみみりんと話すのは、“リンク”についてである。

今週、“虫恐怖”のみみりんが一時的に団子虫を“克服”すると言った内容であったが、過去にも似たような話があった。「一時的」としているのは、又同じような話をやると確実に0に戻るからである。
其れは、しまじろうヘソカ第17話「がんばれカブちゃん」でのこと。

ある夏、近々行われる「甲虫競争」に“参戦”させるための甲虫を捕りに来た。
勿論、“虫恐怖”のみみりんも然りである。

みみりんは何とか、参戦させる甲虫を捕らえ家に連れてきた。だがやはり、“虫恐怖”と言う所が表に出てしまい、中々世話が出来ない。
其処に、れんげが助け舟を出しつつ、世話をした。みみりんはれんげに、「ママは怖くないの?」と尋ねると、「耳を澄ますと、甲虫が何かを訴えている気がする」ことや「みみりんが赤ん坊だった時のことを思い出す。」と言っていた。
れんげにも励まされたみみりんは、徐々に甲虫に対する“抵抗感”が薄れ、競技の日が近付く。
だが、其処に新たな問題に直面する。其れは、みみりんの「カブちゃん」は各々の甲虫と比較すると、小さくて弱そうに見えたのである。みみりんは、優勝出来るのかが凄く不安であった。そんな心配を抱える中、愈々競技当日を迎える。

・・・と言った感じの話であった。
又、これの少し前のしまじろうヘソカ第3話「ミツバチに会いたい」でも、みみりんが極度に蜂を嫌っていた。そんな中、夢に「蜜蜂に会いたい!」と訴えるある物が現れ、其れの謎に迫ると言ったのもあった。
kmg_convert_20170520220238.png
みみりん「そう。みみりん、一時的に怖くは無くなるんだけど、でもやっぱり虫は嫌いだわ・・・。」
wef_convert_20170520220326.png
みみりん「其れなのに家のパパと来たら!みみりんに無断で甲虫を飼うなんて!!本当にあの時は許せなかったわ!何が「カブリン」よ!みみりんが怖がるのも知らないで!其れに、みみりんのパパはあんなんじゃなかったわ!花屋さんを始める前、消防士さんをやっていた時の方が、凄く格好良かったわ!貴方もパパを嫌っている理由が分かる気がするわ!」

其れが前回も少し触れたが、第220話「パパの ともだち」である。
jty_convert_20160206214116.png
みみりん「でも貴方も、家のパパ嫌いなんでしょ?」

勿論だとも、みみりん。因みに以前は、“旅の仲間”の方のみみりんも良くそんなことを聞いて来たりしたwww

さて、ここでみみりんの口から草太の話題が出たのでそのことに関して。
今回、「何時あのキ○ガイ兎が出て来るんだろう?」と凄く怯えながら視ていた。今回は本人も出ていなかったので、特に深くは触れないが、あのキ○ガイ兎が出なかったことだけは何よりである。

若し、あのキ○ガイ兎が出ていたら、爽やかな土曜日を迎えられなかったことだろう。
kmg_convert_20170520220238.png
みみりん「本当、家のパパは一寸したことで直ぐに子どもみたいにはしゃぐのが嫌!テレビでは普通に振舞っているけど、本当はあんなパパにして欲しくなかったのよ・・・。どうして、家のパパの性格を飼えたのかテレビせとうちに聞きたい位だわ!あ、勿論パパは貴方の書いている「ちゃれんじ園オフ」に出せ出せ言って、何時かみみりんやママが招かれた時にも伝えておけ、って言われているけど、やっぱりそんな不快なパパを書くのは嫌よね?貴方には本当に同情出来るわ・・・。これでもう一つの苦手な食べ物の人参のことで、又煩く言ってきたら承知しないんだから!」
wef_convert_20170520220326.png
みみりん「そうだわ!今度パパが出て、又はしゃいだらみみりんも呼んで頂戴!ここに来た後、みみりんとパパとでテレビせとうちに行って、性格を元に戻すように言いに行くつもりだから!」

ああ、そうするよ。
だが、あれはこの部屋には入れんが、其れでもいいか?

jty_convert_20160206214116.png
みみりん「其れはしょうがないわね。貴方は家のパパの顔も見たくないって言うことは、パパがここに来て入れてくれなかったこととかも含めてたっぷりと聞いているし・・・。あ、其れよりみみりんはそろそろ帰って良いかしら?」

