2018年シーズン、スタート!

遅ればせながら、
新年明けましておめでとう御座います。

今年もどうぞ、当ブログを宜しくお願いします。
今年はこちゃれ30周年、年末にはアニメ化25周年と言うこともあり、例年よりは盛り上がりそうなイメージである。
そんな訳で、今年最初のブログは、今年はどのように動くのかと言う、言わば“計画”についてである。

先ず、3月には今年もわお!映画第6作で、こどもちゃれんじ30周年記念映画「しまじろうとまほうしまのだいぼうけん」が上映される。
映画の公式サイトは、これを書いているこの時点では未だ見ていないので詳細は不明(次回の更新までには情報を得る予定)だが、一昨年、去年の流れから言うと恐らく上映日の3月9日の週の平日の何処かで、完成披露上映があると思われる。
これに関しては2月の暮れにならないと公表されないが、都合さえ合えば又、赴く予定である。(特に今年は去年以上に3月に予定があるので、行けない可能性もあると言うことをここに注釈しておく。)

今回期待していることと言うと、2015年上映の「しまじろうとおおきなき」以来、はなが映画の“舞台”に行くことである。
と言うことは、今までしまコンでしか見ることが出来なかった着ぐるみ姿のはなを間近で見れるかも知れないのである。

一応、去年のしまクリコンでは自分の席の間近まで近付いたものの、脇は通っていない。そして、例年のように撮影会があるとするなら、はなと一緒に写るチャンスもあるかも知れない。
だが、前述した通りこの3月は予定が多いので、残念ながら行けない可能性もある。唯こればかりは、3月の更新をお待ち頂きたい。行ければうpするし、行けなければ其の話題についてはうpしないつもりでいる。

又、一昨年や去年同様、映画グッズも発売されることだろう。これについては公式サイトから予測するしかないが…
若し発売されたとするなら、新たに主役のアウラが仲間に加わることも考えられる。

さて、ここで仲間の話題が出たが、ある人物をこの春から加えようとも思っている。

其れはずばり、はなである。

はなは2015年にしまコンに初登場し、一昨年上演の「たいようのしまのカーニバル」を除くしまコン作品に登場してきた。
又、映画に於いても、「しまじろうとえほんのくに」と「しまじろうとにじのオアシス」では、舞台には行かなかったものの登場はしていた。
其のはなの活躍を思い、この春からはなを仲間に加えようとした次第である。後は、しま英コンで活躍したいろっちも加えたいと思っているが、こちらについては不明である。

又他にも、YouTubeをご覧の方にはご存知であると思うが、4月には更に“仲間”が“加入”することを話している。因みにこのことは去年のしまクリコン関連の記事を見れば、何と無く答えは分かるだろう。
これらについても、当ブログや第二ブログでお伝えする予定である。

そして、同じ3月には今年夏のしまコン及びしま英コンの演題と会場が発表される。
今の所、去年のしまクリコンの告知によると、しまコンは去年同様に47都道府県全てでの開催は無いと思われる。
だが、しまコンは5月最後の週末から、しま英コンは6月から開催されることだろう。

次に演題についてだが、しまコンは未だ分からないが、しま英コンは例年同様"Fun fun Summer Adventure"になる可能性があるだろう。
これに関しては続報を待ちたい。

そして冬のしまクリコン、しま英クリコンだが、7~9月頃の公表であろう。これについては其の時まで待つこととする。(これらのしまコンが本当に自分にとって最後になる。)

さて、其のしまコンについて伝えておきたいことがある。

既にYouTubeをご覧になった方はご存知のことと思うが、実は今年でしまコンの活動は最後なるのである。
動画にもある通り、しまじろうファンとしては30周年を見届け、アニメ化25周年も見届けた後、“引退”するつもりある。
アニメは未だ復帰していないが、其れこそ今年は30周年なので、あのらむりんが復活して欲しく思う。

若し、復活すれば満足した後に引退できるだろう。まるで死んだかのように扱われているらむりんであるが、何としてでも復活し、其のイメージを覆して頂きたい。
もう既に、こちゃれをやっている子からするとらむりんと言うキャラは、降板から6年の年月が過ぎ、誰も知らなくなってしまった。しかし、そんならむりんはこちゃれ創刊当初から、しまとり(みみりんは91年加入)と共に作り上げてきた大切なキャラなのである。
今のにゃっきいも大切では有るが、何よりもらむりんはもっと大切であることを知って欲しい。

他に強いて言うと、しまじろうのわお!はこの4月から改題するのだろうか?
しましまとらのしまじろうは20周年の時に、はっけんたいけんだいすき!しまじろうに改題し、其の後2年続いた後にしまじろうヘソカとなり、更に2年続き、今のわお!となった。
だが何故か、わお!はわお!のままで、全く改題が行われず今日までやってきている。

