4/29 アニメ感想

さて、今週末のアニメに関してだが、土曜日の本放送の時に視聴をしていなく、本日朝の視聴になったため、感想のみに関しては、今日のうpとなる。
そして、昨日もお伝えした通り、“特集”部分に関しては、今週末のうpに延期する。

そのことを踏まえ、本日の更新はアニメの感想のみであると言うことをご了承頂ければと思う。

さてそんな訳で、其の感想に話を進めようと思うが、通常より1日遅いのであることをお願いしたい。

1日遅れなので、これを書いている時点ではTXNの他、沖縄でも放送済みである。
だが、翌5月1日は、BS11で放送予定である。

若し、ネタバレを防ぎたいと言うことであれば、翌日の午後7時になり、BS11が視れる場合は“解除”になるので、1日待った方がいいだろう。
既にTXNや沖縄の方で、今朝OTVで視聴済みと言う方、若しくはBS11の有無(TXNは無し)に関わらず、ネタバレを気にしないと言うことであれば、この先を読み進めて構わない。

前置きが長くなったが、早速始めよう。

今週は・・・

・2013年4月29日 第 56話「あしたは たんじょうび」
・2014年5月5日  第108話「ぼくの たんじょうび」
・2015年4月25日 第158話「ぼくの うまれたひ」
・2016年4月30日 第210話「おかしな たんじょうび」
・2017年4月29日 第260話「かたほうだけの くつ」

と言った具合に、TXNの放送日から次の放送日までの間で、又はTXNの放送日と重なるとやる「しまじろうの誕生日」の話である。
そして、わお!は2012年スタートだが、其の年の其の時期の話は、にゃっきい主演回だった。(2012年4月30日 第5話「にゃっきいの ゆうき」)よって、2013年から始まったある意味“恒例行事”とも言える話である。

早速だが、今週もゲストと一緒にお送りしようと思う。

今週のゲストは、去年3月以来1年振り、一昨年11月以来1年5ヶ月振りの登場となったしまじろう・はなの祖父母、しま吉とすみれである。
vtitci_convert_20170430105811.png
すみれ「今回は貴方のブログに招いて下さって、有り難う。久し振りにテレビせとうちからお声が掛かった時も嬉しかったけど、其の後こうして貴方のブログにも招いてくれるなんて本当に嬉しいわ。それじゃあ宜しくね!」
ivjg_convert_20170430105248.png
しま吉「私の方からもお願いするよ。何時も、孫のしまじろうの活躍を応援してくれて、祖父の私としても嬉しい限りだよ。勿論、息子のしまたろうの活躍も応援して欲しいと思っているが、其れはいいとして、早速今週の感想を頼むよ。」

はいはい、では・・・。
先ず早速述べるのは、そのしま吉とすみれのことである

しま吉は第205話「きらきら ドライブ」以来1年1ヶ月振りの登場で、すみれに至っては何と、第186話「わくわく おにぎり」以来、実に役1年半振りの登場であった。
ghjk_convert_20170430105111.png
すみれ「私としては本当に嬉しい限りだわ!毎年8月には、しまたろうがしまじろうとはなちゃん、後さくらさんを連れて帰省するみたいな話をやっていたのに、去年はどう言う訳か其の話が無くて、テレビせとうちからもお声が掛からなかったんだよね・・・。」

まさに其の通りである。
去年は季節云々と言うより、月1の単位で「こはく」が登場し、自然に纏わる話が多かったため、大体の年中行事は無視されると言うこともあった。
しかしそんな中でも、去年もちゃんとしまじろうの誕生日をやっていたが、祖父母は登場していなかった。
bvkiu_convert_20170430105026.png
すみれ「私去年一回だけ、主人と登場したことがあったんだけど、覚えているかしら?」

すみれの言う「登場」は、しま吉が前回登場した「きらきら ドライブ」のことである。

あの時は急遽仕事が入り、実家に行けなくなったしまたろうの代わりに、さくらの運転で、しまたろうの実家を目指すと言う話であった。
其の後、仕事が済み既に着いているものかと思い、しまたろうが実家に行った際、未だ着いていなかったと言う結果だった。因みに、その際さくら達は峠道でガス欠をしていて、救援を待っている正に“九死に一生”状態だった。
其のしまたろうが実家に辿り着いた時にすみれが登場していたが、台詞はしま吉のみですみれは所謂“空気”だったのである。
pbgt_convert_20170430105441.png
すみれ「本当、あの時私が喋っていたら、貴方に登場と見做されていたと思うと、この1年半は長いと思ったわ。其の時生まれて間もなかった子が、はなちゃん位になっちゃうんだもんね・・・。」