そうだな、特にお前との話は無いし。
uhtr_convert_20170520220311.png
みみりん「そうだわ!さっきも一寸言ったんだけど、貴方はみみりんが人参嫌いなのは知っているわよね?良く、「兎なのに変!」とかって言われるけど、どうして虫が嫌いって言う所はやるのに、人参が嫌いって言うのは最近やらないのか気になるわ!今度テレビせとうちに行って聞いてみるけど、良いかしら?」

是非そうして貰いたいものである。
そう、「みみりんは兎なのに何故か、人参が苦手」と言う設定がある。所が、最近はそうした話も無く、何時だったか、糠漬けの人参にも「あ!人参だわ!」位しか言っていなくて、「あれ?みみりん人参苦手なのに其れだけ?」と思ったことがあった。

今回、本人もそう語っているので、是非みみりんの人参嫌いと言う設定をもう一度出すべきである。
虫ばっかりに固執すると、やはりこれも、“ゴリ押し”と見なしても不思議では無いだろう。そうした話をし、みみりんとの対話を終えることとしよう。

・・・と言うことで、今週の“第二”ゲストはみみりんであった。
Non_convert_20170401205452.png
とりっぴい「みみりん!居るんでしょ?とりっぴいを助けてよ!らむりん、フランスに引っ越したことでとりっぴいに文句付けてきているんだけど・・・。一寸らむりんとの話に付き合ってよ!」
らむりん「煩いわね!みみりんが助け舟を出す前に、私の話が終わってからよ!・・・あ、みみりん!私だけでここは進めるから、来なくていいから!」

jty_convert_20160206214116.png
みみりん「とりっぴいが呼んでいるみたいだけど、らむりんがあのドアの向こう側でそう言っているのなら、みみりんは行かなくていいわね。じゃあ、改めて今週は招いてくれて、どうも有り難う!

さて、今週のゲストも去った所で、アニメ以外の話題になる。

今週は、やはり団子虫と言うこともあり、「ひっくりかえし隊」があった。
其れ以外だと、草笛のことだったが、第153話「ふしぎな たんぽぽ」で最後まで草笛が出来なくて嫉妬したしまじろうを思い出した。しかもあのコーナーはしまじろうが出ている奴だから、余計に思い出さない訳には行かない。

歌パートは「せかいはパラダイス」と「こうつうあんぜん」だが、最近これに関してふと思うことがある。
其れは、今月に入り「こうつうあんぜん」が、予告の直前にやっていることである。これにはどういう意図があるのだろうか?

其れ以外だと、今週の「カミイチ」はカミイチが“流血”すると言う描写があったが、正直言ってグロすぎると思った。(朝飯中の親子も居ることだろうに・・・。)ああ言うのは、深夜枠とかでやるべきだよな・・・。

更に、算数問題で「隠元豆の数が多いのはどっち?」と言うのも、この間の天道虫ほどではないが、やたらと視る気がする。

だが其の一方で、間もなく始まるしまコンの予告は今の所、1回しか流れていないし、YouTubeの公式チャンネルでうpされている、2014年シーズンのアニメの最後には流れていたしま英コンの予告が未だに流れていないのが気になった。

後は、「しまじろうおんど!」が次に流れるのは何時なんでしょうか?

そんな今週の話だったが次回は・・・
ikmt_convert_20170415211228.png
まるりん「まさか、前回私が登場した時に言っていた「次は私の家のパン屋のことの話で登場するかしらね!」って予想が的中するとは思わなかったわ!あの意見、テレビせとうちの誰かが聞いていたのかな?・・・そんな訳で次回は私とお母さんを宜しくね!」
wqsx_convert_20160827231023.png
ささこ「初めましての皆は、初めまして!私の名前はささこよ。まるりんの母親って言うのは見れば分かると思うけど、未だエンディング程度でしか私の名前は分からないだろうから、次回の登場でアニメの中で私の名前が分かってもらえれば嬉しい限りね。其れと、久々の出番、楽しみね!」

・・・と言うように、まるりんが家のパン屋の仕事を母・ささこと手伝うと言う話である。
まるりんは、先月も登場しているのでこれで準精勤になり、ささこは去年8月以来の登場になる。
思いとしては、ささこが語ったように、「名前がささこ」と言う所が広がるかと言う所である。後は、予告では出ていなかったが、しまじろうの“旦那”(中の人的な意味で)のまるたはどうなのか?と言った所になる。(個人的には、まるたは出なくても良いと思っている。出来れば、まるりんとささこのみの話をして欲しく感じる。