そもそも、長年にわたって改題しなかったアニメが突如改題し、言わば“シリーズ化”したのである。なので、今年は是が非とも、わお!から改題すべきである。

他にも、嘗てらむりんのように居なくなった他のキャラ、例えばドカペと言った“準レギュラー”や、トミーと言った嘗ての副教材キャラも何処かしらで登場できればと思う。
特にこちゃれEnglishでトミーが復活すれば、Beepyとの掛け合いももっと面白くなりそうである。序に、オリキャラのリチャードも英コンで登場して欲しく思う。

さて、こんな感じで“最後の一年”が始まった訳であるが、改めて今年も宜しくお願いします!
そして次回の更新までには、映画情報を得て、其のことを話題にしようと思う。
スポンサーサイト

重大発表 更新頻度のお知らせ

かなり久々の更新となってしまい、申し訳ない。
又、事前に告知もせずに放置したことにも改めてお詫び致します。

さて、9月からアニメ視聴に復帰した矢先ではあったが、この度土曜の朝の都合が付かなくなることとなった。
つまり、今度はアニメに関しては視聴を“休止”することを意味するのである。

夏季は、大まかではあったが、再開の定めを設けていたため、“自粛”ということにしていた。
だが、今回は再開の目処が未だに立たないために、“休止”ということにしたのである。

其れに伴い、当ブログでも影響が出ることになる。
其れは、久々の更新であることから察しの通り、更新頻度が再び“不定期”になってしまうことである。

其れでも、夏季の自粛の時見たく、間も無くクリコンシーズンなので、其れ関連の時等には更新を行う。

そしてもう一つ、この秋から掲載開始予定であった「ちゃれんじ園オフ」の新作も、アニメ休止に伴い、こちらも掲載を見送ることにした。
新作を楽しみにしていた方々には大変申し訳ないが、ご理解を頂きたい。
こちらも、掲載の見込みが立った時点で、当ブログにてお伝えする予定であるので、今しばらくお待ち頂きたい。

アニメに復帰した矢先にこのようなこととなり大変申し訳ないが、改めてご了承頂きたい。

しかし、今回の休止に関しては、コメントの制限は特に行わないので、9月以降に放送されたものであっても普通にして貰って構わない。

と言うことで、アニメ休止のお知らせであった。


さて、9月に既に視ていた内容だが、教養パートで一つだけ、物申したいことがあったので、其れについては書かせて貰う。アニメについて、今の所理解していることと言うと、「馴れ馴れしく接するにいすけに物申しているにゃっきいって、忍たまでしんべヱの妹のカメ子にそっくりだな~」と言うこと位。唯、友人の親御にはかなり丁寧に接するしまじろう達(とりっぴいは常にタメ口だが…)であっても、ガオガオと言った親しげな目上にはタメ口を使っていたりするので、礼儀正しさでは、誰も同年齢のカメ子には勝てていない。
一言で申すと・・・

あのアニメは戦隊物か!!

これは、自分としてはあまりやって欲しくない知育パートの部分である。
其のコーナーは、「○○は右から何番目?」と横に並んでいる物から、特定の物が何処にあるかと言う物や、「A→B→C→A→B→C→A、次は?」と言うように、ある物が規則的に並び、次に来る物を問う問題である。

他にも、「○○と××、どっちが長い(大きい)?」と言う物や、「左と右の物、どっちが多い?」と言う算数的な問題もあるが、其の中で自分が辞めるべきに思う問題が一つだけある。

其れが、5人戦隊が出る問題で、「レッドは右から何番目?」と問う問題である。

本当なら前述した通り、しまじろうの「し」の字も無い問題は全て無くし、しまじろうらしい問題を加えるべきだと思っているが、製作曰く「しまじろうの「し」の字の無いこうした問題も、視聴者には人気があったりするのもある。」らしいので、全て無くせとは言えない。

だが、あの戦隊物の問題は別である。

あれがテレ朝で日曜朝にやっている仮面ライダーなどと言ったスーパー戦隊シリーズで、ああした問題が出るのなら問題無いが、しまじろうはそう言うアニメではない。
つまり、あの問題は正直言うと、“お門違い”である。極端なことを言うと、「左と右、胸の大きいお姉さんはどっち?」と言うように、クレしんでやりそうな問題を普通に出しているも同然である。

なので・・・

いい加減、あの問題だけは辞めろ!!どんなジャンルの問題を出してもいいと思っていたら大違いだ!!今後、又視聴を辞める自分が言うには少しオーバーだが…

今の所、最後に更新したアニメに関することで言えるのは其の程度である。他にも「はてなんだくん」が出ていたらしい。勿論、彼に対して言えるのは「教材のエデュトイのようにWiiリモコンのような姿を見せる」と言ったことである。だが今は、視ていないのでそう言い切れない。早い話が、こちゃれEnglishのBeepyが車に変身しないのと同じことである。

とまあ、最後に改めて、再び視聴が出来ない状態や更新頻度が激減することをお詫び致します。


P.S.