そして、しま吉・すみれの夫妻は、大体セットで登場することが多く、単独で登場したと言うことは略無かった。
だがすみれの場合は、一度だけ単独であった。
其れは、しまじろうが月曜朝から土曜朝に移った最初の話、第155話「おかあさんの チャレンジ」である。

この時、さくらが車校に行っている間に、縞野兄妹の“世話役”としてすみれが呼ばれた際に登場していた。
これが今の所自分が確認した、すみれのみ登場した話である。
tgil_convert_20170430105532.png
すみれ「あの時は私も、さくらさんが免許を取るって話をしまたろうから聞いた時は凄く嬉しかったわ。でも其の時の話が私のみの登場だったって言うのは、凄く驚くわね。大体主人と出ることが多かったから・・・。あ、そうそう、主人には何か話がある?」

勿論、あるとも!すみれ。
では次にしま吉である。
iyf_convert_20170430105310.png
しま吉「私にはどんな話があるんだい?」

しま吉にあるとするならば、ある“特徴的”なことが顔にある。
顔に注目して貰いたい。家系図で見た方がいいかな?

お気付きだろうか?
しま吉の口は、“猫口”であることに。
khv_convert_20170430105333.png
しま吉「私も其の口元であることは知っているよ。きっと虎がネコ科だから、そう言うデザインになったんじゃないかなって私は思うだがな・・・。」

自分も全く同じことを思っている。
其れと、しまじろうアニメにおいて、しま吉は唯一の“祖父キャラ”でもある。

前に、当初はとりっぴいにも祖父が登場したことがあったと言うことを話したが、現在では未登場のため、本当にしま吉のみである。
“祖母キャラ”だと、みちよ・よりこが居るが、祖父は居ない。其処で思うのは、みみりんが唯一、祖父母キャラが居ないのだから、みみりんの祖父には是が非とも登場して欲しい所である。
tuktu_convert_20170430105641.png
しま吉「そう言えば君は私と家内は、幼馴染みだった事を知っているかね?」

勿論。
其の話は、第121話「おもいでの さんぽみち」で語られている。
其の際に幼少のしま吉が登場し、「すみれちゃんにも・・・」と言っていたことから、幼馴染みであったことが伺える。でもあの過去の回想シーン、どうみてもしまじろうだったがなw

では最後に、しま吉・すみれ夫妻に関することを。

今回、この二人が登場したのは恐らく、第108話「ぼくの たんじょうび」にあるのかも知れない。
実際、今回の話を視るとしまじろうを祝っているシーンは正に、其れの“リメイク”にも見えた。

しかも、其の時の話は先週月曜日に公式YouTubeでうpられていたので、それに肖ろうとしたのかとも捉えられた。
なので今回、態々しま吉・すみれ夫妻を登場させたのではないかと感じる次第であった。
iugb_convert_20170430105215.png
しま吉「でも私がしまじろうで自慢出来ることとしては、彼が私達にとっての“初孫”であることだよ!」

これは教材の設定である。恐らく、今後アニメでも出る日があることだろう。
さて、しま吉・すみれを交えての話は以上である。今回はどうも有り難う。
xfgh_convert_20170430105856.png
すみれ「今回は招いてくれて有り難う、1年半振りにテレビせとうちから声が掛かったのも嬉しかったけど、こうして話せたことはもっと嬉しかったわ。今年の夏に、しまたろう達一家が帰省した時には呼ばれるかしらね?是非今年こそは其の話をして欲しいと思うわ!でも今日は有り難う、それじゃあね。」
しま吉「私からも有り難う、それじゃあ今度は近々アニメで登場できることを祈るよ。私達はこう見えても主人公の祖父なんだからな!それじゃあ又。」


さて、久々のしま吉・すみれ夫妻の登場だったので少し長くなったが、それ以外の話である。

次に、先程も少し触れたが、一昨年の「ぼくの たんじょうび」と今作を比較してみることにする。
先ず比較するのは、しまじろうに歌を捧げる所。
uryws_convert_20170430105707.png
「かたほうだけの くつ」
rfdjg_convert_20170430105502.png
「ぼくの たんじょうび」

比較すると、立ち位置は変わっているが装飾は略そのままと言っていい。

では次に、しまじろうを模したバースデーケーキである。
ik6_convert_20170430105140.png
「かたほうだけの くつ」
vkjh_convert_20170430105740.png
「ぼくの たんじょうび」

これに関しては変化は殆んど見られない。
因みにこのケーキだが・・・
6r8uer_convert_20160430103500.png
「おかしな たんじょうび」
iiurg_convert_20160501102720.png
「ぼくの うまれたひ」

と言うように、去年と一昨年にも描かれていた。
この時は、歌を捧げたりは全くせず、蝋燭の火を吹き消すシーンのみで終わっていた。

因みに、このケーキは、「ぼくの たんじょうび」の時にさくらがはなと手作りで作った物のようで、恐らくそれ以来、彼女達がこのように手作りしているのだろう。
後余談だが、実はこのケーキ、何と市販化されているのである!