さて其れ以外には、まるりんはそれなりに登場しているキャラであるが、一度もサブタイに「まるりん」が付いたことが無い所が気になる。
それに関しては、次回に触れることとしよう。

更に、まるりんとささこを見ていると、何と無くプニたんとココにも見えてくるというのもあるが・・・。
54wh_convert_20170415211152.png
ぞうた「そして、まるりんの話の次は僕の誕生日が間近だぞう!だから6月最初の放送は、6月6日が誕生日の僕の話をやるぞう!」

あ、そう言えば6月6日はぞうたの誕生日だった・・・。もち、他の誕生日をスルーするせいもあり、ガチで忘れていましたw

と言うことで次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。
Non_convert_20170401205452.png
とりっぴい「らむりん何かもうどんな子どもに聞いても、「何この綿飴?」とかって言われるだろうね!其れ位忘れ去られているんだから、今出れているとりっぴいに文句付けるなんて考えられないね!兎に角らむりんはとっととフランスに戻ってよ!邪魔だよ!」
らむりん「今私のこと「綿飴」って言ったわね?そう、それがとりっぴいの悪い所なのよ!そう言う所が私は嫌いなのよ!あの縄跳びのことだって、私の恥ずかしいことを言い触らしたりしたし・・・本当にとりっぴいがもう出ないで欲しいわ!鳥らしい所何一つしないで、何で出ていられるのよ!このお喋り鸚鵡!」
とりっぴい「何だって、らむりん!そっちだって羊なのか分からない見た目の癖に!今のにゃっきいと付き合っている方がかなりマシだね!にゃっきいは猫だってことが分かりやすいし・・・。」
らむりん「じゃあとりっぴいは何で最近飛ばないのよ?それに私が出なくなって以来、毎年春に映画に出るなんて!ずる過ぎるわ!どうせ、お荷物っぷりを発揮しているんでしょ?私なんかね・・・」


ま、あの二人は懲りるまで続けさせておこう。この後施錠して帰るので、閉じ込めてしまうと言うのは言うまでも無い。

まさかの当選

しまじろうは映画シーズンが終わり、間もなく、しまコンシーズンに差し掛かろうとしている。
恐らく5月に入った今は、どの映画館でも今年の映画の上映は終わっていることだろう。

公式では会員先行発売が終わり、しまコンもしま英コンも一般先行発売が始まった。
そんな中、3月に上映された映画関係で、こんな時期になって、“ある動き”があった。

其れはベネッセから一通の封書が届いたのである。
IMG_3055.jpg
封のサイズはそれなりにあるものだった。
IMG_3056.jpg
裏を見ると、多摩のベネッセビルからの物だった。
これは間違いなく、こちゃれからの封書である。

早速開封した。
すると先ずは、一枚の手紙のような物があった。
IMG_3057.jpg
詳しく見ると・・・
IMG_3058.jpg
何と、映画キャンペーンの一環として行われていた懸賞に当選したのである!

さて、そのことについて詳しく述べることにしよう。

以前にも述べたが、今年3月に上映された「しまじろうとにじのオアシス」上映に肖り、ある3つのキャンペーンがあった。
一つは公式サイトのフラッシュゲーム、二つは東急スタンプラリー、三つはダンスイベントである。

そしてこれらは、終了後にアンケートに答えると抽選で、映画グッズが貰えると言う物であった。
自分は「アンケートに答えるだけでもいいだろう。」と思い、懸賞にはそんなに期待せずに、アンケートには答えた。(実際、抽選人数は少なかったので、当選しないだろうと思い、映画グッズを購入した。)

だがまさかの、其の当選に当たってしまったのである。

では当選したグッズはこちら。
IMG_3059.jpg
クリアファイルとキーホルダーのセットである。

これは、「のったよ賞」として、抽選で50人に当たると言う物であった。
其の、「のったよ賞」の50人の内の1人になったのである。

さて、どの懸賞でこの「のったよ賞」に当たったのかと言うことを述べる。
其れは完成披露上映の日に参加した、東急スタンプラリーの終了後のアンケートである。

通常であれば、50人の懸賞に当たったともなれば、かなり喜べるが、今回は微妙である。
と言うのも、前述したが、既に購入していたからである。勿論、其の購入時も「どうせ外れるだろう」と思っていた。