最近、コメントのルールを把握していない方が居たので、もう一度この場で書かせて貰う。
ここで書くのは、自分の定めた規定に反している人の規定についてである。

先ず、コメント欄ではタメ口と言った話し言葉は一切禁止である。
其れは、自分は実年齢を公開していないので、自分からして見ても相手からして見ても、互いの姿も分からなければ、歳も分からないのである。
そうした「見えない存在」であるからこそ、丁寧口調で話すべきである。

ここは、そうした“慇懃講”であると言うことをご了承頂きたい。

次に、ここでのコメントの際、匿名は禁止である。
なので、コメントをする際は適当で良いので、何か名乗ってコメントをして頂きたい。

最後に、最初は行き成り話し始めるのではなく、挨拶をしてから始めて頂きたい。

後は、批判・中傷は以ての外である。

あまりコメントは付かないブログではあるが、こうした規定を理解してからのコメントをお願いしたい。

これからのしまじろう関連の動き

今週末は、事情があり、本日の更新になったことをお詫びする。
其れでは早速始めていこう。

9月になり、自粛期間を終え、現在は自分が気に入らない話を除いては視聴をしている。
しかし、そんな中でも、しまクリコンの予定が発表される等し、こちらでも準備を進めている。

其処で、既に伝えたかも知れないが、これからのしまじろう関連の動きを改めて記していきたいと思う。

先ずはしまクリコンについて。

しま英クリコンは、今月15日から一般先行発売が始まり、自分は既にエントリーした。
結果は10月になってからだが、現在予定しているのは12月の愛知県での公演である。
一方の、しまクリコンは、来月14日から一般先行発売で、こちらは11月中に予定している。若しかすると、ぴあだと“先行前先行発売”があって、14日以前にエントリーするかもしれないと言うのはここでの秘密であるw

これに関し、去年は11月の初回を終えて直ぐに英クリコンに行き、12月にクリコンに行ったが、其れを逆にすると言う意図がある。
そして、会場に関しては、先行発売でチケットを確保し、紹介する際に伝えることにする。

次に、「ちゃれんじ園オフシリーズ」の新作について。

これに関しては、来週の更新で“予告編”をうp出来るかも知れない。
新作のシナリオは大まか出来上がっていて、後は掲載に移るのみであるが、次の「ちゃれんじ園オフ4」は、いつ頃完結出来るかは分からないが、恐らく年明けになることだろう。
こちらに関しては、連載開始を待たれて欲しい。

最後に、今後は恐らく来月には来年3月の映画について発表され、再来月にはタイトルも決まることだろう。
そして何よりも、今年はわお!5周年と言う“節目”の映画であったが、来年はこどもちゃれんじ30周年と言う又、節目を迎えるのである。

自分としては、らむりんの復活を期待しているが、若し復活するとするなら、其の30周年記念の映画でと思っている。
そして、らむりんが出ることになると、一昨年からの流れでらむりんがグッズ化されることになると思う。

らむりんが居た頃、しまコンでは今のようにオリジナルグッズの販売があったかは分からないが、少なくとも「なかよしセット」の販売は無かったと思われる。
なので若し、らむりんが復活と言うことになると、グッズ化は間違いないだろう。

其れと、ヘソカが終わって以来、らむりんの着ぐるみも挿入歌や劇中で登場することも期待している。
らむりんが復活し、にゃっきいと握手を交わしつつ、互いに自己紹介する姿は是非視たい物である。

これに関しては、続報を待ちたいと思う。

今回の内容は以上となるが、このような流れで今後は活動をしたいと思う。

そして、アニメについてであるが、未だ完璧には視聴しておらず、一部把握していない箇所もあったりする。更に、前述の事情のこともあるので、この週については、次回放送分と纏めて2話記す予定である。

この週の物は既に、BS11では放送済みなので、其れで視れていればネタバレにはならないので、「TXNは無いので、BS11で視ている」と言う方からすれば、躊躇いは覚えないと思う。

と言うことなので、次回は2話分の感想のみの記事になることをご了承頂きたい。
etyh_convert_20170617190257.png
にいすけ「あ~あ・・・折角来たのに残念だな~でもSLKさん、僕のこと2番目に好きなんだって?でも出来れば、にゃっきい超えて11番目に好きになって欲しいな~・・・まあ良いや。それじゃあ、次回も又来ればいいってことだね?」

にいすけ、大変申し訳ない。

てな訳で、次回のゲストは2組は確実である。お蔵入りの話ならば、にいすけのみで終わるが…

事情があり更新が遅くなったり、アニメのことを述べられないことは申し訳ないが、次回を待って頂きたい。