勿論、本当のケーキのように「○○ちゃん おめでとう」と言った具合に、メッセージボードなども付けられたりする。
気になる方が居れば、恐らく検索すれば出てくると思うので、調べてみるといい。

比較するのは、誕プレである。
yhb_convert_20170430110301.png
「かたほうだけの くつ」
bff_convert_20170430111122.png
「ぼくの たんじょうび」

誕プレは今回も以前もサッカーボールであり、デザインが違う以外は全く同じである。
なので、「毎年同じとか、サッカーボールのコレクター?」とでも思われそうな印象である。
20161229013206.jpg
しかも、去年のしまクリコン「クリスマスのねがいごと」でも、クリプレでサッカーボールを頼むことですらあった。
だがクリプレに関しては、一度だけ「お祖父ちゃんとやるの!」と言い、バトミントンセットを頼んだことがあったので、其処までサッカーボールには拘っていない感じである。

そして祝う描写だが、今回は終盤で、以前は中盤辺りで祝われ、他にもとりっぴいが蛸焼きを、みみりんが草太に挿して貰った花束を贈る描写もあった。其の時、蛸焼き送れば、普通匂うんじゃ?とも思ったりした。

さてそんなこんなで、色々と誕生日について語った訳だが、ここで次のゲストの登場である。
言うまでも無く、この方!
ovhj_convert_20170430105419.png
しまじろう「フッフ!僕の誕生日の話だったんだから、呼ばれて当然だよね?最初は僕は主人公ってこともあるから、呼んでくれるかどうか気になっていたけど、やっぱり主人公の僕も呼んでくれるんだね!有り難う!やっぱり君もプレゼントをくれるの?」

勿論だとも。
だが其の前に、お前には是非聞いておきたい。

毎年祝ってくれて、嬉しいんじゃないか?
chjr_convert_20170430105050.png
しまじろう「其れは嬉しい以外の何ものでもないよ!僕、本当に毎年この時期が楽しみだよ!何時も僕の誕生日のこどもの日が近くなってくれると、今年はどんな感じの話をTVの前の皆に伝えようかなって思うと、本当に最高だよ!だから、僕を毎年祝ってくれているテレビせとうちには感謝の気持ちでいっぱいだよ!それにここに招いてくれたことも!今年は最高の誕生日になりそうだよ!本当に有り難う!!」

お前は喜んでいて、他のメインとかも祝ってくれたことには感謝していると思うが、じゃあ“真”ではどう思っているか教えてやろうか?
67rfv_convert_20160702183502.png
しまじろう「いいよ!・・・ってあれ?はなちゃん!はなちゃんも呼ばれていたの?」
kctyc_convert_20160123214145.png
はな「はなたん、ことちも祝ってない!お兄たん、テレビせとうち、め!」
ggoi_convert_20160227190857.png
しまじろう「ねえはなちゃん、もうお兄ちゃん何度も言っているんだからいい加減分かってよ!僕の誕生日は5月5日で、こどもの日でもあるの!でもはなちゃんの4月4日は何の日なのさ?幾らにゃっきいと誕生日が一緒だからって言っても、何の日なのかも分からないのに祝って貰えると思う?そう言ったことをテレビせとうちは重視しているんだと思うよ。」

お前が今回、「誕生日祝って貰えないかと思った~」って発言したから、其の誕生日を一度も祝われていないはなを呼んだのさ!はなの気持ち、分かるかい?七夕が誕生日のまるりんを除いて、毎年主人公のお前だけが待遇されていると思ったら、大違いだってことを教えてやるよ!其れに今回、何?はなに誕生日の意味を教えるような描写は?はな、もう言葉喋れるほどの子なのに、まだ誕生日の意味を知らないとか考えられないんだけど?益々、お前は冒頭でのはなのやり取りで、はなを罵倒した感じだよね?なあ、毎年祝って貰えるからっていい気になるなよな!

さあはな、言いたいことをすべて兄貴にぶつけてやれ!
lfdti_convert_20160227191328.png
はな「はなたん、ことちは祝われたかった~!はなたんの誕生日、ことちも無くなった~!!お兄たん、ずるい~!!」
kfk_convert_20160227190934.png
しまじろう「しつこいよ、はなちゃん!お兄ちゃんは「こどもちゃれんじ」をやっていない子でも、そこそこ有名だけど、はなちゃんはどうなの?僕の妹ってことは分かってくれても、「はなちゃん」って名前だってことは分かって貰えると思う?そう言うことだよ。だから、僕は主人公なんだから、誕生日を伝えることは大切であって、はなちゃんなんて唯の妹じゃん?其処の所、分かってよ!」
ffo6_convert_20160227191953.png
はな「はなたん、EDに載ってない!其れもずるい!」
azfvv_convert_20161017223827.png
しまじろう「もういい加減にして!誕生日のこともEDのことも!それに今日はお兄ちゃんだけしか呼ばれていないのに、何で来るのさ?兎に角、はなちゃんは誕生日もEDのことも諦めな!其れがこのアニメに出るための条件のような物なんだから・・・。」
mhg_convert_20161017224031.png
はな「お兄たん、嫌い!!」(脱力でその場を去る。)