と言うことでどうしたかと言うと、懸賞の当選品はそのまま未開封のまま、“コレクション”しておくことにした。一方の購入した方は、普通に開封し、使うことにした。

ここで思ったのは、懸賞は映画グッズでもいいが、例えばゲスト声優だったCOWCOWか山田花子のサインカード付き(アイテムだった「にじいろメガホン」にサインを書くでも良し。)とか、其れこそ間もなく始まるしまコンの特別優待券(コンビニでの引き換えの際に其れを提示すると、チケット代が唯になる等)や割引券付き(非会員の場合は、会員価格で購入可能等)と言った、何かしらの“特典”があってもよかったのではないかと思う。
増してや、これの抽選人数は、もう1つの「おせたよ賞」を合わせて55人と言うハードルは高めである。なので、既に購入してから、全く同じ物が当選するのは正直喜びがたい物がある。

どうせ、それらを懸賞にするのなら、其れくらいあった方が正直喜べた、そんな気がした。

更に自分の場合、公式サイトのフラッシュゲームでもクリア後にアンケートに答えていた。
唯、其方は、「ココ」が当たるもう1つの、抽選で5人の「おせたよ賞」を希望したが、こちらは落選であった。でも正直、当たるならそっちじゃなくて良かった気もする。だって、“ココが二人居る”事態になってしまうのだから・・・。

最後に思ったこととしては、フラッシュゲームと東急スタンプラリーで、懸賞は別々にしておいて良かったこと位だろうか。

と言うことで、今回は以前「もう今年の映画のネタは無いだろう」と述べつつ、このようなことがあり、結局又述べることになったと言うリポートだった。


それではここからは、今週のしまじろうについてである。(BS11の場合は5月14日の放送になる。)


今週は、TXNでの放送日の翌日が母の日と言うことで・・・

・2013年5月6日  第 57話  「おかあさん やーめた」
・2015年5月9日  第160話  「おかあさん だいすき!」
・2017年5月13日 第263話  「かあちゃんの たからもの」

と言った具合に、其の母の日を主題の話であった。
この母の日が描かれるのは2年振りであり、毎回メインキャラの誰かしらの母親が主役になっているのもポイントになる。
そうしたこともあり、1回目はさくらが、一昨年はねねが主役となり・・・

・・・と言う訳で、ここで、今週のゲストの登場である。
今週のゲストは今回の母の日で主役となったかなえ、
utyh_convert_20170513203951.png
かなえ「今回は招いてくれて有り難う!何時もとりっぴいのことで色々と言っている見たいだけど、そうした話を今回聞ければ嬉しいわ!」

・・・と、
pwfgn_convert_20170211205704.png
とりごろう「おうよ!俺は今月も出たから、呼ばれて当然でえ!本当、テレビせとうちには今月も俺を出したことに感謝してやんねえとな!んな訳で俺と母ちゃんを宜しくでえ!」

本当は呼ばなくても良かったのだが、これで5ヶ月連続登場を達成したとりごろうである。

其れでは早速、其のアニメに関してから。

先ず、冒頭で各々が翌日に迫った母の日の準備をダイジェストしていた際、最初にしまじろうがはなとしているシーンがあった。
だが、其の際のはなの台詞は本当に二言程度だった。

何時もなら、「こんなに台詞が少ないのに、声優呼ぶなんて人件費が勿体無い!」と言っていた所だが、はなの場合は一寸違ってくる。
と言うのも、はなはみみりんと中の人繋がりだからである。

なのではなは、後にみみりんが登場すれば人件費云々を言うことは無いが、折角はなが2週連続で登場し、唯一の精勤賞達成をしたのだから、もっと登場させてもいい気がした。
例えば、今回は空野兄弟(兄妹?)が引き起こしたかなえに纏わるトラブルで、はなを介入させても支障は無かった気がする。今回は声優の人件費云々ではなく、イラストレーターの人件費が無駄になる気がするな。

さて、そうした中で漸く、空野家でのシーンになるのである。
とりっぴいがとりぴと、母の日で色々と考案している中に、洗濯中で、“宝”のハンカチが飛んできた。其れが今回の騒動の発端となった。