まあ、お前が誕生日の話を描かれたことのない妹への扱い方は良く分かった。
さて、それじゃあそろそろ、お前に誕プレを贈るとするかね?
eiyij_convert_20170430100328.png
しまじろう「待ってました!僕に何をくれるんだろう・・・。」

Come on!!

oihb_convert_20170430105355.png
とりっぴい「しまじろう!お正月が誕生日のとりっぴいを祝わないで、又今年も自分だけが祝われたことに好い気になって!いい加減にしてよ!何でお正月が誕生日のとりっぴいは祝われないで、こどもの日が誕生日のしまじろうは祝われるのさ!お正月が誕生日のとりっぴいの気持ちも考えて!テレビせとうちもしまじろうもおかしいよ!」
8kyh_convert_20170415211136.png
もんた「僕からも同意見だよ。僕も同じお正月が誕生日だってことは、殆んどの視聴者は知らないことだ。なのに、毎年この時期になると、同じような祝われ方をして、視聴者が飽きてくるってことを理解しているのか?寧ろ僕がとりっぴいと一緒に祝われる話を作った方が遥かにマシだと思うんだがね!」
ytij_convert_20170225193938.png
さくらこ「私は、雛祭りが誕生日だって言うのに、雛祭りの話はやったことがあっても、どうして私を祝ってくれないのかが気になるよ。女の子の祭りの私は無視されて、男の子の祭りのしまじろうはやるって、やっぱり変だわ・・・。」
trd_convert_20160702184338.png
にゃっきい「はなちゃんと誕生日が同じ私は無視されて、しまじろうだけ祝って貰えるなんて許せない!私とはなちゃんが誕生日が同じだってことを伝えた方が遥かにマシだって言うのに、しまじろうもテレビせとうちも何考えているのよ!しかも、今年も無視されて最悪だよ!アニメで「これで誕生日が来たのは私としまじろうだけ」って伝えておいて、何でこの私は祝ってくれないのさ!」
llkjg_convert_20160528205310.png
ぞうた「僕だって、6月6日が誕生日だって言うのに、何でやらないんだぞう!僕を祝ったほうがかなりいいぞう!」
whnrs_convert_20170408204531.png
かんた「僕なんて8月8日で、ちゃれんじ園が夏休みの時だよ?ちゃれんじ園で間近でも祝って貰えなければ、テレビせとうちにも祝って貰えないなんて・・・。僕はそんなの嫌だよ!」
wdv_convert_20160903221401.png
きりんた「僕は9月9日で、今年は誕生日と放送日が重なるんだよ?これで僕が祝って貰えなかったら、しまじろう、唯じゃ済まないからね?」
gggjl_convert_20160305133541.png
みみりん「みみりんは10月10日生まれだって、TVの前の皆はどの位答えられると思う?何で主人公ばっかり毎年やって、ヒロインのみみりんは、無視するのよ?不公平じゃない!10月10日が何も無いとは言わせないわよ?しまじろうもテレビせとうちも・・・。」
gvoj_convert_20161029211823.png
きっこ「私はハロウィンの翌日が誕生日だって言うのに、どうして祝って貰えないのかしら?しまじろう、毎年祝われて他の子の誕生日のこと気にならないの?祝われたことの無い私達のことを考えてよ!」
sryj_convert_20170408204452.png
けんと「僕は12月20日で、クリスマス間際だよ?TVの前の皆が僕の誕生日を知っていれば、クリスマスプレゼントと誕生日プレゼント2つ貰えるのか?とか色々と気にしてくると思うよ。そう言ったことを考えて欲しいなって僕は思うよ・・・。」

さあ、これがお前に贈るプレゼントだ!有り難く受け取りな!!
dyjk_convert_20170430140451.png
しまじろう「・・・・・。」
ikmt_convert_20170415211228.png
まるりん「私は何も思っていないわよ。去年はやらなかったけど、私は誕生日が七夕だから、そう言ったことも重視してくれるテレビせとうちは優秀だなって思っているけど・・・。だから私も他の誕生日はそんなに重視していないわ。」
ejdtt_convert_20160123215621.png
らむりん「私はさくらこと同じだけど、私を祝うのは復活してからでもいいって思っているから、特に何も思わないわ!それに、私が居た頃は、しまじろうだって祝ってなかったんだし・・・。」

さあ、受けとりな!
wfgh_convert_20170430112023.png
しまじろう「何なの?このプレゼントは?皆僕への不満じゃないか!確かに僕は毎年祝って貰えるけど、何で皆、祝って貰えないだけで、僕に不満を言われなきゃいけないの?他の誕生日なんてどうでもいいじゃない!主人公でも、まるりんのように他の行事の序に祝って貰っている訳でもないんだし・・・。」

じゃあお前は、自分だけ祝われて、他には申し訳ないって気になったことはないんか?
このアニメは、お前だけが誕生日設定があるアニメじゃない。他にもあるんだ!そうしたことを伝えないで、何のための誕生日だ!

主人公だけが待遇されるなんて、大違いだ!!

uig_convert_20170430111959.png
しまじろう「君だって、この間僕が描かれた風船を割ったじゃないか!其れでもファンなの?あれ見た時、僕悲しかったよ。あんな悲惨な僕の姿を見て・・・。そして、僕に何か贈ってくれるかと思ったら、皆から文句言われて、最悪だよ!!」

しまちゃんは関係ないだろ!
兎に角、お前に伝えたいのは、毎年他の誕生日を祝って貰えなくて、お前やまるりんだけで本当にいいのか考えてみろ!

chg_convert_20170430112455.png
しまじろう「何で主人公の僕にそんなこと言うの?酷いよ!折角僕の誕生日の話をやってきたかと思ったら、こんな目に逢わされて・・・。それに僕の風船割っちゃって、何も思わないの?僕に済まないって思わないの?もう呼ばれても来ないから!君が、そんな僕の誕生日のことで、他の誕生日が明らかな子を連れてまで文句をつけるなんて信じられないよ!もう、知らない!!」(全力で疾走)来年も、今回と同じようにまるりん以外の他を祝われないで迎えたら、覚えてろよ?今年のこんな程度で済まんからな?

さて、兎に角言いたいのは、誕生日の設定がある以上、やはり各々の誕生日が近くなったらやるべきだろう。草でないのなら、「じゃあ何のための誕生日設定なんだ?」と疑問が浮かぶばかりである。
前にも言ったが、これで7月7日が近づいたらまるりんで終われば不服である。

では次に小ネタを幾つか。
wtsj_convert_20170430105837.png
しまじろうが赤ん坊の頃のしまたろう・さくらの服装を見て、ふと感じたことがある。

ヘソカ時代に、似てないか?

oiyc_convert_20170430111941.png
服の種類は少し異なるが、色合い等は略そのままである。

そしてもう一つ。

はなはしま吉・すみれには「お祖父たん」、「お祖母たん」と呼ぶが、自分的にはこれで無くてもいいんじゃないかと思う。
自分的には、「じぃじ」・「ばぁば」がお似合いだと感じる。

と言うのも、最近のしまじろうやはな位の子は、自分の祖父母を「じぃじ」・「ばぁば」と呼んでいるからである。しかも、小学生位の子でもそう呼ぶことがある。

愈々迫るGWの帰省ラッシュ・Uターンラッシュのニュースで、新幹線ホーム等でインタビューされる子は「じぃじの家に遊びにいくの!」や「ばぁばに会いに行くの!」等と答えている。なのではなも呼び方を変え、しま吉やすみれに対し、「じぃじ」・「ばぁば」と呼んで欲しく思う。(其れこそ、現代社会に合わせたキャラとして、にゃっきいを起用したのと同じで、これだって、はなの口調から取るのではなく、やはり現社に合わせるように思う。)

そして、今月の話はこれで終わりだが、やっとと言うべきなのかはどうかは知らんが、にゃっきいが今年初の皆勤になったことにより、メインキャラが全員皆勤賞を達成した。
若しかすると、先週、みみにゃきを“無理矢理”登場させたのは、何としてでもにゃっきいに皆勤賞を達成させ、他のメインも全員達成させたかったのかも知れない。だが自分的には、先週の話にみみにゃきは不適任である。みみにゃきには悪いが、準皆勤止まりで終わって欲しく感じた。

最後に、5月5日までのしまじろうの誕生日までに、この話をやるのは、青森・RAB(月曜)、秋田・ABS(月曜)、金沢・KTK(木曜)、三重・MTV(火曜)、奈良・TVN(水曜)、沖縄・OTV(日曜)である。

さて、アニメ以外ではこれくらいとして、其れ以外だと・・・。

先ず「カミイチ」だったが、正直“探偵物”のあの話は、本当にシリーズ化して欲しい。
前にも述べたが、“相棒”が犯人と言うあの話は、最初なら兎も角何度もやると、其れこそ「犯人は誰?」と言う所が無いので、つまらなくなる。
なのでいっそのこと、シリーズ化し、違う人物(オリキャラでもよし)を犯人にすべきだと思う。