勿論、「誰のかも分からない無地のハンカチに落書きしようとか、とりっぴい、お前どんな神経してんねん?」と言う突っ込みもあるが、其れが、かなえの“宝”だと知った際にふと思ったことがあった。

とりぴは何時ものように「し~らない!」と言い、見ない振りをした。だが、この時のかなえが何時もと違った。
何時ものかなえなら、「とりっぴい!私のハンカチになんてことしたんだい!寄りによって油性ペンで描いちゃうなんて!」と激怒する所である。所が今回は様子が一転、泣き崩れていた。

思ったこととして、「何時ものかなえじゃないぞ?」であったが、今回のこれがあったことにより、話の中身に入っていったのである。

次に、このシーンを視て思い出したのが、前回も述べたが、しまじろうヘソカ第49話「かあちゃんへのメッセージ」である。
其の“宝”を汚したと言う展開が、「かあちゃんへのメッセージ」で相当したのは、かなえへのメッセージカードを手にとりっぴいが帰宅した際に、とりぴが喧嘩して飛び回っていたと言う展開である。
ヘソカの際は、とりぴが其の弾みで近くにあった花瓶を倒し、とりっぴいが止めようとするも間に合わず、壊してしまった。其処に怒り爆発のかなえが現れたが、とりぴは上手いこと逃げ、結果としてとりっぴいは濡れ衣を着せられた。濡れ衣を着せられたとりっぴいは逆ギレし、大泣きしながら家出をした。と言うものだった。其の後、とりぴは正直にかなえに詫びた訳である。

勿論、今回も最初は濡れ衣を着せたとりぴだった。だが、とりぴも“泣かせた”ことに責任を感じ、直ぐに、“兄”の濡れ衣を脱がせてやったと言う所が、ヘソカとは違うとりぴだと感じた。
wef_convert_20160813213708.png
かなえ「貴方の話を聞いていると、本当にあの時はとりっぴいに怒りすぎたと感じたわ!未だ幼いととりりぴぴを教育しなくちゃいけないとりっぴいが、何でとと達とふざけていたんだ!って思って、あの時は叱っちゃったからね・・・。あ、其れより私から質問があるんだけど、いいかな?」

何だい?かなえ。

rdfgn_convert_20170513203933.png
かなえ「3月かそこいらだったかしら・・・。貴方、私に「お荷物」って言ったわよね?其れに「今回は呼んでないから帰れ!」みたいなこと言っていたようだけど、あれってどういう意味なの?」

ああ、そうだったな。お前が次登場したら教えるって言ってあったもんな。
あれはだな、かなえの出番が極端に少ない話があって、其れなのに態々テレビせとうちが呼んだからって出るのはどうかって意味だ。
utyh_convert_20170513203951.png
かなえ「でも私は、テレビせとうちが呼んだから出たんであって、出番の多い少ないは関係無い気がするんだけどな?何処かの、最近呼ばれていることに好い気になっている大工と違ってね・・・?」(隣に激しい目線)
nnbb_convert_20160813213605.png
とりごろう「おい、母ちゃん!なんで俺ん所見るんでえ!俺は未だ話し振られてねえだろ!」

と言うことで、かなえが話して欲しいと言っているみたいなので、次に其のとりごろうについてである。

とりごろうは前述したが、今年に入ってからは未だ1度も出なかった月は無く、これで5ヶ月連続登場となった。
なのでやはり思うこととして、「こんなにとりごろう出すなんて、製作はどう言う意図を持っているんだ?」と言うことである。

と言うことで、とりごろう、答えてくれ!
wef_convert_20170513204014.png
とりごろう「あ、其れはだな・・・きっとテレビせとうちの皆は俺のことを愛してんじゃねえかなってことでえかな?」
kujd_convert_20170513204612.png
かなえ「あんた!今何て言った?もう一度言ってみな!」
oikn_convert_20170513203857.png
とりごろう「あ、冗談でえ!母ちゃん!んな訳ねえだろ!きっと、俺のこと応援するファンが急増してんかなって、思ってんだが・・・。」