他には、今回は去年度までのコーナーが多かった印象で、正直なことを言うと何度も見ているのでつまらないが、其れでも「人気がある」らしいので特に文句は言えない。

歌は、何故か「しまじろうおんど!」が無かったのが気になった。
其れとしまコンの予告も無かった。

そんな今回の話だったが次回も、縞野一家がメインとなる話で、どうやらはなが主役の話である。
一家でGWを過ごしに、ドキドキ森に来ていた中、この時期の風物詩の鯉幟関連で何かがある話である。

GWの話というのもやはり、しまじろうの誕生日に惑わされることが多いので、これは気になる所である。
この時期恒例と言うと、“潮干狩り”もある。

過去3回やり、其の内2回はこの時期だった。なので、これもやるかが気になる。ガオガオの有無も気になるw

さてそんな中、次回のドキドキ森での“奇妙な体験”は何なのだろうか?
次回は視れるかどうかは分からないが、視れれば視たいと思う。
スポンサーサイト

今週の更新についてのお詫び

今週も、当ブログにアクセス頂き有り難う御座います。

早速ですが、今週の更新についてお詫びがあります。
今週うp予定でした「しまちゃんの追悼特集」に関してですが、諸事情によりうp出来なくなりました。
又、今週のアニメの感想に関しましても、現時点では視聴していないため、うpすることが出来ません。

それに伴いまして、今週予定していた記事は、来週末に延期します。
尚、飽くまでも予定なので、変動する可能性もあります。その際は一報しますので宜しくお願いします。

そしてアニメ感想についてですが、これは今週末の物を視聴し次第、うpします。なので、こちらに関しては、“臨時更新”と言う形で、明日から来週金曜日の何処かでうpすることを意味します。

毎週土曜日の更新を心待ちしていた方には申し訳無いですが、何卒ご理解をお願い致します。

10/15 アニメ感想

先週末は、多忙であったため今週は、先週末のアニメの感想のみと言うシンプルな物である。
其の点をご了承頂きたい。

それでは早速、先週のしまじろうについてである。(BS11の場合は、10月24日の放送になる。尚、今回、沖縄の場合は既に日曜日に放送済みのため、TXNのある地域と同じ扱いになる。)

先週は、先月のTVAのしまじろうの時のように、東京に居たので、テレ東のしまじろうを視たのである!勿論、何時もの“裏技”では使えない字幕も表示させた。
そして展開は、風邪を拗らせた“姑”のすみれ(今年は未登場)の看病に、“嫁”のさくらが行くと言う物であった。でもぶっちゃけ、さくら方の両親でもいいと思う。(第77話「ぼく、 なかないもん」は何と無くそんな感じがしたが。)
当然、はなはさくらに着いて行こうとした。しかし、「風邪が移る」と言うしまじろうの助言を受けても尚、何時もの我侭癖で、頑なに着いて行こうとした。
其処で、はなが母のさくらの代行をする“はなちゃんお母さん”をして見れば?と言う提案から、このストーリーは始まったのである。

では其処から気になった点を幾つか。

先ず、前回も触れたが、しまじろうヘソカ第52話「いちにちおかあさん」に似ているな。と言うことである。

あの時は、さくらが風邪を拗らせ、代わりにしまたろうが家事をしていた。しかし、やはりヘマばっかりであった。
では、このヘマと言う点で、今回と比較してみると・・・。

先ず、しまじろうシリーズではお約束、「洗濯機の洗剤の入れすぎで、周りが泡だらけになる」と言う点である。

ヘソカの時は、しまたろうが目分量で洗剤を入れていた程度だったが、結果的に泡まみれにしてしまっていた。
では今回の場合はと言うと、しまたろうが量に悩んでいた所、はなが勝手にボトルから入れてしまっていたのであった。

今回は、はなによるものだったが、「洗剤の入れすぎで部屋中が泡だらけになる」と言うのは、これ以外にも第57話「おかあさん やーめた」では、さくらに絶縁されたしまじろうがやはり入れすぎで泡だらけにしていたし、しまとら時代にも幾度かしまたろうやしまじろうが泡だらけにしていた。

だが今回、明らか入れすぎと分かっておきながら、「どうにかなるだろう。」と言い、洗濯機を動かしたしまたろうには何て言ったらいいか分からない。てかはな、お前入れる時、良く入れる位置分かったな・・・。はな位の子で、洗濯機を使えるなんて子は多分居ないだろう。
勿論、知恵を働かせて、“お約束”にならないように出来たのは言うまでも無い。