あ、とりごろう。
自分は今の所、とりごろうは嫌いじゃないから、特に来月の父の日当たりに出たとしても文句ねえけどな。
でも、べらんめえ口調はお子様には理解しにくいんでねえかい?
yuokf_convert_20170218190644.png
とりごろう「仕方ねえだろ!これが俺の喋り方でえ!おめえさん、そんなこと言っている内は、未だ俺のことを好んでいるとは言えねえでえ!」
pwfgn_convert_20170211205704.png
とりごろう「其れより、他に俺になんか話はねえけえ?」

あ、丁度良い所に来た!
自分の変わりに、母上様が来てるんで、後はそっちと楽しむでえ!
yet_convert_20170513204031.png
みちよ「とりごろう・・・「しまじろうのわお!」になってから、一番最後に登場した親族だって言うのに、視聴者から其れなりに人気のある私を差し置いて、調子に乗っているね?毎月呼ばれるからって好い気になって、良いのかしらね?」
gchg_convert_20170513203829.png
かなえ「お義母さんの言う通りよ!あんた、前のヘソカの時なんて台詞なんて殆んど無かったくせに、どうして最近よばれるのかしらね?どうせ、あんたに出演の依頼してきたテレビせとうちのスタッフが私よりも美人だったから、遂引き受けたりしたんでしょ?あんたがとりっぴいの父親だってことは視聴者には分かって貰えるだろうけど、前まではそんなに出ていなかったあんたがいきなり出番多くすることに、視聴者は戸惑うと思うけどね?あんた、そういうの分かっているの?」
ij_convert_20170513203844.png
みちよ「そうよ!あんたなんかより、まだまだ若くない私を毎月出した方が何百倍もマシだってことをテレビせとうちに伝えに行くからね!さ、いらっしゃい!」
とりごろう「俺はコンサートにもとりっぴいと出たことあるんでえ!コンサートに出たこともねえのに、俺に口出しすんでねえ!」

py_convert_20170513203914.png
みちよ「ほほう?じゃああんたは、もう私らはアニメに出るなと言うのかね?益々毎月テレビせとうちからお声が掛かるからって調子に乗っているわね?」
kr_convert_20170304222826.png
みちよ「さ!続きはテレビせとうちに行ってからにしよう!今後のお前の扱いと私らの扱いについてちゃんと検討するように伝えるから、其処でお前が毎月出れている魅力をPRしな!さ、来い!!」
bhj_convert_20170513203812.png
とりごろう「俺は行かねえからな!なんでえここは!どいつもこいつも俺が毎月出れていることに抗議するなんて!もうええ!こんな所、俺は二度と来てやんねえ!あばよ!!」
eryj_convert_20170107213724.png
みちよ「逃げようなんて無駄だよ、とりごろう。後でちゃんとテレビせとうちに連れてってやるからね!・・・あ、それじゃあ私もこの辺で・・・。」
utyh_convert_20170513203951.png
かなえ「あ、其れで私はどうしたら・・・?」

一寸待ってな、かなえ。
一つ別の話題に移るから。

さて、とりっぴいがそんなことで悩んでいると、みみにゃきが母の日の仕度を伝えに来た。
みみりんは母の日らしくカーネーション、にゃっきいはよりこと作ったクッキーをラッピングしてねねに渡すことを伝えていた。

ここで振り返りたいのは、前回の母の日の時に主役になったねねの時のことである。

この時はにゃっきいが、今回のとりっぴい同様に悩んでいた。(因みに、この時とりっぴいがかなえに贈ったのは歌だった。音痴の癖に・・・。
勿論、この時のにゃっきいもねねに料理をしてあげようとしていたが、かなり迷い、結局用意したのは色紙の花だった。

今回は終盤で、一輪のカーネーションをハンカチの“侘び”も兼ねて送った際に、互いに涙していたが、以前のにゃっきいとねねもそうだった。あの時のにゃっきいは、にいすけの助言を受けても結局決められずに、結果的に色紙の花になったことの“悔し涙”だったが、本当にあのシーンは一昨年のにゃっきいを思い出すような気もした。
又、一昨年、ねねはにいすけとにゃっきいを涙を交え、思い切りハグしていたが、今回のかなえも、涙ながらにとりっぴいととりぴをハグし、本当に一昨年のあのシーンを思い出さずにはいられなかった。

因みに、クッキーに関する零れ話を一つ。

しましまとらのしまじろう第512話「どんどんトリカエル」で、らむりんが手作りクッキーを作る展開があった。
らむりんは最初、其のクッキーをしまじろうにあげたが、とある“蛙”に“洗脳”され、ドカペに渡った。
が、其のクッキーを食ったドカペがあまりの不味さに驚いていたことがあった。

さて、そんなことで最後になるが、又かなえの話題を一つ。

かなえを視ていると、こう感じた方は居ることだろう。

かなえって、とりっぴい以上に飛ぶシーン無くね?

御尤もである。
確かに、かなえは昔から飛ぶシーンは皆無に等しく、しまとら時代であっても視たかどうか分からない。そして、はっけん!の際は一度も飛ぶシーンは無かった。

が、ヘソカでは、一度だけ飛ぶシーンもあり、とりっぴいと“パラレル飛行”するシーンもあった。
其れも、「かあちゃんへのメッセージ」での出来事である。

では早速、かなえの貴重な飛行シーンをご覧頂こう。
poih_convert_20170513205607.png
其れは、この話の終盤、前述の“濡れ衣”で家出して行方不明になっていたとりっぴいが発見した時のことである。
とりっぴいは、かなえに渡そうとしていたメッセージカードをとある鴎らしき鳥に取られ、必死に追跡していた。

其のとりっぴいをかなえは大声で呼んだその時である。
gser_convert_20170513205533.png
かなえは翼を広げ、とりっぴいの元へ向かった。しかし、かなえって翼広げるとでかいなw
かなえが、とりっぴいの元に辿り着くと、空中でハグをし、メリーゴーラウンドのように空中回転しながら、濡れ衣のことを詫びていた。

そしてこの後・・・
opih_convert_20170513205550.png
かなえがとりっぴいと“パラレル飛行”しながら、地上に降り立ったのである。
勿論、この飛んでいるかなえととりっぴいの2ショットが見られたのはこの時のみである。しまとら時代にあったのかも知れんが、自分は未確認である。
zihn_convert_20160912203359.png
去年、みちよとパラレル飛行をしているとりっぴいは視たことがあるが、みちよはとりっぴい程ではないが、偶に飛ぶシーンもある。
だが、略皆無に等しいかなえが飛ぶのは本当に貴重である。

後、とりごろうだが、大工仕事をしている時に飛ぶシーンが視られた。
そして、とりぴだが、飛ぶことは出来るが、わお!になってからは視たことがない。
rdfgn_convert_20170513203933.png
かなえ「私ってこの頃、割烹着姿だったのよね!貴方、結構色々と詳しいのね。勿論、今の私も飛ぼうと思えば、飛べるわよ!でも其のシーンが出るのは、今後のお楽しみって所かね!ま、私の其のシーンを視たいってことは、テレビせとうちには言うけれど・・・。」

其れこそ、空野家七人が羽を合わせながら、“連帯飛行”するシーンがあることを期待したい。
utyh_convert_20170513203951.png
かなえ「其れじゃあ、私はこの辺でいいかしらね?じゃあ、失礼するわ!又何時か出演した時に!後、最近とりっぴいがよく貴方に罵られるとかって言っているけど、あんまり家の息子を悪く思わないで頂戴ね!それじゃあ又ね!」いや、だからとりっぴいが“お荷物”って思っているのには深い訳があってだな・・・。

さて最後に、今回はサブタイの観点を変えると、「かなえの宝物」ってことであったが、似たようなサブタイは以前にもあった。
其れは、第29話「とりっぴいの たからもの」である。

又、このアニメでは過去何度も「たからもの」がサブタイで使われてきた。
と言うことでリストアップすると・・・

・1996年10月7日  しましまとらのしまじろう 第141話  「緑の下の宝物」
・1999年9月6日   しましまとらのしまじろう 第290話  「ぼくの宝物」
・2000年2月14日  しましまとらのしまじろう 第312話  「宝物こわしちゃった」
・2000年2月21日  しましまとらのしまじろう 第313話  「ドットの宝物」
・2002年7月15日  しましまとらのしまじろう 第436話  「お池の宝もの」  
・2003年4月21日  しましまとらのしまじろう 第474話  「宝もの見つけた」
・2008年9月1日   はっけんたいけんだいすき!しまじろう 第22話  「おとうさんのたからもの」
・2010年10月25日 しまじろうヘソカ 第29話  「はなちゃんのたからもの」
・2010年12月27日 しまじろうヘソカ 第40話SP 「キャプテンキャットの宝物」
・2012年10月15日 しまじろうのわお!第29話  「とりっぴいの たからもの」
・2017年5月13日  しまじろうのわお!第263話 「かあちゃんの たからもの」