次に、しまたろうが料理を作る点である。

ヘソカでは冒頭で、今回は中盤辺りで作っていた。
両者を比較すると、ヘソカの時は、しまじろうは不味いと思いながらも、しまたろうを傷つけないように遠まわしに帰していたが、はなは単刀直入に「おいちくない・・・。」と言い、しまたろうは「やっぱり・・・。」と、少し脱帽していた。そしてここから、しまじろうがさくらの代わりになる決意をした訳である。)
では今回は、昼飯にチャーハンを作ったしまたろうが二人に振舞い、しまじろうはヘソカの時と同様に振舞った。しかし、はなは素直に「不味い」と言おうとしたが、しまたろうが「ああ、不味かったのか・・・。」と言ったことを切欠に、しまじろうは「お父さんが作ってくれたのに食べないなんて酷いよ!」と不満を言った。
其処に、「おいはな、てめー不味いなんつったら、承知しねーからな!」と追い討ちを掛けられ、泣かせてしまう結果になった。

これは「ドラえもん」でも、「アンキパン」の話で、のび太が明日のテストで0点を取らないように備えるべく、アンキパンで、静香から借りたノートブックから暗記をしようとしたが、静香の家で餅を食いすぎ、口に含めなかった。其処に、追い打ちを掛けるかのように、夕食はのび助の手料理が待っていた。「要らない」と訴えたのび太に「食わないなんて酷いぞ!」(原作は、のび助だったが、大山のぶ代版アニメでは玉子が言っていた。)と言い、結局無理矢理食わされたと言う展開を思い出せるかなと感じた。(その後、夕食後にアンキパンをドラえもんから無理矢理食わされた訳だが・・・。)

・・・とまあ、良く似た展開だったと言うことである。

この他、終盤でカレーを作ろうと材料を買い、家路についている途中、予定より早くさくらが帰宅したと言う所で、しまたろうは「(昼間の)チャーハンのリベンジをしようと思ったのにな・・・。」とぼやいていたが・・・。

実は過去に、しまたろうが其れこそ違う意味で凄いカレーを作ったことが有った。

其れは、しましまとらのしまじろう第427話「おとうさん、がんばる!」である。この時、さくらが学生時代のプチ同窓会のような物に誘われ、数日家を空けることになった。其処で、しまたろうが家事をこなしていた訳だが、慣れない家事に悪戦苦闘していた。
そんな中、しまじろうが晩飯に「カレーライスを食べたい!」と言い、カレーを作ることになり、更にしまじろうから、「お母さんはね、何時もカレーに“林檎”を入れているんだよ!」と助言を受けたしまたろう。
其処で作った結果、唯切っただけの林檎が入ったカレーライスであった。当然、“不味い”カレーが出来た訳である。(其の後、帰宅したさくらが“本来の”林檎の調理法をしたカレーを作った。

だから、若しこの時点でさくらが帰らなかったら、果たしてどんなカレーを作ったのだろうか?

では次に、此れは何度も取り上げてきていることである。

しまたろうが“洗剤騒動”が起こる直前、iPad(のようなタブレット端末)を使っている場面があった。
其の時のことである。

あのシーンで、しまたろうに聞きたいことがある。
何読んでるんすか?

あの展開を視ると、新聞らしき物だと思われるが、一概に新聞とは言えないかも知れない。週刊誌かも知れないし、はたまた其れ以外の電子書籍かも知れない。

此れは何を意味するのか。
そう“文字表現”である。

当ブログで何度も「ちゃれんじ島は日本にあるという設定なのだから、仮名文字程度でも文字を起こすべきだ!」と述べてきた。これに関して、製作の意図を調べてみると、「このアニメは未だ、識字をしていない子も見ているから、そうした字の読めない子のための配慮である。」と言うことであった。

だが、だからと言ってこんな○だの×だのの記号のみしか用いなくていいのだろうか?しかし、過去の放送にはリチャードが仮名文字を学習する話も有ったりしたので、一概に記号のみとは言えない。

だが自分は、このような表わし方には反対である。
其れに此れでは、一緒に視ている“大人”だって、これが何なのか分からないだろう。「何読んでいるの?」って子どもに聞かれて、一緒に視ている大人は答えられると思う?

若し、製作の意図である「字の読めない子の配慮」を尊重するならば、このシーンの字の部分を暈かして表わすことだって出来る筈である。
或いは、攻めて見出しの部分だけでも、字を出してもいい筈である。(若し、新聞を読んでいたのなら、「ちゃれんじ日報(“にっぽう”と、平仮名で表わしても良いだろう。(勿論、漢字が読めない子の配慮である。))」とか・・・。)

だが、幾ら、字の読めない子の配慮と言えども、何故記号なのだろうか。謎である。
こんな記号ばかりでは、変な話、ちゃれんじ島は宇宙の何処かの違う星にある設定と捉えられても不思議ではない。其れに、今回のように、しまたろうはiPadで、何を読んでいたのかが分かりにくい問題だって生じてくる。

ならば、記号は辞めるべきである。
前述したが、文字表現を出さなくてはならないのなら、書かれている文字を暈かすなりの工夫が有る筈である。

btmw_convert_2016101722391.png
或いは、このように、そもそも出さないって手もありである。
将又、そもそもこの描写自体入れなくても、意味は通じただろう。(しまたろうがiPad使って何かやっていたのは一目瞭然何だし・・・。)

と言うことで最後に言っておこう!

いい加減、文字表現を記号で表すのは辞めろ!何が何でも記号で表わすなんて大違いだ!!

後は、すみれが未だ、今年は出ていないと言うことだろうか・・・。
ordc_convert_20160820221823.png
すみれ「そうよ!私は3月に主人と出ているけど、台詞は無かったのよ!もう今年は2ヶ月も無いのだから、早く私を台詞入りで出して頂戴ね!」

すみれの出番は如何に・・・?

そして、先週末から一般先行発売が始まったと言うことで・・・、因みに、ぴあの場合は先週末よりも早く、先行発売が始まっていたと言うことは秘密だ。
pikj_convert_20161017224304.png
愈々来月、東京・世田谷公演からスタートするしまクリコンの宣伝が流れていた。勿論、エントリーしました。

然し気になったのは、今年は何故かしまコン(たいようのしまのカーニバル)の宣伝を視ていないと言うことである。
何故、しまコンの時は、宣伝は流さなかったのだろうか?

其れともう一つ、しまクリコンに並行して、“しま英クリコン”もある。だが、英コンに関しては、一度も宣伝を視たことが無い。

どうせやるのなら、英コンの宣伝も流して欲しいと思う。ベネッセよ、客集めたいんだろ?

更にそろそろ、公式サイトでは恐らく、来春の映画についても発表されることだろう。
こちらも是非、楽しみにしたい。らむりんは出るのかな・・・?あ、いえ何でも有りません!

さて、そんな今回の展開だったが・・・。
ooyk_convert_20160618205413.png
はな「はなたん、エンジングで、名前、載りたい!」
azfvv_convert_20161017223827.png
しまじろう「もう何度言わせるの!声聞けば、みみりんと同じだって誰もが分かるから、はなちゃんは載せる必要ないの!!もう、諦めなよ!テレビせとうちに言ったって無理だと思うし・・・。自分の声が、みみりんと同じなんだっていい加減認めなよ!」
mhg_convert_20161017224031.png
しまじろう「嫌なら、もうアニメに出なくたっていいんだよ?はなちゃんは、こどもちゃれんじぽけっとから出ているんだから、「はてなんだくん」や「ぴかっぱ」みたいに、教材のみのキャラクターだけでもやって行けると思うけど?」「はてなんだくん」は、教養パートでコーナーがあるが、其処は一寸置いといて・・・。(でも、又間が空いてるぞ?)

以上、未だにEDに載らないはなの不満をお送りしました。

そう、
qwdf_convert_20160723204537.png
今回のように、縞野一家しか出ていない時は、EDをこうしてほしいのは言うまでも無い!(理由は前にも述べているので省略)

さて改めて、次回はと言うと、たま子と一緒に、栗拾いに行く話である。(たま子は7月以来3ヶ月振りの登場。)
栗・・・と言うことで、やはり自然に纏わる話なので、恐らく「こはく」が出るのであろう。
そして驚いたのが、先週の放送の予告には流れていなかったのだが、YouTubeの公式チャンネルでうpられている予告には、何と、イモ仙人が居たのである!

イモ仙人は、元々ゲストだったキャラがレギュラーになったキャラなのだが、既に今月1度出ているので、精勤賞を達成するのである!
ojbf_convert_20161017224211.png
イモ仙人「パオパオ~!漸く実力を認められたようじゃな!テレビせとうち、感謝しておるぞい!其れと、次回は絶対視るのじゃよ~!パオパオ~!!」
mmnvv7_convert_20161017224114.png
アサリ仙人「しおぉ・・・わしも実力を認められたいもんじゃのう。わしはそろそろ1年が経つから、是非ともわしも呼んでくれるかのう・・・。待っておるぞい!」
lojn_convert_20161017223954.png
雨降り仙人(絵本の国から)「わしも出してくれ!・・・何、プニたんじゃと?そんな奴、しらんわい!」其れは、絵本の国から出してくれってことかい?其れともアニメに再登場したいってことかい?

はい、三人の“仙人”が盛り上がっていますが・・・。
次回は視れるかどうか分からないが、視れれば見たいと思う。

そして、次回からは暫らく「ちゃれんじ園オフ3」をお届けできる筈である。
こちらも、是非完結まで見届けて頂きたい。

と言う訳で、次回をお楽しみに!