と、「たからもの」だけで11回も付いていて、其の内「○○のたからもの」と言うサブタイは9回も付いていた。
勿論、しまとら時代の物は未だに視ていない物もある。そうした話のエピソードが気になる所である。

因みに、みちよがとりごろうに“感謝”を迫ったシーンがあったが、あれを視れば誰もが「みちよは、とりごろうの母親」と思うことだろう。
でもま、とりごろう、態々母の日に感謝しなくても、9月の敬老の日に感謝すればいいんじゃね?とも思った。(と言うのは昔、「ちびまる子ちゃん」で、まる子が、ヒロシがこたけにはどんな感謝を伝えるのか?って聞かれた時のヒロシの返事のままである。)

さて、後気になるのはこれで母の日の話をやったので、恐らく来月には父の日の話をやることだろう。
その際は是非、未だに父親未登場のにゃっきいの話としてやって欲しい所である。そうでなくっても、にゃっきいが父親に触れるシーンや、「皆はパパが居て良いな~・・・私のパパは、離れた所に住んでいるから・・・。」と寂しがるシーンが欲しい所である。
現代社会に合わせ、「シングルマザーの家庭」のパターンとしてにゃっきいが登板した訳だが、きっと子どもであっても、「にゃっきいのお父さんについて教えて欲しい!」と思っていることだろう。

後は強いて言うなら、今回久々にみちよがエレキを弾いている描写があったが、いい加減エレキ単体では爆音放たないと言う所を直して頂きたいものである。

後、いい加減、記号表現辞めません?今回はにゃっきいが呼んでいた料理本にあった。悪いけど、そういう悪い所はちゃんとチェックするんだよ?愚かな製作さん??

さて、アニメに関してはこれ位にして其れ以外だと・・・。

「みみりんそうだんしつ」が、「みみりんまちがい」とセットになっていたが、今回の“相談”は「蟋蟀が残念なことになる」であった。
と言うことで、「みみりんそうだんしつ」は3種類今までやり、全てにおいて2回以上やったことになった。
そろそろ、新たな質問を流すべきだろう。(序に、募集したこの出身地と名前(ペンネームでも良し)も添えて)

因みに、「みみりんまちがい」は、初めて使う問題が出題されていた。

次に「しまじゃん」。
前の「バディーじゃんけん」でチョキで負けていれば、「しまじゃん」でグーを出さなければ、2連敗ではなかった・・・以上である。

だが一方で、歌パートで「しまじろうおんど!」が次に掛かるのは何時なのだろうか?
其れこそ6月位にならないと掛からないのだろうか?

其れと「あそびのたつじん」で、久々にWORLD ORDERを視たことだろう。(パントマイム・・・「ダンスの達人」)
どうせならその流れで、「WORLD ORDER」か「CHILD ORDER」を流して欲しかったのは言うまでもない。所で、去年のSPCでも披露したCHILD ORDERは今どうしているんだろうか?

さて、そろそろ気にしなければならないのは、「服装」である。
これで6月を向かえ、去年は1週早かったが、7月になるとメインキャラと縞野一家は、“衣替え”をする。自分として、「メイン以外だと、年中同じ服装なのは変だ!」と何度も指摘して来ているが、今年はちゃんと変わるのだろうか?
去年から今年にかけての冬でも、全く反映されている気配も無く、アニメも文字表現のことやキャラのこと等、他のことでも反映されていないので、これも心配になる一方である。

そんな今回の話だったが、次回はみみりんと団子虫に纏わる話である。
みみりんと虫に纏わる話というと、第220話「パパの ともだち」で、あのく草太が、みみりんに無断で甲虫を飼い、嫌がらせたと言う話があったが、次は其れの二番煎じでない事を祈りたい。(早い話が、あのく草太未登場で終わってくれれば、大したこと無いんだがな!)

自分としては、予告には無かったが、自己ワースト3のく草太が出ないことを祈るばかりである。出たとしても、キ○ガイっぽい所、ドットっぽい所を覗かせなければ、問題ないんだがな!勿論、出た後に、本人がここに来ようとも、絶対に入れてあげない!あの性格、直してからだぞ?分かっているな?
と言うことで、次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。

続きを読む